−雑記帳09年6月分−

前の月次の月戻る


6月30日

東スポ。ヒクソンと対面してる中邑の記事。ブラジルに修行に行くのもいい、とか言ってますが、まあそれはそれで。というか、今年の中邑は対ノアかと思えば矢野と組んでCHAOS始めたり、今度はヒクソンかぁ・・・。真壁のいう「ブレまくりじゃねーか!」というのも的を射ている気もするな。色々やるのが悪いってワケじゃないけども、何か迷走してるようにも見えちゃうんだよなー。

6月29日

バスで早朝に帰京して、そのままお仕事へ。行きと同じく新兵器の首にはめる風船まくらのお陰で、疲労がかなり軽減されたので良かったですよ。やっぱ、東京の方がまだ少し涼しいねぇ。

東スポ。棚橋に挑発された杉浦、「何を今更。ワケの分からない話をするなら、試合はやんねぇ」と、らしくない?正論。とりあえず、後藤の立場はないのは事実だな・・・。で、杉浦は王座奪取しての初防衛戦には、スーパーストロングマシンを指名して、「お前、平田だろ」と今度こそやるとか。やっぱりソレか(^^; 更に、猪木バリのポーズをとった自分の写真を新日道場に飾れ、と逆に要求。んむ、調子出てきたな杉様! しかし、何故にそこまでマシンにこだわるのか(^^;

6月28日

PULLTOP「とらかぷっ!」の、桜姫。
080628
てなわけで、今日はとらかぷっ!発売記念日なのです。お出かけ先でも無理矢理更新するのがお約束?

つーことで、大阪2日目。今回の朝一ゲームはwiiでPCエンジン版「グラディウス2」。1番で6面(PCエンジン版オリジナル面)をクリアしたところで中断して「続きは任せました〜」と無責任プレイ。しかも間違って4速になってるので、より一層嫌がらせだな。あわさんは、スーパーマリオ2をサクッとクリア。相変わらずマリオ上手いなぁ・・・。しかし、上手いが故のタコミスが多くて、本人は納得いかない様子。あとはロードランナー。詰めエディットの技を見せられて、ロードランナーの奥深さを今更ながら再認識した次第。

で、今日も一発特急に。特急「はるか4号」で新大阪へ。入り口付近の大きな荷物を置く為の棚があるところは、いかにも空港特急っぽいですね。座席はそれほど広くはなかったけど、背もたれが大きいので座り心地はなかなか。
090628_1
そして、環状線の103系。昨日は特急ばかり乗っていたから、こちらではまだまだ現役の103系も、今日になって初めて乗りましたよ。

今回も例によって、南港辺りにお出掛け。南港と言えば、ヤンマガで連載していた「ナニワトモアレ(現・なにわ友あれ)」14〜5巻辺りで大乱闘していた・・・って、毎回毎回ソレばっかですね。あとはアレか、住之江だからBEATの本拠地か、ってやっぱ「なに友」ネタね(^^; に、してもだ。昨日の夕方までは雨予報だったのに、朝になったら晴れ予報となり、結局日中は気持ちいい快晴となりました。暑すぎ!

まあそんで色々やった後、難波へ出て一席。
090628_2
前回も来たお好み焼き屋。
090628_3
チェーン店とはいえ、大阪はとにかく食べ物が美味い。お好みも色々と種類があって、今回は変わりダネを頼んだけども、予想以上に美味くてビックリ。粉モノ文化、サイコー!('∇'*) そして、酒もガンガン進む。酔った勢い?で、メガネっ娘についてのディスカッションが白熱。その様子を冷ややかに見つめるとなりの卓。イヤン! しかし、今日は色々名言が飛び出したぞ。「メガネっ娘は心にメガネを掛ける」「メガネを掛けないメガネっ娘も存在する」「酒は男を磨く水だ」「RPGとかの”火”とか”水”って一文字での属性で言えば、”姉”ですよ」等々・・・あ、最後のは名言じゃなくて俺の属性だった! メガネっ娘に関するディスカッションは、とても書ききれない程の熱い論議が行われましたよ。とりあえず、「はにはに」のちひろは、メガネをしてないメガネっ娘。「フォアテリ」の美術部部長は素晴らしい。まあそんな感じでーす☆

そんな勢いのトークが炸裂し、男を磨く為にガンガン杯を重ね、店を出た時には見事にフラフラ。そんなタイミングで、NTTから光回線工事の連絡。おいおい、日曜の夜だぞ!とは言わなかったけど、酔っぱらっててちゃんと対応できたか、イマイチ自信なし(^^; そうそう、結局ウチのネットはやっぱりADSLが使えない環境になってしまったので、光回線への移行をすることにしました。工事は7/11で、それまで2週間ほどダイヤルアップのナローバンドで頑張りますわ・・。

話は戻って、あわさんと一緒に大阪駅へ戻り、そこでお別れ。今回も色々とお世話になりまして、ありがとうございます。
090628_4
その道中、地下鉄で近鉄?の車両を撮影。酔ってたこともあって、何線なのかイマイチ記憶があやふやです(^^;

まだちょっと時間あったので、京都線で新大阪まで移動して、駅構内の立ち食いうどんを。
090628_5
ここは前回も来てて、ダシは美味いけどうどんが関東なみのぐだぐだ麺というのは分かってたんですけど、呑んだ後にこのダシと甘いお揚げは結構イイんですよ、これが。お好み腹一杯食ってんのに、まったく・・・。ま、これも旅の醍醐味ってヤツ?

今日買った&貰ったモノ〜。
090628_6
どろソースに、南港方面に行ったらたまたま売っていたオーガストテレカとかー('∇'*)ヾ(^-^;

6月27日

大阪到着。
090627_1
今回は、首にはめる風船まくらを持参したんだけど、これがかなりの威力を発揮してくれて、首周りの疲労が相当軽減された。昔から名古屋や大阪に行く際に高速バスを利用してましたけど、何故もっと早く使ってなかったんだ・・・と後悔するくらいですわ。
090627_2
到着してトイレで身支度して、まずは前回購入したICOCAにチャージ。そして、駅前の高架下にあるショッピングモール的なとこで朝うどん。前回もここで食べたけど(ちくわ天でおにぎり、ってのも一緒だ・・・)、まあまあウマイですねー。もちろん、関東の立ち食いと比べれば、こっちが抜群だったりしますけどね!

で、あわさんと合流しまして、乗り倒し始発駅の大阪から、帰りのルートの新大阪駅に、無駄にノートパソコンで重たい荷物をロッカーに入れる為に移動。さすがに何度も大阪来ているので「新大阪行く時はこのホームだったっけな?」とか思いながら歩いていると、「そっちちゃいますよー」と。どこかと思えば、特急用ホーム。あ、なるほど、西日本パスは特急自由席も乗り放題ですもんねーって、まさか大阪→新大阪の一駅だけ特急に乗るとは思わなんだ。
というわけで、今日1本目の列車は「サンダーバード7号」。空いてる車内に乗り込んで、座って一息ついて「なかなかいいシートですなぁ」とか言ってる間にもう新大阪駅・・・うーん、贅沢。

とりあえずロッカーに荷物を放り込んで、大阪駅へ戻る列車の待ち時間にちょこちょこ撮影。
090627_3
初めて間近で見た「ワイドビューしなの」。他には、「北近畿」とか「オーシャンアロー」とか遠くのホームを通過する国鉄特急色の183系?とか、相変わらず色んな車両が見られますねぇ。

そして大阪駅へ帰るために「スーパーはくと3号」へ乗車。
090627_4
なんか発車する時に「何だかディーゼルカーみたいな発車感覚だなぁ」とか言ったら、あわさんに「いや、みたいじゃなくてディーゼルですよ・・・」と突っ込まれたり。あら、今までこの車両って電車なんだと思ってましたわ・・・。久しぶりのディーゼルの音を聞きながら、5分もするともう大阪駅。当然だが、早いな!

ようやく本日の乗り倒しの開始です。実はどういう行程なのかは、ワタクシの「四国でうどんが食べたい」という希望を取り入れた事以外、まだ分かっていません。というか、指定席券を見ても「これ、どこ?」という感じなので、理解出来てません(^^;
090627_5
特急「はまかぜ1号」。北海道で気動車(特にキハ82系)に馴染んでいるので、この「はまかぜ」のキハ181系はぜひ乗りたかった車両です。北海道人には馴染みのない折りたたむドア(雪国の車両はほとんど片開きのふくろ戸)が開いて乗り込むと、実に懐かしい雰囲気。まあ基本的にキハ82系と基本設計は同じですから。さすがに内装やシートは改装されてるものの、窓やフックなどで十分オリジナルの雰囲気を感じられます。発車感覚は、さすがキハ82系の倍以上の馬力があるだけに、力強いですね。といっても、先程乗った「スーパーはくと」に比べると、余裕は少ない感じかな。先日、新車両への置き換えが発表されたので、このキハ181系も引退間近。昔から知ってる車両が無くなるのは寂しいですねぇ。

姫路まで「はまかぜ」で移動し、姫路からは新幹線「ひかりレールスター555号」に乗り換え。自由席が込んでいたので立ち席だったけども、西日本の新幹線車両独特のシックな内装と、山陽新幹線のトンネルの多さをしっかり堪能。地下鉄かよ!みたいな。

新幹線で岡山まで移動し、次に乗る車両の停まっている在来線ホームへ。
090627_6
「あ、アンパンマンだ!」(写真は食パンマン車両だけど)と、思わず声を上げた特急「しおかぜ9号」。そういえば、以前からこの2000系は「ディーゼルで振り子で?!」と興味津々だったんだよねー。しかもそれがアンパンマン列車なんだから、そりゃ驚きますわ。しかも、発車後の案内放送でもアンパンマンの挨拶が。「あー!アンパンマンだー!!」と更に驚く俺。子供かよ! いやー、でも驚くっしょー。

