−雑記帳09年7月分−

前の月次の月戻る


7月31日

PULLTOP「PRINCESS WALTZ」の、深森静。
090731←クリックで拡大画像。
てことで、暑中見舞い的な下着ねーちゃん。普通に塗らずに、カラートーン使った感じにしたかったんだけど、なんかちょっと日焼けした感じになっただけだって!(^^;

今週のPULLTOP「しろくまベルスターズ♪」情報更新は、サブキャラ3人の自己紹介ボイスが追加。サンタ先生、サンタ先生!思いのほかしっかりお姉さん風で、素晴らしいって!('∇'*)ヾ(^-^;興奮しすぎだ

東スポ。明日の白GHC挑戦者決定バトルロイヤルに出場する志賀のアニキ。40代選手が多いからスタミナ勝負ということで、炎天下の走り込みでスタミナ強化特訓。って、今からか?!(^^; 更にタイトルマッチを睨んで、判定員に根回しをしておいて時間切れ引き分けに持ち込み判定勝ちを狙うとか。アニキ、悪いなぁ!
8/30全日・両国でプロレス復帰する船木に対して、鈴木みのるがボロカスに口撃。今週の週プロでもコメントしてる記事があったけど、かなり辛辣。色々思うところもあるんだろうが、なかなか・・・。試合は当然として、当日までにも荒れそう、かな。

今日買ったモノ〜。
090731_1
まあ色々と。鉄道ファンは、寝台特急特集が載ってたんで。コミックハイ!は、「しろくまベルスターズ♪」コミックのプレビュー版が載ってるんで。今まで読んだことはなかったけど、ちょいちょい知ってるマンガが載ってて「あー、これ載ってる本ねー」って。生徒会役員共は、そういや買ってなかったーということで。2巻が売ってなかったからとりあえず1巻だけ。氏家ト全さんのマンガは大好きなのだ!('∇'*)

7月30日

東スポ。白GHC挑戦者決定バトルロイヤルに出場するカシラ川畑、小橋のチョップを100発200発食らっても大丈夫なように大胸筋を鍛えたいとかやる気満々で。大丈夫か!? それを受けて、小橋は「その意気はいいが、内容が悪ければ挑戦は受けない」とか自由過ぎ発言。さらに、「準はけしからん。ペイントマーカーなど使うか!」って、怒りどころはやっぱそこなのか(^^;

9/27武道館での三沢さんの追悼興行のチケット、どうやって手配しようかと色々考えて、ふと思いついて公式携帯サイトを見てみるとまだ在庫があったので早速予約。基本的に携帯(iモード)でネットサーフィンなんてしないから、盲点だったなぁ。まあ発送の代引き手数料とか掛かっちゃうけど、無事手配出来たのでそれはしょうがないね。

7月29日

東スポ。白GHC挑戦者決定バトルロイヤルにご満悦?な小橋、急に秋山から「ベルトはマーカーで塗って改造費5万円」と暴露されたことを思い出して、秋山制裁を宣言したとか。理由は、ベルト改造はちゃんと業者に出して費用もケタが違うし(領収書もあり)、創設者の秋山の功績を残す意味で中心だけ染めた、と事実と違うことを暴露したからというかららしいが・・・怒り出すタイミングがちょっと遅いな(^^; まあ秋山の狙い通り? 秋山との白GHCも、20分で判定員のいるルールでやるって、その前にバトルロイヤルで決まる挑戦者のことは眼中に無しか?! しかし、白GHCの話題でここまで大きくなるとはなぁ(^^;

月曜から三沢さんの追悼興行の武道館大会のチケットがwebで先行発売されてるのをすっかり忘れてて、今日見てみたら既に予定数終了しておりました。んー、一般販売の始まる土曜日に、後楽園ホールか書泉ブックマートあたりに並ぶか、ローソンでピコピコやるか、しかないかしら・・・。

7月28日

東スポ。白GHCを自分色に”文字通り”染め、雅央を破壊して防衛した小橋に対して、志賀・川畑・泉田・多聞・菊地・橋・起田の7人が次期挑戦者に名乗りを上げているとか。おい、多いぞ(^^; しかも東スポでは「起田(28歳)以外は中年戦士・・・」と一括り。ヒドイよ! 志賀のアニキと橋って中年か?と思ったら、橋本人は自分のブログで憤慨していた(^^;
で、8/1ディファ有明の興行で、この7人によるバトルロイヤルで挑戦者決定するとか。・・・なかなかむさ苦しい状況だなぁ。個人的に注目したいのは、菊地と起田の「顔対決」かな。まあそれは別としても、菊地には頑張って欲しいね。先シリーズで負傷した腰が気になるところだが。そして、小橋不在でどんどん事が進んでいるのも、どーなんでしょ?(^^;

7月27日

東スポ。ジュニアタッグリーグを優勝した金丸、今年20周年を迎える新日の邪道・外道を「タイトル関係なく、席を用意しとけ」と挑発。金丸と邪外といえば、邪外がまだFMW(冬木軍)時代に全日にちょくちょく上がってて、武道館で外道が金丸を外道クラッチで丸め込んだり、トリオ組んで金丸が「甲州街道」と名乗らされたり、関係は浅くないよね。あと思い出すのは、馬場さんにバックとられた外道が金的を出したけど、馬場さんの足が長すぎて外道の後ろ蹴りが金的に当たらなかったという名シーン! 唐突感は若干あるけど、今の金丸と邪外の絡みは面白そうだ。パートナーとして鼓太郎じゃなくて平柳ってのもポイント、か?
GHCジュニアタッグに関しては、やはりリーグ戦で引き分けた中嶋・宮原を指名してる。金丸、忙しくなりそうねー。

全日では、荒谷が引退。個人的には、全日に入ってからのコミカルな荒谷しか観ていないですけど、いつ観ても負けて哀愁溢れてる試合後の荒谷は印象に残ってますね。でも、引退試合は渕に首固めで勝ってる! 有終の美だけど、荒谷っぽくない?(^^; 荒谷選手、お疲れ様でした。

7月26日

今日は全く外に出ずにウチで作業。どーしてこういう日に限って暑いかなー。外出ないんだから、雨降ってくれてもいいのにさぁ。と言っても、どーしようもないけどさ(^^;

7月25日

PULLTOP「PRINCESS WALTZ」の、深森静。
090725
相変わらず、静ねーちゃんは大好きです('∇'*)

昨日のPULLTOP情報更新では、夏コミ出展情報が公開されてますね。今回は「しろくまベルスターズ♪」のキャラクターソングだとか。ふむ、それは楽しみねー。個人的にはサンタ先生に期待したい!('∇'*)ヾ(^-^;歌ってませんからー

東スポ。全日・小島からの対戦要求を受けて、「近々闘う可能性はあるだろうな」と前向き発言。まあ小橋としては拒否する理由など無いからね。ということは、あとは正式発表を待つだけかしら。雅央を破壊して防衛した白GHCには、カシラ川畑が挑戦表明したとか。小橋も色々と忙しくなるなー。
ジュニアタッグリーグ戦は、マルビン組が中嶋組に、KENTA組が平柳組に、青木組がダニエルソン組にそれぞれ勝ち。マルビン組とKENTA組が決勝トーナメント進出で、青木組がリーグ戦全勝か。青木組は勢いあるねぇ。

今日も暑いが、お出掛けもせずお家で作業。東スポとかの買い物に出掛けただけ。涼しくなった夜に行きたかったが、今日は日テレG+でノア・JCBホール大会の生中継があるので繰り上げて熱い日中に行ったワケ。・・・暑いわ〜(^^; というわけで、ノア・JCBホール大会の中継。GWの武道館から生観戦していないから、本来なら観に行きたかったんだが、”夏”前ではちょっと無理ッス(^^; というわけで、ウチで大人しくTV観戦。まあ生中継なんだから、いいじゃないのさ。というわけで、以下観戦記的な。

