LEVIN/TRUENO HISTORY

LEVIN:レビン。英語で「稲妻」の意。
TRUENO:トレノ。スペイン語で「雷鳴」の意。
長い歴史のあるトヨタの1.6リッタースポーツモデル。
2000年7月25日、生産終了。

TE27

TE37&47、TE51&61、TE55&65

TE71

AE86

AE92

AE101

AE111

※グレード名について
車名であると思われがちのレビン・トレノですが、本来はグレードを示す名称です。つまり「カローラ・スプリンターという車種の中のクーペ(あるいはハッチバック)ボディバリエーションの中の1グレード」なわけです。TE71までは完全にこの形態でした。AE86が登場した際、セダンボディはFFシャシーなのにクーペ&ハッチバックはFRシャシーと区別され、さらにクーペ&ハッチバックのグレードは全てカローラレビン・スプリンタートレノと呼称されるようになって、いつの間にかレビン・トレノという名称が車名として扱われるようになりました。ちなみに車検証上では、全てのレビン・トレノは「カローラ」もしくは「スプリンター」としか表記されていませんので、厳密にいえば「レビン・トレノという名称の車」は存在しないことになります。
TE71以前
カローラ・スプリンターグレード名(LEVIN・TRUENO・GT・SEなど)
AE86以降
カローラレビン・スプリンタートレノグレード名(GT−APEX・GT−Z・BZ−R・FZなど)

※トヨタエンジン形式表記について。
基本的な表記の順番はハイフン(−)の前後で分けられ、頭の数字+ローマ字がエンジン形式、後ろのローマ字がエンジン仕様となっています。
「開発順番号+エンジン形式」「エンジンタイプ+機関加給方式+燃料供給装置(+機関搭載方式+53年排ガス規制クリア)」
といった感じです。エンジンタイプとは、DOHCエンジンのタイプのことで「G(スポーツツインカム)」か「F(ハイメカツインカム)」しか区別はありません。それ以外の方式(SOHCなど)の場合は表記はしません。なお、現在ではトヨタのガソリンエンジン車は全てDOHCエンジンなので、全てのエンジン形式に「G」もしくは「F」が付いています。他の表記も同様に、自然吸気やキャブレターや縦置きエンジンである場合は特に表記はされません。4A−Gを例にすると、
4A−GZELU
であればそれぞれ、「4A」はA型エンジン系で4番目に開発(※4A−Gは、3A−Uをベースに1.6リッター化してDOHCヘッドを乗せた)、「G」はスポーツツインカム、「Z」はスーパーチャージャー、「E」は燃料供給装置がEFI(インジェクションシステム、電子制御燃料噴射のトヨタでの名称)、「L」は横置きエンジン、「U」は53年排ガス規制クリア、の意味になります。
90年頃から表記の単純化がされて、「L」「U」などは記載されなくなりました。4A−Gの場合、4A−GEU(AE86)→4A−GELU(AE92)→4A−GE(AE101以降)のように表記が変わっています。

ちなみにその他の表記としては「T(ターボ)」「S(直噴エンジン)」「X(ハイブリッド車用エンジン)」「H(ハイカム版)」などがあります。「H」は少し特殊な表記で、同じ形式&タイプのエンジンとの区別に使われます。具体的には「5A−FE」と「5A−FHE」の場合で、どちらも同じハイメカツインカム&排気量&圧縮比なのですが「FHE」の方がカムプロフィールが高くなっており、「FE」は94ps「FHE」は105psというスペックなので区別するために表記しています(※AE91後期型に搭載された仕様)。