「しおかぜ」に揺られてまったりしていると、四国横断橋が見えてきた。どんだけデカイのかと楽しみだったけど、よく知っているレインボーブリッジやベイブリッジとは比べ物にならないデカさ! うわー、これはちょっと凄いなぁ。こんなデカイ物を、よくもまあ造ったモンですよ。

遂に四国初上陸。
090627_7
四国最初の駅、宇多津で特急「いしづち13号」と併結作業。昔よく眺めた気動車の連結・分離作業と違って、割と短時間でサクッと終わってしまった。自動連結器と密着連結器の手間の違い、なのね。ただ、連結時のショックはどちらも一緒だな。というか、結構ショックがデカかった(^^;
四国内は曲がりくねった路線を速度落とさずに制御振り子全開でブッ飛んでくれるので、なかなか楽しい。コーナーに入るとグググッと内側に傾くのが面白いよねー。何となく、バイクでコーナー曲がっていく感覚に近い気がした。

そして、到着したのが観音寺駅。
090627_8
えと、ここ何処ですか? どうやら香川の西側の街のようです。ここでうどんを食べましょうという事で、駅からブラブラ歩いていきましたが・・・うどん屋どころか飲食店は見当たらない。どうやら駅からちょっと離れた場所に繁華街があるようで、ほどなくうどん屋発見。
090627_9
念願の四国のうどんという事で、ぶっかけをチョイス。「冷やしぶっかけの大で」といって出てきたのがご覧のうどん。結構な量で恐らく2玉。東日本でのうどんの感覚だと「うわ、多い! これ途中で飽きてこないかな・・・」との心配がよぎる。しかしあわさんは「いや、これくらい平気でしょ」と言う。そんなもんかなぁ?と思いつつ食べると、もの凄いコシ! といって、硬いワケではなく、しっかりとしたうどんそのものの味が実にウマイ。一気に止まることなくペロッと食べてしまい、最初の心配は杞憂に終わった。いいなー、こんなうどんだったら毎日でも3食うどんでも全然平気だわー。何でこんなにウマイ讃岐うどんが、どうして全国に普及していかないのかが不思議でしょうがないって!

うどんを食べて、帰りの列車までの時間は観音寺駅でやってくる列車や、駅の周辺を眺めたり。
090627_10
帰りは電車の特急「しおかぜ18号」。ディーゼル「しおかぜ」よりも更に速い速度で、ぐりぐり振り子してくれるので、楽しくてしょうがない。というわけで、初の四国上陸時間はおよそ2時間。今度来る時は、高松あたりでうどん食べ歩きとかもいいな〜とか思ったりします。やっぱ、うどんだけで四国来る価値ありますね!

「しおかぜ」で岡山まで戻り、次の列車までの間は当然ホームをぶらぶら。
090627_11
115系。この配色は落ち着いてていいとは思いますけど、どの列車もこんな色なのはちょっとねぇ・・・。
090627_12
117系「サンライナー」。117系は図鑑上でしか馴染みがないので、なかなか興味深いです。
090627_13
貨物列車のEF66。
090627_14
特急「ゆったりやくも」。まあ確かに、この先頭に座ればゆったりできますね。
090627_15
100系「こだま」。100系は、デザインが80年代的テイストをしっかり持っているので、個人的には好きな車両かな。ノーズの長さやバランスもシャープだし。しかしそんな車両も、現役では一番古い車両になっちゃったんだよなぁ・・・。

そして、岡山から新大阪までは「ひかりレールスター566号」。
090627_16
こっちは最新車両だけど、東日本とは違うカラーリングで印象は結構違います。内部はもっと違ってて、標準の新幹線普通車は「3+2」のシートですけど、こいつは普通車でもグリーン車並の「2+2」で実にゆったりしたシート。これで「のぞみ」より安いって、ズルイよ西日本! というかこの「ひかりレールスター」、値段的には「ひかり」だけど速度的には「のぞみ」(のぞみに抜かれない)という、なかなか絶妙な位置付けの列車だそうで。それでいて、内装はオシャレでグリーン車並のシートとくれば、もうホント羨ましいったらありゃしない!

そして車内では、
090627_17
岡山駅構内で購入したタコ飯弁当。ここら辺って、タコが名産だった・・・よね? 何となくタコ飯って記憶にあったんで、うどんで結構腹持ちしてたけど、迷ったあげくご購入。しかも、夜までとっておこうか迷って、結局誘惑に負けて早速車内で食らいつくワケだ。車内で弁当食べるってのも、旅気分でいいもんですよ。そして、旅に出ると食欲リミッターが外れてしまう俺。まあなんにせよ、美味いものは美味いって事で〜('∇'*)ヾ(^-^;

レールスターで新大阪まで戻ってきて、ロッカーに預けていた荷物を回収し、最後に乗るのは特急「スーパーくろしお25号」。こいつは元祖振り子車両の381系ですけども、乗った区間はほぼ直線に近かっただけに、本領発揮とはいかず。しかし、環状線あたりではワンテンポ遅れる車体の傾きが何となく分かりました。自然か制御か、の違いですね。

今回も、あわさん宅にお邪魔させていただきました。
090627_18
そしてお約束?のパンヤ。この為にノートPC持ってきてるといっても過言ではない、ワケはありませんが事実上そうなってるなぁ(^^; 久しぶり、というか前回お邪魔した時以来に立ち上げたパンヤだったので、人の家で容赦ないアップデート。で、パンヤしながら、裏で明日の「とらかぷっ!」発売記念日絵の更新をしたり。我ながら何だかな〜(^^;

本日乗った特急。(時間は大体です)

大阪
 08:42
 ↓「サンダーバード7号」
 08:46
新大阪
 09:16
 ↓「スーパーはくと3号」
 09:20
大阪
 09:36
 ↓「はまかぜ1号」
 10:39
姫路
 10:57
 ↓「ひかりレールスター555号」
 11:17
岡山
 11:35
 ↓「しおかぜ9号」
 12:40
観音寺
 14:09
 ↓「しおかぜ18号」
 15:11
岡山
 15:58
 ↓「ひかりレールスター566号」
 16:44
新大阪
 17:03
 ↓「スーパーくろしお25号」
 17:46
日根野

いやー乗った乗った。楽しいなぁ、もう!

最後に東スポ・・・じゃなかった、大スポ。杉浦とのIWGP戦を控える棚橋、杉浦に対して「何か手みやげを持ってくるのがスジ」といって、白だか黒だか色々あるんでしょ?と挑発。あら、そんな事言っちゃう? しかし、これに対する杉浦の返しが楽しみだな。この両者であれば、こういう事前のフリは面白くなりそうだが、ある意味危険な気もする・・・。

6月26日

東スポ。健介が、森嶋とのタッグでGHCタッグへの挑戦示唆。グローバルタッグリーグでは、最後の武道館で優勝した三沢・潮崎組と試合してるし、三沢組に次ぐ成績だった事を考えると、挑戦の資格は十分よね。今のところは、ディス・オベイや小橋との絡みがあまり無いが、秋山が欠場してるのでその辺にも絡んでいってくれると、盛り上がるんじゃないかなー。
先日、杉浦に負けた後藤。棚橋vs杉浦のIWGP戦のセコンドに付いて、杉浦対策も伝えるとか。「スタミナ勝負なら棚橋」って、杉浦はスタミナあるぞ。特に札幌ではね! ・・・すすきの、か? で、棚橋と連絡取ろうとして、実は携帯の番号が登録されてなかったという謎のくだり。んー、ギャグ路線に転向?

というわけで、ちょっと大阪行ってきます。
090626_1
例によって深夜バスで、ですけど。こんな時に急行「銀河」があればなぁ・・・。何しに行くかって、あわさんと一緒にJR西日本発行の「西日本パス」を使って、色々特急列車に乗りまくりの四国行ってうどんを食べるという旅であります。大阪は何度か行ってるけど、この時期に行くのは初めて。雨が心配だけど、どうなりますかねー。

6月25日

今週の週プロ。三沢さん関連の記事が多いね、やはり。あとは、6/20新日・大阪府立とか武藤&船木のインタビューとか。新日の大阪府立は、潮崎の自信ある表情と、杉浦の気迫の表情がいいねー。
ちなみに週プロでお気に入りの連載記事は、鈴木みのるのコラム・KENTA&丸藤の巻末コラム・棚橋のドラゴンノートなど。ドラゴンノートは、チャラ緩い雰囲気がなんか心地よいのだ。そして、最近何だか気になっているのが、サバイバルコラムのパンクラス・佐藤光留。最初は「よく分からんなぁ〜」という感じだったが、最近はその生ぬるい変態っぷりが面白くなってきた。まあ俺も変態っちゃー変態だから、変態同士惹かれてしまうモノがあるのかも? 入場時とか公開練習時にメイド服を着てしまう気持ち、分かるよ! さすがに俺は脳内同棲はしてないが・・・抱き枕で脳内添い寝してるもんなー('∇'*)ヾ(^-^;

と、梅雨時だけにヌルッとした変態宣言日記でスマンカッタ!

6月24日

東スポ。一面に、「ノア新社長候補筆頭に田上」の記事。実際には筆頭株主の三沢さんの遺族に決定権があるそうだけど、まずは三沢さんのお別れ会の終わった後に決めるとの事。年齢的な事とかも考えると、現役選手から選ぶとすれば確かに田上は妥当ではあるなぁ。個人的には百田というのもありと思うが、まあとりあえずどうなるのか静観するしかない訳ですが。

久しぶりにIWAジャパンの記事が載ったが・・・ハル・ミヤコ女史ではなくて、ハル女史に捨てられて足蹴にされていたデスワームの話題。あ、まだ引っ張りますか、デスワーム(^^; で、色々あって何故かデスワームが雌だという事になって、女子選手相手に試合する予定らしい。てことは、デスワームvsハル女史とかもあるのかしら・・・それ、なんかエロいぞ?

