レビンちゃんのお部屋

いわゆる愛車自慢ってヤツ。

かなり前の外観(03/03/21撮影)
その2

購入時の仕様
H2年式AE92カローラレビンGT−APEX Limited
色:ブラックメタリック
購入直後の写真
車両価格:5万円
納車:1999/09/14
納車時走行距離:103,363Km
ワンオーナー・禁煙・記録簿付
エアコンLOWのみ不調。(修復済)
RAYBRIGフォグランプ装備。(片側タマ切れとなり、スピンの際生きている方のレンズを擦ったこともあり、バンパー交換時に取り外し。現在未使用)
シフトは社外品。(現在未使用)
足まわりその他、標準装備のまま。
オプションのデジタルメーター、カラードエアロパーツ装備。
純正AM/FMカセットデッキ、スロットインCDデッキ装備。(CDデッキ故障の為、交換。現在未使用)

現在の仕様(05/01/02現在)
写真は下の履歴から。
エンジンまわり&点火系 本体・ノーマル
プラグコード・ウルトラシリコーンパワープラグコード
スパークプラグ・TRD イリジウムスパークプラグ
エンジンマウント・TRD 強化エンジンマウント(フロントのみ)、
他はシリコンボンド注入ノーマル
汎用キット使用アーシング
オイルパン下部にCPU用ヒートシンク張り付け
吸排気 エアクリーナー・APEX パワーインテーク
インマニ・ノーマル
エキマニ・ノーマル
触媒・ノーマル
マフラー・フジツボ レガリスR
足まわり スプリング・TRD ローハイトスプリング
ショック・KYB NEW SR SPECIAL
スタビライザー・ノーマル
ブレーキ ローター・APロッキード ノーマルローター
フロントパッド・プロジェクトμ TYPE HCNEW
リアパッド・APEX N1ブレーキパッド
ホース・ノーマル
クスコ ブレーキマスターシリンダーストッパー
ホイール&タイヤ ホイール・M2販売・M2−R(15×7J +35)
タイヤ・ヨコハマ ADVANネオバ(195/50−15)
リアのみ3mmスペーサー装着
ボディ クスコ フロントストラットタワーバー
操作系 ステアリング・MOMO ファイター(35φ)
シフトレバー・TRD クイックシフト
シフトノブ・TRD 左右非対称シフトノブ
メーター 水温計・Defi Link−METER
オーディオ デッキ・ALPINE 1DIN MP3チューナー
200Wサブウーファー
リアスピーカー・トヨタ他車純正?ボックス型スピーカー
インテリア&エクステリア ヘッドライト・安売りのハイワッテージバルブ
大型曲面バックミラー
ボンネット浮かし
リアサイド&リアウインドウ・TRDステッカー
自作フロントグリル
スピンターンノブ取り付け
バンパー・BOMEX フロントバンパー
純正リアスポイラー取り外し
装備その他 ボンネット・榊千鶴カッティング2
RALLY JAPANステッカー
フロントバンパー・オリジナル「駄目人間」ステッカー1
左右フロントフェンダー・ADVANロゴカッティングシート
左右ドア・age&MIRAGE&オーガストロゴカッティングシート
C.SAKAKIレタリング
リアサイドウインドウ・RALLY JAPANステッカー
運転席側リアサイドウインドウ・涼宮茜カッティングシート
助手席側リアウインドウ・榊千鶴カッティングシート
オリジナル「駄目人間」ステッカー2
リアバンパー・FUJITSUBOロゴカッティングシート
トランク・あんですとっ?ステッカー
北都南さんサインカッティング
倉田雅世さんサインカッティング
バックミラー・ねここねこ缶バッジ
助手席側サンバイザー・マヤー(ちびぬいあずまんが)
右側リア内側フック・榊さんぬいぐるみ
リアトレイ・ねねここねねこ&マヨちゃん&涼宮茜ぬいぐるみ
雑感
エンジンまわり&点火系
ノーマルですが、プラグ&コード交換だけでも本来の性能を発揮して非常に乗りやすいです。距離走っているので、いずれOHか載せ換えしたいと考えています。その際は薄いガスケットにしてECUセッティングもしたいと思っています。ちなみにセルモーターは2度交換しています。セルの場所がエキマニにくるまれているので、どうしても熱にやられやすくなっているのでしょうがないようです。5バルブ4A−Gではセルがインマニ側に移っていますが、この熱問題のことが少なからずあったためと思われます。

