小橋建太タイトルマッチ全戦績

09年06月08日現在
※表記以外は60分1本勝負


グローバル・ハードコア・クラウン選手権

※通称「白GHC」。
04年4月、秋山準が初代王者となる。

09年6月8日 京王プラザホテル八王子5階ホール
15分1本勝負
○小橋(12分15秒 体固め)橋×

※豪腕ラリアット
※小橋が第9代王者に。


GHCヘビー級選手権

※GHCとは”GLOBAL HONORED CROWN”の略称。
01年4月、三沢光晴が初代王者となる。

03年3月1日 日本武道館
時間無制限1本勝負
○小橋(33分28秒 体固め)三沢×

※バーニングハンマー
※小橋が第6代王者に。

03年4月13日 有明コロシアム
○小橋(26分55秒 体固め)本田×

※ショートレンジラリアット
※小橋が初防衛(第6代王者)

03年5月2日 新日本プロレス・東京ドーム
時間無制限1本勝負
○小橋(28分27秒 体固め)蝶野×

※ショートレンジラリアット
※小橋が2度目の防衛(第6代王者)

03年8月26日 名古屋国際会議場
○小橋(23分32秒 体固め)Bスミス×
※ショートレンジラリアット
※小橋が3度目の防衛(第6代王者)

03年9月12日 日本武道館
○小橋(30分13秒 体固め)永田×
※ショートレンジラリアット
※小橋が4度目の防衛(第6代王者)

03年11月1日 日本武道館
○小橋(29分51秒 体固め)小川×

※ショートレンジラリアット
※小橋が5度目の防衛(第6代王者)

04年1月25日 神戸ワールド記念ホール
○小橋(25分58秒 体固め)佐野×
※垂直落下式ブレンバスター
※小橋が6度目の防衛(第6代王者)

04年3月6日 日本武道館
○小橋(25分28秒 体固め)力皇×

※ショートレンジラリアット
※小橋が7度目の防衛(第6代王者)

04年4月25日 日本武道館
○小橋(28分47秒 片エビ固め)高山×

※ムーンサルトプレス
※小橋が8度目の防衛(第6代王者)

04年7月10日 東京ドーム
○小橋(35分34秒 体固め)秋山×

※バーニング・ハンマー
※小橋が9度目の防衛(第6代王者)

04年9月10日 日本武道館
○小橋(28分05秒 体固め)田上×

※リストクラッチ式バーニング・ハンマー
※小橋が10度目の防衛(第6代王者)

04年10月24日 大阪府立体育館
○小橋(28分55秒 体固め)斉藤×

※垂直落下式ブレンバスター
※小橋が11度目の防衛(第6代王者)

04年12月5日 横浜文化体育館
○小橋(28分21秒 体固め)ザ・グラジエーター×

※ムーンサルトプレス
※小橋が12度目の防衛(第6代王者)

05年1月8日 日本武道館
○小橋(25分22秒 体固め)鈴木×

※ショートレンジラリアット
※小橋が13度目の防衛(第6代王者)

05年3月5日 日本武道館
○力皇(27分11秒 片エビ固め)小橋×

※無双
※力皇が第7代王者に。


GHCタッグ選手権

※GHCとは”GLOBAL HONORED CROWN”の略称。
01年10月、ベイダー・スコーピオ組が初代王者となる。

02年10月19日 愛知県体育館
斉藤 ○秋山(31分11秒 体固め)志賀× 小橋

※スターネス・ダスト
※秋山・斉藤組が初防衛(第5代王者)

03年6月6日 日本武道館
○本田 小橋(26分54秒 回転地獄五輪スペシャル)斉藤 秋山×

小橋・本田組が第6代王者に。

03年7月16日 大阪府立体育館
本田 ○小橋(27分13秒 体固め)真壁× 高山

※ショートレンジラリアット
※小橋・本田組が初防衛(第6代王者)