第1試合、志賀・Bダニエルソン・Rストロングvs菊地・平柳・菊タロー。あ、志賀のアニキのテーマ曲は久しぶりだ。試合前に菊タローがマイクを持って、リーグ戦で負けたロデリックとブライアンに仕返しするとかひとしきり。で、奇襲の予告をして3人で奇襲(予告してるから奇襲じゃない・・・)すると見せかけ、菊地だけがゼロ戦キックをすかすという、ひどいオチ(^^; 相変わらずキャラ立ちまくりの菊ちゃんだけど、それに付き合うダニエルソンもなかなかやるな。というか、ダニエルソンって渋い動きで若いのに”いぶし銀”という呼び名がピッタリの選手だが、菊タローのお笑いムーブにしっかり対応出来る幅広さがいいね。菊地に平柳が誤爆して、菊地と平柳が仲間割れ。イヤン、大方の予想通り(^^; で、そこを狙ってアニキ組が平柳を連携で集中攻撃。最後はロデリックが平柳をパワーボムでピン。退場する平柳、セコンドの一平ちゃんに八つ当たり。一平ちゃん、頑張れー(^^;
第2試合、小川・伊藤vs中嶋・宮原。伊藤は、リーグ戦で中嶋組に負けた借りを返せるか。中嶋組、特に宮原は元気だよね。リーグ戦では決勝リーグ進出は逃したけど、宮原の成長というのはよく出ているかな。伊藤も、リーグ戦を経て成長してるのはわかるが、いかんせんこの試合はタッグマッチ。中嶋に対して攻め込んでも、中嶋組の息のあった連携にはちょっと押され気味か。終盤分断されて、中嶋の垂直落下ブレンバスターを返しデスロールも一度はスカして意地を見せた伊藤だが、最後はやはりデスロールで中嶋の勝ち。先日までタッグを組んでいた青木との差は広がってしまったが、詰められない差ではない。試合後に握手を求める中嶋の手を蹴り飛ばす伊藤。その意気だ。

第3試合、田上・佐野vs力皇・ヨネ。田上と佐野が組むのは割と久しぶり? 以前はよく組んでいたから、息もまあ合ってるかな。社長となって初シリーズの最終戦の田上。力皇に吹っ飛ばされ、ヨネの腕攻めに悲鳴を上げるが、鼻つまんでやり返す田上。ま、いつも通りですな(^^; 今シリーズはジュニアタッグリーグということもあってか、より話題性が薄かったように思うディス・オベイのヨネと力皇。タッグとしては安定してるんだが、”安定しちゃってる”という感じかなぁ。田上はヨネをコーナーに押し込んで10時10分チョップ連打で気を吐くが、終盤は分断されて佐野が集中攻撃を食らい、最後は力皇が無双で佐野を沈める。田上組、連携を発揮?する前に試合終わっちゃった・・・(^^; ヨネ組は、勝ち星という結果は出しているんだが、それ以上のものがないというか。GHCタッグ挑戦するには、ちょっと盛り上がりが無いのが厳しいな。
第4試合、小橋・秋山・彰俊vs健介・森嶋・杉浦。秋山と彰俊が組むのも久しぶりだなぁ。入場前に、各選手のコメント映像が。健介はドッカーンだし杉浦も永源にコメント求めたりと相変わらずだが、それに対して秋山は「バッコーンといくぞ!」と健介に対抗して捻った?コメント、小橋は「いくぞー!」と一言だけ。それだけで会場の爆笑をとってしまう小橋はズルイよ!(^^; 先発は小橋と健介。今日も暑いが、ますます暑くなる熱いチョップ合戦でスタート。彰俊にタッチする頃には、既に2人の胸は真っ赤。もー、2人とも容赦ないんだからー。杉浦と対しても小橋は、様々なチョップで弄ぶかのように打ちまくり。エプロンで控えてるところを杉浦に襲撃されて、怒りのリングインで杉浦にキッチリお返し。更に場外戦でチョップ連発。大人げない副社長です(^^; そんな目にあっても、小橋に対して突っかかっていく杉浦。実は熱い杉様。シビレルぜ! 序盤に出番の少なかった森嶋は、やっと回ってきた出番で小橋相手に大暴れ。あんな巨体で走り込んでジャンピングボディプレスとか、超怖いぞ! 同じく杉浦が出ずっぱりで出番の少なかった健介、終盤に出てくると暑苦しい程大暴れ。彰俊との攻防を制し、分断し合いの混戦の中、森嶋が彰俊を担いだところにダブルインパクト炸裂。かなりの急角度で落ちた彰俊、これを返せず健介の勝ち。試合後しばらく立ち上がれなかった彰俊だが、小橋の「立て!」の声と彰俊コールで立ち上がり退場。最後までリングに残っていた小橋、チームは負けたがまるで勝者のようにアピールしつつ退場。困ったお方だ(^^;

ここで会場は休憩のようで、中継ではジュニアタッグリーグの決勝トーナメント進出チームの試合前インタビュー。改めてみると、石森の体は凄いなぁ。KENTA組と金丸組はこれまでもリーグでは毎回上位進出してることもあり、今回も結果が求められるが、逆に青木組やマルビン組はプレッシャー的には比較的軽いような気もする。KENTA組の3連覇か金丸組の王者としての優勝が期待としては大きいけど、リーグ戦全勝の青木組が一気に勝っていきそうな気もする。
休憩明けには、タッグリーグのダイジェストでこれまでの状況説明。結構長めの映像で、結果だけじゃなくてちょこちょこと試合展開もあり、なかなか分かりやすい。

第5試合、ジュニアタッグリーグ準決勝、KENTA・石森vs金丸・鼓太郎。得点状況の結果とはいえ、去年の優勝戦と同じでその他にも因縁のあるこのカードが準決勝とは。お互い決して負けられない試合だ。先発はKENTAと鼓太郎。鼓太郎のコスチューム、今まで赤だったラインのところが緑になってる。そこにも鼓太郎の決意が伺える。序盤はKENTA組がペースを握って優勢か。KENTA組は鼓太郎の右腕を集中的に攻撃。替わった金丸は、うっぷんを晴らすかのようにKENTA組を蹴散らす。が、石森がいい動きで主導権を奪うまでには至らず、KENTA組がやはり優勢な感じ。鼓太郎を蹴散らし、石森が金丸に怒濤の攻め。耐える金丸だが、450°スプラッシュを剣山で切り返してから金丸組の反撃。鼓太郎がKENTAをローリングエルボーとブルーディスティニーで押さえたところで、金丸のタッチアウトで石森を沈めて勝利。KENTA組は石森の健闘が光っていたが、金丸と鼓太郎の意地が上回ったな。
第6試合、ジュニアタッグリーグ準決勝、青木・飯伏vsRマルビン・Eエドワーズ。試合前のインタビュー映像で、青木が飯伏のことを「幸太先輩」と言っていたのにキュンと来た! マルビン組はトリッキーな動きが持ち味だが、トリッキーさでは飯伏も負けていないよね。試合開始から5分程は、マルビン組が青木を攻めて優勢。飯伏がカットに入り何とかペースを握りたい青木組だが、うまい連携でペースを渡さず。まあ1年タッグ組んでるし、マルビン組はタッグとしての完成度も高くなってるからねぇ。飯伏のトリッキーな動きで打開しかけるが、エドワーズの攻撃に押され気味。コーナーに上げられてマルビン組の合体攻撃を食らいそうになった飯伏だが、エドワーズをバックエルボーで落とし、マルビンも場外に吹っ飛ばすと、リング内のエドワーズにフェニックススプラッシュ。これが見事に決まって、飯伏がエドワーズに逆転勝利。ペースとしてはマルビン組がずっと握っていたけど、ホントに最後の最後で飯伏が逆転しての勝利、って感じだな。

これで、ジュニアタッグリーグの決勝戦は、金丸組vs青木組。金丸組が悲願の優勝か、青木組が勢いで一気に優勝か、さてどうなるかな?

第7試合、谷口周平”驀進十番勝負”第5戦、潮崎vs谷口。このカード、先日のKENTAプロデュース興行でも行われているが、その時とはまた違う状況の今日。谷口がどこまで食らいつけるか、というか勝ちにいけるか、だな。序盤から潮崎に対して引かずに攻める谷口。だが、場外戦で潮崎がやり返し、主導権を握る。一発の重さでは、潮崎の方が上か。そこで引かずに谷口がいけるようになれば・・・ね。今までであればトーンダウンしがちな谷口だったけど、今日は引かずに攻めていけてる感じだ。潮崎の攻撃を食らいながらも、しっかりとやり返している。いいぞ、谷口。しかし、潮崎もGHCチャンピオンの意地もあるし、一番近いキャリアのヘビー級選手というのもあるだろう。徐々に潮崎が押し返し、最後はゴーフラッシャーから起こしてラリアットを決めて谷口から勝利。谷口はあまりムラ無く攻めていけてはいたけども、最後は潮崎がピンポイントで決めたな。前の対戦ではラリアットを一度返されてるからか、ゴーフラッシャーから念を入れてのラリアットだもんなぁ。現状はまだまだ差があるけど、谷口も前の対戦時よりは意地を見せられたかな、と思う。

