−雑記帳09年3月分−

前の月次の月戻る


3月31日

東スポ。KENTAが、5/17ディファで丸藤に続いてプロデュース興行をやるとか。週プロの連載でちょこっとそれっぽい話は出てたけどね。で、そのプロデュース興行でも、黒覆面ネタを引っ張る・・・の?(^^; 正体はほぼ金丸ってことだろうけど、正体バレるまではどういう流れになるのか。背格好では似たような選手は多いから、どうにでも遊べるしね。

3月30日

東スポ。グローバルタッグリーグに向けて、やる気になってる杉浦とか。始まる前からやる気になってる杉浦は、逆に心配なんだよなー(^^; リーグ戦の敵は彰俊組だけということで、かなり自信ありげ。まあ彰俊組との対戦は、最後の武道館だから重要な試合になりそうだが。
昨日耕平に勝った曙は、年内にシングル王座を獲れなかったら、フリーから団体所属になる覚悟とか。最近の曙は、ハッスルばっかりで他の団体にはちょろっと上がる程度だからなぁ。タイトル挑戦は難しいんじゃないのかねー。

私信〜。
淡色館さん。
>SUGOCA買いに九州まで行くなら、ちょいと日帰りは厳しいので・・・
あ、やっぱそうですよね。掛かる時間とか全然考えなく言ってました(^^; さすがに一泊で・・・というのは、スケジュール的に読めないので厳しいかな?という感じですねー。しかし、日帰りで四国周辺等をぐるっと回るというのは非常に魅力的ですので、時刻表でも見ながらどこ行こうか検討してみたいと思います。

3月29日

昨日で原稿的なのが一段落して、一息ついてダラダラ・・・とはいかず、普通に朝起きて昨日の誕生日絵を1日遅れで描いてHP更新したり、メール返信やらその他雑務をこなさねばならんのだ(^^; で、気付くともうお昼。うわ、13時に靖国神社へ行かなきゃならんのにー! 作業をキリのいいところで終えて、慌ててシャワー浴びて出かけたのが13時過ぎ・・・大遅刻やねん(^^;

ということでお出掛けは、この時季恒例のゼロワン・奉納プロレス。
090329_1
曙がいい位置にいるな。「あいのり」絡みで、催をイチオシって感じ? 急いでやってきた靖国神社内は、境内に出店が立ち並びエライ混雑。うわ〜何じゃこりゃ〜と人波かき分けて会場に着いたのは14時半ちょい前。過去のプロレス観戦でも、これほど遅れたことは無いってくらいの大遅刻だって!(^^;

天気もよくて良い雰囲気。
090329_2
相撲場に入ってすぐの桜の木は、枝を切ってサッパリしていたので分かりにくいですが、咲いてる木もあればまだの木もあり、といった感じで6分咲きくらいかな?今回で奉納プロレス観戦は4回目ですが、なかなか桜のいいタイミングでの開催は難しいですねぇ。
080323_2
去年、’08年はまだ咲かず。
070407_1
’07年は半分以上散ってて、
060401_1
’06年が満開。

てことで、例によって観戦記的に。

会場についてチケット買う時に「今何試合目ですか?」と聞くと、「第4試合の途中ですねー」との事。お、思ったよりも進んでなかったのでちょっと安心。第4試合は、日高vs稔。過去3回の時と同じく青コーナー選手入り口付近に陣取って荷物(もちろん酒な)をがさがさやってたら、稔が腕ひしぎ逆十字を決めて勝ち。バトラーツ時代の先輩の意地か。
第5試合、藤田・菅原vs田中・関本。
090329_3
藤田組入場時。ストリートファイト形式の試合なので、凶器持ってますな。でもなんか、水でも入れないとぺこぺこ軽そうなポリ容器(のぼりとかの台座かな?)だなぁ(^^; 試合開始直後から、当然のように場外の客席に躍り出て大暴れの四者。今回は目の前まではやってこなかったので、ちょっと残念。まさか乱闘している場所に駆けだしていくなんてことは無理無理(^^; 終盤、秘薬というかベビーパウダーというかそんな白い粉が関本にヒットしたけど、ソレにもお構いなしで藤田の攻撃を耐えて、最後にジャーマンを藤田に決めて逆転勝利。前に観た時も思ったが、なかなか良いなぁ、関本。

ここで休憩時間。早すぎだ(^^; ビール500mlも飲み終わって割とイイ気分。リング上ではグラビアアイドル?がDVDなんかの宣伝してたり、女芸人コンビが出てきてネタやったりと、相変わらず緩い空気の休憩時間。あ、そういえば、今回は芸人の「ダブルコロン」が出てこなかったなぁ。奉納プロレスのお約束と思ってたんだが。あのぐだぐだ感は、この雰囲気にピッタリだったのになー。

休憩明けには、キックボクシングの小林聡がリングで挨拶して、全日本キックの選手がエキシビジョンマッチ。あんまりキックとかK−1的なのは観ないけども、エキシビジョンだけあって色んな攻防を矢継ぎ早に出すので、なかなか面白かったね。そして、選手退場の時の曲が、あの90年代の全日本プロレスで時間切れ引き分けの時の曲としてかかっていた「”カクトウギ”のテーマ」だったのが涙モノ。懐かしいなぁ・・・。

第6試合、曙vs耕平。
090329_4
曙大人気で、入場時は上手く写真撮れなかった・・・。しかし、曙はデカイよなー。序盤は体格で優位に立った曙だけど、キックで足を攻められてダウンすると、耕平の足攻めに防戦一方。かなりレスラーらしくなってきた曙だけど、動けないという欠点は仕方ないところか。耕平は超低空でやっとではあるが、曙をバックドロップで投げきる。ジャーマンの体勢は、曙を浮かせるのが精一杯。さすがに厳しいやね。その猛攻を曙は凌ぎきり、64にバックフリップ(サモアンフリップ)を綺麗に決めた曙が勝ち。あまりにあっさり決まったので拍子抜けの感もあるが、あの落差で落とされて体重かけられたら、さすがに耕平でも辛いよな。しかし、耕平相手に勝利とは・・・なかなかやるようになったなぁ、曙。
090329_5
退場時も大人気。割とご満悦、か。

セミあたりから俺が観ている横あたりに、稔が出てきて試合を観てた。当然ファンに気付かれて写真だとかサインで囲まれてる訳ですが、非常に気さくかつ丁寧に接している。メインが始まると「試合始まりますので、終わった後に・・・」と周囲を気遣ったり、その後のファンの質問にも真摯に答えておりました。おー、いい人だ。なんか稔の好感度、凄くアップしたぞー。

メインイベント、世界ヘビー級選手権、大谷vs催。
090329_6
気合十分な催。個人的には「あいのり」は観てなかったんで分からないけど、世間的な浸透度って結構あったのかなぁ。場内でも境内の看板のところでも「あいのりの・・・」って会話する人を見かけてるので。あんまりソコを押しすぎるのは個人的にはどうかなー?と思うけど、なりふり構わないという姿勢は大事だ。
試合は当然激しくなり、お約束の大谷顔面ウォッシュを3度も立ち上がってキックをキャッチした、空気を読まない催(^^; でも直後にキッチリ決められてたけどね。終盤まで大谷の攻勢という感じで、そのまま決めるか?とも思ったが、ハイキックにシドマス、トドメにランニングサッカーボ−ルキックを決めた催が逆転勝利。おー、勝ったかー。今日の大谷は、いつもの暑苦しさというか元気さが少し少なかったように感じたな。勢いで催が上回った、ってところか。
試合後は、「あいのり」のメンバーがリングに上がって催を祝福。そして、マイクに掛け声。「3・2・1・ゼロワン!」の後に、思わず「うーっ」ってやる観客もちらほら(^^;
090329_7
さすがにちょっとヘロヘロ気味。試合後に早速関本の挑戦表明を受けて、これからが大変だが頑張れ。

大会後は、所用で御徒町に行った後、18時から新宿で待ち合わせがあったので急いで移動。なんだか忙しいぞ(^^; 飯食いながら打ち合わせしたり、サテンで専学時代からの友人とダベったり、非常に充実した休日だったね。昨日までの作業疲れもドッと出て、ちと眠かったけど・・・(^^;

3月28日

今日はPULLTOP「とらかぷっ!」の、御翼(みつば)のお誕生日ですよー。
090328
相も変わらずサニーサイド化。でも接客なんて全く出来なさそうだな! 例によって過去の絵も。
080328
一頃のお約束のスク水ですな。多分、またそのうちスク水モードになる時が来るでしょう(^^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

東スポ。ノア4/25後楽園での、金丸・鼓太郎vs青木・伊藤のGHCジュニアタッグ戦が決定。しかし、王者組は相手チームよりもちょろちょろ試合に介入して足を引っ張る平柳の方を敵としているようで(^^; まあそこが平柳だからなぁ〜。
もいっこ、健介オフィスが健介抜きの若手主体興行を始めるとか。あら、SEM的な感じかしら? 健介オフィス、着実に興行数を上げてきてるなぁ。

今までやってた原稿的なのも、やっとこ一息。
090328_1
まあ、結局はこんなんですが。お尻いいよねお尻〜('∇'*)ヾ(^-^; さて、週明けくらいからはHPも通常営業に戻せ・・・るかな?