吸排気系
基本的にフラットトルク仕様。エアクリーナーはキノコ型なのでトルク的にはやや厳しいと思いますが、まあ許せる範囲です。高回転時などの吸気音は気に入っています。キノコ型の弱点はエンジンルームの熱気を吸ってしまうことなので、今後仕切を作って改善したい部分です。以前は4−1のエキマニを入れていましたが、穴が空いたためノーマルに戻しています。その際気がついたのが「ノーマルエキマニのトルクの太さ」でした。高回転での吹け上がり&回転落ちは4−1よりダルになりますが、中低速のトルクがあるためトータルでは速いと感じます。マフラーはあまり抜けすぎず全域でパワーが出る感じです。スタンダードなタイコ付きのルックス&重低音サウンドも気に入っています。斜め跳ね上げとか甲高いパンパン音のマフラーは「小僧」っぽいので嫌いなのです。今後エキマニを替える時は、4−2−1タイプでマフラーとのマッチングもベストなフジツボ製を入れたいです。

足まわり&ホイール&タイヤ
ホイールは純正から1インチアップの15インチで幅も7Jと広くしてます。スペーサーを挟まなくてもかなり張り出して見た目にもいい感じです。タイヤは195/50−15で、少し引っぱり気味です。乗り心地は少し悪くなりましたが、グリップはかなり上がりました。足まわりは中古で拾ってきたビルシュタイン?の車高調を入れていましたが、あまりのストロークの無さにノーマル形状のTRD・ローハイトスプリング+KYB・NEW SR SPECIALに戻しました。車高がちょっと上がるのが不満ですが(w、トラクションは戻りました。いずれはクスコあたりの新品車高調を入れたいですね。首都高の場合、路面状況が良くないのでサスストローク重視であまり堅くしない方がいい、と個人的には思います。スタビも同じく、強化するとロールは減りますが荒れた路面ではグリップが抜けやすくなるのでノーマルで充分かと思います。

クスコのマスターシリンダーストッパーやタワーバーは、ヘタクソな私でもハッキリ判るほど効果があるのでオススメです。ストッパーはブレーキにしっかり感が出て、タワーバーはコーナーや強いブレーキング時のよれよれ感が少なくなります。ロアアームバーも付ければかなり剛性が上がるので、今後取り付けたいところです。ボディが痛むのであまり付けたくないのですが、ロールバーも気になっています。基本的に「見た目ノーマルっぽいのに速い!」が目標なのでそれからはそれてしまうのですが、ボディ剛性という面では少なからず恩恵があるので悩み所です。内装が黒なので、黒いロールバーパッドなら目立たないかも? ステアリングは好みの問題ですが、クイックシフトは是非装着した方がいいと思います。AE92(だけでなく、FFのワイヤー式MT全般)はシフトストロークが長くグニャグニャしているので、操作性向上のためにも非常に有効です。TRDの非対称ノブは手に馴染んで使いやすいです。適度に重量があるので、てこの原理でシフト操作時にさほど力を必要としません。

夏などは水温が90度以上になることもザラなので、冷却系の強化もやっておきたいところですね。銅2層式ラジエターあたり狙っています。コンディション把握のために油温&油圧計も付ける予定です。同時に、センサー取り付けと整備性向上のためにオイルフィルター移設もやっておきたいですね。これはホースの分だけ油量が増え、フィルターがエンジンから遠くなることによって油温の低下(というか、上昇の抑制)にも多少の効果があるようです。ただ問題もありまして、油路延長すると少なからず油圧損失がある、ということです。高回転エンジンにとって油圧は特に重要ですから、センサー取りだし用のオイルブロックのみの方が精神衛生上いいので迷いどころです。整備性は、行きつけのスタンドの兄ちゃんに我慢してもらう方向で(笑 とりあえず水温を常時80度強くらいで安定させていれば、そうそう油温も上がらないのでまずそちらから改善していきたいです。気休めですが、オイルパンに直接ヒートシンクを張り付けるという小技をしていますが、実際油温低下に貢献しているのかは油温計がまだ付いていないため不明です(^^; メインステージの首都高では風が十分に当たるので、結構効くはずだと思ってはいます。ラジエターも同様で、特に空気導入口を追加で開けるようなことも必要ないでしょう。熱気の抜けをよくする為にボンネット後端は浮かしています。見た目ハッタリ仕様で、GT−Zボンネット&ダクトにするというのも美味しいので考えていたりします。あのダクト、逆に取り付ければエアアウトレットっぽくなるので。実際にはエンジンヘッド真上に開口部がある(本来インタークーラー冷却のためですから)ので、そこから熱気が抜ける(抜けやすくなる)のかは未知数ですけど・・・(^^;

LSDは入っていませんが、最近はイン側フロントが空転する事もあるようになってきたのでそろそろ入れたいな、と思ったりします。ついでにミッションも6速とはいかないまでも、せめて101後期からのC56ミッションに載せ換えたいですね。92のC52ミッションと比べて、3速と4速のギア比が落ちていて2→3→4と気持ちよくつながっていくそうです。個人的にももう少し4速が落ちていれば、と思う場面もありますので非常に興味があります。