第8試合、ジュニアタッグリーグ決勝戦、金丸・鼓太郎vs青木・飯伏。先発は鼓太郎と青木。開始早々から青木組が攻め込むが、金丸組もすかさず反撃。試合運びの巧さでは金丸組が上という感じだから、しっかりとペースを握る金丸組。序盤に場外で金丸の垂直落下ブレンバスターを食った青木が、ガクッと動きが落ちる。そこを見逃さずに金丸が攻め込み、序盤からディープインパクトが炸裂。青木は堪えたいところだが、替わった鼓太郎の腕を取って反撃。飯伏もそれに続くが、大きくペースを握らせないところはさすがにチャンピオンチームだ。お互い連係攻撃で攻めるが、連携では金丸組が一枚上手。飯伏が要所でカットに入るが、ペースは依然金丸組。鼓太郎が青木を攻め立てる。しかし、ブルーデスティニーを食らっても返し、レクイエムは腕ひしぎで切り返す青木。それで決められず、ダブルインパクト式の掌底アッパーを食ってしまうが、その後のレクイエムもクルッと回ってエビ固めで切り返し。ならばと鼓太郎はローリングエルボーを打つがカウント2。続けてタイガードライバーを決めるとさすがに青木も返せず、鼓太郎が勝利し金丸組の優勝が決定。鼓太郎のタイガードライバーは、ジュニアクラスってこともあってなかなかキレがあり、ダブルアームで持ち上げてから空中で胴をクラッチしジャンプして相手の腕の上に足を乗せている。これって三沢さんが当初に考えていたタイガードライバーに近い形だな。最後はやはりローリングエルボーとタイガードライバーにこだわりたかったんだろうなぁ。

試合後は表彰式。三賞の殊勲賞は中嶋・宮原組、敢闘賞は青木・飯伏組、技能賞はBダニエルソン・Rストロング組。最後はKENTA・石森と金丸・鼓太郎も握手して、3回目のジュニアタッグリーグは丸く収まった、かな。その後の優勝インタビューは、鼓太郎の想いが出たね。ただ、インタビュアーが「タイツはグリーンが入ってますが、ブルーディスティニーはどんな色にしていきますか?」的な質問をすると、鼓太郎は「ブルーディスティニーの名前変えちゃうとバンダイに怒られるんで」とピシャリ。ブルーディスティニーは、色から付けた名前じゃなくて、元々はガンダムの名前だからな(^^;
今回のリーグ戦は、青木・飯伏の快進撃がポイントだったなー。菊タローの参戦という逆の意味でのサプライズもあったし。現王者組が優勝したけど、そうすると今のところGHCジュニアタッグ挑戦最有力なのは、リーグ初戦で引き分けた中嶋・宮原組か。この試合以外は全部勝ってるからね。ジュニアシングルは、リーグ初戦でKENTAからギブアップ獲った青木とか、リーグ優勝した金丸や鼓太郎が有力かしら。ジュニア以外では、タイトル戦線では特に目立った動きはなかったなぁ。潮崎としては、次期挑戦者の目星はつけてる感じだし、GHCタッグに関しては色々挑戦できそうなタッグはあるから、次期シリーズは賑やかになるんじゃないかな。

ノアとして初めてのJCBホールでの興行だったけど、なかなか盛況だった感じかな。中継で見た感じだと、会場的には観やすそうだし”第2後楽園”として十分な会場ですかね。

7月24日

東スポ。一面の上に「小橋全日復帰へ」とあったから、何だ?と思ったら、全日・小島が小橋戦を熱望してて、舞台としては8/30両国が浮上してるとか。小島といえば、04年ノア・東京ドームで、試合後の三沢さんに直訴して一騎打ちしたことがあったよね。まあ小橋次第だとは思うけど、東スポに載ったって事は実現の可能性は高いって事だよな。先日の天山といい小島といい、小橋大人気ですな。
そんな小橋と白GHC戦を闘った雅央、股関節負傷で病院送りになったばかりか、欠場する羽目に・・・。怪我繋がりで、全日の太陽ケアも左腕負傷で手術し、復帰時期未定の欠場とのこと。ふむ、そうするとみのると持ってる世界タッグは返上になる可能性も? みのるは断固拒否しそうだが。

7月23日

昨日のPULLTOP更新、「しろくまベルスターズ♪」のコミカライズが決定とのこと。ふむ、てとてトライオン!の時もそうだったけど、ゲーム発売前からですね。発売前からサンタ先生の活躍が見られると思うと、ドキドキっす!('∇'*)ヾ(^-^;そこかよ

東スポ。先日IWGP戦に敗れた杉浦、負けた理由はマシンに毒を盛られたからだ、と相変わらず発言。で、G1でも妨害してくるだろうから”別人”の平田に阻止してもらって、G1決勝で戦いたい!とか ・・・何故そこまでマシンにこだわるのか(^^; そんなこと言ってるから、G1開催中の8/13名古屋で、杉浦・青木vsマシン・岡田なんてカードが組まれてる。杉浦念願のマシン戦だな!
で、TAJIRIが追加でエントリーしたG1の日程が発表に。杉浦は、初日の相手が天山で、リーグ最後の相手は後藤。ふむ・・・以前、秋山がG1参戦した時も、初戦は天山だったな。杉浦のリーグ戦で、個人的に注目したいのは永田戦かな。まあ一番気になるのはvsマシンだったりするけど(^^;

今週の週プロ。ノアのジュニアタッグリーク戦で3戦3敗した菊地・伊藤組。東スポでは分からなかったけど、実は菊地は腰を負傷して本領発揮とはいかなかった様子。んー、それはちょっと残念だが、ケガは仕方がない。伊藤は伊藤で得るものはあったようだから、つけられた青木との差を詰めていってほしいね。
そして、ここ最近俺の心を捕らえて離さない「”女子小学生好きの変態レスラー”佐藤光留」のサバイバルコラム。・・・そのうち逮捕されるんじゃねーのか?と心配だ!(^^;

今日買った本。
090723_1
週プロ増刊の復刻版の、三沢本。02年発行だから7年前か。実はこの頃を含めて4年くらい、週プロを買ってなかった時期があって、それもあってこの本は持ってなかったんですよね。まだ全部目を通してないけど、三沢さんにゆかりのある色んなレスラーのインタビューが載ってて、冬木さんのインタビューも載っているのが今思えば重いな。

7月22日

東スポ。昨日のノア・秋田大会での白GHC戦は、当然の如く小橋の初防衛。しかも、雅央は股関節負傷で小橋のハーフネルソンを食らって立ち上がれなくなってレフェリーストップとか。小橋、容赦ないな!(^^; で、小橋はベルトを紫に変えただけじゃなく名前までも変えようとしてるとかで、創始者の秋山は「小橋色に染めてくれと言っても、そういう意味じゃない・・・」と困惑気味。そんな秋山、そうなったら自分が出て行ってベルトを取り戻すしかない、とか。だんだんワケ分からなくなってきたぞ(^^; しかし、どんどん話題を提供する辺りが、やっぱ秋山よね。
ジュニアタッグリーク戦は、金丸組がマルビン組に、KENTA組がダニエルソン組に、それぞれ勝ち。金丸組は2勝1分けで決勝リーグ進出確定。KENTA組も、残りは平柳組だから勝ちは固そうだが、平柳が何をしでかすかによっては分からない、か?

7月21日

東スポ。非常に気になっていた、昨日の新日・札幌大会。メインのIWGP戦は、棚橋が杉浦に勝って初防衛。ギャー杉様ー!! もー、札幌で無敵の杉浦が負けちゃうとはー。まあこの後はG1もあるし、こっちではパキッとカマしちゃって欲しいところ。中邑をオリンピック予選スラムでブン投げろ! ついでに後藤もも一度ブン投げてー。
で、勝った棚橋は試合後にTAJIRIに襲撃されて毒霧喰らってますな。あら、先日棚橋ヨイショ発言してたTAJIRIが新日登場かぁ。菅林社長は否定してるけど、ソレってもうG1で一つ空いてる他団体選手枠に収まるっぽい的なアレだろ。なんか唐突っちゃー唐突だけど、さて。

ノアのジュニアタッグリーク戦は、19日の山形大会で金丸組が菊地組に勝ち。んー、菊地組は3敗でリーグ戦終了か。試合ぶりはどうか分からないけど、何かしらの結果が欲しかったなぁ。他のチームについては、まだ試合が消化されていないからまだわからないな。今日の秋田大会次第、か。そういや今日は小橋vs雅央の白GHC戦もあるな・・・。雅央、時間切れまで逃げ切れるか?!(^^;

7月20日

今日も一日ウチで作業。天気が薄曇りって感じで、昨日よりは暑くなかった、かな? 東スポもお休みだし、ウチから出たのは夕方買い物に行く時だけ。まあどうせ、連休最後の日だから道路は混み混みだろうし、どっちにしろウチに籠もっていたと思うが。

7月19日

今日はPULLTOP「てとてトライオン!」の、織原夏海のお誕生日ですよー。
090719
なっちゃんはデフォルトでサニーサイドなので、子鹿亭のメイド的な。いや、デフォルトは水着だったか! それはともかく、なっちゃんは元気でいい娘さんですよねー。ちょっとバカっぽいけど('∇'*)ヾ(^-^; で、例によって過去の絵も。
080719
去年は普通だな。でも何故かテキサスロングホーンでウィー的な。つーことで、お誕生日おめでとう〜。