私信〜。
淡色館さん。
>一日しか使える期間は無いですが、6/28のドリパ大阪の前日に四国にでも行って、帰りに無駄に『はまかぜ』で山陰経由で帰ってくる・・・とか、どうですか?
あら面白そう〜って、ちょっと使用出来る範囲を見たら・・・新幹線で九州までも行けるじゃないですかっ! 初の四国上陸や念願の「はまかぜ」乗車はおろか、九州初上陸すら視野に入ってきますよ、コレは。九州行って何するかって、SUGOCA買うくらいしか目的無いですけど・・・。まあその場所に行くことよりも、乗って移動することが目的ですから、問題は無いですけども。しかし、ちょっとこれはあまりにも魅力的すぎですよー。ということで、超前向きな方向でひとつ。

>勝手に同志だと思い込んじゃう人が沸いちゃったじゃないですかー
えーっ!? だって、メガネスク水委員長とかメガネみどりんとか、俺向けなの描いてるじゃないですかっ!('∇'#)ヾ(^-^;

3月27日

久々のPULLTOP「しろくまベルスターズ♪」情報更新。新たに「サンタ先生」が公開されてます。む、センセー的なモノも大好きなワタクシにとって、赤丸要チェックキャラだって!('∇'*)ヾ(^-^;表現古いな 硯とパートナーってところも激しく妄想ポイント。ホントダメだな、俺! そして何より「アルコールの匂いを嗅ぎつけてはどこからともなく現れる。」 ・・・俺か?!('∇'*)ヾ(^-^;

東スポ。ヨネ軍団の名称が「ディスオベイ」に決まったり、意外な選手の合流も示唆したり。そういや、先週の週プロにこっそりチーム名が載っていたけど、あんま盛り上がってないなぁ。復帰した小橋に対しても、刺激的なやり方でアプローチするらしいが、秋山からもうダメだろとバッサリ切られたことには返答無し。リング上で返す、的な事かな? さすがに次のシリーズも埋没しちゃったら、ホントにダメだからなー。それだと三沢に「結果が出てない」って解体されちゃうぞ! 歴史は繰り返す、じゃないけど(^^;
あとは大森の記事も大きく。中西と組んで、IWGPタッグ狙いが当面の目標らしく。最近中西と組んでる吉江との中西争奪戦も辞さないって、なんか想像するとトホホな光景なんだが(^^; まーどこまで新日の流れの中で”空気読めなさ”を発揮出来るか、だなー。

1日遅れでベストカーを買ったら、川田がムーブの宣伝記事に出てる。ど、どうした川田?!(^^; あとビックリしたのが、新型プリウスの価格。TVのニュースで何となく「プリウスの価格が205万円から〜」というのを聞いていた(作業中はBGMのようにTV付けっぱなしだけど観ていない)ので「あー、併売プリウスは205万かぁ」と思っていたのだが、実はコレ、新型プリウスの価格だったとは! コレ、現行よりも安くなってるし! 予想だと、現行とあまり変わらない価格で、ホンダ・インサイトとの価格&車格差で棲み分けする形になるのかなぁ?何て思ってたもんだから、そりゃあ衝撃ですよ。まあインサイトの価格(189万円)が判明してから決めた価格かどうかは分からないけど、普通に考えたら明らかに”インサイト潰し”の価格設定だよなぁ・・・。現行車にさほど興味がないワタクシでも、このエゲツなさには興味を持たざるをえないって!(^^;

3月26日

東スポ。一度は白GHC挑戦を断ったはずの小橋、秋山に直接お願いされた為か挑戦するかどうか悩んでるご様子。黒GHCを巻いていた俺には意味のないベルトというが、自分で奪取して封印する手もある、ということか。しかし、秋山がもう一押しすれば、小橋は動きそうな気もするが。しかし橋vs小橋かぁ・・・どんなルールになろうとも、橋に勝ち目はないぞ(^^;
昨日行われたハッスル後楽園大会に志賀が登場して、2代目モンスター℃に合格したとか。あら、そうですかー。いずれは川畑も連れてってパンパーズでもやってみたいとか。で、高田総統が「ウチには”箱舟に乗りそこねた男”もいるけど大丈夫?」と漏らしたとか。あ、言っちゃった!(^^; まあ川田以外にも天龍に越中とノアと関係あった選手が出てるし。まあどうなるか分からないけど、やる以上は志賀には頑張って欲しいし、応援したいところ。

今週の週プロには、全日のチャンカン特集で高山のインタビューが載ってる・・・と思ったら、後ろの方には突然復帰してきた大森のインタビューも。奇しくも元ノーフィアー2人のインタビューが同じ本に載るとは。大森が新日で復帰したのは中西と組む為だったとか、ノアは当然視野に入ってるが今はそれ以上言えないとか。まあ実際まだ試合してないから何ともいえないところだが、とりあえずノアとの関係はどうすんのかしら。ノア退団の際には三沢が激怒したと伝えられているから、まずは詫び入れなきゃ始まらないと思うが・・・。

3月25日

PULLTOP「ゆのはな」の、桂沢穂波。
090325
てなわけで、今日は「ゆのはな」の発売記念日(’05/3/25発売)なのです('∇'*)ほなにー 先日描いたサニーサイドほなにーを着色で。ちょっと、ほなにーにしては胸があり過ぎかも!? いやしかし、ほなにーはいい娘さんですよねー。ていうか、母娘共に大好きだって!('∇'*)ヾ(^-^;

東スポ。ノアの次期シリーズ・グローバルタッグリーグに森嶋と組んで出場する健介、ダブルインパクトを復活させるとか森嶋との合同練習を提案したりとか、とってもやる気になってる様子。やる気の健介は危険だ!(^^; あれかな、森嶋を遠目から見ると”極太北斗”って感じで結構似てるもんだから、無意識の恐怖で気合いが入るのかもな。・・・って、そうかぁ?

私信〜。
淡色館さん。
>なんかこんな事書いてると、メガネフェチな人だと思われそうですね。
>委員長イラストとかもありますし。
あ!こんにちは!

