ブロアレジスタの交換

作業時間:30分〜1時間弱

※作業前にはバッテリーのマイナス端子を外すことを忘れないように。

  
エアコンのLoのみが効かないというときは、ブロアレジスタの劣化が考えられます。コイルが酸化して焼き切れることによって、Loにあわせてもエアコン自体は動いているのに送風が行われない状態になります。ブロアレジスタはオートエアコン用とマニュアルエアコン用がありますが、それぞれ千円ちょっとの部品です。
ちなみにこれはオート用の部品でコイルが4つですが、マニュアル用はコイルが3つになっています。裏の端子も、オート用は5本ですが、マニュアル用は4本です。

  
レジスタの場所はグローブボックスの下です。まず助手席側のインパネを外します。上部3カ所、下部2カ所にネジがありますが、左下(助手席側ドアに一番近いところ)のネジは内装の中に隠れています。
左下のネジに到達するには、まずを上に引っぱって外します。はめてあるだけですが少しきついので注意。次に(発煙筒の奥)にある樹脂製のネジを外し、の止めピンを外します。止めピンは中心部をドライバーなどで押し込めばすぐ取れます。その3カ所を外せばが取れるようになり、その下のネジが見えるようになります。
インパネ裏にはスピーカー(左)電子部品(グローブボックス裏)が取り付けてあるので、外すときには思い切り引っぱって配線を引きちぎらないように注意しましょう。

  
インパネを外すとこうなります。レジスタの位置はここですが、少し奥まったところにあります。レジスタは、向かって左側をはめ込んで右側1カ所をネジ止めしてあります。ネジを外して配線ごと引っぱり出します。


古いレジスタは酸化しているので触ってボロボロ崩さないように注意。新しいレジスタも、コイル部分に触ってしまうと汚れが付いて劣化が早まってしまうので触らないように注意して交換します。交換し終えたら、動作確認をしてから元に戻していきます。エアコンを作動させるとコイルが熱くなるので誤って触れないように。


古いレジスタ。左から段々にコイルが太くなっているのですが、その一番細いコイルが断線していました。


戻る