今日もまあせこせことお家で作業。梅雨明けしたって事で、まー昼間の暑いこと。夜になり、あんまり動かしてないウチのスープラさんを動かすついでに、スタンド行って洗車と給油。まー車検通した時から洗ってないから、汚いのなんのって(^^; で、洗車も終わってブラッと一回りしてからウチに帰ろう・・・と思ったのだが、明日もお休みってのもあるし正月以来”上”行ってないなぁとか思っちゃったので、気分転換しよっかなーと思わず渋滞してる環8を下っていって高井戸から上がっちゃったー。
090719_1 090719_2
連休中ということで、どうにも微妙な挙動をするクルマが多かったなぁ。まあちょっと早めの時間ということもあるだろうけど。そして、思ったより”同好”のクルマさん達がいた気がする。いつも通り、芝浦で一服しようと思ったら、その手前のレインボーブリッジ付近で刺さったクルマがいて渋滞していたので、回避して箱崎で一服。その昔、92でカッ飛んでいた頃には、今日みたいな日は箱崎もパンパンだったんだけど、今はそれっぽいクルマが2〜3台いるくらい。でもいただけまだマシか。
しばらくして渋滞解消したので芝浦にも行ったけど、まあ例によってPA封鎖してましたわ。大体日付変わる頃になると、PA閉鎖したり工事が始まるからねぇ。覆面さんも活発化するし。まーそんなんで、軽ーくプラッとしてからお帰り。ほら、気分転換目的なんで、まったりドライブですからー('∇'*)

7月18日

東スポ。こっそり小橋の白GHC防衛戦が決定。7/21秋田で雅央との初防衛戦とのこと。ルールは小橋の決めた20分1本勝負で、時間切れの時はファンの立会人1人と審判員4人の判定で勝敗決定。ふむ、時間切れまで雅央が持ち込めれば、雅央の王座奪取の可能性は高いな。のらりくらりと小橋の持ち味を押さえ込めれば。
また、9/6に茨城で「田上祭り」と題した大会が行われるとか。田上の祭りかぁ、それはちょっと観たいぞ。しかし、つくばってどれくらい遠いんだ?!と思って調べたら、秋葉からつくばエクスプレスの各駅で1時間くらい。あら、思った程遠くないのねぇ。時間的にはウチからクルマとかで高速使って行くのが一番速いっぽくて、高速代とかの金額的にもさほど変わらない感じ。んー、これだったらドライブorツーリングがてら行くのもイイねーって思える感じだなぁ。プロレス観るのに遠征するなんて10年くらいやってないし、つくば行っちゃうかも?

ここ最近、IWAジャパンに来ていて復帰戦もやるスティーブ・ウィリアムス。しかし、全盛期のライバルであった三沢さんが亡くなった事にショックを受けて、再びレスラー生活を続けようと思っていた気持ちが折れてしまい、あと2試合での引退を決意したとか。ウィリアムスは、90年代全日の中でも欠かすことの出来ないレスラーだし、三沢さんとの戦いは印象に残るものが多いね。引退試合の相手は、以前小橋とやりたいって言ってたと思ったけど、さすがにどうかなぁ。個人的には、やはり最後は全盛期を彷彿とさせるような相手とやってほしいけど・・・。

7月17日

久々にPULLTOP「しろくまベルスターズ♪」情報が追加。ヒロイン4人の自己紹介ボイスに、イベントCGがちょこちょこと。自己紹介ボイスは、ななみが思ってた以上にゆるゆるだ。天然っつーかバカっぽいっつーか・・・(^^; まあそんなゆるさがイイんだけど。硯のおっとり具合とりりかのテンションの高さもいいんだが、個人的にはきららのしっかりお姉さん的なのが素晴らしいね! 俺もきららさんの魅力を是非知りたいぞー!('∇'*)ヾ(^-^;

東スポ。三冠王者・高山が、三沢さんの追悼興行の9/27武道館で杉浦とダブルタイトルマッチをやろう、とか。気が早いというかなんつーか(^^; しかし、杉浦の札幌でのタイトルマッチ勝率100%というのはダテじゃないし、何より棚橋と杉浦のどちらが勝つ方が今後面白くなるか?と考えれば、断然杉浦だしな。にしても、こんな自由なコメント出来るのも、高山くらいなモンだよなぁ。
昨日のノア・岩手大会でのジュニアタッグリーグ戦は、マルビン組が菊地組に勝ち。菊地がマルビンに首固めで丸め込まれてるって事は、菊地が押していてクルッと返されちゃった、って感じかしら。

7月16日

東スポ。コンビニで一面見た時、見出しが「小橋ノア退団」に見えて「何じゃそりゃー!!」と驚いた! ・・・が、よく見ると「小橋”独占直撃” ”百田”ノア退団”を語る”」だった。くっそー、東スポ歴15年くらいなのに、東スポの十八番にまんまと騙されちまったぜぇ!! まあそれはともかく、小橋としては百田に社長に推されていた事もあるし、複雑な心境だろうとは思う。副社長になった今は、まずはリング上でガンガンいくだけと、まあ今まで通りというかそれ以上ということで。
どうするのか気になってた白GHCについては、小橋が王者の間は純然たるプロレスルール(20分1本勝負)で固定して、ファンを5人募って引き分けの祭はそのジャッジで勝敗を決めるとか。さらに、ベルト本体もバックル部分のまわりを紫色に変更してバックル部分も綺麗にしたりと、自分仕様に改造してる。うわ、いくら小橋でも自由すぎじゃあないですかい(^^; さすがの秋山管理委員長もあきれ顔のようで・・・。ま、そんなのも小橋らしいよね。初防衛戦に雅央が名乗りを上げたみたいだけど、ジャッジシステムを考えるとなかなかの難敵、かしら?

ノアのジュニアタッグリーグ戦は、青木組が平柳組に勝ち。青木組は2勝目だから、決勝トーナメント進出は確定か。初戦からの勢いで、一気に行ってしまいそうな感じもするな。平柳組は・・・試合内容以外に、何か結果が残せるかどうか?だな。しかし次戦はKENTA組・・・頑張って下さい(^^; 新社長・田上は、東北・北海道に向かいつつ調子が上がってきたとか。ま、北海道のオフで釣りでもやって下さいなー。

新日では、棚橋が杉浦に負けたらノアに移籍して前座からやり直すとか言っております。もー何だかなー。まあそれはともかく、「煮え湯を飲まされた」という対ノア戦だけど、U−30ベルトがある頃に丸藤の挑戦受けて勝ってるよね、そういえば。今の丸藤と棚橋の試合って、観たいなぁと思う。女性人気はきっと丸藤の方が上だ! ちなみに、男性人気は圧倒的に杉浦の方が上だって!('∇'*)

そして気になってたIWAジャパンのハル姉妹の姉、実は兄だったって・・・”姉”じゃなくて”お姉”かよっ! まあそんなこったろうとは思ってましたけどね、2丁目だけに(^^;

7月15日

東スポ。昨日のノア・ジュニアタッグリーク戦は、Bダニエルソン組が平柳組に勝ち。まあ実力的にいったらダニエルソン組が圧倒してるから、まあ予想通りか。潮崎にGHC王座初防衛戦の相手に指名されてた彰俊、まずはタッグの防衛戦をしっかりとやりたいとか。グローバルタッグリーグで負けたチームに防衛してから、ということのようで。負けてたチームっていうと、森嶋・健介、高山・杉浦、RODか。彰俊としても、気持ちを整理する意味もあるだろうし。

今日買ったモノ〜。
090715_1
神保町の本屋行ったら、「俺、狙い打ちか?!」と思わざるをえない「いいんちょ。」の2巻を見つけちゃったので即買い。表紙が制服の通常版と、すく水の限定版だったら、当然限定版を買うだろって! やっぱアレだなー、おでこは偉大ですよねー。個人的には、篠宮さんが好きー('∇'*)ヾ(^-^;誰もきいてません

7月14日

今日はPULLTOP「遥かに仰ぎ、麗しの」の、榛葉邑那のお誕生日ですよー。
090714
まあ言うまでもなくサニーサイドで、たゆん強調的な。邑那さんて、ふんわりお姉さん的で素晴らしいんですけど、北都南さんのみやびーとか青山ゆかりさんの鏡花ちゃんとか、魂に響くキャラが居たお陰で押し切れなかったのよねー。本来なら、邑那と通販さんのメガネさんコンビをベタ押ししそうなところなんだけどね・・・って、見所が違うって!('∇';) で、例によって過去の絵も。
080714
みやびー的なぺたんこさんも、邑那さん的なたゆんさんも、どっちも大好きだって!('∇'*)ヾ(^-^;嫌いな方が少ないやん つーことで、お誕生日おめでとう〜。

東スポ。久々にIWAジャパンネタだと思ったら、やっぱりハル・ミヤコ女史ネタ。今度は、浅野社長がハル女史の姉のハル・ミナミを女史マネージャーとして獲得したとか。なに、姉だと! 姉に目がない俺は一体どうすれば!? この姉妹は10年以上絶縁してるということで、ハル女史対抗で獲得したそうだが・・・実に怪しい(^^; ここからどう転がっていくのか楽しみだ。というか、どんな姉なのか、非常に気になるって!('∇'*)ヾ(^-^; そういや、次のIジャの興行は今週末なのね。ネタ振り次第では、観に行かざるをえない、か?