6月23日

東スポ。昨日のノア・後楽園の様子が。といっても、やはり大きく扱っているのは、三沢さんの追悼セレモニー。今まで何度も後楽園ホールで見た三沢さんを、もう見られないというのは、やっぱり今でも信じられない。区切り、というのはちょっと言葉が違う気もするけど、昨日で心の整理はつけたつもりだったんだがなぁ。
先日、ヘルニアが悪化してGHCベルトを返上した秋山は、中途半端な形で最後にしたくないって事で、暑い季節のうちに再度奪還に動くとか。秋山としては不本意な返上だったから、こう思うのは当然だな。潮崎も、前王者の秋山を倒してこそのベルト、と思ってるんじゃないかな? まずは次のシリーズだけど、どうなるか。

7/20新日・札幌での、棚橋vs杉浦のIWGP戦が正式決定。ふむ、最近の棚橋はなかなかイイ感じだけど、きっと杉浦に再び煮え湯を飲まされる事になるだろう。杉様、グイッと飲ませてきて!

相変わらずウチのネット環境が不通のまま。ADSLモデムの交換とかしてみたけど、結局原因は最近ウチの建物に開通した光回線の干渉っぽいな。回線使用が少ない早朝にだけ、ちょこっとADSLが繋がったりするから・・・。しかし、ネット出来ないと非常に困るので、試行錯誤したあげくにノートPCの内蔵モデムからダイアルアップでネット接続するという、前時代的な事態に。なんなの、それ!? もー、しょうがないから光回線に切り替える手続きしますかねぇ・・・。切り換えの手間と時間もそうだし、遅めのADSLでも特に不都合無かったから別に光じゃなくてもいいやーと思ってたけど、こういう事態になっちゃったんなら致し方ない。一番めんどくさいのは、もし室内工事が必要だったら、部屋に転がってるモノをお片づけしなきゃいけない事だったりして・・・(^^;

というわけで、現在はHP更新するのがやっとの状態。ネット巡回なんて、ナローバンドのダイアルアップ接続じゃあ非常に厳しいです。メールチェックは携帯から出来ますが、web拍手等は反応出来ないかもしれないのでご了承を・・・。

6月22日

三沢光晴。
090622
これまで敢えて「三沢」と敬称略でしたけど、それも今日まで。どうしても信じられないという気持ちが強く、今まで通りそう表記したかったのです。この絵を描く為に、手持ちの週プロなどをひっくり返していると、「ああ、こんなこともあったなぁ・・・」と色々思い出に耽ってしまいました。この絵のベースは、’95/7/24全日・武道館のvs川田戦の、週プロ増刊号の一枚から。この頃の三沢は、本当に神掛かっていた気がします。

個人的な思い入れとしては、この絵の次の防衛戦、9/10武道館での田上戦が印象に残っています。この時の(確か)フィニッシュとなったローリングエルボー、このエルボーがオーラのような残像をまとった一撃に見えました。今思えば単なる気のせいだとは思うんですが、その時の俺にはそう見えたのです。「こんな三沢には誰も勝てないだろう・・・」と、武道館からの帰り道に思った事を鮮明に覚えています。実際、その次の10/25武道館での小橋との防衛戦は、タイガードライバー’91で防衛し、試合後にリングからマイクで「小橋。ありがとう!」と言う三沢に対して、小橋ファンの俺は理不尽な怒りさえ憶えた程でした。「こんなん勝てるかよー!」って。この頃のプロレス界といえば、新日とUインターの対抗戦が盛り上がっていた時期でもあり、全日は全日独自路線で盛り上がってましたねぇ。ゲーリー・オブライトが全日マット参戦を果たし、初戦の後楽園で多聞に放ったジャーマンスープレックスで戦慄が走った事もよく憶えています。歴史の”もし”は有り得ませんが、この頃に三沢や小橋と、新日三銃士の橋本・武藤・蝶野との戦いを観たかったなぁと思いますよ、やっぱり。今はただ、想像の中でその対決を思い浮かべるしかないけども。

東スポ。20日の新日・大阪府立は、試合模様が載ってるのはメインのIWGP戦だけ。しかし、その試合後にリングに上がって、棚橋が巻くIWGPベルトに拳をつける杉浦の写真がカッコイイねー! 正直、ここで後藤が勝ったところで、先の展開がイマイチ思い浮かばなかったけど、杉浦が勝った事によって刺激的な展開が色々と思い浮かぶワケだ。7/20札幌・月寒での棚橋vs杉浦のIWGP戦が決定的、と東スポに載ってるんだから決定って事だな。これは楽しみだ! しかも、杉浦にとってゲンのいい場所、札幌での試合だけに、期待したいねー。
昨日の全日・後楽園は、6人タッグ戦で高山が諏訪魔からジャーマンでピン獲られてる。ふむ、GURENTAI政権を崩す一番手は諏訪魔って事か。世界タッグの武藤・河野よりは、諏訪魔がガーッといってくれると面白くなると思うけど、さて。

今日はノアのシリーズ最終戦の後楽園大会。ホントは会場に行きたかったけど、前売りチケットが売り切れだったので行けず。まあ元々、ノアの後楽園は割と人気があるから早めに動かないと買えない印象がある。今回は是非会場に行きたかったんだが・・・まあしょうがないので、ウチで大人しくG+の生中継で観戦。ということで、例によって以下、観戦記風に。

試合前には、三沢への1分間の黙祷が。会場に行けなかった分、俺もTVの前で黙祷を捧げました。

第1試合、伊藤vsCヒーロー。クリスは、緑のタイツにエルボーパッド。タッグを組んでる青木との差がついてきた気がする伊藤は、次期シリーズのジュニアタッグリーグに向けて挽回したいところか。ノアに来始めた頃は割と色モノ系に分類されていたクリスだけど、先日の潮崎戦もそうだけど「こんなに巧かったの?」と見直したよねー。今日はエルボー、特に不格好ながらローリングエルボーを要所要所で効果的に使っていたのが特筆か。パワーで押してくるクリスに対して、伊藤は丸め込みの連続でピンを狙うが、決めきれず。最後はローリングエルボーをカウント2で返された後、変形のストレッチプラムで固めたクリスがギブアップ勝ち。伊藤も頑張ったんだが、もう一歩か。クリスは、何だか化ける予感。
第2試合、金丸・石森vs鼓太郎・平柳。平柳はまあいつも通りだが、他3人はさすがにジュニアのトップという試合展開。だが、注目は終盤。突如石森が、金丸にトラースキックからテララーニャを放ってダウンさせ、ひっくり返っていた平柳を金丸に覆い被せて無理矢理試合を終了させた。お、マジで?!
で、石森は誰かを呼び込んだが、出てきたのはKENTA。んー??復縁?再裏切り? と思ったら、KENTAとの復縁だった。「この2人はそう簡単に切れないんだよ!」的な石森のマイク。KENTAも「リーグ戦3連覇狙っていくぞ」と優勝宣言。GHCジュニアタッグ王者ながら仲違いしていた金丸と鼓太郎は、鼓太郎が呼びかけてこちらも復縁。続いて平柳にも聞いてマイクを預けると・・・「大丈夫す。どうせこうなると思ってましたよ」と、身もフタもないことを・・・。ま、そーいうことで、タッグリーグ戦の前に、前年度優勝チームとタッグチャンピオンチームが収まって気持ち良く次のシリーズへ行ける事に。ただ、一つ気になるのは平柳が「俺も2人(金丸・鼓太郎)に負けないようなパートナー見つけてありますんで」と言った事。んー?誰〜? ノア内だとインパクト的に薄い気もするし、他団体からとか? 思いつくのは、飯伏とかRロメロとか・・・ライガーだったりしたらひっくり返るぞ、俺(^^;

第3試合、彰俊・Bフィッシュ・雅央vs田上・小川・Rマルビン。うーん、田上と雅央の絡みはほのぼのするなぁ。彰俊に対しては一際大きな声援。彰俊も、緊張なのかいつも以上に引き締まった表情。試合ぶりも一発一発の技が強烈で、フィニッシュになったマルビンに対するスイクルデスや、その後のフォールも鬼気迫る表情。試合後は一転、背負っているものの大きさに耐えるように天を見上げ泣いているかのような表情に。退場する彰俊にも大きな声援。頑張れ、彰俊。
第4試合、高山・佐野vs森嶋・杉浦。先発は杉浦と高山。高山に対して臆することなく張り手や踏みつけフォールを出すところが杉浦だなぁ。そんなところがタマラナイぜ、杉様! 頭を完全に坊主にしているので、迫力が増してる杉浦。東スポで見た20日・新日参戦時の写真では髪があったから、その後に剃ったんだろうな。そんな杉浦、高山と佐野をいっぺんに相手にするかのような勢いで向かっていく。森嶋も負けじと、ラリアットにスカッドミサイルで高山・佐野を吹っ飛ばし。しかし、高山組が黙っている訳もなく、杉浦にニーリフトとソバットの連続攻撃にフットスタンプと、杉浦のボディを集中攻撃。でもそこでこらえるのが今の杉浦。森嶋との連携で高山を吹っ飛ばし、佐野には森嶋をブレンバスターで叩きつけ。うわ、健介みたいな連携だな。
リング上は佐野と杉浦。杉浦は佐野のソバットを連続で食らってしまうが、トドメの側頭部ソバットはスエーでかわしてスピアーからのアンクルホールド。これを立ち上がって抜けて反撃のキックを出す佐野だが、その蹴りをかわして後ろ向きになった佐野の足首を再びキャッチしてアンクルホールド。これはエスケープ出来ずに佐野が堪らずタップアウト。杉浦のアンクルホールドの立ち姿は絵になるなー。今日は森嶋のインパクトが薄まるくらい、杉浦の気迫が前面に出た試合だね。

