TE71

前期:79年3月〜81年8月
後期:81年8月〜83年5月

71レビン前期   71トレノ前期
左:前期型レビン   右:前期型トレノ

71レビン後期   71トレノ後期
左:後期型レビン(APEX)   右:後期型トレノ(APEX)

TE71 SPEC(前期型レビン)
全長:4240mm 全幅:1625mm 全高:1325mm ホイールベース:2400mm トレッド(前/後):1340mm/1345mm 車両重量:975kg エンジン形式:2T−GEU エンジンタイプ:直列4気筒DOHC 総排気量:1588cc ボア×ストローク:85.0mm×70.0mm 圧縮比:8.4 燃料供給装置:EFI 最高出力:115ps/6000rpm 最大トルク:15.0kg−m/4800rpm ブレーキ(前/後):ディスク/ディスク サスペンション(前/後):ストラット/4リンク・リジット タイヤ・ホイール:185/70HR13・5J×13 価格(79年3月):1,343,000円


更に走りに。
排ガス規制を乗り越えた1979年3月、カローラ/スプリンターのモデルチェンジと同時にレビン/トレノもモデルチェンジ。再び同じ形式TE71となり、リアハッチゲートを備えたクーペボディに2T−GEUを搭載したものがレビン/トレノと呼ばれました。足まわりが大幅に変更され、ブレーキもリアドラムから4輪ディスクになったほか、リアサスペンションが半楕円リーフからラテラルロッド付き4リンク+コイルスプリングになりハードにセッティングされリアにはスタビライザーも装備されました(ハードサスとリアスタビはTE71系全車に)

ラスト2T−G。
70系カローラ/スプリンターではさらにセダンやハードトップにも2T−G搭載車を設定しておりすべてのボディで2T−Gがチョイスできましたがクーペ以外はただの「GT」グレードとなっています。1981年8月、マイナーチェンジが行われデザイン変更やグレードの追加がされています。追加されたのは革巻きステアリング、スポーツシート、LSD、サンルーフが標準装備された豪華仕様「アペックス」と、スーパーハードサスペンションとLSDを標準装備し走りに徹した「S」の2種で、ノーマルのレビン/トレノとあわせ計3種のラインナップとなっています。また2T−GEUも改良されて、燃焼室形状を半球型から多球型に変更し圧縮比も8.4から9.0にアップするなどされていますが、出力は115PSのままです。ちなみにTE71は、セリカやカリーナと並んで最後の2T−G搭載車種でもあります。

薄幸の稲妻。
足まわりの変更によりコーナーリング性能が向上しているので、ラリーストにも注目されました。ただ、今回からのリアハッチゲートのためにボディ剛性が劣ってしまうため、カローラ/スプリンターのハードトップGTやセダンGTのほうが好まれています。特にハードトップGTはボディ剛性も高く車重も2T−G搭載車では一番軽かったので、人気がありました。しかし、80年代になるとランサーEXターボやジェミニZZなどといったターボ&大排気量エンジン搭載車が出てきて、1.6リッターNAの2T−Gでは太刀打ちできなくなり主役の座を譲ることになります。サーキットではほとんど活躍していません。この時期のトヨタは国内レースに意欲的ではなくレース用パーツもあまり開発されてなかったためで、海外ラリーでもセリカが主力になっていました。ポテンシャルは高かっただけになんとも惜しまれるところです。

ランサーEXターボ   ジェミニZZ
左:三菱ランサーEXターボ 右:いすゞジェミニZZ。


戻る