7月13日

東スポ。昨日のノア後楽園の詳報、というより発表された三沢さんの追悼興行に関する記事。とりあえず何も決まっていないようだが、丸藤個人としては「ノアの外の人間でも協力を惜しまないと言ってくれる人には協力して頂きたい」と考えているとか。東スポでは天龍や川田の名前が挙がっているが、三沢さんに縁のある選手が追悼興行に出ることに拒む理由は無いよな。まあ一言に縁のある選手といっても、結構な数の選手がいるけども。どういった形になるのかは、今シリーズが終わる頃には見えてきそうだから、注目したいね。

百田退団の件は、昨日の後楽園の試合前に来場して、全選手と挨拶をした後、報道陣に対して仲田相談役、早川常務取締役、三井取締役営業部長を名指しで批判したとか。ふむ、小橋新社長案却下と共に、人事に関する軋轢ってヤツですかね・・・。もうこうなってしまうと、いい形で収めるというのはほぼ無理ですよね。色々な考え方がある訳だから、どちらが悪いとかそういうことは思わないけど、一ファンとしては「残念だなぁ・・・」という一言でしょうか。

1日経って昨日の観戦記を読み返すと、何だか誤植やら書き途中で次の話題を書いてたりと、”ながら書き”だとミスだらけだよ(^^; その場で繋ぎとかあんまり考えないで書くと、文章的にもちょっと変になりがちだし、パソ通時代から14年くらい観戦記的な文章書いてるけど、全然文章力が上がってないよ、俺!

7月12日

天気も良くて、まあまあ暑い。そろそろ梅雨明け・・・ちゃうと、ガッツリ暑くなるよなー、やっぱ(^^;

今日はノア新シリーズ開幕戦。日テレG+で生中継してくれるので、色々お絵描き的な作業とかしつつTV観戦。といっても、観ながら観戦記も同時に書いてるので、作業の手は大体止まってる訳ですが。

まずは田上新社長の挨拶。マイク慣れしてない田上にしては、よく喋れてたな(^^; そして、田上自ら三沢さんの追悼大会日程の発表も。9/27日本武道館、10/3大阪府立体育館で行われるそうで。ふむ、東スポでの記事とあってますね。元々シリーズに組み込まれていたものか、新たに会場抑えたのかはわからないけど、詳細の発表を待ちたいところ。
田上の挨拶の後は、日テレ杯ジュニアタッグリーグの入場セレモニー。やはりKENTA組と金丸組が抜きん出てると思うけど、個人的に注目したいのは青木組かな。そして、平柳組でしょ〜やっぱ。色んな意味でな!(^^;

第1試合、森嶋vs平柳。いきなり菊タローのテーマが流れてきたと思ったら、平柳のテーマに繋げられる。お、合体テーマですか。で、入場も菊タローと一緒。マイクを持ったと思ったら、菊タローと一緒にタッグのアピール。平柳が森嶋を呼び込んで体格の差を理由にハンディキャップマッチを要求すると、森嶋もマイクで健介を呼び込んでタッグマッチになる雰囲気。平柳はリーグ戦の試運転とばかりにやる気満々だが・・・菊タローは「第2試合に出るから着替えないとー」と言って逃亡し、平柳vs森嶋・健介というヒドすぎる逆ハンディキャップマッチに(^^; 当然ボコられる平柳。ラリアットを同士討ちさせ、森嶋にストラングルホールド、健介にブレンバスターを仕掛けるも、ダブルインパクトで吹っ飛ばされて69秒で秒殺される平柳。まあ、お約束すぎるお約束ではあるなぁ(^^; しかし、平柳のこういうパフォーマンスも、大分板に付いてきたよなー。やはりタッグリーグ戦でも注目だな、平柳組は。そして、森嶋はともかく健介。容赦無さ過ぎ!(^^;
第2試合、彰俊・Bダニエルソン・Rストロングvs雅央・Rマルビン・菊タロー。雅央ワールドが彰俊に対して炸裂。ダークエージェントの繋がりもあるし、手が合うよね。ダニエルソンは、相変わらずのマニアライクな渋い動き。そして、このメンツに入ってどうなんだろうという菊タロー。何故かダニエルソンを挑発したり、彰俊に蹴られまくって悶絶したり。それでも、ブルドッキングヘッドロックですっぽ抜けたり、シャイニング菊ザードに前口上付きブレンバスター(当然投げ返されるヤツ)など、自分のムーブを存分に出す菊タロー。最後はストロングのキックで負けた菊タローだけど、独特の存在感はやはり強烈よねー。そして、ジュニアタッグリーグに出てるにもかかわらず、ウエイトは非公開らしい菊ちゃん。体重偽装疑惑か!?(^^;

第3試合、田上・小川・菊地vs高山・佐野・Eエドワーズ。新日のスーパージュニアや日テレ杯に出場して気合入ってる菊地。爆発! で、新社長として気合十分な田上! 「俺も行くぞー!」と場内にアピールして・・・佐野にキックをスカされ、高山に腕をひねられ悲鳴を上げる田上(^^; でも、高山とのキック合戦に勝ち、10時10分チョップ連打で押し込む。声も出てるし、鼻とか耳掴んで引っ張ったりの小技も出てるから、いつもよりは頑張ってるかなー。高山にフォールされた小川のカットに入るのがもたもたしてるのはいつも通りだが(^^; とはいっても出番も多くて、エドワーズに押されるシーンもあったがきっちりやり返して、最後は場内にアピールしてからの俺が田上で堂々の勝利。新社長としての最初の試合だから、お披露目的意味合いもあったとおもうけど、エコじゃない田上は久しぶりだなー。頑張れ、新社長!
第4試合、秋山・伊藤vsMヨネ・力皇。秋山が1ヶ月ぶりの復帰。先発を買って出て、まずは力皇と対戦。ショルダータックル連発で力皇を吹っ飛ばし、ヨネもエルボー連打で押し切って復活をアピール。動きはいい感じですね。日テレ杯では青木とのタッグを解消されてしまった伊藤だが、このメンツの中では当然厳しい展開。だが、ジュニアとかヘビー関係無しに、離された青木との差を埋める姿勢を見せてほしいところ。だが、ヨネ・力皇の前に跳ね返されて、最後はヨネの筋肉バスターで沈む。ヨネ組としては秋山を攻めきれなかった部分もあるし、両チームとも反省点はあるな。やはり、秋山の存在は大きいなぁ。

第5試合、小橋。谷口vs潮崎・杉浦。開始前に、杉浦が小橋に突っかけて試合開始。杉浦の気合が素晴らしいね。場外では、谷口が潮崎を吹っ飛ばす。が、お互いタッチをして対峙すると、潮崎がチョップで圧倒。王者としての意識が、試合ぶりにも出ている感じだ。杉浦は杉浦で気合十分で、小橋にすら怯まなずにむしろ挑発する姿勢で、そんな中では谷口はちょっと気合負けしてる印象。そして小橋、やはり存在感は抜群で、杉浦とやりあってる最中にカットに入った潮崎をチョップ一発で跳ね返す。代わって潮崎との対戦でも、師匠の意地を見せつける展開。久しぶりに小橋のローリングクレイドルも見られて、小橋の負けず嫌いさを再確認だ。終盤、潮崎と杉浦を攻め込み意地を見せた谷口だが、杉浦のジャーマン、ヒザと食らい最後はオリンピック予選スラムで負け。谷口は終盤は良かったんだが、それを序盤からガンガン行けるようになればまた変わると思うんだけどねぇ。一方の潮崎組は、小橋に押されたということもあるしまだやり足りないような印象。この2人は、今一番ノッてるからねー。

第6試合・ジュニアタッグリーグ公式戦、金丸・鼓太郎vs中嶋・宮原。先発は鼓太郎と宮原。宮原としては意地を見せたいところだが、やはり金丸組に対しては厳しいところか。でも、中嶋がいいタイミングでフォローして、連携でGHCジュニアタッグ王者に対抗してる感じ。とはいっても、宮原も去年と比べても成長を感じるな。金丸組も、現王者として負けられないリーグ戦。試合運びの巧さで、中嶋組の勢いを上手く押さえ込んでる。中盤からの、中嶋を分断して宮原をいたぶるシーンは、金丸組のらしさ炸裂といったところ。うっぷんの溜まった中嶋が満を持して出てきて反撃するも、金丸と鼓太郎も決定的な場面は作らせず。終盤、再び代わった宮原が狙われるが、中嶋も上手くカットし連携から反撃。残り時間3分から再び宮原が集中攻撃されるが、これを凌ぎ切り中嶋との連携で攻め返し、そのまま30分時間切れ引き分けに。
金丸組としては痛い”失点1”か。逆に、中嶋組は宮原の健闘が光るか。こちらも同じく得点1だが、後に繋がる引き分けかもしれない。この引き分けは、意外と得点状況に響きそうだ。