第5試合、青木篤志閃光十番勝負・第8戦、青木vsライガー。大ベテランのライガーだけに、序盤からライガーペースか。ストレッチ技などのグラウンドでねちっこく攻めるライガー。そんなライガーを場外へ跳ねとばし、ロープ間を抜けるトペ炸裂。コーナーに上ったところでライガーの腕を取り、カーフブランディングのようにヒザを当ててマットに叩きつける青木。やはり得意の腕ひしぎへの布石か。ここからは両者の意地の攻防。ライガーの掌打に、青木のノーザンライトスープレックス。ライガーのパワーボムにフロッグスプラッシュ2連発はかなり厳しい攻めだったが青木もよく耐えた。反撃のノーザンライトスープレックス3連発から垂直落下ブレンバスター。そしてチキンウイングアームロックから腕ひしぎ逆十字。ズバリと決まったが、これはライガーがよく凌いだ。抜けられてなお青木がアサルトポイント狙い。その攻防中、ライガーがくるりと青木を丸め込んで電光石火の3カウント。あっけにとられる青木。んー、さすがライガー、巧いなー。
試合後はライガーが「こんなんじゃ納得いかないだろ? ノアでも新日でも、2回3回どこでもやってやるぞ!」とマイク。青木もマイクで「次は俺がギブアップか3カウント獲るんで」とやる気満々。まあそりゃそうだ。最後はお互い1発ずつ張り合って、ライガーの差し出した手を青木が払って退場。ライガーはホント、煽り方といい自分の立ち位置といい、巧いよなー。青木は、次のシリーズでどこまでジュニアの上位陣に食い込めるか、だなー。でもそこはパートナーであろう伊藤次第ってところか?
第6試合、谷口修平驀進十番勝負第4戦、谷口vsBスミス。本来であれば、三沢とのシングルだったんだよなぁ・・・。谷口は気迫を出せるようになってきたんだが、まだ今一つ感が残るかなぁ。序盤は谷口も押していたけど、中盤からはバイソンのパワーに押され気味。本部席に叩きつけられ、三沢の遺影の下で倒れる谷口。そんなところで寝てる場合じゃないぞ、谷口! 続けてフェンス外に出されて、そこへバイソンが走って飛び込むという恐怖のバイソンロケット。リングに上がっても劣勢の谷口だが、起死回生のジャーマンが決まり、起きあがるバイソンに連続して決め、都合3連発。ここから一気に攻めたい谷口、スクラップバスター風に叩きつけ、フロントスープレックス。更に俵返しにジャーマンスープレックスホールド。カウント2で跳ねられるとアームロックで固める。これも逃げられるが続けて攻めたい谷口。だが、不用意にロープへ走ったところをカウンターのラリアット炸裂。この強烈な一撃で断ち切られた谷口、エルボーで攻めるもアイアンクローを決められてからのジャーマンを食らい、パワーボムから持ち上げてバイソンテニエルと畳み込まれてはもう返す事が出来ずに敗北。以前に比べればかなり良くなってきてるけども、あともう一歩というのが足りないかなー。

ここで次期シリーズ、第3回日テレ杯争奪ジュニアタッグリーグ戦の参加チームの発表が。KENTA・石森、金丸・鼓太郎、菊地・伊藤、平柳・菊タロー、中嶋・宮原、Bダニエルソン・Rストロング、Rマルビン・Eエドワーズ、青木・飯伏の8チーム。十分間を取って発表された平柳のパートナー、まさか菊タローとは・・・予想に全然かすりもしてないしー(^^; しかし、菊ちゃんの単発出場じゃなくシリーズ参戦って初めてだったかな? 違う意味でインパクトがあったけど、意外と面白い存在になる・・・かなぁ?(^^;
他には、青木と伊藤が別れて、伊藤が菊地、青木が飯伏と組んだのは驚いたな。丸藤がいなくてどういうメンツになるかなー?と思ってたけど、ここで飯伏と青木というのは面白すぎるタッグでしょ。このチームは今回一番の要注目だな。個人的には新日枠があると思ってたけど、新日からの出場は無しだったのがちょっと意外。スーパージュニアには菊地・青木が出てたし、大阪府立には潮崎と杉浦が出たから、今日のライガーと次のシリーズで1チームとかそんな感じを予想してたんだが。追加は無い、かな?

第7試合、小橋・多聞vsMヨネ・力皇。開始前から大小橋コール。ヨネがはやるのを力皇が止める。のっけから多聞のラリアットが小橋に誤爆するという珍しいシーンが。しかし、小橋が結束をアピールして一安心。多聞の頭を倒れた力皇に叩きつけたり、大根切りチョップとヘッドバッドの連携とか、さすが元GHCタッグチャンピオンチームだけに息はピッタリだな。ペースとしては小橋組が押している感じ。ヨネ組はやはりイマイチ勢いが感じられないか。終盤、多聞がヨネを回転地獄五輪にデッドエンドと攻め込むが、続けて狙ったクロスアーム式のデッドエンドを切り返したヨネが、片エビ固めでくるりと丸め込んで逆転勝利。退場時、マイクを持ったかと思うと「オイ小橋、最後締めろ!」と投げっぱなしなヨネ。こらこら(^^; 小橋はコーナーで一礼してから退場。やっぱり存在感では小橋が大きいよなぁ。ディス・オベイの一番の課題は、その存在感をいかに打ち壊すか、だな。
第8試合、潮崎・KENTAvs健介・中嶋。ヘビー&ジュニアの王者チームか。やはり、新鮮だ。先発は潮崎と中嶋・・・と思いきや、潮崎が「オマエじゃない」とばかりに手で払うポーズ。それに応えて健介が先発。チョップの打ち合いやタックルでも、健介に対して一歩も引かない潮崎。中嶋に対しては割と上から目線。チョップの迫力も今まで以上だし、これが王者の自覚ということなのだろうか。やっと登場したKENTAに、中嶋はそそくさと健介にタッチ。KENTAと健介の顔合わせというのも、なかなか珍しいな。でも、それでも一歩も引かないところがKENTAだなぁ。中嶋が代わって出てきても、エプロンの健介に突っかけるKENTA。らしさ炸裂だ。健介は健介でいつも通り、いや、いつも以上に暑苦しいドッカーン具合。潮崎とのチョップ合戦は、今日のハイライトだな。潮崎の小橋譲りのチョップに、健介の負けず嫌いさ炸裂って感じで。
中嶋とKENTAの攻防も、回数を重ねているだけに気の抜けない攻防。ブサイクへのヒザ蹴りをハイキックで切り返されてから、KENTAの動きがガクッと落ちて中嶋が攻勢。go2sleepをキャッチしてアンクルホールドで締め上げる。カットに入った潮崎を健介がストラングルホールドで押さえつけて、潮崎組大ピンチ。何とか逃げるも、中嶋の読みがKENTAを上回ってペース奪えず。KENTAがタイガースープレックスを、中嶋がドラゴンスープレックスを出して両者ダウン。KENTAが何とか潮崎にタッチするが、中嶋の攻め手が上回ってる。ジャーマンを決められ潮崎が押される展開。だが、カウンターのラリアットから勝機を見い出し、袈裟切りチョップにショートレンジラリアット。トドメにゴーフラッシャーを決めて、潮崎が中嶋からフォール勝ち。終わってみれば、中嶋の健闘が光る大接戦の試合だったなぁ。

試合後は潮崎が締めのマイク。王者の責任として、しっかりと締めたな。それにしても、場内の潮崎に対する期待感が画面からも伝わってくるし、それにしっかりと応える潮崎も凄い。王座を獲ったという事以上のものがあるのは間違いない。まだまだ大変だと思うけど、頑張れ、潮崎。

選手対退場後、三沢のテーマが流れて場内からミサワコール。リングに投げ込まれる緑の紙テープ。照らし出される赤コーナー。そこに立つ三沢の姿が見えたような気がした。曲が終わり、難波アナの終了のアナウンスが流れても、ほとんどの観客は席を立とうとしない。そりゃそうだ、立ってしまったらこの瞬間が終わってしまうのだ。この瞬間が終わってしまったら、全てを受け入れなければならないから。受け入れたくはないが、受け入れなければならない。受け入れて進んでいかなければならない。そして、進んでいこう。だが、忘れる事はないだろう。忘れる事が出来るはずがない。だから最後に伝えたい。

三沢さん、ありがとうございました。

6月21日

今日はPULLTOP「遥かに仰ぎ、麗しの」の、八乙女梓乃のお誕生日ですよー。
090621
夏コミなんかも控えてるし、気持ちを持ち直して描いていかないと、ね。で、例によって過去の絵も。
090621
相変わらず普通ねー。つーことで、お誕生日おめでとう〜。

一夜明けても相変わらずネットに繋がらないので、携帯で何とか昨日の新日・大阪大会の結果を検索。すると、潮崎は岡田に勝ち、杉浦も後藤に勝ってる。潮崎はGHCチャンピオンとして絶対に負けられなかったし、杉浦も絶対勝つと信じていたが、やはり杉浦は頼れる男だ。IWGP戦は、棚橋が王座奪還。そして、杉浦が棚橋に挑戦宣言。まあ当然そう来ると思ってたよ。杉浦ならやってくれると思いたい。いや、やるさ!