03年10月24日 広島県立総合体育館
○本田 小橋(31分29秒 回転地獄五輪パート7)池田× 田上

※小橋・本田組が2度目の防衛(第6代王者)

03年11月30日 北海道立総合体育センター(きたえーる)
棚橋 ○永田(33分29秒 バックドロップホールド)本田× 小橋
※永田・棚橋組が第7代王者に。

06年6月4日 北海道札幌STVスピカ
○本田 小橋(33分31秒 体固め)Mヨネ× 森嶋
※抱え込み式デッドエンド
※小橋・本田組が第12代王者に。
※06年9月25日 小橋の長期欠場により、王座返上。


三冠ヘビー級選手権

※インターナショナルヘビー級、UNヘビー級、PWFヘビー級の3本から成る。
89年4月18日、J鶴田によって統一される。

94年9月3日 日本武道館
○Sウィリアムス(41分23秒 バックドロップホールド)小橋×

※ウィリアムスが初防衛(第11代王者)

95年1月19日 大阪府立体育会館
△川田(60分時間切れ引き分け)小橋△

※川田が初防衛(第12代王者)

95年10月25日 日本武道館
○三沢(35分51秒 エビ固め)小橋×

※タイガードライバー'91
※三沢が3度目の防衛(第14代王者)

96年7月24日 日本武道館
○小橋(27分25秒 体固め)田上×

※ダイビングギロチンドロップ
※小橋が第16代王者に。

96年9月5日 日本武道館
○小橋(26分07秒 片エビ固め)Sハンセン×

※ラリアット
※小橋が初防衛(第16代王者)

96年10月18日 日本武道館
△小橋(60分時間切れ引き分け)川田△

※小橋が2度目の防衛(第16代王者)

97年1月20日 大阪府立体育会館
○三沢(42分06秒 片エビ固め)小橋×

※エルボーバット
※三沢が第17代王者に。

97年10月21日 日本武道館
○三沢(32分55秒 体固め)小橋×

※タイガードライバー'91
※三沢が6度目の防衛(第17代王者)

98年6月12日 日本武道館
○小橋(33分49秒 片エビ固め)川田×

※ラリアット
※小橋が第19代王者に。

98年7月24日 日本武道館
○小橋(32分50秒 片エビ固め)秋山×

※ラリアット
※小橋が初防衛(第19代王者)

98年9月11日 日本武道館
○小橋(25分39秒 片エビ固め)田上×

※ラリアット
※小橋が2度目の防衛(第19代王者)

98年10月31日 日本武道館
○三沢(43分29秒 片エビ固め)小橋×

※左右連続エルボー
※三沢が第20代王者に。

99年6月11日 日本武道館
○三沢(43分40秒 片エビ固め)小橋×

※エメラルドフロウジョン
※三沢が初防衛(第23代王者)

00年2月27日 日本武道館
○小橋(19分49秒 エビ固め)ベイダー×

※ラリアット
※小橋が第25代王者に。

00年5月26日 新潟・新潟市体育館
○小橋(21分20秒 体固め)高山×

※ラリアット
※小橋が初防衛(第25代王者)
※00年6月 全日本プロレス退団の為、王座返上。



世界タッグ選手権

※インターナショナルタッグ、PWFタッグの2本から成る。
88年6月10日、J鶴田・谷津組によって統一される。

92年6月5日 日本武道館
○田上 J鶴田(27分12秒 片エビ固め)小橋× 三沢

※のど輪落とし
※鶴田・田上組が初防衛(第19代王者)

93年6月1日 日本武道館
田上 ○川田(29分12秒 エビ固め)小橋× 三沢

※パワーボム
※川田・田上組が初防衛(第22代王者)