第7試合・ジュニアタッグリーグ公式戦、KENTA・石森vs青木・飯伏。石森はコスチュームを黄色ベースに戻しているが、体つきの変化もあるしコスチュームデザイン自体は前シリーズの物を踏襲しているから、以前ともまた違った印象ね。先発は飯伏と石森。飯伏の動きもトリッキーで速いのだが、石森の動きがそれを上回る速さ。恐らく、リーグ戦出場選手の中でも一番速いんじゃないかと思うくらい。代わったKENTAと青木、お互い負けん気の強さが売りだが、青木も自信がついてきたのかKENTAに一歩も引かず。KENTA組は安定感があるし、石森も急所蹴りなんかも織り交ぜて更に幅の広がった試合をするようになり、タッグとしての完成度がより上がってるな。石森は筋肉質になったけど、動きが固くなってないし何よりスピードが上がってるのが凄いね。青木組は初タッグながら息も合ってるし、飯伏の予想出来ない動きと青木の力強さがうまく噛み合ってていいチームだなぁと。
そして20分頃の終盤、青木とKENTAの対戦となり、飯伏がうまく石森を押さえ込む中、青木がKENTAを腕ひしぎに捕らえてそのままギブアップ勝ちという大金星。文字通り、この1勝は青木組にとっては非常に大きいぞ。KENTAがギブアップというのも珍しいし、波に乗って青木組が突っ走りそうな感じもする。逆にKENTA組は、非常に痛い一敗。リーグ戦三連覇に黄信号か。

全体的には、新体制での初興行ということで観客含めて固くなりそうなところを、第1試合の緩さで緩和していい雰囲気で最後までいけたんじゃないかな。メインでは青木がKENTAを破るサプライズで、青木がジュニアの中心に躍り出てジュニアの勢力図も変動しそうだし。まあ青木からすれば「サプライズじゃない!」と言いそうだけど。そして、今シリーズの平柳・菊タローの暗躍?に期待したいね。

拍手レス〜。
>ふゆっちさん。
>>その気持ち分かります。部屋に入るとオーディオラックの上にフィギュアが10数体、ラックにエロゲー山積み、壁にはポスター、
>>そして「ナナオの液晶ディスプレイ」が2台、何故か室内から屋外に出ているLANケーブル。
>>事務所とか帰ったら話題になったんだろうなと思っています・・・・・。
あー、同じ様な人は結構いそうですねー。むしろ「今日もこんな感じか」とか思われてたりして?

7月11日

東スポ。昨日、ノア新体制後初の役員会が行われたそうだけど、発表事項等は特に無いとか。ふむ、まあシリーズ開幕直前だから、まずはそこに集中させたいってのもあるだろうな。まあ、百田に関しては見守るしかない訳だけど・・・。
新日では、G1のブロック分けが発表に。Aブロックが棚橋・真壁・矢野・Gバーナード・田中・大森・他団体選手、Bブロックが天山・永田・中西・後藤・中邑・飯塚・杉浦。ふむふむ、なかなかいいメンツよね。個人的には当然杉浦がイチオシなワケだけど、その杉浦のいるBブロックのほうが厳しそうな感じかな。ただ、中邑が同じブロックだけに、1/4ドームのリベンジのチャンスだ。先日下した後藤も同じブロックというのが気に入らんが・・・。あと、天山・永田・中西と杉浦の対戦というのは非常に興味あるぞ。特に永田との試合は特に気になる。杉様、頑張れー!

午前中にNTTの工事の人がやってきて、光回線の工事。いやー、常時接続が使えなくなって3週間、やっと復旧しましたよ。なんかちょっと調べものしようと思っても、ダイヤルアップでいちいちやってられなかったし、ホント常時接続の有り難みを改めて実感した次第です。当然、局から遠かったADSLなんかと比べると雲泥の差の速さだけど、特に重たいデータをダウンロードしたりする訳でもないので、そんなに速くてもなぁ・・・というのが正直な感想。それに、ウチのLANのハブは10BASEなので、いくら速くてもそこで絞られちゃうから、いい機会だから1000BASEとかにしちゃおうかしら。メインマシンは1000BASE対応ポート付いてるし。ノートPCは100BASEまでしか対応してないから、別にPCカードのアダプタいるけど。今まで使ってた無線LANも、ウチにいる時はノートPCは固定だし、無くてもいいかーって気にもなったし。知り合いからは「NAS導入だ!」とか言われちゃったし、夏が終わったらネットワーク環境の見直しでもしましょうかねー。

ちなみにウチの部屋って、モジュラージャックの横にえろいマンガの単行本が積み上がってたり、壁一面本棚でマンガ(えろいの含む)とクルマとプロレスの本ばっかりでその上にはえろいゲームにリース人形が鎮座してるし、他の壁には「はにはに」の保奈美とか「ゆのはな」のゆのはのポスターが貼ってあって友人から貰った資料のメイド服なんかが掛かってて、床には東スポとか週プロとかえろいマンガ雑誌とかクルマ雑誌が転がってるし、なんでかバケットシートが座椅子代わりに置いてあるし、PC周りには描いた絵(をプリントアウトしたもの)が貼ってあってフィギュアにガンプラが置いてあるし・・・と、ヒドイ意味でワケの分からない部屋。とりあえず溜まりすぎた新聞や雑誌は取り急ぎ整理して縛って外に出しておいたけど、ソレ以外はそのまんま・・・。ベッドに転がる抱き枕は毛布で隠したけど、そんなものは焼け石に水どころか霧吹きだな。そんな部屋で光回線の取り回しやセットアップをしてる工事の人。まあ完全スルーしますわな、表向きは。いやー、なかなかハードな羞恥プレイだったって!(^^;

あ、マメに部屋片づけとけーってのは言っちゃイヤーン♪ 片づけてもえろいモノは丸見えだからな!

7月10日

東スポ。一面が田上。東スポ本社を訪問して所信表明的な。厳しい鬼社長でいたいが、暴れん坊将軍のように時々抜け出して釣りでもしないと続かない、と相変わらずマイペースよねー。まあそんなところが田上なんだけど。田上から釣りを取ったら、抜け殻になりそうだ(^^; 三沢さんの追悼興行については、まずは次のシリーズを成功させることが最優先でまだ具体的には決まってないようだけど、複数の会場でやりたい意向のようで。東スポでは9月開催有力とあるが、会場の押さえとかはどうなんでしょ。時期はともかく、いい形で行われることを期待したいね。

今日買ったモノ〜。
090710_1
みなみけとかジャジャ。本屋行って「あー、そういや買ってなかったなー」ということで。クルマと違って、一向にバイクの知識は増えてませんが、バイクそのものはそんなに好きじゃない、って感じかな。まあ機械としては好きだし、基本的に運転するのが楽しいから乗ってる、みたいな。クルマの場合は、運転するのが好きだしクルマそのものも大好きなのよねー。
みなみけは・・・チアキが割と好き、かしら。いや、ハルカのふんわり姉っぷりもなかなかだな! ・・・サブキャラ好きだから内田とか、メガネ好きだからケイコとか、そんなひねくれたことは言わないって!('∇'*)ヾ(^-^;

7月9日

東スポ。ノアの新副社長、丸藤のインタビュー。自分たちが取締役になることによって風通しがいい会社になる、経営学に興味があって学校に行って勉強したいと思っている、とか決意表明的な。今年中の復帰は微妙らしいから、タイミング的には色々勉強するにはいいのかもしれないな。しかし、今のジュニアもヘビーも、丸藤が絡んだらどうなるんだろう?とか、やっぱ思っちゃうんだよなぁ。まあタラレバの話はそれとして、ファンの側からすると丸藤に対する期待ってのは大きいはずだから、その期待に応えて欲しいな。
百田の処遇については、特に進展ない様子。うーん、どうにか良い方向に進んでくれるといいんだが・・・。

昨日のまんてん。
090709_1
ちょっと時間が出来たので、ふらふらと。何で昨日のかと言えば、昨日は忘れてただけです(^^; カツ大盛りにコロッケ追加。揚げもんばっかーって感じだけど、まあ夏ですからね。・・・あんま理由になってない?