NEW
エクステリアは基本的にノーマルに近い感じで。GTウイング等もいいとは思うのですが、そんなの付けて遅かったら恥ずかしいでしょ・・・。反対に、「おたくちゃん仕様」でステッカーとかぬいぐるみ乗せて速く走ったらなんかムカつくでしょ(笑 実際首都高にいる走り屋系の人にはそういう仕様は見たこと無いです、自分以外は(^^; 今後はそのアンバランスさを更に進化させたい(見た目おバカで走ると速い)ですねー。・・・と、今までは思っていたのですが、BOMEXのフロントバンパーを装着しリアスポ取っ払ったらすっかり小僧っぽい仕様に大変身しました(^^; 次はBOMEXのサイドステップで車体下半分のボリュームアップって感じでしょうか。
(04/03/07)

モディファイ・トラブル履歴(05/01/02現在)※下にいくほど新しい履歴です。

購入時タイミングベルト&ウォーターポンプ交換。
ブロアレジスタを交換。
リア&リアサイドウインドウにTRDステッカー貼り付け。
AE101ノーマルストラット用純正オプションアルミホイール&ヨコハマDNA GP装着。※装着前&装着後写真。(ホイール&タイヤ換装の為、現在未使用)
クラッチ&セルモーター交換。※内訳
リアバンパー左側サイド&左リアフェンダーを電柱に擦り、ボディを少し凹ます。
シフトレバー&ノブをTRDクイックシフトに換装。
マフラーをフジツボ・レガリスRに換装。
ボンネットをあずまんが仕様に。(現在別仕様の為、変更)
エキマニをアペックス・スパイラルマニホールドに換装。(穴空き破損の為、現在未使用)
エアクリーナーをTRD製純正置き換えタイプ(現在販売品とは違うタイプ)に換装。(アペックス・パワーインテークに換装の為、現在未使用)
オーディオをトヨタ純正2DINデッキと交換。(オーディオ交換の為、現在未使用)
リアスピーカーをトヨタ純正?ボックス型スピーカーと交換。
デスビのオイルシールからオイル漏れ。(Oリング、シリンダヘッドカバー関係パッキンは新品換装)
首都高上でスピンし、フロントバンパー右側をヒット。(修復済)
エアクリーナーをアペックス・パワーインテークに換装。
ブレーキローターをAPロッキード・純正置き換えノーマルローターに換装。
ブレーキパッドをアペックス・N1ブレーキパッドに換装。
ステアリングをMOMO・ファイターに換装。
フロントバンパー&取付ステーを純正新品に換装。※内訳
純正のスペアキー購入。(出庫価格1,200円)
ワイドトレッドスペーサー26mmを導入。(売却した為、現在未使用)
クスコ・ブレーキマスターシリンダーストッパーを装着。
クスコ・フロントストラットタワーバーを装着。
スプリングをTRD・ローハイトスプリングに換装。
スパークプラグをTRD・イリジウムスパークプラグに換装。
プラグコードを永井電子・ウルトラシリコーンパワープラグコードに換装。
ヘッドライトバルブをRAYBRIG・ホワイトソニックBスタイルに換装。(タマ切れの為、現在未使用)
セルモーター交換。
Defi・Defi−Link CONTROL UNITUを装着。
Defi・Defi−Link METER 水温計を装着。
ショックをKYB・NEW SR SPECIALに換装。
オイルポンプを新品に交換。
エンジンマウント(純正新品のすき間にシリコンボンド注入した物)を交換。
Vベルト(ファンベルト)を交換。
デストリビューターのOリングを交換。
ミッションオイルをTRD・LSDオイルFFに交換。
ブレーキフルードを交換。
エキマニをノーマルに換装。同時に関連ボルト類も新品に。
汎用キット使用にてアーシング。
助手席側ドアハンドル破損の為、新品に交換。
リアガラスシール劣化の為、トランク内に微量の雨漏り。
シリンダヘッドカバーのガスケット&ボルトワッシャ新品交換。
ラジエーターキャップ新品交換。(0.9kg/cu)
左右ドアにageロゴカッティング貼りり付け。(仕様変更の為、現在未使用)
純正品改造のフロントグリル装着。
運転席側リアサイドウインドウに涼宮茜カッティング貼り付け。
助手席側リアサイドウインドウに榊千鶴カッティング貼り付け。
デストリビューターのOリングを交換。(クレームにてディーラー持ち交換)
エアコンコンプレッサーが焼き付いたため、交換。※内訳
左右ドアにニトロプラス・オーバーフローのロゴカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
ディストリビューターハウジング、ローター、キャップを新品交換。※内訳・写真
ヘッドライトバルブを安売り品のハイワッテージタイプに換装。(交換の為、現在未使用)
ホイールをM2販売・M2−Rに換装。
タイヤをヨコハマ・ADVANネオバに換装。
足まわりをビルシュタイン製?車高調に換装。(交換の為、現在未使用)
リアフェンダー内側をツメ折り。
ワイドトレッドスペーサー(F:3mm、R:15mm)を装着。(仕様変更の為、15mmは現在未使用)
運転席側ボンネットに速瀬水月カッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
オイルパンにパソコンCPU用ヒートシンク貼り付け。
助手席側ボンネットに涼宮遙カッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
ボンネット運転席側センターに榊千鶴カッティング2貼り付け。
フューエルリッドにどん♪タンカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
トランク左側にあんですとっ?ステッカー貼り付け。
運転席側ボンネットにTeam”RumblingHearts”チームステッカー貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
オーディオをALPINE・3連CDカセットチューナーに換装。(オーディオ交換の為、現在未使用)
200Wサブウーファー装備。
ボンネットに栗林みな実さんサインカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
ボンネット&リアバンパーに白稜柊学園校章ステッカー貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右ボディサイドに社霞ステッカー貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右サイドミラーにageロゴカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右ドアにC.SAKAKIレタリング貼り付け。
運転席側リアサイドに穂村愛美カッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
ボンネットに御剣冥夜・鑑純夏・彩峰慧・珠瀬壬姫カッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右ドアにオーガストロゴ貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右ドアにMUV−LUVロゴ貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
左右リアサイドウインドウにageSoundカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
リアバンパーにFUJITSUBOロゴカッティング貼り付け。
左右ドアにage・MIRAGE・オーガストカッティング貼り付け。
左右フロントフェンダーにADVANロゴカッティング貼り付け。
ヘッドライトバルブをRAYBRIG・ホワイトソニックBスタイルに換装。
足回りをTRD・ローハイトスプリング、KYB・NEW SR SPECIALに再換装。
リアのみ3mmスペーサー装着。
オーディオをALPINE・MP3チューナーに換装。
サイドブレーキレバーにスピンターンノブ取り付け。
フロントバンパーをBOMEXフロントバンパーに換装。
純正リアスポイラーを取り外し。
トランクに北都南さんサインカッティング貼り付け。
フロントバンパー&助手席側リアサイドに駄目人間ステッカー貼り付け。
左右ドアにRumbringAngelカッティング貼り付け。(仕様変更の為、現在未使用)
エアクリーナーのフィルターを新品に交換。
トランクに倉田雅世さんサインカッティング貼り付け。
ラジエーターファン用スイッチ交換。
ボンネット&リアサイドウインドウ&リアバンパーにRALLY JAPANステッカー貼り付け。(仕様変更の為、リアバンパーのみ未使用)
運転席側ドアハンドル破損の為、新品に交換。
フロントブレーキパッドをプロジェクトμ・TYPE HCに交換。