93年12月3日 日本武道館
'93世界最強タッグ決定リーグ戦公式戦:30分1本勝負
○小橋 三沢(23分34秒 体固め)田上 川田×

※バックドロップ
※三沢・小橋組が最強タッグ初優勝。同時に第24代王者に。

94年5月21日 札幌中島体育センター
○小橋 三沢(40分25秒 片エビ固め)田上× 川田

※ムーンサルトプレス
※三沢・小橋組が初防衛(第24代王者)

94年7月22日 静岡・清水市営体育館
小橋 ○三沢(27分48秒 片エビ固め)Jエース× Sウィリアムス

※ダイビングネックブリーカードロップ
※三沢・小橋組が2度目の防衛(第24代王者) 後に世界最強タッグ決定リーグ戦に向けて王座返上。

94年12月10日 日本武道館
'94世界最強タッグ決定リーグ戦公式戦:30分1本勝負
小橋 ○三沢(27分43秒 エビ固め)Jエース× Sウィリアムス

※タイガードライバー
※三沢・小橋組が最強タッグ2連覇。同時に第25代王者に。

95年1月24日 山形・山形県体育館
△小橋 三沢(60分時間切れ引き分け)田上 川田△

※三沢・小橋組が初防衛(第25代王者)

95年3月4日 日本武道館
○小橋 三沢(36分07秒 体固め)Jエース× Sウィリアムス

※ダイビングギロチンドロップ
※三沢・小橋組が2度目の防衛(第25代王者)

95年6月9日 日本武道館
田上 ○川田(42分37秒 エビ固め)小橋 三沢×

※パワーボム
※川田・田上組が第26代王者に。

95年10月15日 愛知・愛知県体育館
△田上 川田(60分時間切れ引き分け)小橋 三沢△

※川田・田上組が3度目の防衛(第26代王者)

96年10月12日 愛知・愛知県体育館
Jエース ○Sウィリアムス(32分33秒 タイガースープレックスホールド)パトリオット× 小橋

※ウィリアムス・エース組が初防衛(第30代王者)

97年5月27日 札幌中島体育センター
Jエース ○小橋(28分40秒 片エビ固め)田上○ 川田

※ラリアット
※小橋・エース組が第32代王者に。

97年7月25日 日本武道館
Gオブライト ○Sウィリアムス(29分36秒 体固め)Jエース 小橋×

※合体雪崩式パワーボム
※ウィリアムス・オブライト組が第33代王者に。

97年10月4日 愛知・愛知県体育館
Jエース ○小橋(22分38秒 片エビ固め)Gオブライト× Sウィリアムス

※ラリアット
※小橋・エース組が第34代王者に。

98年1月25日 神奈川・横浜文化体育館
○田上 川田(32分06秒 エビ固め)Jエース 小橋×

※ダイビング大開脚キック
※川田・田上組が第35代王者に。

98年6月5日 札幌中島体育センター
○田上 川田(30分26秒 エビ固め)Jエース 小橋×

※ダイナミックボム
※川田・田上組が2度目の防衛(第35代王者)

98年10月11日 愛知・愛知県体育館
田上 ○川田(29分51秒 片エビ固め)秋山× 小橋

※ジャンピングハイキック
※川田・田上組が4度目の防衛(第35代王者)

99年1月7日 高知・高知県民体育館
秋山 ○小橋(25分58秒 片エビ固め)田上× 川田

※ラリアット
※小橋・秋山組が第36代王者に。

99年3月6日 日本武道館
○秋山 小橋(30分49秒 片エビ固め)小川× 三沢

※エクスプロイダー
※小橋・秋山組が初防衛(第36代王者)

99年6月9日 宮城・宮城県スポーツセンター
Bガン ○Jエース(19分36秒 片エビ固め)秋山× 小橋

※コブラクラッチスープレックス
※エース・ガン組が第37代王者に。

99年10月23日 愛知・愛知県体育館
秋山 ○小橋(27分25秒 体固め)小川 三沢×

※バーニングハンマー
※小橋・秋山組が第40代王者に。

99年10月30日 日本武道館
秋山 ○小橋(14分54秒 片エビ固め高山× 大森

※ラリアット
※小橋・秋山組が初防衛(第40代王者)