7月8日

今日はPULLTOP「とらかぷっ!」の、日乃宮夏葉のお誕生日ですよー。
090708
例によっておへそ・・・じゃなかった、サニーサイド。「おね星」のひびきに割かし似てるので描きやすいーって、毎年同じ事しか言わんねぇ、俺(^^; で、例によって過去の絵も。
080708
うん、すく水ッスね。今年はすく水ブームは来るのかしら? つーことで、お誕生日おめでとう〜。

東スポ。田上新社長のもと、昨日から新体制がスタートしたノア。その初日に、百田前副社長が辞表を提出したという。何故?! これには驚いたという言葉以外出てこない。田上は受理しないで保留としたそうだが、本人の意思は固いようだ。百田は理由として、「社長は頑張ってる人間が一番。現状では小橋しかいない」という考えから小橋新社長を提言していたが、それが受け入れられなかったからということらしい。更に「相談役なんて窓際族。発言するチャンスもない」と言っているのも気になる。ギャランティ(高額なギャラは貰ってない)や外の選手を多く使ってることに対してもコメントしてることから、内部的な問題(衝突?)であることは間違いなさそうだけど・・・。仲田氏の発言と対する部分が見られるところから、ファン的にはあまり想像したくない状況も思い浮かぶ。9年前の事とかね・・・。
百田自身が持ってるノアの株も売却するって事は、完全にノアからは身を引くってことになるのだろうけど、選手としてはラッシャー木村さんの引退した年齢・61歳10ヶ月を抜くまでは頑張りたいとのこと。んー、そうするとノア以外の団体に所属するってことなのか? あるいは完全フリーになってノアを含めてどの団体にも上がるということなのか? あまりにも唐突で、予想もしていなかった百田の退団という事態に、混乱しているのはもちろん、非常にショックです。色々疑問や想像が思い浮かぶけど、結局は事態を見守るしかないのがもどかしい・・・。

7月7日

東スポ。一面で、ノアの新体制発表の記事。新社長は田上で、副社長に小橋と丸藤。選手会長の森嶋も、取締役に抜擢。逆に、百田副社長、永源氏、仲田氏が相談役に下がった人事。仲田氏がコメントしていた「自分を含めた年寄りが引く時が来た」ということなんだろうなぁ。田上や小橋はまあある意味予想通りではあるけど、丸藤がいきなり副社長というのは驚いた。ただ、三沢さんは生前に丸藤を後継者にしようとしていたというから、いずれは田上から丸藤に社長の座が渡されるのは間違いないらしい。ということは、同じ副社長でも、小橋はリング上に比重をおいた形にして、丸藤が主に副社長としての責務を果たす事になるのだろうか。まあともかく、ノアというものを守っていってくれることを、田上以下の新体制には期待したいところ。

新日では、棚橋が田中に襲撃された際にIWGPベルトが破損してしまって怒り心頭とか。で、G1に元ECW王者の田中で来いとかハードコア上等とか、先に杉浦戦が控えているというのに何だか色々やっちゃって、ホントにもー今夜はハードコアって感じか!('∇'*)ヾ(^-^; まあ時期的に、G1への話題が多くなるのは仕方ないところか。
全日では、左腕を負傷していたケアが、手術の為に長期欠場するとか。ふむー、ちょっと心配。GURENTAI的にも戦力ダウンで、厳しくなるかもねぇ。

昨日の日テレG+でやっていた三沢さん追悼番組の一つのプロレスクラシック。三沢さんの試合は他の追悼番組や、年末年始にやった年越SPの三沢特集で主だった試合は概ね放送してる。ということもあってか、昨日やっていたのは91年4月20日後楽園ホールでのJ鶴田・田上・渕vs三沢・川田・小橋という通好みな試合をチョイスしていた。この試合、50分を超える熱戦で、鶴田軍vs三沢軍(超世代軍)が最も盛り上がっていた時期の試合なのだ。実際に映像では観たこと無かったので、若い小橋や田上が新鮮だ。田上がやたら試合中にブーイングもらっていたのもこの頃だな・・・。今じゃ悠々自適を地でいく田上からは、想像も出来ない昔だ(^^; そして、実況の若林さんが熱い。熱すぎて空回り気味なのもご愛敬。また、若林さんの実況聞きたいなぁ。

私信〜。
淡色館さん。
>>あの時、「ここでもE233製造していて、たまに新造車輸送で大阪、京都付近でもE233を見かけますよ」って話していたわけですが・・・
>>そんな会話から3日後に輸送がありましたよ。
あ、京浜東北線車両ですかねー。中央線も大体E233系に入れ替わってきましたし、他の路線でも続々と増殖・・・するのかなぁ? 正直、E233系で「イイんじゃな〜い」って思う部分は、ドア上部の液晶画面(小番組とか次の駅や現在時刻が見られるので便利)ぐらいですね。もー吊革なんて最悪! まったく、そう考えると西日本の車両とか旧式車両は落ち着きますねー。もっとも、東日本じゃ有り得ない速度でビビる訳ですが・・・。

拍手レス〜。
しんさん
>>やっぱり山本さんも参加されていましたか。
>>私も友人と行ってきました。
しんさんも参加されてましたか。場所的には、気付かずにすれ違っていそうですねぇ。

7月6日

東スポ。昨日のノア選手会興行、潮崎はKENTAとのシングルをして勝利。GHC王座の初防衛戦の相手には「社長は負けた相手には必ずリベンジした」と、彰俊を指名するつもりとか。吹っ切らせる、という意味の込めているようだが、それも重いテーマだな。他の試合では、雅央が”丸藤正道?”として大活躍したっぽい。しかも、ロイヤルランブルでは別キャラで2回出て、綱引きシングル戦でもヨネと試合してるし、雅央出ずっぱりじゃないの。でも、不知火は成功出来たのだろうか・・・いや、無理か(^^;
余興では、一平ちゃんがコスプレ?してライガーのテーマ曲を歌ったり、マイティ井上が持ち歌の「エマの面影」を歌ったとか。お、プロレス界随一とも言われる、マイティの生歌は貴重だぞ! 一平ちゃんは・・・まあ、橋的なポジションってヤツか(^^; その橋は、弄られポジションも失った上に天狗キャラも浸透せず・・・橋、とりあえず頑張れ(^^;

全日では、みのる・ケア組が世界タッグを防衛し、世界ジュニアはカズ・ハヤシの防衛で、諏訪魔の三冠挑戦が正式決定。諏訪魔の挑戦は期待を込めて、という意味が強い感じだが、ハマッた時のパワーは凄いからそれがタイトルマッチでも出せるかがポイントか。
新日では、G1参加選手が一部発表されていて、外からは杉浦や大森がエントリー。まあこの辺は予想通りだが、田中将斗も棚橋を襲撃して参戦アピールしたそうで、今年のG1はなかなか賑やかになりそうねー。しかし大森かぁ・・・昔から観てきた者としては、なかなか複雑な思いがあるねぇ。

日テレG+でやってるノア番組のノアdiコロッセオ。今週は、6/14博多でのGHC王座決定戦に6/22後楽園の模様だった。特に博多での試合は、ニュースなんかでは少し映像を観ていたけど、改めて観るとその場内の雰囲気の異様さを感じる。観てるこちらも、辛い。どう考えても、まともに試合が出来るはずのない心理状態でありながら、王座決定戦という重要な試合をしっかりとやってみせた潮崎と力皇の強さをみた。試合中や試合後のコメントも見ていて涙が出てきた。カラッといきたくても、そう簡単に切り替えられないなぁ・・・。そんなんじゃイカン!というのは、解ってるつもりなんだが。

7月5日

今日はPULLTOP「夏少女」の、芹沢明希のお誕生日ですよー。
090705
相変わらずのサニーサイド。まあ今更言うまでもないですかね。そして、描き慣れてない感出まくりなのも、言うまでもないですね・・・。で、例によって過去の絵も。
080705
そういや今年はすく水を全然描いてませんねぇ。やっぱサニーサイドのおへそは偉大って事ですよ!('∇'*)ヾ(^-^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

昨日の三沢さんのお別れ会、一般で献花に訪れた人の数はおよそ2万6千人だったとか。そりゃあ初めから最後まで、人波が途切れないはずだよ。馬場さんのお別れ会の時が2万8千人というから、それに匹敵する人数ですねぇ。この時も武道館の周りをぐるぐる歩いた記憶があるし。ちなみにこの時、週プロの写真に写り込んでたりします。結構よく分かるくらい・・・。

昨日結構酩酊するまで呑んだけども、朝は割とスッキリしてた。昨日のうるぐすや追悼番組の録画を観る。昨日は散々泣いたし、今日からはカラッとして頑張っていきたい。そして、溜まりに溜まった雑記の更新など。ダイヤルアップ環境だから・・・というのがサボった言い訳ではあります・・・。