3月24日

東スポ。潮崎がGHC挑戦に向けての特訓としてオホーツク海での寒中水泳を考えてたり、高山がノアで三冠ベルトのお披露目を考えてたり。特訓といえば、力皇なんかもちょこっとやってたけど、小橋の特訓には及ばなかったもんなぁ。潮崎は小橋に良い案があったら教えて欲しいとか言ってるけど、そんなこといったら小橋も当然特訓するに決まってるじゃないかー(^^; 三冠ベルトは、健介が三冠王者時代にはノアに持ってきて・・・なかったよな? アジアタッグは中嶋と持ってきてたけど。

3月23日

東スポ。志賀のアニキのハッスル参戦で、2代目モンスター℃オーディションとやらに応募の決意表明を送ったようで。「ハッスルにはパンチが足りない」ってパンチパーマのパンチなのか、あるいは”刺激的”という意味のパンチなのか・・・。まあ、どうなるのかねぇ。

新日のNJCの優勝は、なんとまぁ後藤ということに。・・・んー、どうなのよ? 個人的には、去年の1/4ドームのムタ戦、去年8月の全日両国での武藤戦、今年の1/4の対抗戦と観てるけど、どれひとつとして後藤を評価出来る試合が無かったんだよな。それなのに、去年のG1は獲るしNJCも獲るし。俺が観てないところではいい試合してるのか?(笑 まあ、いいかー。あと、ノアとの対抗戦についてコメントして、潮崎に対し「お前に興味がある。まずその風貌をやめろ!」って、それじゃダメだろ。「その風簿、俺に憧れてるのか?」ぐらい言わないと面白くないぞ!
相変わらずチャラい棚橋は、IWGPガールズなる女の子を2人引き連れて入場してたり。更にチャラ度がアップしてるようで、大変素晴らしいね。個人的には、背の高い方のIWGPガールがお好みだぞ!('∇'*)ヾ(^-^;

3月22日

相も変わらず原稿なんかでお忙しなので、どこも出掛けないで籠もりっぱなし。風強かったり雨降ったりと、今週末は天気があんまり良くなかったんで、出掛ける用事無くてよかったーって感じだけど。

最近では唯一観てるアニメのガンダム00がそろそろ終盤。メガネさんが結構多くてその辺も気に入っているのよね〜('∇'*)ヾ(^-^; ”ガンダム”てのをあんまり意識しないで観ると結構面白い、というか意識するだけ意味がないんだよね、今となっては。といっても、ガンダムって銘打ってなかったら観ていなかったことも事実だが。まあそれはそれとしてだ、お気に入りメガネさんはマネキン大佐かな。高山みなみのキャストがバッチリハマッてて、イイメガネさんっぷりなのよね〜('∇'*)ヾ(^-^;ソレばっかやな

ウチのアカウンター、こっそりと50万HITを超えました。49万から半年くらい経ってるけどここんところ更新頻度が落ちてるし、お絵描きもキャラ誕生日以外は載せてないし、まあこんなもんか的な。更新サボりまくってるのは、原稿的なのとかでそっちばかりやってて、HP更新とか日記絵的なのは後回しにするから(^^; まあもう少ししたら一息付けるハズなんで、以前のペースに戻したいところ。

3月21日

今日はPULLTOP「てとてトライオン!」の、瀬名優のお誕生日ですよー。
090321
例によって的な、サニーサイド化。この後、鈴姫に叱られておろおろするんだろうなー、というのが妄想ポイントなんだって!('∇'*)ヾ(^-^;どんなポイントよ? 同じく例によって過去の絵も。
080321
子鹿亭のメイド的なのも好きなんだが、こっちは描くのが大変なのよねー。って、身もフタもない(^^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

3月20日

東スポ。最近話題の少なかった彰俊・バイソンのGHCタッグ王者。タッグリーグ戦に向けてスタミナ不足のバイソンを改造するのに、ドクター中松のフライングシューズを履かせるとか。んー、ネタ的に地味だなぁ(^^; バイソンの日本名「梅村」も、東スポ上でのみ使用されてるし。まあそういう地味なところが味なんだが。
全日は、ジュニアタッグリーグの出場チームと日程発表。カズと近藤のタッグってのは、ちょっとズルイな〜。あとは渕・Eサムライか。渕も出るのね、やっぱ。そういやサムライの存在ってすっかり忘れてたよ・・・。

今日は雨降ってて、上がったと思ったら今度は台風かと思う程の強風。東スポ買いに出かけるだけで、エライ苦労したわー。

3月19日

東スポ。4/5新日・両国での中邑vs真壁がデスマッチ形式になりそうとか、全日のチャンカンで対GURENTAIに小島が愚零斗弧士なるかもとか。そういや、中邑が真壁と試合するって事は、両国にはノア勢は出ないって事かな。しかし、中邑も色々やってんなぁ。新日自体も色々と路線があるから、どれがメインなんだかちょっと分かりにくい気もするな。当然これからのメイン路線は、大森だよな! ・・・え、違う? まあいいか(^^;
あとは、東スポを読んでると必要以上に詳しくなってしまうIWAジャパン。今度は殺人ミミズ・デスワームって・・・。そして、ちょっと胸元のはだけたハル・ミヤコ女史がセクシーよねー('∇'*)ヾ(^-^; ハル女史見たさにIWAジャパンに行こうかと考えてる俺がイヤーンって感じ。

今週の週プロの裏表紙は、地上波が終わってもG+ではノア中継しますー、的な広告。地上波中継でも3月で終了するけどG+では今まで通り中継しますよーってお知らせしてるし、プロレス中継終了に対する反響の、思った以上の大きさに対応しているようにも思えるな。ウチではCATV経由でG+が観られるから影響としては最小限だけど、CS環境のない人には大きな問題だよな。

3月18日

東スポ。KENTAのGHCジュニア防衛戦はROHでDリチャーズ相手だったり、丸藤がグローバルタッグリーグ優勝予想を杉浦・高山組にしたり。杉浦・高山は、個々の能力も高いしそれなりに以前から組んでいるからタッグとしての力もあるし。その上三冠獲ってノッてる高山だもんなぁ。丸藤でなくても本命に押したいよ。対抗としては森嶋・健介あたりだが、力皇・ヨネはどうかなぁ?
全日では、今年のチャンカンの日程発表。で、会見でみのると諏訪魔が乱闘するのはお約束、か? 普通に考えれば、みのる・高山が抜け出してる感があるけど、どうなるか。開幕戦での武藤vs高山にみのるvsケアがポイントか。やはりリーグ開幕戦といえば、波乱がつきものだし。

ネットで捜しものしてたら、目的の見つけてからだんだんそれてきて、プロレス系動画に行き着いたのは俺のお約束? で、そこで’90/9/1日本武道館の鶴田vs三沢を初めて観る。いわゆる「ジャンボの勝ち!」の試合。大量離脱直後の’90/6/8の鶴田vs三沢戦は何度も観てるが、この試合は初めてなのよね。強すぎる鶴田に若林さんの実況、異常な程の観客の盛り上がり。そんで、入場の時点で泣いちゃう俺。プロレスを本格的に見始めた時には、既に鶴田は肝炎に倒れた後だったんだけど、後に映像で病気前の鶴田を観てその強さに感動したのよな。だから「懐かしい」というのとは違う感情ではあるが、とにかく泣けてしまう。伝説的、かなー一番端的に言うと。日本人選手だと鶴田、外国人選手だとブロディがそんな感じ。

3月17日

東スポ。新日・全日・ノアの3団体で、共通のライセンスを発行することに同意したとか。ライセンスといえば、日プロ時代にあったくらいで、その後はそういうのは無かったよね。GPWAの時にもそんな話が出そうな雰囲気ではあったけど、その頃はノアと新日・全日は微妙な緊張状態だったからなぁ。日テレの中継が終わったり厳しい時代で、新日・全日・ノア間の関係も良好になった今のタイミングだから一歩踏み出せた、という感じかな。これが長期的に定着して良い方向に向かってくれることを期待したいね。

あとは、潮崎のGHC挑戦が4/19札幌で決定したり。札幌でのタイトルマッチは久しぶり、かな。そうそう今の秋山に勝てるとは思わないけど、挑戦する以上は何か残してくれないとね、潮崎。
も一個。昨日の大森よりももっと驚く記事。志賀のアニキがハッスル参戦って! ハッスルにはパンチが足りない、ってそうなのか?! ハッスルは好きでも嫌いでもなくあまり興味なしってのが正直なところなんだが、志賀が出るのであれば話は別だ。まあ色々複雑な思いはあるけどね、志賀がやるっていうんだからそりゃ応援するしかないよ。

3月16日

東スポ。昨日の丸藤プロデュース興行で、森嶋と健介が合体したり、黒覆面が再び登場してKENTAを襲撃して疑惑の金丸は「俺じゃない」と否定するがなぜか雅央が「金丸のトランクに黒いパンストが入っていたな・・・」と暴露していたり。むむ、森嶋と健介が組んだら、ちょっと強力すぎないかぁ〜(^^; 更に杉浦も、高山と組んでグローバルタッグリーグ出場を表明して、リーグ参加チームは2チーム追加ってことかな。高山・杉浦は、以前からちょくちょく組んでるし、高山は三冠獲って杉浦もこのところの充実度はイイからねぇ。リーグ戦の隠し球としては十分すぎるな。そして、丸藤が右膝前十字じん帯断絶のために手術して長期欠場、との事。色々とノアも厳しい状況の中で、丸藤欠場というのは厳しいよなぁ・・・。まあ丸藤本人が一番悔しいと思うが。
全日で三冠を獲った高山は、IGFで小川と大乱闘したり、総合にも再進出したい意向があったり。ノアでもタッグリーグに出るし、今後が非常に楽しみだな。