00年1月10日 熊本・熊本市総合体育館
○秋山 小橋(17分10秒 エビ固め)Jスミス× ベイダー

※エクスプロイダー
※小橋・秋山組が2度目の防衛(第40代王者)

00年2月20日 兵庫・神戸ワールド記念ホール
○ベイダー Sウィリアムス(25分14秒 片エビ固め)秋山 小橋×

※チョークスラム
※Sウィリアムス・ベイダー組が第41代王者に。



アジアタッグ選手権

89年3月27日 後楽園ホール
S冬木 ○川田(18分07秒 ドラゴンスープレックスホールド)小橋× G馬場

※フットルースが2度目の防衛(第47代王者)

89年10月11日 神奈川・横浜文化体育館
○Dクロファット Dファーナス(23分20秒 エビ固め)Jマレンコ× 小橋

※カンナムエキスプレスが2度目の防衛(第48代王者)

90年3月31日 富山・富山市体育館
○Dクロファット Dファーナス(18分09秒 エビ固め)Jマレンコ 小橋×

※カンナムエキスプレスが初防衛(第50代王者)

90年4月9日 岡山・岡山武道館
小橋 ○タイガーマスク(21分24秒 エビ固め)Dクロファット× Dファーナス

※タイガー・小橋組が第51代王者に。

90年5月17日 広島・広島県立体育館
小橋 ○三沢(17分22秒 片エビ固め)Jスミス× Dスミス

※ダイビングボディープレス
※三沢・小橋組が初防衛(第51代王者) 試合後王座返上。

90年9月7日 福井・福井市体育館
アジアタッグ王座決定戦
○Jエース 小橋(15分24秒 片エビ固め)Tロジャース× Bフルトン

※小橋・エース組が第53代王者に。

91年1月27日 後楽園ホール
Jエース ○小橋(16分46秒 片エビ固め)Bブラック× Jディートン

※小橋・エース組が初防衛(第53代王者) 後にエースの左腕負傷により王座返上。

91年4月6日 大阪府立体育会館
アジアタッグ王座決定戦
Jスミス ○Dキッド(18分06秒 片エビ固め)菊地× 小橋

※キッド・スミス組が第54代王者に。

91年6月1日 日本武道館
○Dクロファット Dファーナス(20分58秒 エビ固め)菊地× 小橋

※カンナムエキスプレスが初防衛(第55代王者)

91年7月8日 大阪府立体育会館第2競技場
○Jエース 小橋(19分44秒 首折り固め)Dクロファット Dファーナス×

※小橋・エース組が第56代王者に。

91年7月18日 後楽園ホール
Bブラック ○Jディートン(20分31秒 片エビ固め)Jエース× 小橋

※ディートン・ブラック組が第57代王者に。

92年5月25日 宮城・宮城県スポーツセンター
菊地 ○小橋(11分21秒 片エビ固め)Dクロファット× Dファーナス

※小橋・菊地組が第59代王者に。

92年7月5日 後楽園ホール
○菊地 小橋(30分42秒 回転足折り固め)小川 渕×

※小橋・菊地組が初防衛(第59代王者)

92年10月7日 大阪府立体育会館
菊地 ○小橋(20分22秒 片エビ固め)Dクロファット Dファーナス×

※小橋・菊地組が2度目の防衛(第59代王者)

93年1月24日 静岡・沼津市民体育館
○菊地 小橋(23分14秒 ジャーマンスープレックスホールド)秋山× 小川

※小橋・菊地組が3度目の防衛(第59代王者)

93年6月2日 栃木・小山ゆうえんちスケートセンター
イーグル ○パトリオット(23分02秒 体固め)菊地× 小橋

※パトリオット・イーグル組が第60代王者に。