今週末、ウチの親が東京に遊びに来てる。で、今日の夕方から出掛けて会いに行ってきた。妹なんかとも一緒に酒呑んでくだらない話なんかして、いい気分転換になったな。で、ウチに帰る途中、電車降りてウチまで歩く道中、酔っぱらって心が緩んだのか、親と会って里心がついたのか、今週いっぱいピッと張っていた気持ちが緩んだんだろうなぁ、三沢の事がフッとよぎって、色々考えながら歩いている帰り道で泣いてしまった。いまだに三沢の死というものは信じがたいのだが、昨日読んだ東スポもあるし、やっと事実は事実で受け入れたのかと思う。今日まではグジグジで、明日からはカラッと頑張らなきゃな、と思う。決して忘れはしないが、どんな未来なのだろうと進んでいかなければならないのだから。

6月20日

東スポ。一面は、これまで口を閉ざしていた小橋の手記。これを読んで、なにか一区切りつけられたような気がする。この手記の中で「火葬場で三沢さんの骨を拾った」という一文で、「ああ、本当になくなってしまったんだ」と実感し、どうしようもなく悲しくなってしまった。もう1週間経ってしまったんだなぁ。
小橋のレスラー人生のターニングポイントには、三沢が関係している事が多かったなぁ。初戴冠のアジアタッグは2代目タイガーマスクとのタッグだったし、初の世界ベルト奪取は三沢とのタッグで最強タッグ優勝した時だし。三沢絡みの試合で、何度もプロレス大賞のベストバウトを獲っているし。そういう意味じゃ、どのレスラーよりも辛いのは小橋なのかも、と思ったり。

ファンとのお別れ会は、先の報道通り7/4にディファ有明で行われるとか。しかし、ディファのキャパシティ的に大丈夫かなぁ。そういや、ディファへの交通の便やディファ周辺の景色も、ノア旗揚げ当時と比べると全然変わっちゃったよね。昔は、ディファ有明に行くだけで大変だったもの。今じゃあゆりかもめも伸びてきて、晴海から道路も通ったし、利便性では雲泥の差だ。

夕方から、またウチのネット回線が繋がらなくなった。先日の教訓を元に色々と改善を試みたけど、今回は完全に繋がらなくなっちゃった・・・。niftyのサポートに電話したけど、どうにも解決の糸口がみつからない。再度速度調整して、って話になったけど、調整完了まで2日くらい掛かるとかもう訳分からんし。こういう緊急事態なので、携帯で出来る事はそっちでやって、どうしても出来ない事だけ、携帯からデータ通信使ってノートでネット。何でウチにいながら携帯でデータ通信しなきゃいけないのよ・・・。ていうか、ホント困る。コレって、いい加減光回線にしろっていうお告げ?

6月19日

東スポ。一面に彰俊のインタビュー。三沢が亡くなった後、引退の他に自殺も考えたとか。誰のせいでもないけども、最後の対戦相手としてそこまで思い詰めるのは当然なのかもしれない。正直、直後はそれが心配だったが、彰俊が背負っていくと決意してくれて、ホッとしたというのはちょっと違うかもしれないけど、彰俊には頑張ってほしい。
昨日は三沢の47回目の誕生日だったが、そんな日に通夜がしめやかに。運命とか、そういう言葉はあんまり使いたくないけど、そういうのもあるのかなぁという気になる。

6月18日

今日はPULLTOP「てとてトライオン!」の、葉山鳩子&鷹子姉妹のお誕生日ですよー。
090618
相変わらずサニーサイド、ってコレ実は先日寄稿したPULLTOP合同本の原稿からの流用です。今はちょっと、楽しく絵を描ける精神状態ではないので、手抜きで申し訳ありません。例によって過去の絵も。
080618
まあ普通ですね。つーことで、お誕生日おめでとう〜。

東スポ。一面では、プロレスに戻ってくる船木とFEG・谷川氏が、三沢や小橋と船木の対戦が実現出来るように交渉するつもりだった、という話が。そういえば昔、船木が対戦したい選手として「緑、赤、黒のタイツをはいた選手」と挙げていたのを思い出したなぁ。当時「緑タイツ」といえば、三沢ぐらいしかいなかったからやっぱり三沢のことだったんだろうか?とか。
ネットのニュースの見出しで「自民党、プロレス関係者を事情聴取」みたいなのがあったから何だ?!と思ってたけど、要は自民党・文部科学部の馳が、三沢の事故を受けて仲田氏や武藤や菅林社長などと意見交換をするって事のようだ。まあ、ものすごく堅く説明すれば、そんな見出しにもなるけどさ。これで、ここ数年のライセンス制導入や統一コミッション設立への動きが加速するのだろうか。今回のことを無駄にすることなく、今後への教訓とすることは大事なことだと思うし、プロレス界というものを見直す機会にもなるのではないだろうか。
残念なことに、三沢と最後に対戦した彰俊の自宅などで悪質な嫌がらせが続いているという。心ないファン、というかそれはただの便乗の愉快犯みたいなヤツだろう。三沢のことについては、たまたま彰俊が対戦相手だったというだけで、誰の責任でもないのだから。彰俊や関係者、ファンがショックを受けている今、わざわざそういうことをするのは人としてどうなのだ、と。

週プロ。TV等の報道では分からなかった試合終盤の展開や、その後の模様が詳細に。バックドロップの連続写真は、極端に危険な決まり方という感じでもない気がするが、その感覚が危険な技を見慣れてしまったという事なのかもしれない。一発の技ではなく、これまで「四天王プロレス」といわれた試合を続けてきた、長年の蓄積によるダメージがあった事は想像に難しくない。特に首や肩は三沢の持病として知られていたし。原因としてそれだけが理由ではないだろうし、社長業の重圧など精神的な疲労もあっただろうけど、原因なんて様々な事柄が複雑に関係しているだろうし、何が原因などと言えるはずもない。
さすがに色々情報やコメントを目にしていると、日に日に実感が強くなってくる。だが、まだ悲しさよりも本当なのか?という気持ちが強い。だからといっていつまでもグジグジしているわけにもいかない。永源がコメントで言っているけど「一気に涙流して、カラッとして、それでがんばるしかない」と。俺だって進んで行かなきゃいけないのだから。

6月17日

東スポ。試合はいつも通り激しいファイトをしている小橋だが、リング外ではコメントを発していないという。三沢とはタッグを組んだり闘ったり、最も関係が深い選手だけに計り知れない精神的ショックがあるだろうし、様々な思いがあるのだろう。
日テレやG+では、三沢追悼特番の予定。東スポや週プロでも追悼増刊が。少しずつ事実を実感してきたけど、そういうのを見ると事実を受け入れざるをえないのかもな。CS放送のサムライで収録している6/13広島大会の試合は、GHCタッグ戦は放送を差し控えるということで、お蔵入りとなりそうだとか。確かに衝撃度を考えると致し方ないと思うけども、最後の闘う姿を観たい、とも思う。心の整理をつける、という意味でも。

昨日の夜はもの凄い雷雨が降ったがそんな中、DDTは花やしきを貸し切って大会を開催。史上初の試みの大会が雷雨というのがDDTっぽさ、か? 実際にDDT観戦はしたこと無いけど、紙面からもその破天荒な楽しさは伝わってくるな。まったく、その破天荒さはとどまることを知らないよなー。

6月16日

大阪プロレスのレフェリー、テッド・タナベさんが、14日の大会後に倒れて翌15日に亡くなったとのこと。タナベさんのレフェリングは何度か観たことがあるくらいでしたけど、元祖多団体男として週刊ファイトでコラム連載していたのを読んでいましたね。レスラーと掛け合いのように試合に介入したり、悪のレフェリーになってサスケと抗争したりなど、レフェリング以外でも試合を作るスタイルの先駆者でした。三沢につづく悲報は、残念でなりません。心よりご冥福をお祈りします。

各方面から三沢への追悼コメントが色々と。中でも、武藤の「リング上で死ねれば本望だと言ってきたが、改めようと思う」というのは、考えさせられる。その覚悟は必要だけど、生きてこその華だもの。
三沢の葬儀は密葬で行われるとのことだけど、別にファンのお別れ会を7/4にディファ有明で行う見通しだとか。三沢と縁のある場所はいくつかあるけども、やはりノアの聖地であるディファ有明が一番いいよな。

6月15日

2日経っても、いまだに「三沢が死んだ」という、その言葉の意味が理解出来ないでいる。普段は楽しみに読んでいる東スポが、こんなにも読みたくないと思ったのは初めてだ。その事実を突きつけられるのがイヤだった。だが、その最後の状況を知ることは義務でもある。死因は「頸随離断」だという。ということは、ほぼ即死に近い状況だったのだろうか。それを思うと、一面の写真が重すぎる。終面には、過去の名シーンが。94年3月5日の馬場さんからフォールを獲ったダイビングネックブリーカーや、98年10月31日の小橋戦で放ったタイガードライバー’91は、今でも印象に残っている。ほかにも色々と思い浮かぶ場面はある。今はまだ、気持ちの整理がつけられないから、落ち着いてきたら少しずつ綴っていこうと思う。

中止も検討されたという14日の博多大会は、予定通り開催。どんな時もリングに上がった三沢の遺志を継ぐということで、残りのシリーズも予定通り行われるとのこと。しかし、予定されていたGHCヘビー級選手権は、秋山が椎間板ヘルニアを悪化させてしまい復帰時期未定の欠場、王座返上という事態に。元々具合の悪かったところに、精神的ショックが重なり耐えきれなくなったのだろうか。
これにより、タイトルマッチは王座決定戦となり、前王者・秋山の指名により力皇vs潮崎というカードがメインに。試合は、三沢の最後のパートナーとなった潮崎が勝利し、キャリア5年、2度目の挑戦にして初戴冠。三沢は死の4日前、インタビューで「潮崎を上に上げることが、今の一番の使命」と言っていたというが、その遺志に応える結果になった。この非常に辛い状況での戴冠となったが、潮崎には三沢の遺志を受け継いでやっていってほしい。潮崎なら、やれるはずだ。

三沢が最後に受けた技、バックドロップを仕掛けた彰俊の精神状態が非常に気掛かりだったが、試合には出場している。責任を感じ引退も考えたそうだが、それは自己満足でしかないとの思いからどんな十字架でも背負って前進していくと決意したとのこと。彰俊は、プロレスに対して非常に真摯で真面目なレスラーだから、今回の事でもの凄い罪の意識に苛まれて辞めてしまうんじゃないかという心配があった。でも、彰俊だけの責任じゃないし、誰の責任でもない。責任とかそういう単純な事じゃないんだよ。だから、彰俊にはこれからも精一杯の試合をして乗り越えて進んでいってほしいと思う。