そして新日。NJCで後藤が中邑を破ってて後藤はダメだと思ってる俺が萎え萎えになったり、中邑vs真壁の再戦が4/5両国で決定したりとか、そんなことはどーでもいい。なぜ今、なぜ故に今、大森が新日に電撃登場してるのかが問題だ! 去年、唐突に休業したと思ったら、今回の復帰?劇。わからん、なぁ・・・。この半年あまりの休業は、何だったんだ。移籍?主戦場移転?のインターバルって事? もうホント、解らないなぁ。
しかも、電撃登場して合体したのがあの中西。中西といえば、ドームで負けた秋山へのリベンジというテーマもあったりするんだが・・・はっ、まさか! 対秋山の秘策なんじゃないのかっ!? あの休業ってのは、一旦リセットして三沢に詫び入れた事によるもの、とか? で、秋山を語る上で欠かせない”黒歴史”の大森を引っ張り出して揺さぶりをかけると。そして、秋山と向かい合う大森・・・クケー!無意味にテンション上がるぞー!('∇'*)ヾ(^-^; なーんてことはまず有り得ないだろうけど、大森絡みになると熱くなってしまうド変態なワタクシでした。でもホント、何で今なの・・・?

拍手レス〜。
>ふゆっちさん。
>ご存知ではなかったですか。かなり前にTBSの午後六時のニュースの枠で流れる「小田急のCM」で使われていた曲です。当時は「ルート小田急」とファンの間で言われていたとか。
あらー、そんなものがあったとは全く知らなかったですねぇ。さらに言えば、かなり昔から基本的に日テレがホームチャンネルであったワタクシは、夕方のTBSニュースを観る機会は皆無であったので、気付きようもなかったということですね(^^;

3月15日

今日はここ最近では比較的まったり気味の日曜。といっても”比較的”というレベルで、結局まだ原稿的な作業は大絶賛進行中。まあ暖かくなってきたから・・・って、部屋にこもってるのに、そんなんカンケー無いって!(^^;

夜に日テレでやってたNASAの宇宙開発史的な番組は、なかなか興味深かったなー。アニメなんかだと宇宙って馴染みがあるけど、案外実際の宇宙って知らなかった気が。NASAの歴史についてもあんまり知らなかったし。その昔、星座とか天体とか興味あったことがあったけど、それって鉄道好きな頃と同じ20数年前だもんな・・・。せいぜい当時の図鑑で得た知識程度しかないのよね(^^;

3月14日

東スポ。ノアの次期シリーズ・グローバルタッグリーグにエントリーしていない森嶋が、高山か健介をパートナーにしての参加を目論んでるようで。あら、やはり追加参加チームがあるみたいね。森嶋がどちらの選手と組んでもインパクトはあると思うけど、他のチーム同様急造タッグってところがちょっと気になるかな。といっても、このところはヘビー級で固定されたタッグチームは少ないから、しょうがないところでもあるけど。開幕まではまだ間があるから、何チーム追加されるのか気になるな。

今日は夕方から全日・両国大会へ・・・という予定だったが、なんか三鷹に用事のあったTおじさん(仮名)に吉祥寺に呼び出されて・・・
090314_1 090314_2
昼時から呑んだりして。この後お出掛けするのにーとかいいながら、結構かぱかぱ呑んだような(^^; しかも体中が串焼きの煙臭くなっちゃうし。まったくの駄目人間っぷりを発揮しております。

ということで、今度こそ全日本プロレス・両国国技館大会。
090314_3
ちょっと遅れて来た上に、酔っぱらって千鳥足って、もー駄目すぎだな! てことで以下、観戦記的な。

当日券買って中入ったら、第2試合の途中。第1試合の菊タローvs渕の定番マッチを見逃しちゃったぜ! 第2試合のNOSAWA論外・MAZADAvs荒谷・真田は、座ってぼけーとしていたら、真田がMAZADAにタイガースープレックスを決めて勝ち。あら、これはちょっと意外な結果。

第3試合、小島・KAI・大和vsTARU・ヘイト・歳三。YASSHIがいなくなって、カスヤローが聞けなくなってちょっと寂しいよね。TARUが歳三のVM加入で大和を挑発するマイク。で、試合は概ね小島組ペースって感じだったけど、終盤こっそりヘイト消火器が炸裂して最後は歳三のフィッシャーマンバスターで大和から勝ち。ヘイトもそうだが、歳三もいまいち中途半端感があるなぁ・・・。

第4試合、曙・浜vsJドーリング・ゾディアック。
090314_4
うーん、みんなデカイなー。前回の両国で浜のデビュー戦を観てるけど、半年程でグッとレスラーらしい動きというか自分を良さを活かした動きが出来るようになってるなぁ。ドーリングは相手を意識してコール時に塩撒いてるし、相変わらずゾディアックは「ゾ・ディ・アック!」て謎のポーズで大人気だし。まあ基本的に細かいことを気にしないで観る試合だよね。デカイ選手がぶつかり合うという分かりやすさ。最後は、浜がドーリングのデスバレーボムで沈んだけど、あの巨体を投げるというのは凄いなー。この曙・浜のタッグは、また観たいね。

第5試合、西村・征矢vs長州・高岩。基本的に俺の中で、長州って’05年8月の同じ両国で行われたWRESTLE−1で”終わってる”のよね。あ、そういえば曙のプロレスデビュー戦もこの時だな。まあそれはともかく、何となく個人的には西村の情念だけが空回りしてしまっている印象が。そんな感じで、ちょっと選手には失礼なんだが、あまり試合には集中出来なかったなー。まあ酔っぱらっててうつらうつらしていたというのもあるけど・・・。フッと気付くと、試合は長州が征矢をラリアットで仕留めて勝ち。

ここで休憩・・・と思ったら、何故か芸人のはなわが謎の一団を引き連れて登場。よく見ると男装した女の子達。ふむ、男装娘さんなら仕方がないな! で、一曲披露して退場。はなわが「ふだんじゅくが・・・」とか言ってるので「普段塾?」と思って何じゃそりゃって感じだったが、正確には「腐男塾」みたいで。そかー、腐ってる男装娘さんならより仕方がないな!('∇'*)ヾ(^-^; にしても、酔いが抜けてくるとスッゲー頭痛くなってきた・・・。

第6試合、世界ジュニア選手権、カズ・ハヤシvs稔。
090314_5
稔はVM御一行を引き連れて入場するも、試合前にセコンドに付いたVM勢を全員引き上げさせる。この試合はVM関係無しで、って事の意思か。お互いが臨んでいた一戦だけに、35分を超える熱戦に。ペース的には20分過ぎまではカズが握っていたように感じたが、さすがに稔もそのままでは終わらせない。いわゆる目まぐるしく動き回る試合とはまたちょっと違った、じっくり的な試合展開。あんまり両者の試合の映像は観ていないので、それぞれの技には疎いのが我ながら困る(^^; 稔のファイヤーボールスプラッシュってどんなのかと思ってたら、ファイヤーバードスプラッシュ的なやつだったのね。そのファイヤーボールスプラッシュや、カズのファイナルカットも綺麗に決まっても試合の決め手にはならず。最後はカズが担いで叩きつける技・・・って、そんなのいっぱいあるよ!(^^; とにかくそれで叩きつけてカズの初防衛。帰ってから調べると、技名はパワープラントだとか。
試合後はカズが稔と握手をしようと手を伸ばすが、そこに歳三がやってきてカズ襲撃・・・と思ったら、カズが気付いて「ちょっと待て」となだめ稔と再び向き合うが、結局は握手しようとするところを歳三がぶち壊し。空気読んでるのか読んでないのか・・・。更に、NOSAWA・MAZADA・KAI・大和なんかも出てきて、NOSAWAがマイク。ジュニアタッグリーグ戦への煽りのようで、放送解説席にいた渕にも「オマエは噛み付かないのか?!」と呼びかけ?たり、愚連隊が前回の優勝者って事で他の選手に「お前らの力で勝ち取ってみろ!」とか、どっかで聞いたようなフレーズ連発。何だかなー(^^;

第7試合、世界タッグ選手権、みのる・ケアvs諏訪魔・近藤。
090314_6
みのる組は、なぜかウルトラ警備隊?の曲から「HERO」(中村あゆみの”風になれー”のボイスMIX付き)に繋げる入場曲。うーん、謎だ。開始直後からみのると諏訪魔は場外で大暴れ。パワーでは諏訪魔・近藤が圧倒しているんだけど、目まぐるしいタッチワークで終始ペースを渡さなかったみのる・ケアのチームワークのほうが上回ったね。

最後はケアが近藤をTKO34thで沈めて防衛。これはちょっと長期政権になる、かな?