今日届いたモノ〜。
090705_1
2ヶ月程前に出た、ノアの最新テーマ曲集。潮崎のテーマとスパルタンX新バージョンが入ってるので欲しかったんですよね。今のこのタイミングで買うことになろうとは思ってなかったですけど。昨日、帰ってきて酔っぱらう前にamazonで頼んだら、24時間しないうちにもう届きました。なにやらそんなサービスが1ヶ月無料体験っていうんで、試しに使ってみたらこの速さ。
スパルタンX新バージョンは、初めて武道館で聞いた時はちょっと微妙だなぁと思ったけど、今となっては三沢さんの最後を思い起こす曲になってしまったよね・・・。ライナーの三沢さんのコントも、非常に重く感じる。

で、サボっていたので溜まりに溜まった私信〜。
淡色館さん。
今回も色々とお世話になりまして、ありがとうございます。また、色々とご迷惑も掛けてしまい申し訳ありませんでした。

>>山本さんが「あ、アンパンマンだ!」と・・・ いいおじさんがそこに反応しないの!
いやいや、そこは反応しますって! まさかアンパンマン車両だなんて、全く予想してなかったですしー。むしろ、狙い通りの反応をしてしまったような・・・。

>>土曜日に讃岐うどん食った直後なだけに、出汁は良いとしてもうどんそのものはダメでしょうに・・・
全くその通りなんですけどね、やはり最後にあのうどん出汁を堪能したかった、ということでうどん麺には目をつぶって。まあ呑んだ後のシメには丁度いい感じではありますが。

>>9/12:山本さんと大宮
あ、いつの間にか決定事項になってますね。てことで、その翌日含めて予定開けときますー。

>>「記入いただきましたアンケートは、JR西日本の駅係員にお渡しください。」って書いてました。
>>というわけで、光の工事が終わったらアンケートを渡しに来ましょうよ。
いやいやいやいや、全っ然関連性が無いですよ! 光の工事とアンケート渡す為だけに西日本行くのはー! 今度行く時は、食パン車両見に行く時?ですかね・・・。

>>最近になって、山本さんが丸型吊革マニアだって事を知りました。
また変な異名を・・・。確かに、吊革は丸形のがいちばん手に馴染みますけど、”マニア”って言われるくらい熱弁ふるって・・・ましたね、思い返せば・・・。

それにしても、最初期の103系が今だ現役というのは凄いですねぇ・・・。

7月4日

東スポ。KENTAがジュニアタッグリーグを3連覇してGHCタッグとGHCジュニアタッグの2冠を狙うとか。まあリーグ戦3連覇もしたら、そういう目標も出てくるよな。
全日では、高山が諏訪魔をスルーしてV2戦に武藤を指名。8/30両国でダブルヘッダーを要求したり。そうだなぁ、諏訪魔と防衛戦といっても今の諏訪魔じゃあいまいちパッとしないのは事実だな。確かにインパクトある防衛相手といったら、武藤ぐらいしかいないのが現状か。

今日はディファ有明で、三沢さんのお別れ会。
090704_1 090704_2

090704_3 090704_4

090704_5 090704_6
前日までは雨予報だったけど、時折日の差す薄曇りだったのは幸い。行きはJRからゆりかもめという行程だったけど、山手線でボーっとしてて新橋を乗り越して浜松町まで行ってしまうポカ。いつも有明地区に行くのは楽しいことが多いけど、今日は非常に気が重い。ディファの最寄り駅の有明テニスの森駅で下車すると、どこまでも続く人の列。どうやら隣の駅の更に向こうまで続いている様子。更にゆりかもめで行こうかとも思ったが、そのまま歩いて最後尾まで行くことに。最後尾は、隣の駅どころか道沿いに晴海の方まで伸びる勢い。

最後尾には14:50頃から並び始め、しばらく2列でジリジリと列が動いていたが、途中からあまりの列の伸びに4列以上に広げつつ列を詰めるようにしてから流れも速くなってきた。が、ディファの受付で記名したのは17:10頃。2時間以上並んでいたが、時間の感覚はあまり無かった。そこから更に献花をするまで30分程。ディファ内に入ると、選手の姿も。歩いていた彰俊の背中が、何となく小さく感じた。そこに掛かるものの重さに耐えるかのように。

この期に及んでも実感というものが薄かったのだが、会場内のリングや祭壇を見ると実感せざるをえない。泣きそうになるのを堪える。泣いてしまうと、抑えが効かなくなりそうだから。花と、おこがましくも自分で描いた絵を供え、手を合わせて「ありがとうございました」と心でつぶやいた。会場出口では、百田や森嶋や杉浦がファンの見送りをしていた。
090704_7
ディファの出口で頂いたメッセージカード。帰り際に列を見渡すと、終了予定時刻が迫っていても、いまだ最後尾が見えない程の人の列。

ウチに帰ってきて、普段ウチでは呑まない酒を呑んで、G+のお別れ会中継の録画を見る。ここで初めて、もの凄く悲しくなってきて、泣いた。2時間ちょっとの録画が終わった頃にはかなり酔っぱらっていて、ひっくり返っていつの間にか泣きながら寝てしまったようだ。目が覚めると、付けっぱなしのTVでは日テレの三沢さん追悼番組が流れていた。その裏の新日中継を観ると、潮崎と杉浦が頑張っていた。

7月3日

東スポ。5日の全日・金沢大会での世界タッグ戦で、武藤は河野との合体技でみのるの首を狙うとか。まあ古傷だからね。しかし、ケアも左腕を負傷してるから、今回は厳しい防衛戦になりそうだな。

今週の週プロ。インタビューが色々載っているが、鼓太郎のインタビューが興味深かった。6/13広島での細かな状況とか、リング上から三沢さんの遺志を継いでいくと宣言した事に対する葛藤とか。鼓太郎は長く三沢さんの付き人をしていたし、一時期はタイガーエンペラーなんてキャラもやってたし。鼓太郎なりの強い想いを感じる。
棚橋のインタビューは相変わらずチャラめだが、対ノアに関しては素っ気ないフリをして実は結構以前の対抗戦のこととかも気にしてそうな感じ。素直じゃないな!(^^; あとは、三沢さん追悼リレーインタビューとして、一人目として越中が。三沢さんのレスラー人生において、欠かせない人物として最初に挙がるのは越中だもんね。

7月2日

ダイヤルアップ環境なので、ネットでの情報がほとんど入らない今日この頃。2日前に公開されていたPULLTOP「しろくまベルスターズ♪」新情報にも、今頃気付く体たらく(^^; で、新キャラや舞台設定が。新キャラの七瀬透、キャストが殿子の人なもんだから、またちっこい女の子キャラかしらーって思ったら、紹介文見たら男の子でした・・・。あ、そうか!「実は女の子でした設定」ですね! ・・・いや、男の子でも別にいいですわ〜('∇'*)ヾ(^-^;
舞台のしろくま町は、何となく函館のイメージも入ってるかな?って気がする。路面電車とか異国情緒とか。海岸線もなんかそんな感じ。幼年期に函館に長く住んでいたので、勝手にそう思いこんでいるだけかもしれませんけど(^^;

東スポ。IWGP戦の調印式で、向かい合う杉浦と棚橋。杉様、カッコイイー! 相変わらずスーパーストロングマシンとの防衛戦とG1出場を主張する杉浦に、棚橋も早めにG1エントリーすればリベンジの機会とマシンとの対戦も出来るかも、と上から発言。なにっ!小生意気な棚橋めー。しかし、どちらにせよ杉浦のG1出場は可能性は高そうねぇ。
思い出したくない恥バウトに、森嶋が登場。恥ずかしいというか申し訳ない試合として、05年3月5日の武道館での秋山・森嶋vs天龍・みのる戦を挙げていた。んー、そうなのかなぁ。個人的にはかなりグッときた試合だったんだが。入場時にサンダーストームからJに繋げられた、そりゃあもうね泣いちゃったもの。森嶋の転機になった試合でもあるし、そういう意味でも印象に残っている試合と言うことなんだろうなー。

7月1日

東スポ。菊地のインタビューに、金丸の黒覆面登場予告とか。アジアタッグを争っている頃の小橋・菊地を観てプロレスが好きになった者としては、やはり菊地は思い入れの強い選手です。「プロレスは世代闘争がいい」というのは、昔からのそういうシーンが多かったからってのもあるよね。ノア旗揚げ前に辞めようかと悩んだ、という話は初耳だ・・・。新日のスーパージュニアでもまだまだやれる!ってところを見せてくれたし、頑張ってほしいです。
金丸は、今年こそ日テレ杯ジュニアタッグリーグ優勝したいところだよな。GHCジュニアタグ王者としても負けられないし。・・・と思ったら、俺らが優勝したら挑戦者がいなくなるから、全戦反則負けでいいよとか、正体は俺じゃないけど黒覆面が来るかも?とか。あれ、黒覆面のくだりはまだ続くのかしら?(^^;