新日のスーパージュニアは、昨日で閉幕。12日の愛知大会では、青木が邪道に勝ち、菊地はライガーに負け。青木の、大ベテランからの勝利は非常に大きい。決勝トーナメント進出の芽も残っているし。逆に、菊地は残念な結果に。しかし、菊地もライガーもベテラン同士、気持ちのいい試合をしたようだから、それはそれでよかったんだろうなぁ。13日京都大会では、青木がミラノに勝ち、宣言通り最終・後楽園での決勝トーナメント進出を決めた。昨日の後楽園での準決勝は、金本戦。精神的に辛い状況での試合だったが、気持ちを前面に出して、金本のアンクルホールドを意地でもタップせずに、レフェリーストップで負けた青木。気の強い同士だけに、短時間でも濃密な試合だったんじゃないかな。決勝戦は、準決勝で飯伏を破ったPデヴィットと金本で、勝ったのは金本。7年ぶり3度目の優勝だが、まだまだ金本もやるなぁ。

6月14日

「三沢」という名前を初めて聞いたのは、90年5月だ。高校1年だった時、あるクラスメイトが「三沢〜」と呼ばれ始めたから。タイミング的に、2代目タイガーマスクがマスクを脱いだ直後。当時プロレスに興味はなかったが、そのクラスメイトがマスクを脱いだ直後の三沢に似ていたから、と気付くのは少し後のこと。90年12月、プロレス好きだった友人宅で当時発売されたゲーム「スーパーファイヤープロレスリング」をプレイしてから、プロレスというものに触れることになった。もちろんゲームには本名ではなく本物をイメージしたレスラーが登場しているわけだが、友人の部屋に転がってる雑誌でどれがどの選手かということを学んでいった。

友人は三沢好きだったので、当然三沢フューチャーキャラを多く使っていて、ゲーム好きなだけでプレイしているだけの自分は、数少ない知ってるレスラーのキャラを使う。当時、レスラーといって一番に思いついたのが「ジャイアント馬場」ということで、そのキャラを好んで使った。そこから、現実のプロレスにも興味を持ち始め、友人宅に泊まった時など当時北海道では(恐らく)土曜深夜に放送していた「全日本プロレス中継」等も観るようになった。そこで、アジアタッグ戦線で奮闘する小橋・菊地組に魅せられて、徐々にプロレス好きになっていく。

それから数年は、全日・新日のTV中継を時々観るくらいのファン。しかし、94年3月6日放送の中継で、その前日の全日・武道館大会での「馬場・ハンセンvs三沢・小橋」という一戦を観て衝撃を受け、一気にプロレスにのめり込む事になった。このことは過去にも何度かこの雑記で書いていますね。基本的には小橋ファンだったけども、プロレスを知るきっかけになった前述の友人が三沢ファンだった影響から、三沢も好きな選手の一人。鶴田が肝炎に倒れたことは中継で何となく知っていたし、三沢・小橋組で世界タッグベルトも保持していたので、実質全日のトップレスラーは超世代軍という認識から、超世代軍寄りの見かたになるのは自然な事か。

会場に出向いての生観戦もするようになり、全日の後楽園や武道館に通うようになった。毎週週プロを購読し、ほぼ毎日東スポも購読して、プロレスを追った。絵を描く為、という理由と共にプロレス情報を得るという理由でパソコンを買って、niftyのプロレスフォーラムにも入り、プロレスの楽しみ方も広がった。後楽園や武道館だけではなく、栃木・小山や川越や仙台や名古屋や札幌など、他の地方の全日興行にも足を伸ばすことも。そうなってくると、選手個人からプロレスそのものをより楽しむ方向になってくるけど、やはり根っこは三沢や小橋が好きというのがあった。興行のメインを勤めることが多かった三沢や小橋だけど、当然他の選手もメインには出場する。しかし、いま思い返してみると興行の最後、特に武道館のエンディングにはいつも三沢のテーマ曲「スパルタンX」が流れていたような気がする。初めて生観戦に行った後楽園ホールのメイン、初めて行った武道館のメインはどちらも小橋vsSウィリアムスだったけども、やっぱり興行の締めはスパルタンXだった、という思い出が強い。

メインで観るのが全日からノアに変わって、締めがスパルタンXということも少なくなってきたが、06年末に三沢がGHC王者に返り咲いてからは、その光景がまた見られるようになった。新しい世代の台頭も楽しみだったが、三沢がまた王者になった事も嬉しく、複雑な気持ちだったことが印象に残っている。馬場が亡くなった後から現在まで、社長業とトップレスラーというふたつの顔を持っていた三沢。そういうシビアな面と、リング外で見せるはっちゃけた面のギャップも魅力だった。近年は年齢的な部分から、トップ戦線からは引いた立ち位置にいたようにみえた三沢だけど、先日のグローバルタッグリーグでは潮崎と組んで優勝したり、最後の試合となったGHCタッグ選手権挑戦と、まだまだ興行の中心だった。

そんな三沢が居なくなってしまうことなど、誰が想像出来ようか。人間誰しもいつかは死ぬことは解りきっているけど、そのタイミングがいつなのか、誰も解る訳がない。レスラーであれば、体を張った試合をしているのだし、そういう事態が来るかもしれない、ということは解っていたつもりだった。だが、そういう事態が来てしまった。誰も望んでいないが起きてしまった。そんな事態をすんなり受け入れることなど出来る訳がない。たとえその覚悟があったとしても、受け入れられるハズがない。昨日の夜、三沢が死んでしまったということを知っても、受け入れることが出来なかった。そして、この文を書いている時点でも受け入れることが出来ない。TVの報道や新聞、ネット記事を見続けても全く受け入れられない。

馬場や鶴田、冬木や橋本が亡くなった時は、その事実に驚愕し、泣いた。だが今回、三沢が亡くなったという事実自体を頑なに受け入れられないでいる為なのか、昨日の夜の寝る前に泣いたがそれ以降は泣いていない。TV報道で、90年6月の鶴田vs三沢の映像が流れたときに涙が出たが、それはこの試合に関しては以前からそうだったので涙の意味合いが少し違うと思う。きっと、しばらく時間が経って、三沢の死というものを受け入れたとき、思いっきり泣くんじゃないかと思う。受け入れなければならないことは解っているけど、それを受け入れない心がある。そして、受け入れようと受け入れまいと、関係なく世の中は回っていくのだ。

その事実を受け入れ乗り越えても、その事は決して忘れることはない。忘れることが出来るはずがない。まだ受け入れることが出来ない今だが、これだけは言いたい。三沢光晴、ありがとう。

※上記文中、敬称略。

6月13日

今日はPULLTOP「ゆのはな」の、桂沢榛名ママさんのお誕生日ですよー。
090613
榛名ママさんも、迷ったあげくにサニーサイド化。たゆん強調路線で。ママさんいいよねーママさん。あの娘にしてこの母ありって感じで、ほなにーがああなんだからきっとママさんも・・・とか考えたら、ご飯5杯くらいは一気なんだって!('∇'*)ヾ(^-^;妄想も大概になー で、例によって過去の絵も。
080613
まあ普通のママさんですな。はっ、サニーサイドでエプロンとかもいいな!('∇'*)ヾ(^-^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

今日明日と、一泊でお出掛け。というか釣りしてキャンプして、という梅雨時にチャレンジングなレジャーです(^^; 夏コミ前の最後のレジャー、かしら。

ということで、お出掛けしたのは神奈川は三崎の城ヶ島。
090613_1 090613_2
9人程で車に分乗して。雨の危険を考えて、城ヶ島へと渡る橋のたもとにテント設営して、釣り&バーベキュー。港で釣っていると、何と2キロくらいはあろうかというタコを釣り・・・上げた人を、タモ持ってサポートする俺(^^; 夕方から暗くなるまでやったものの、俺は釣果無し。エギでアオリイカ狙ったり、人のマネしてエギにおもり付けてタコ狙ったり、ジグで青物系狙ったりと、色々やったんですけどねぇ。まあしょうがないね。

夜、バーベキューしながら携帯でニュース見てると、「三沢光晴、試合中に心肺停止」という信じられないニュース。一瞬、何の事なのか、解らなかった。酔いなど一瞬で覚め、寒気と軽い震えが襲ってきた。人に「どうしたんだよ?」と言われても、何が起きているのか解らない程混乱しているので、言葉が返せない。バックドロップを食らった後らしい、という情報から、90年に馳が後藤のバックドロップで心肺停止になり蘇生したということを思い出し、一番起こってはほしくないことを必死に「そんな事ある訳がない」と頭の中で否定し続けた。出先ということで、情報収集がままならない状態に苛立つ。ひたすら携帯で情報を更新していると、絶対見たくはなかった文字。「三沢光晴が死亡」。

気が遠くなった。そして、この文字の意味が全く理解出来なかった。何度携帯の画面を見ても、その文字が消えることはなかったが、何度見ても意味が解らなかった。携帯の画面の中での出来事。今いる場所は非日常の海岸の砂浜。きっとこの画面の中のことも非日常なのだ。そうとしか思えない。
時間は24時を回ったところ。多分、俺は眠いはずだ。だけど、眠気は全く無い。でも、寝ないとダメだ。明日起きたら、非日常が日常に戻り、きっと携帯の画面に映る文字も、非日常の中に消えていくんだろう。一人テントに入り、寝袋にくるまってSDプレイヤーで音楽を聴いた。いつも寝る時は音楽を聴いて寝る。ヘッドホンで外界と遮断して、聴く。曲を選択して三沢のテーマ「スパルタンX」を聴いた。涙が溢れた。

6月12日

東スポ。明日のGHCタッグ挑戦に向けてやる気の潮崎、王者組のパワーで集中攻撃されてもポイントをずらして受けきった上で勝つ作戦、とか。先シリーズもそうだったけど、三沢に頼るんじゃなくて、自分でピン獲るつもりでやるというのは重要だよな。対する王者組・彰俊の猫キックは・・・どーなんだろう? ジュニア勢や小橋・秋山合体の話題が多くてタイトル戦線についてはイマイチ話題が薄いけど、バンっとみせてほしいねー。