第8試合、三冠ヘビー級選手権、ムタvs高山。
090314_8
高山もウルトラセブンの曲をイントロに使って自分のテーマへ繋ぐ曲で入場。試合開始直後に赤毒霧をブシューっと。序盤からムタが場外でイス攻撃にロープで首締め攻撃と、らしさを出すと、高山も負けじと同じ攻撃で反撃。ムタは高山に噛み付いたりと早速流血の展開。ムタの世界観に押されるかな・・・と思ったが、高山はムタの頭を擦りメイクを落とし、ムタの世界観の破壊にかかる。試合の”間”はムタの試合っぽかったけど、出来るだけそれに付き合わないようにしてるように見えた高山。終盤、高山の腕ひしぎからの三角締めを毒霧で抜けたムタが、シャイニングウイザード3連発から最近はここ一番でしか出さないラウンディングボディプレス。これはヤバイ、と思ったが返す高山。反撃の高山は、ヒザ蹴り3連発。
090314_9
3発目はムタにガードされて逆に毒霧を噴射されるが、それを上手くガードしてエベレストジャーマンを綺麗に決め、それで3カウントが入り高山が三冠奪取。
ムタが三冠獲ってから、その後はどうするんだろうと思っていたけど、ムタの世界にのまれることなく闘った高山が獲ったのはよかったんじゃないかな。およそ9年ぶり2度目の挑戦、というところも時の流れを感じるよな。高山の試合ぶりも、脳梗塞で倒れてからの完全復活を感じさせるものだったね。

試合後は、GURENTAIの面々が登場してひとしきりメンバー紹介。
090314_10
おいおい試合終わってから紹介かよ!? みたいな(^^; しかし、GURENTAIの面々でアジアタッグ・世界タッグ・三冠と持ってるんだよなー。GURENTAI的ハッピーエンド、ってヤツかな。この勢いは当分止まらなそうだなー。

今日買ったモノ。
090314_11
今月のREX。帰りにウチの駅前の本屋に入ってみると、今までその本屋じゃ売ってなかったREXがなにげに置いてあったりしたので。いつの間に置くようになったんだー。しかし、一緒に色々単行本とか買おうと思ったんだけど、置いてない・・・。おい、今月のヤンマガの新刊とかだぞ!? ヒドイよ! まあそれはいいとして。今月の「てとてトライオン!」は、鈴姫の雪崩式ライガーボムが見所だな! 雪崩式ジャンピングパワーボムと間違えそうだけど、よーく見ると鈴姫の足が掛けた相手の腕の上に乗ってるんだぜ! プロレス好きじゃないと絶対気付かないポイントなんだな、コレが。・・・単純に絵的な見栄えで、たまたまそうなっただけ、のような気もするが(^^; あとは、何となくネタバレ的な気がしてしっかり読んじゃイカン!という感じ。なんせ、まだゲーム本編を1周してないんで・・・。

拍手レス〜。
>ふゆっちさん。
>やっぱり「ルートカルフォルニア」でしょう。
ん?何ですのん? と思って調べたら、富沢さんのCDみたいですね。そういうCDがあった、という情報しか無かったので、どんなものか分かりませんでしたけど。

3月13日

東スポ。先日のノア武道館でKENTAを襲った黒覆面は俺じゃないと金丸が弁明したり、4/5DREAM8で柴田勝頼vsミノワマンが決定したり。金丸は、真犯人は武道館に来てたSUWA(諏訪)だと言い張るが、そういや以前はカスイチにちょこっと顔出したりしてたけど、最近はどーしてるのか聞こえなかったなぁ。今は実業家してるのねー。
柴田は割と好きな選手なんで気にはなってるんだけど、やはり試合数が少ないのが気がかりなんだよな。とりあえずこのカードは注目で。

夕方のニュースを見てたら、「富士・はやぶさ」最終列車のニュースが。うわー、そういえば今日か! すっかり忘れていたよ・・・。結局、一度も「富士」「はやぶさ」を見ることはなかったなぁ。去年乗った「銀河」で、ある程度の区切りはついてた感じはあるかも。でも、こうやって改めて「富士・はやぶさ」を見ていると泣けてくるねぇ・・・。30年近く前の幼年期から知っている列車だってのもあるし、ずーっと憧れの存在でもあったし。しかし、どのニュースでもこの事に触れていたし、乗車率は低迷していたこととは別に、潜在的に好きだった人は多かったんだなぁと。

3月12日

東スポ。GHC王者・秋山が、挑戦を表明している潮崎に対して色々と。次期シリーズはタッグリーグ戦中だけど、潮崎の”空気の読めなさ”を活かしてガンガンアピールしてくれば、リーグ戦の最中でも防衛戦をやってやる、とか。まあ確かに、先日の武道館でも杉浦と中邑に注目が集まる中、ミラノを倒して試合を決める潮崎は空気読めてないけど、あんまりハッキリ言っちゃイヤン(^^;
しかし、その読めなさは大きな武器でもあるんだよなー。何やってくるか分からないってのもあるし、勢いに乗ったらどこまでも行っていまいそうだし。師匠の小橋も、ある意味空気読めないっちゃー読めないし。秋山にとっては、そういう方が弄りやすそうだしね。

今週の週プロには、小橋のインタビューが。今回の復帰のことにガンのことやTV中継終了についてなど。秋山提唱の白GHC挑戦は、「興味なし」と一蹴。コレで橋も一安心?(^^; 秋山はどうにか白のテコ入れを考えてるみたいだから、どうなるか分からないけど。そして、昔から小橋の一貫したテーマといえる「一生懸命」というのを再認識。小橋の言葉は俺にとっても、重い。

3月11日

東スポ。全日では、高山が三冠戦を前にムタを隅田川に沈めてやると言い放ったり、同じく世界タッグ戦を控えるみのるが諏訪魔を試合開始30秒で締め落としてたり。相変わらず元気よねー。この2人の試合を主な目的に両国に行くので、楽しみっちゃー楽しみ。だが、前哨戦で好調過ぎると、過去の歴史からして本番がちょっと心配だったり。

今日引っ張り出したモノ。
090311_1
富沢美智恵さんのアルバム。先日からセーラーマーズ分が上がっているところから、「そういや富沢さんのアルバム持ってたっけー」と思い出して。久しぶりに聴いたけど、いいよねー。ちなみに当時、富沢さんのコンサート(94年12月のクリスマスコンサート)に行ってしまうくらい好きだったのよね。うーん、懐かしい。
当然今でも好きな声優さんの一人なんだけど、思い返せばサクラ大戦は何故だか全然フォローしなかったなぁ。富沢さんとか横山智佐さんとか好きな声優さんも出てたんだが。サターンでやったサクラ大戦も、富沢さんキャストの神崎すみれは割とお気に入りだったんだが・・・。あ、そうか、クリア後に出てくる「こいこい大戦」のやりすぎで燃え尽きちゃったんだな!('∇'*)ヾ(^-^;んなアホな

3月10日

東スポ。潮崎が、15日の丸藤プロデュース興行で対戦する秋山からフォールを取ってGHC挑戦権獲得を狙ったり、三沢と組んで出るグローバルタッグリーグの優勝を果たしてGHCタッグ挑戦も視野に。ふむ、潮崎の記事も大きく載るようになったなかぁ。とりあえず次期GHC挑戦に名乗りを上げているのは潮崎ぐらいだが、今年に入ってからのシングル戦で結果を出してるとはいえあともう一押し何かあればねー。そこで秋山に直接向かっていくのは手っ取り早いもんな。
グローバルタッグリーグで三沢と組むのはいいけど、その後はどうするのかな? 仮にタッグ王座挑戦するとしたら、まさか三沢と組んでってことは無い気もするし、近い世代のヘビー級選手ってのもいないし。先日の武道館でも組んだ杉浦なんかは、実績もあるしイイとは思うけど、対新日というか中邑へのリベンジ次第ってところか?