DIYでも簡単。

エアコンのLoが効かないときは・・・
ブロアレジスタの交換方法


AE92レビン(後期型・APEX Limited)のココが凄い!

パワー。
後期型なので、4バルブ4A−G最強の140PSを発揮。過給器や可変バルブタイミングや可変バルブリフト無しでも、7000回転以上まで気持ちよく回るのだ。

スタイル。
初代ソアラから続く、直線基調の美しいエクステリア。AE92レビンがハイソカーデザイン最期の車ということで、最も完成されたスタイルなのだ。

スタイル2。
後期型APEX Limitedはブラックメタリックボディにゴールドのアクセント。ノーマルではシルバーになってるバンパー&サイドモールのラインと、フロントフェンダー上部からサイドに伸びるライン(Limitedのみ)の2本がゴールドになっていて、高級感が溢れるのだ。さらにノーマルAPEXではシルバーのウインドウ周りのモールが、Limitedではブラックに変更されていて、全体を引き締めるぞ。

FF。
フロントエンジンフロントドライブなので、駆動輪にしっかり荷重が掛かってトラクションもバッチリ。前のタイヤで引っぱるので、後輪駆動車に比べて悪路での走行性が段違いに安定しているのだ。

足まわり。
リアが流れるセッティングなので、FF特有のアンダーステアは少ないのだ。アンダーの少ないキビキビしたハンドリングは、スラローム競技者にも好評だったぞ。

足まわり2。
この時代の高級グレードに装備されたTEMS(TOYOTA ELECTRONIC MODULATED SUSPENSION)を標準装備。ショックアブソーバーの硬さを2段階調整できるのだ。ただ走るだけではない大人のGTカーだ。

ボディ。
先代AE86に比べて約1.6倍、剛性が上がっているのだ。塗装などの処理も格段に向上しているので、よほどのことがない限りサビでボロボロ、なんて事にはならないぞ。

値段。
先代AE86の異常人気のおかげで、コンディション良好な車がお手頃価格で手に入るのだ。速くて格好良くてお手頃価格なんて、文句無しだね。