TE27

前期:72年3月〜72年8月
後期:72年8月〜74年4月

27レビン   27トレノ
左:前期型レビン   右:前期型トレノ

TE27 SPEC(前期型レビン1600)
全長:3945mm 全幅:1595mm 全高:1335mm ホイールベース:2335mm トレッド(前/後):1270mm/1295mm 車両重量:855kg エンジン形式:2T−G エンジンタイプ:直列4気筒DOHC 総排気量:1588cc ボア×ストローク:85.0mm×70.0mm 圧縮比:9.8 燃料供給装置:ソレックス40PHH(ツイン) 最高出力:115ps/6400rpm 最大トルク:14.5kg−m/5200rpm ブレーキ(前/後):ディスク/リーディングトレーリング サスペンション(前/後):ストラット/半楕円リーフ・リジット タイヤ・ホイール:175/70HR13・5J×13 価格(72年3月):813,000円


全てはカローラから。
1966年に大衆車として誕生した初代カローラ。その2年後、クーペボディがラインナップに加わりましたが、それが「カローラ・スプリンター」と呼称されました。つまりスプリンターはカローラのバリエーションから派生した車種なのです。1970年のフルモデルチャンジでカローラとスプリンターに分けられましたが、コンポーネントは共通です。

コンパクトボディにハイパワーエンジン。
1972年3月、カローラ(KE20)/スプリンター(KE25)のクーペボディに、セリカ1600GTに搭載されていた2T−Gエンジンを組み合わせたホットバージョンとして誕生したのが、初代カローラ・レビン/スプリンター・トレノ(TE27)でした。2T−Gは1600cc・DOHCでソレックスキャブを装着し115馬力を発生する高性能エンジンで、元々一回り大きいセリカに搭載するために開発されたものです。その2T−Gを車重たった855Kgのカローラに積んだということは、もの凄いことだったのです。ちなみに2T−Gはハイオク仕様ですが、レギュラー仕様の2T−GRもあってどちらか選択することができました。110PSと少し劣っていますが、チューンナップを前提としていれば問題はありません。前期型にのみ存在した廉価版省装備仕様車にも搭載されていて、ラジオもヒーターもなく完全にベース仕様のクルマでした。サスペンションはフロントがストラット+コイルスプリング、リアが半楕円リーフ・リジット(いわゆる板バネ)で、スポーツモデルらしく固めにセッティングされていました。外 観は基本的にカローラですが、ビス止めのFRP製オーバーフェンダーが取り付けられています。72年8月にマイナーチェンジをしてフロントマスクが変更され、レビンが10mm、トレノが5mm全長が伸びています。

TA22セリカ
初代セリカ(TA22)。

じゃじゃ馬。
軽量ボディ+高性能ユニットのTE27は、あらゆるモータースポーツシーンで活躍しましたが特にラリーでの活躍はめざましく、国内ラリーでは80年台頭まで全盛を誇っていました。2T−Gはチューンの幅の広いエンジンで、少しいじっただけで160馬力は軽く弾き出せるのです。それをショートホイールベースの855Kgボディ積むのですから確かに速いわけですが、一筋縄ではいきません。問題は足回り。リアの板バネがクセ者で、コーナーをフルアクセルで立ち上がろうとすると、ノーマルバネではジャダー現象(後輪が跳ねる)が起きてトラクションがかからないのです。といってバネをスポーツキット等に換えると逆に固すぎて路面の凹凸を追いきれずやはり跳ねてしまいます。そこでこれを防ぐために考え出されたのが「トルクロッド」というパーツ。ボディとアクスルを可動式の棒でつなぐもので、アクスルの動きを制御してジャダーを抑えるわけです。それによって素直なリアを作ったら次はフロント。コーナーでの安定性を向上させるため、ロワアームを延長してフロントタイヤをハの字、つまりネガティブキャンバーにします。強いネガキャンにすることによってコーナーでの安定 性は高くなるものの、直進性は悪くなりキックバックも酷くなりますが一度乗りこなしてしまえばとてつもない速さを発揮しました。その辺が「じゃじゃ馬」と呼ばれる所以でもあります。

1972TE27
1972年富士インター200マイルレースでの27トレノ。Tbクラスで優勝、ドライバーは蟹江光正。

ラリーTE27
コーナーでの大ドリフト。ラリーでは1975年1000湖ラリーで27レビンが優勝している。

OHVレビン・トレノ。
2T−Gを搭載していないTE27レビン/トレノも実は存在しています。OHVエンジンの2T−Bを搭載し、1973年4月にラインナップに加わったレビンJ/トレノJがそれで、外見上はトランクについているエムブレムの後ろに「J」のエムブレムが追加されているだけで、他は後期型ボディと同じでした。2T−Bはツインキャブ仕様でハイオク仕様だと105PSを発生して、ノーマルであればさほど遜色無いポテンシャルを持っていました。価格はレビンJが76.4万円、トレノJが73.9万円と安くなっています。この後、2T−G/4A−Gを積んでいないモデルは80系まで登場していません。

レビンJレビンJ   トレノJトレノJ


戻る