3月9日

週末のカラオケで何かスイッチ入った、セーラームーンのセーラーマーズ。
090309←クリックで拡大画像。
セーラームーン的なのって、描いたの約15年ぶりだ・・・。久々に描くと懐かしいねー。原作の凛々しいレイちゃんも、アニメのバカっぽいレイちゃんも、どっちも大好きだぞー('∇'*)

・・・はっ!そういえば、セーラーマーズも赤&肌色(白もあるけど)じゃないですか??
080606_1
てことはつまり、国鉄特急色の法則だって!('∇'*)ヾ(^-^;

東スポ。NJCが始まった新日、中邑が4/5新日両国へのノア勢出場を提言とか。そういや、積極的に対ノアについてコメントするのは中邑だけよねー。棚橋はチャラ路線で新日内・海外担当、中邑はストロングスタイル的路線で対ノア担当、という棲み分けが出来ているって感じか。まあ順番から行くと、次は新日マットって事になるか。インパクト的には森嶋が絡むのを期待したいところだが、さて。

3月8日

まあ当然朝方帰ってきて、昼までお休み。午後からは撮りためてたTVなんか観ながらだらだらとお絵描きしたり。今日はぼけーっとしてだらだらして、ちょっと一息的な。あんまし食べるもの無いなーと思っても、めんどくさくて買いに出ずにある物で我慢する程のだらだらっぷり(^^;

3月7日

東スポ。高山がムタとの三冠戦をエニウェアフォールデスマッチにすることを要求したり、平柳が丸藤プロデュース興行で鬼嫁・北斗のモノマネをして健介を挑発するとか。三冠戦でデスマッチルールというのもアレだなぁという気はするが、よく考えたらムタが持ってる時点で同じようなもんだよな。であれば、そういうルールでも面白いか。前回の両国では、みのるがムタの世界を消していた、という印象が残ってるけど、高山はどういう方法でくるのかというのは楽しみよね。平柳は・・・とりあえずどんどんやっちゃってー(^^;

昨日はTおじさん(仮名)宅にお泊まりして、今日は昼から一緒に行きつけにしているバイク屋さんへ。ウチのバイク、譲り受けた時からフロントタイヤの空気が入れても数日経つと徐々に抜けてしまうという症状があって、それの修復の為に。とりあえずタイヤ外してバルブを交換して組み直し。これで治ればいいんだけど、タイヤ自体が割と経年劣化しているので、まあ近いうちに交換しようかしら。もしかしたら経年劣化が原因かもしれないし、もしそうだったら即交換だし。

で、夜は古くからの友人と新宿で呑み。今週末はだらだらいくぞー!みたいな。
090307_1
まずはパブでWBC観ながら(その友人は野球大好きッコ)だらだら・・・とはいかず、その時間に中継やってる飲み屋に居る客はみんな野球観たい人たちばかり。日本打ちまくりの試合に大興奮で、否応にもテンションの上がる店内。にしても、野球観ててこんなにテンション上がったの初めてだわ〜、てくらい俺もしっかり楽しんだワケで(^^; 生観戦の客席ともまた違った一体感といいますか、そういう楽しさを知りましたねー。

そして、野球でテンション上げすぎて疲労した状態でもう一件バーに行き、締めはもちろん・・・
090307_2
朝までカラオケ。疲れてるハズなんだが、歌い出してしまえば何の問題も無し。まあそんなもんか(^^; 今回はセーラームーン的なのを歌いまくったなぁ。レイちゃんカワイイよレイちゃん('∇'*) その昔、セーラームーン大好きッコだった頃は、セーラーマーズ派だったのだー。

3月6日

今日はPULLTOP「お願いお星さま」の、ファルミリア=イストナーク(ファム)のお誕生日ですよー。
090306
相も変わらずサニーサイド化。無駄に元気だけはいい、みたいなー。しかし、ファムはなんか描くの苦手だ(^^; で、例によって過去の絵も。
080306 070306
ファムって、後になってからグッと可愛さが分かったキャラ、なんだよね。ちっちゃいもの好きになってきたからではない、と思います(^^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

東スポ。先日のノア武道館で復帰した小橋、試合後の検査では腎臓の数値は悪化したようだけど、肘は何の問題もないようで。腎臓については心配だけど、道場で3時間以上も練習するくらいだから大丈夫なんだろう(^^;

今日は久々、呑みにお出かけ。
090306_1
こちらも久々、Tおじさん(仮名)のところで、買ったばかりのPS3と「龍が如く3」を酔っぱらいながらだらだらと遊んでたり。相変わらず凄いなぁ、龍が如くは。

3月5日

東スポ。KENTAが今月下旬にROH遠征して、NマッギネスのROHヘビー級王座に挑戦するとか。あら、GHCジュニアを取り戻して早々、ROHのタイトルマッチもやりますか。まあ遠征に関しては前から決まってた事だろうし。ROHでのKENTA人気は凄いみたいだからねぇ。そういや、今まではROHに限らずノア勢が遠征した際は日テレのカメラも大体同行して収録していたけど、これからはどうなるんだろうか。G+で放送する中継が今まで通りであれば、カメラが入るとは思うけど・・・。

しばらくずーっとお忙しだった原稿作業が一段落してようやく一息。といっても、また別のがあったりするので、気持ちを途切れさせない為にも気を抜くことは出来ない(^^; なので週末も当然お忙しだが、今週末はお出かけする用事が多い。そういう時に限って天気悪い予報出てるんだよなーもう。

3月4日

東スポ。KENTAが、武道館で襲撃してきた黒覆面を金丸と断定して、制裁を宣言。ということは、次のGHCジュニア戦は金丸かな。で、KENTAは他団体に出ずにノア内を盛り上げていくとのこと。今週の週プロにもコメントが載っていたけど、秋山とムタやK−1との対抗戦など他団体との絡みは話題になるけど、それは一時的なモノだしやはり幹となるところをしっかりとやらなければ意味がない、ということで。
まあそれは至極当然なワケだけど、秋山や杉浦内外問わずに動く選手もいれば、KENTAのように団体内で動く選手もいる、というのがいい形なのかも。全員が団体内で、となるとコレはいわゆる四天王時代の全日のような純度を高めるプロレスになるし。それはそれで良かったけども、それはあくまであの時代に四天王がいて成立したモノだし、今は今の形があるはずだから。
そういう意味じゃ、昇り調子な潮崎なんか、対新日やGHC挑戦とか色々やって露出をさせていってほしいな。”今”も大事だけど”次”の世代も伸ばさなければいけないからね。

昨日から今日に掛けて雪が降ったけども、去年のような事態にはならず。今日も雪かも?という予報だったけど、何の問題も無し。でも週末は相変わらず雨予報・・・。

3月3日

東スポ。秋山が、GHC次々期挑戦者に名乗りを上げていた潮崎に「直接行動で示せ」と挑発。早速動くところが秋山だよな。今一番の成長株の潮崎も、ここで積極的に動けば挑戦権をゲット出来るチャンスだな。帰国してからの潮崎の活躍はいうまでもないけど、この勢いを「王座奪取出来るかもしれない」という期待感に繋げていってほしいところだ。秋山は、次期シリーズのグローバルタッグリーグも谷口と組んで、出るからには優勝狙い。去年は欠場期間が長かった谷口も、この機会で弾けてくれるといいんだが。
全日では、3/14両国で曙と浜のタッグ結成が決定。ふむ、このタッグはいいねー。夢があるな。両国は高山も出るし元々観には行こうと思ってたから、楽しみが増えたな。

今日は午後から雪が降るとか予報で言ってたからちょっと心配していたけど、予測されたほど降らなくて一安心。去年は何度かドカッと降ってエライ目にあったからねぇ。

3月2日

東スポ。昨日のノア武道館についてが多めで。健介に勝ってGHC奪取した秋山は、全日に出て行ってムタの三冠を狙う構想があるとか。秋山が全日に上がるというのは、今となっては現実性が高いと思うけど、タイトルマッチに関してはジュニアと違ってデリケートだからなぁ。とはいっても、秋山のことだから面白く動いてくれそうだな。KENTAを試合後襲撃した黒覆面については特になし。ノアでこういうアングルってのは珍しいよなー。
グローバルタッグリーグ戦は、今のところ6チームで追加チームがまだあるのか、6チームで確定なのかちょっと不明。昨日の場内アナウンスでは「全6チーム」って言ってたけど・・・。いきなり新日勢が出てくることは無い気もするけど、健介オフィス勢は出てくると思うんだけどなー。どうなんでしょ?