6月11日

東スポ。昨日の全日・武藤祭に船木誠勝が登場して、8/30全日・両国での武藤・船木vs蝶野・みのるというカードも発表されてたり。うわ!遂に船木がプロレス復帰か! 以前、ビッグマウスのリングでプロレス復帰するってプランがあったけど、上井氏と前田が決別した事で結局総合で復帰したんだよな。武藤も船木もデビュー25周年って節目とはいえ、よくもまあ船木を引っ張ってきたよ。更に相手が、蝶野というのは予想通りだが、まさか鈴木みのるを持ってくるとは・・・。船木とみのるという顔合わせも非常に興味深いよね。唯一心配なのは、蝶野とみのるというタッグが成立するのか?という点だな。いやー、見所いっぱいありすぎだろ!って感じで、これは今から楽しみな試合だね。

今週の週プロにも載ってるけど、ノア・石森がボディビルの大会に出て優勝を狙ってるとか。ふむ、石森って以前から筋肉質な体だったけど、ここ最近さらにビルドアップしてきたなぁと思っていたのは間違ってなかったのね。今シリーズから金丸と組んでガラッとイメチェンしたタイミングと合致して、キャラチェンジもうまくいった感じよね。

私信〜。
淡色館さん。
>西日本パスの手配完了しましたので〜
あー、お手数お掛けしました〜。どんな行程なのか、当日が楽しみです! こちらもタイムスケジュール決定しましたので、これは後ほど・・・。

6月10日

東スポ。年内に防衛を重ねて秋山との王者同士のタイトル戦を熱望するKENTAだったり、勝手に世界タッグ戦を決められたということで馳のおやじをぶん殴りたいと憤慨してるみのるだったり。KENTAは王者って事もあってか、新日との対抗戦路線には絡んできてないけど、ノア内での話題を提供し続けてるねー。丸藤がGHCヘビーに挑戦した時もそうだけど、KENTAならやっちゃうんじゃないか?っていう期待感がある。そしてみのるは・・・まあいつも通りですなぁ(^^; しかし、特に脈略もなく武藤・河野の挑戦ってのは、みのるじゃなくても釈然としないよなぁ。といっても、現在の全日マットはGURENTAI一色の勢力図だから、これといってめぼしい挑戦者もいないんだけど・・・。

新日のスーパージュニアは、菊地が田口に負け。ふむー、やはり菊地の優勝戦進出は、ライガー戦次第か。菊地の意地を期待したいね。

6月9日

昨日のノア・八王子での白GHC戦。当然の如く、小橋が勝ってる。まあいくらルール縛りがあっても、そらそーだわなぁ(^^; ちゃんと禁止の10分間でチョップを2回出してから、初公開のエルボーを出してるところが律儀というか・・・。写真で見ると、不格好ではないけど何となく出しづらそうな感じするかな。レフェリーやった秋山のブログによると、ルールに沿って警告出したら「ホワァイ!?」と小橋が言ったとか。いやいや、ルールだし(^^; てか、ホント何で英語なんだか・・・。試合は、10分経過してからチョップ連打して、トドメにラリアットという予想通りな展開。橋、まあしょうがないよ(^^; しかし、小橋が白GHC獲っちゃったら、もう誰も獲れないんじゃないか? どこまで防衛記録伸ばせるかねー。

あとは、高山がノアのリングに初めて三冠ベルトを持ち込んで、秋山のGHCベルトとご対面。で、以前にも高山が挑発してたけど、「これを持ってた男や目指した男がいるが、どう思うか?」と再挑発。以前、健介・中嶋がアジアタッグのベルト持ち込んだ時も驚いたけど、今回も歴史を考えると事件と言えるよなー。でも、ノア勢相手の防衛戦というのは・・・どうなんですかねぇ、政治的な意味で。そう言っていられる現状じゃあないし、丸藤が世界ジュニア獲ったりしてる事を考えると、現実度は高い?

新日のスーパージュニアは、菊地が飯伏に負け。ふむー、さすがに止まったか。他に全勝だったタイガーマスクも負けてるから、混戦になってきたなぁ。菊地の場合、最後のリーグ戦がライガー戦だから、そこがやはりポイントになるなー。

今日買ったモノ〜。
090609_1
なにわ友あれ8巻と、バイク題材のマンガ。シビックは敵だけど、ワンダーは割と好きなカタチのクルマだったりして。パキーッとしたエッジが”80年代”してるのよね〜。バイクのマンガは、「SS」で知ってる作家さんので、パラッと読んだらなかなかいいお話し揃いだったので。

6月8日

東スポ。昨日の新日・スーパージュニア、青木がブラックタイガーに勝ってる。ふむ、2勝2敗か。残りが邪道とミラノと、一筋縄ではいかない相手だから、優勝戦進出には厳しい道のりだなぁ。そういや、今のブラックタイガーって誰なんだろ? 先日タイガーマスクにタイトル戦で負けてたのはロッキー・ロメロだった(ノア参戦時にカミングアウトしてる)けど、新しいブラックタイガー出てきてたから、今のはロメロじゃあないだろうし。なんかいまだに得点0ってのが、逆に気になるな・・・。

6月7日

今日はPULLTOP「遥かに仰ぎ、麗しの」の、鷹月殿子のお誕生日ですよー。
090607
殿ちんも例によってサニーサイド化。殿ちんいいよねー殿ちん。俺もほっぺをむにーっと引っ張られたいって!('∇'*)ヾ(^-^;ドMかよ で、例によって過去の絵も。
080607
うん、描き慣れてない感が滲み出てるねー(^^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

今日は日曜で東スポが出ないので、素直にネットで昨日の新日スーパージュニアの結果を調べたり。青木がAKIRAから勝ち、菊地がYAMATOから勝ち。おー、青木初勝利ねー。ベテランAKIRAからというのはデカイかしら。そして菊地は開幕3連勝で単独首位。残りの公式戦は、ライガー・田口・飯伏とまだまだ厳しいけど、頑張って欲しいね! あと、ノアとドラゲーの関係が厳しい現状で、このカードというのはなかなか貴重よねー。

私信〜。
淡色館さん。
>山本さんはその「絶対やる人」の一人だと確信していました。
確信されてますか・・・。まあその確信があってもなくても、昔っからやってた事に変わりないですけどー('∇'*)ヾ(^-^;

変な写真は、確かに送った記憶ありますね。なんかその為に、使い道無いのにパックの練乳買ったんで憶えてますわ・・・。

6月6日

東スポ。白GHC戦で開始10分チョップ禁止された小橋、チョップ以外ならいいんだろ?と、初公開のエルボーを予告。で、三沢と比べるのは失礼だけど高山よりは上だ、って先日ラリアットについて高山に言われた事を根に持ってる様子。さすが小橋だ。ローリング式とかいくつかパターンも練習してるようだけど、腕を伸ばして放つチョップやラリアットと違って、エルボーは腕をたたんで放つ技だからなぁ。思った以上にサマになってないんじゃないかと心配だ・・・(^^;
新日のスーパージュニアは、菊地がタイチに勝ち。2勝0敗で、星取的にもいい立ち上がりじゃないですか。まだライガー戦とか残ってるけど、むしろそこに向けてモチベーションが上がっていってるのかも。

ここ数日、ウチのネット回線が切れては復帰を繰り返す、イヤな症状が発生。NTTから始まって、@niftyまでいくつかサポートに電話掛けて、土曜だからかやたら混雑してるのをじっと待ち続けて、何とか解決したかな? ウチはADSLの50Mをnifty経由のイーアクセスを使ってるんだけど、NTTの回線には特にトラブルは無さそうで、niftyに電話してルータの初期化やらIP電話の設定し直しなんかした上で、回線速度を遅く調整してみて様子見ましょうということで。遅くしてからはとりあえず治まったんだけど、ウチって局から結構遠いので、ある意味しょうがないのかなー。でも、今まで特にそんなこともなかった(雷が近づいてきたら断絶したり、ウチの外の交換機かなんかが故障してトラブッたことはあるが)んだけどなぁ。最近ウチの建物が光回線対応になってやたらと勧誘チラシが入ってるのを無視し続けたから、嫌がらせか?とか思ったりなんかして。

6月5日

PULLTOP「てとてトライオン!」の、葉山鷹子。
090605
つーことで、夏コミ受かってました。まあ毎度毎度どーしようかなーって受かってから考えてたりしますが(^^;、本とグッズと抱き枕カバー的ないつも通りって感じの予定です。

東スポ。昨日のノア・後楽園については、割と軽く。大きく変わりそうなジュニア勢力図については、特になし。まあ開幕したばかりだし、次期シリーズのジュニアタッグリーグ絡みの話題はこれからか。GHCヘビーや小橋・秋山合体についても、昨日は一発目で秋山が先制してるから、まあどうなんですかねぇ。

今週の週プロには、そんな秋山と小橋のインタビュー。ひたすら秋山を「黒い太陽」と例える小橋。話が噛み合ってるんだか噛み合ってないんだか、よく分からない状態だぞ(^^; 秋山を小橋vs橋の白GHCのレフェリーに強引にしたり、秋山が13回目の防衛戦で挑戦するぞとか、小橋が暴走気味・・・。あとは、”世代”っていわれることについての話が面白いな。世代って枠で括るのは楽だけど、そう単純ではないよなー。
先日の高山vsみのるの三冠戦は、写真が多めでいいね。表情がよく分かるし、手の内を知り尽くした同士だけに普段あまり使わない技なんか出してるシーンなんかも。今後は、全日本体勢がこのGURENTAI体制をどう崩していくか、なんだよなー。

6月4日

東スポ。6/20新日・大阪府立で杉浦とシングルやる後藤、ノーロープでも何でもいいから完全決着させる、とか。でもさぁ何にせよ、杉様が勝っちゃうんだよ? 杉浦のマシンセコンド案は「自分で頼め」ってことだから、マシンがセコンドでうろちょろする試合になる、のかな? スーパージュニアは、青木がPデヴィットに負け。ふむ、キャリア的に一番浅いってのもあるからなぁ。2敗すると、さすがに決勝トーナメント進出は厳しいか。