全日では、みのる・論外がアジアタッグを防衛して、3/14両国での世界タッグ戦の挑戦者が諏訪魔・近藤に決定。あとは、VMに土方が加入。うーん、1シリーズタイミング遅くね?的な。ていうか、稔の加入が割とインパクトあったから、その影に隠れちゃった気もするし・・・。なんか、幸薄いな。

昨日の武道館のG+中継。席が南西で花道側だったのであまり分からなかったKENTAの試合後襲撃犯、垂直落下ブレンバスターだからやっぱ金丸かしら? 

なにやらあわさんからメールが来たと思ったら・・・
090302_1
はやぶさー!! ってコレ、東京駅じゃん。お仕事で今週はこっちに来てるようですが、なるほど今週の天気がすぐれない上に明日は雪の予報まで出ているのは、そのせいでしたか。今日は今日で呪い晴れだし・・・。

3月1日

今日はPULLTOP「PRINCESS WALTZ」の、式神楽清白のお誕生日ですよー。
090301
相変わらずのサニーサイド化。太い眉毛がラブリーよねー。で、例によって過去の絵も。
080301 070301
清白さんは、ちっこくて”お尻”担当だったから結構好き〜('∇'*)ヾ(^-^; つーことで、お誕生日おめでとう〜。

今日は、今年最初のノア武道館大会。
090301_1
天気が不安だったけど、飯田橋駅からてこてこ歩いてる途中でちょっと雨降ってきた。今日は何としても小橋の復帰戦である第1試合に間に合うべく、早めに到着。そんな珍しい事態に驚いて雨が降ったのか?! まあいいけど(^^;
場内に入ると、アンダーカードの2試合目と思われる志賀・川畑・佐野vs多聞・泉田・RスティムボートJr。スティムボートJr、なかなかいい感じねー。そして久々に観る志賀のアニキの試合。第0試合としてアンダーカードをやるようになってから、試合開始前に来たのは初めてだもんなー(^^; 場内は開始前の明るい状態なモンだから、場内の雰囲気も散漫気味。そのせいもあってか、リング上もゆるい空気が支配していたが、まあそれもまた良し、か。最後は、10分時間切れ寸前に志賀のアニキがスティムボートJrを逆さ押さえ込みで強引に丸め込んで勝ち。アニキ、イカスぜ!

てことで以下、例によって箇条書き風観戦記で。

第1試合、小橋vs雅央。
090301_2
小橋入場時は当然大歓声。見た感じ、欠場前よりもビルドアップしているようで、体調は良いみたいだな。小橋のセコンドには、菊地・多聞・志賀。ホントに小橋とのシングルが決まってしまってうろたえまくっていた雅央は、当然のように雅央ワールド全開で時間切れ引き分けを狙うべく拳で顔面を擦ったり、チョップからのらりくらりと逃げまくり(^^; そして、キックをキャッチされて足に一発チョップを喰らうと、受けの雅央の本領発揮。あらゆるチョップを受けまくり、悶絶する雅央。素晴らしい! そうこうしているうちにあっという間に15分間近。マシンガンチョップを喰らって瀕死の雅央に、小橋はハーフネルソンスープレックス。そして何とか返してロープに走る雅央に、カウンターのラリアットを炸裂させて復帰戦を勝利で飾った小橋。小橋に起こされる雅央は、起き上がれないくらいふらふら状態。しかし、あの小橋をも雅央ワールドに引き込んだ雅央、いい仕事だったって!
第2試合、石森・太田vs起田・宮原。石森組入場時に起田組が先制攻撃して試合開始。起田・宮原は、以前にも増して元気いっぱいだ。デビューから丁度1年経ったけども、観る度に成長してるのが分かるもんなぁ。特に起田、オーバーとも思える程の凄い表情で暴れてるもんだから、インパクトでかいよ。キャラクターで、あの一平ちゃんが霞んでみえるもの(^^; 一平ちゃんも、健介オフィス勢とやるようになってから良くなってきてはいるんだけどね、インパクト的にはまだまだか。最後は、石森の450°スプラッシュで宮原を押さえ込んで勝ち。

第3試合、田上・丸藤・青木vsブキャナン・Rストロング・Dリチャーズ。見所としては、田上とブキャナンのスーパーヘビー対決に、このところ伸びてきてるデイビー・リチャーズと丸藤・青木の絡みか。ロデリック・ストロングは初めて観るのでどんな選手かと気になっていたけど、そつなくこなせる選手かな。リチャーズは、元気よくて動きもキレがあるのだが、仲間のピンチの時にコーナーマットを叩いて観客の手拍子を誘うムーブ、そのコーナーを叩くタイミングが速すぎて観客が手拍子出来ない状況になってしまう程のキレ(^^; まあ実際、終盤の丸藤との絡みは、何度も観客のどよめきを誘うくらいだったからね。最後は、丸藤と田上の合体のど輪不知火の前に敗れてしまったけど、今後も楽しみな選手ではあるね。そして、注目の田上とブキャナンは、田上は序盤のブキャナンとの絡み、終盤に場外でブキャナンにのど輪、丸藤とリチャーズの絡みへカットで数回入り、最後の合体技。ブキャナンは・・・田上との絡み以外特に目立たず。うーん、アメリカ版田上って感じだ(^^;
第4試合、高山・Rマルビンvs力皇・鼓太郎。マルビンと鼓太郎の遺恨対決・・・という感じは、もう薄くなってる感じもあるけど、やはりマルビンは鼓太郎を意識している。と思いきや、エプロンの力皇にミサイルキックを放ったり。ヨネ軍団に加入した力皇は、動き自体は悪くないんだが、今までと何か変わってるかといえば、特に大きく変わってはいないよね。ヒールになって、吹っ切れた試合をするかと思っていたんだが、高山に対してやや押され気味。マルビンは終盤、鼓太郎に対してブルーディスティニー。やっぱこだわってるねー、マルビン。最後は、レフェリーと一悶着している鼓太郎をマルビンが丸め込んだ瞬間に、下から鼓太郎が顔面に毒霧を噴射して丸め込み返して鼓太郎の勝ち。悔しがるマルビンをなだめる高山が何だか新鮮だ。

第5試合、森嶋・橋・伊藤vsMヨネ・金丸・平柳。平柳はイスを持って入場してリング上で座ってふんぞり返りつつ森嶋組の入場待ち。ヨネは頭がちっちゃくなったので、必要以上にスマートに見える(^^; コスチュームも赤黒に変わっているので、パッと見で分かりにくくなったかな。橋もコスチュームを変えていて、こちらも赤黒な感じ。赤い腰ひもがなびいていて、何となく橋本のコスチュームに感じが似てるなぁ。まあ橋のはパンタロンじゃないけど。コスチュームだけじゃなくて、試合ぶりも一応白GHC王者としての自覚が出てきてる気もするな。ヨネが心機一転どんな試合をするのか楽しみだったけど、それを吹き飛ばす程の森嶋の暴れっぷり。セコンドには鼓太郎と青木がいて、場外戦では手を出したり。伊藤と青木は、金丸・鼓太郎の持つGHCジュニアタッグを狙っているようだから、この絡みもあるし。最後は、橋が平柳をリバースDDTの体勢から持ち上げてエメラルドフロウジョン風に叩きつける天誅カラス落としで沈めて勝ち。しかし、その直前にゴリラーマンズドライバーを返した平柳もなかなかやるな。試合後はGHCジュニアタッグを巡る四者が大乱闘。その中をそそくさと引き上げる森嶋。必死にそれを止める橋とヨネ。森嶋の暴れっぷりはいつもと同じく圧巻だったが、逆にヨネに対しては物足りなさを感じたかなー。森嶋も消化不良気味だったからこそのそそくさ退場だったのかも。そういや結局ヨネ軍団の名前は分からなかったなぁ。
第6試合、彰俊・Bスミス・Dウィリアムスvs三沢・小川・谷口。
090301_3
彰俊組入場時。今回、何と驚いたことに三沢の入場曲「スパルタンX」が、違うバージョンに変更されていた。ほとんどの観客も「何で変えたんだろう・・・」と戸惑いの声。うーん、何で? バイソンは古傷の肋骨を気にする様子もなく、調子はかなり良いようだ。この中では圧倒的にキャリアの浅い谷口だが、どこまで出来るのかもテーマだな。結果としてはまだ物足りなさはあるけども、思い切りは良くなってきてたか。ダグと小川のマニアライクな渋すぎる丸め込み合戦がいいアクセント。最後は、ダグが谷口をカオスセオリースープレックスで沈めて勝ち。渋いねー。