今日からノアの新シリーズ開幕。で、久しぶりにG+で生中継。19時開始って事は、後楽園でもダークマッチやるのかな? 遅めの開始なので、中継開始までに帰って来れた。以下、軽く雑感など。

第1試合、金丸・石森vs青木・伊藤。新日にも参戦してる青木、調子自体はかなり良さそう。石森は赤のコスチュームにチェンジ。髪も染めて立たせたり、金丸と組んでいくのにガラッとイメージチェンジしてきたな。ワイルドでなかなかイイ感じ。試合は、粘る伊藤を石森のファイヤーバードスプラッシュから金丸のタッチアウトと繋げて沈める。金丸と石森のタッグ、まとまってる感じだな。
第2試合、杉浦vs起田。迫力顔対決? 起田も元気だが杉浦も元気。短時間で杉浦が決めるかな?と思ってたけど、起田も粘る。最後は杉浦が勝ったけども、起田の成長が見えたな。

第3試合、森嶋・橋vs佐野・川畑。橋は当然天狗面で入場で、森嶋も同じく被っていたらしいけど、中継ではほとんど映らず入場と同時に佐野組に奇襲仕掛けたから真偽は不明。しかし、森嶋なら被ってもおかしくないな。森嶋が奇襲した時、橋は・・・天狗面つけたままカシラ川畑と場外戦。とりあえず外そうな、橋(^^; 試合は、橋がカシラを沈めて勝つという、意外っちゃー意外な結果。さすが白GHC王者、か? まあ小橋との防衛戦も、全面的に理不尽ルールを押しつけ成功したし、まあ頑張れ。レフェリーが秋山だから、ソコが心配だがな(^^;
第4試合、田上・平柳vs健介・中嶋。開始前に健介の14回目の結婚記念日を祝う?平柳。「今夜はドッカンだ!」とはよく言った!(^^; 照れ隠し?の中嶋が奇襲して試合開始。今日の田上もエコモード、かと思いきや中嶋の蹴りをボコボコ食らってスイッチオン、10時10分チョップを乱れ撃ち。「DDT!」と宣言してからDDT出したり、平柳と合体ののど輪出して平柳にも大ダメージだったり、開幕戦だからか割と元気な田上でした(^^; 最後は健介のラリアットでKO状態の平柳を起こしてデスロールを決めた中嶋の勝ち、試合後は中嶋が結婚記念日を祝うマイクを、噛みつつ。健介もマイクをしたが、「勝彦の見本になるような家庭を・・・」って、あの家庭は参考になるのか?!(^^; そして、当然だが「もちろん今夜もドッカンだ!」とは言ってくれなかったって!('∇';)ヾ(^-^;アタリマエだ

第5試合、三沢・小川・雅央vs彰俊・Bスミス・Bフィッシュ。ボビー・フィッシュ、久しぶりねー。今日は天狗面もないし、普通な三沢。そりゃそうだ(^^; バイソンは相変わらず飛んでくるし、雅央は雅央だし、忙しい試合だ。最後は雅央がボビーをアルゼンチンバックブリーカーで沈めて勝ち。お、これも久しぶりに見たな。
第6試合、潮崎、Cヒーロー。クリス・ヒーローも久しぶりな感じ。にしても、後楽園でこのマニアライクなカード。入場時からオーバーアクションな動きに、意外に沸く後楽園。後楽園向きな選手だもんなー(^^; しかし、試合開始後も潮崎の勢いをうまくスカしてペースを握るクリス。おろ?こんなに巧かったっけ? さすがに終盤は潮崎に押されたけど、フィニッシュ級のラリアットを一度は返して意地を見せる。最後はラリアットからのゴーフラッシャーに沈んだけど、評価を上げたなー。デカイけど飛べたりするから、きっかけあればガッと来そうだな。例えて言うならそうだなー、潮崎が小橋だとするとクリス・ヒーローはジョニー・エース的な? ・・・いや、ちょっと期待し過ぎか?(^^;

第7試合、秋山・小橋・谷口vsヨネ・力皇・鼓太郎。小橋と秋山が同じコーナーに立つのは、久しぶりだなぁ。全日時代にも組んでいたけど、今となっては色々と強すぎる気がする(^^; 秋山と力皇が先発で激しくやりあう。終盤、鼓太郎がレフェリーに攻撃を誤爆させてそのスキにイスを持ち込むが、それにめげずに逆にイスを利用した攻撃で押し返し。さすが小橋と秋山だ。最後はえげつないエクスプロイダー2発で秋山が鼓太郎から勝ち。このコンビだと、谷口が埋没気味になるのはどうしようもないなぁ(^^; そしてディス・オベイ、試合としては面白いんだが勢いというか結果が付いてこないのがちょっと厳しいところか。小橋と秋山の再合体のインパクトに負けないものを期待したいところだが、さて。
メインのGHCジュニアヘビー級選手権、KENTAvsRマルビン。序盤からリング内外で飛び技を決めるマルビン。南側客席でも、入場口上部からのダイブというのはなかなか珍しいかな。さすがのKENTAも、ペースをなかなか引き寄せられない展開。マルビンとしてはそのままペースを握って勝ちたいところだからなぁ。単純な攻撃力ではKENTAが上だし。終盤でもヒヤリとする場面があったが、最後はやはりKENTAのgo2sleepで締め。といっても、マルビンも担がれた状態から何とか逃れようと色々な返し技を繰り出したけどね。

中継の解説で、金丸は石森とのタッグを本格的にやっていくとのこと。ついでに、鼓太郎と持ってるGHCジュニアタッグについては、鼓太郎とよく組んでる平柳にベルトやってもいい、ってホントか冗談かわからん事まで。金丸と鼓太郎の分裂は、今のところは確定のようだが、ディス・オベイ絡みも含めるとそれぞれどういう立ち位置になるのかしら? まあ追々わかるだろうけど。そして、タッグパートナーがいなくなったKENTA・・・次のシリーズはジュニアタッグリーグだから、こちらも気になるところ。

私信〜。
淡色館さん。
>自分はそんな発想無かったわ・・・
えー!? それじゃまるでワタクシが変態みたいじゃないですかっ! ・・・と、スーパーマリオやったら必ず1−2で上登ってコイン数のところにマリオを持っていく人が抗議しても、何の説得力も無いですか、ギャフン!

6月3日

東スポ。GHC挑戦を控える力皇が「桜吹雪」なる新技開発。かち上げる掌底的な張り手のようで。元々普通の張り手も破壊力あったから、こんなん食ったらさすがに秋山もやばいよな。力皇の勝機としては、一気に攻めきっての短時間勝負、かしら。

6月2日

東スポ。先日小橋を挑発した森嶋、小橋からの反応が無いということで面倒くさくなり、うっぷん晴らしにどこでもいいから他団体に出たい、とか。で、いま気になってるのがIWAジャパンのビッグフットに、DDTのダッチワイフ・・・何だそれは(^^; しかし、それはそれで面白そうだ。Iジャなら浅野社長が喜んでオファーしそうな気もするし、ハル・ミヤコ女史と森嶋がリング上で向かい合ったりしたら、ボク失禁しちゃいますぅ('∇'*)ヾ(^-^; でもダッチワイフ相手にするのは、相当なプロレス頭が要求されるから、大変だよなー。いや、実現したら是非観たいけども(^^;

6月1日

東スポ。土曜日の全日・新日の結果はともかく、昨日の新日・水戸大会での菊地vs金本のリーグ公式戦、なんと菊地が勝ってるじゃないですか! 劣勢の中で一瞬の丸め込みでの勝利らしいけど、そこは菊地らしいなぁ。やっぱ思い入れのある選手なんで、こういう勝利は嬉しいですよ。まだまだイケるじゃん、菊地!って。
三冠防衛した高山は、三冠を20周年記念で解体するとかしないとか。正確には、挑戦表明してる諏訪魔や曙相手に3本掛けるまでも無い的な。「ベルトの正式名称と歴史を知ってんのか?」と、それぞれのベルトの意味を再認識する意味もあるみたいだし。てか、三冠のそれぞれの名前分からないヤツなんているのか? それってプロレス知識の基礎の基礎だろ!と思うワタクシは、元々全日ファンだから?(^^; GURENTAIのその後もどうなるのか気になるし、週プロ待ちだなー。

今日の夜のG+・ノアdiコロッセオの終盤で、こっそりと谷口&青木の10番勝負の次戦カードを発表してる。谷口は第4戦で三沢戦、青木は第8戦でライガー戦。あれ?いつ発表したんだろ。あんまマメにチェックしてないけど、とりあえずノアHPのトップFLASHでは、まだ未定のままになってる・・・(^^; 谷口はもう三沢が出てくるのかーという感じだが、青木のライガー戦は意外っちゃ意外か。先日の武道館でライガー&金本にリング上で詰め寄った青木だけど、スーパージュニア公式戦では対戦がなかったから、注目のカードではあるな。ということは、いずれ金本戦も組まれる、か?
そしておまけ?で、橋の白GHC防衛戦の会見も。何故天狗なのかはもう触れないとして、天狗面で見栄きって写真撮影してるところで、横の木にくくりつけた面がでろーんと下がっちゃうトホホ具合。とりあえず頑張れ、橋よ(^^;

私信〜。
淡色館さん。
>ロードランナーのやり込み度がどの程度か解りませんが、今度挑戦してみようかしら?
ぐはっ。ハドソンっ子であったことは確かですけど、特にスターフォースやスターソルジャー大好きっ子です。なんで、ロードランナーはちょっと苦手部類ですね・・・。ただのロードランナーは持ってましたけど。今だったら当時よりは上手いと思いますけど、元々のヤリ込み度は少ないんでスペランカーというか”スーパーマリオ状態”かも。

あとは、バイナリィランドで”子作り”に励みまくってました!('∇'*)