ここで、次期シリーズのグローバルタッグリーグ出場チームの発表。前年度優勝のバイソン・彰俊、Dブラウン・ブキャナン、力皇・ヨネ、田上・雅央、秋山・谷口、三沢・潮崎、の6チーム。後ろ2チームの時には大きいどよめきが起こったが、最後に「全6チームで・・・」とアナウンスがあった時には「えー?」という声がちらほら。そりゃそうだ、チーム数がちょっと少ないし、何より健介オフィス勢も出ていない。追加で出場チームが増えてくれるといいんだけど、さて。

第7試合、杉浦・潮崎vs中邑・ミラノコレクションAT。
090301_4
杉浦組入場直後。当然中邑を意識しまくる杉浦。気合が2階席まで伝わってくるぞ。ミラノは入場時、謎の透明犬を連れてきていたが、知らない人は何のことだかサッパリ分からんだろうて。ていうか、ノアでATといえば”アキラ・タウエ”なんだって! 新日勢のセコンドには、後藤と石狩。あら、後藤来たのね。対するノア勢は、森嶋もセコンドに。これはちょっと珍しいね。
090301_5
試合開始直後。杉様カッコイイー!! 俺が女だったら惚れてるね!って、オトコに言われても嬉しくないか(^^; にしても、ここまで凄い表情の杉浦は珍しいよ。観客の期待も杉浦に集中してる感じ。代わった潮崎は、同じく代わったミラノと闘いつつも、エプロンの中邑に突っかけたり。にしてもだ、ミラノはなんていうかつかみ所のない試合するなぁ。潮崎もペースを崩されてパラダイスロックを決められたり、思った以上に老かいなテクニックに押され気味。足を攻められて悶絶するが、代わって出てきた中邑とはチョップとエルボーの打ち合いで一歩も引かず。中邑の胸は既に赤くなる程の威力だ。杉浦は中邑との張り手合戦で打ち合い。パンチを食らってふらつくが、すぐにパンチをお返しで両者互角か。終盤、潮崎とミラノの絡みに。ムーンサルト狙いは、ミラノがレフェリーを利用して防いだが、ショートレンジのラリアットに杉浦カナディアンバックブリーカー+潮崎ダイビングニーの合体技と畳みかける。中邑がカットに入ってくるが、杉浦がオリンピック予選スラムで戦闘不能にし、その間に潮崎がチョップ連打にトラースキックでミラノを更に追い込む。袈裟切りチョップも決め、とどめのラリアットにいったが・・・
090301_6
スカッ。追撃のラリアットも逆さ押さえ込みで返されて、一転ピンチ。しかし、続いてのスモールパッケージ狙いを持ち上げて、強引にゴーフラッシャー。
090301_7
続けて放ったラリアットが綺麗に決まり、潮崎がミラノから勝ち。杉浦と中邑に注目がいく試合で、この空気の読め無さ具合。それが勢いなのかもしれない。こういう空気の読め無さであれば大歓迎だ。まあ杉浦としては、勝ったとはいえ不満が残るというか、物足りないというのが端から見ててもハッキリと分かるんだけどね。この杉浦と中邑を中心に、まだしばらくは対新日が続きそうだけど、今回セコンドに付いていた森嶋ははたして動くのだろうか? 是非とも森嶋のバックドロップで潰れる後藤が見たいんだけどなー。そうそう、今回じっくりミラノを見たけど、後藤の代わりに出てきたのは正解だったかもね。新日純血じゃないというのは別にして、試合の幅が全然広いから単純に試合として面白くなる選手だな。

第8試合、GHCジュニアヘビー級選手権・中嶋vsKENTA。
090301_8
ジョーさんの選手権宣言。序盤から両者蹴りの応酬から。やはり何度も手を合わせているだけあって、お互いの動きは読めているから、意地という部分の比重は大きくなるよな。そして読み合い。特にフィニッシュへと繋がるブサイクへのヒザ蹴りにgo2sleep、デスロールへの切り返しは見事と言うほかはない。KENTAがgo2sleepにいくところを中嶋がフランケンシュタイナーで返す為に飛びつき、更にそれを読んだKENTAがジャンピングパワーボムで叩きつける、とか。もう知ってたとしてもワケが分からない程だ。フィニッシュにしても、
090301_9
中嶋のデスロールをキャッチして、そのまま担ぎ上げてgo2sleepを決めるという流れ。最後の最後、ちょっとだけKENTAの意地が上回った、という感じか。名勝負数え歌といえるKENTAと中嶋の顔合わせだが、次に試合をする時にはどんな進化をしているのか楽しみだ。中嶋としては当然納得いかないだろうし、この後どうするのかも気になるな。そしてKENTAはベルトを取り戻してノアジュニアの中心に戻った訳だが、こちらもどう動いていくのか楽しみなところ。
と思ってる間に、花道を退場するKENTAに襲いかかる黒覆面の人影。何事かと驚くヒマもなく、垂直落下ブレンバスターを炸裂させて逃げていく黒覆面。んー?何だ? こういう事態はノアでは珍しいので、客席も騒然。仕掛け、早いなぁ。

第9試合、GHCヘビー級選手権・健介vs秋山。
090301_10
ジョーさんの選手権宣言。秋山は、ガウン等は着けずに入場してきたが、最近では珍しいね。それもこの試合に対する気合の表れか。開始後も、場外の健介に対してコーナー最上段からダイビングアタックという珍しい技も。序盤はその勢いもあって秋山が優勢だったが、場外の健介がエプロン上の秋山を捕まえて場外鉄柵にデッドリードライブを放ってから風向きが変わる。胸を強打した秋山の苦しがり方がちょっと異常にもみえ、セコンドの青木が血相を変えて控え室へ走り、トレーナーの浅子を呼んできたことからも、事態の深刻さがわかる。チョップにスリーパーにジャンピングエルボーと、胸に厳しい技で攻める健介。それでも秋山、エクスプロイダーにフロントネックロックで攻め返し。健介も、ラリアットにキングバスター、ストラングルホールドγとやり返し、張り手合戦では最後一歩も引かず。20分経過し、秋山がエクスプロイダー3連発。続いて狙ったであろうダイビングニーアタックは健介がラリアットでしたから迎撃し続けてノーザンライトボム。更に続けてのラリアットは、秋山がジャンピングニーで迎撃し、リストクラッチエクスプロイダー。これを返されると、後頭部へのニーアタックを挟み、再びのリストクラッチエクスプロイダー・・・かと思ったら、
090301_11
抱え上げて前に落とす技。これが決まり、秋山が健介を破って王座奪取。
090301_12
試合後のインタビューでは、緊張していないと言いつつ緊張していたのが解けたのか、何だか穏やかな表情にみえたな。追いかける秋山、というのが久しぶりにみられたし、久しぶりの王座奪取でこれからどうするのかという期待感もあるし。

今日は小橋復帰戦に新日勢出場、ヘビー&ジュニアのタイトルマッチと見所が多かった為か、前回の小橋復帰戦の武道館大会以降では一番の入りだったかな。地上波中継終了とか色々暗い話題が多い今日この頃だけど、ファンとしては応援するほかないからね。会場の雰囲気もいいし、そう悲観することもないんじゃないかなー。