G.E.T. 全戦績



’97スーパーパワーシリーズ(G.E.T.結成前夜)

’97サマーアクションシリーズ

’97サマーアクションシリーズU

’97 9/15 ’97ファン感謝デー

’97ジャイアントシリーズ

’97 9/28 FMW:オーバー・ザ・レジェンドKAWASAKI

’97世界最強タッグ決定リーグ戦

’98新春ジャイアントシリーズ

’98エキサイトシリーズ

’98チャンピオンカーニバル

’98 5/1 全日本プロレス創立25周年記念東京ドーム大会

’98スーパーパワーシリーズ

’98サマーアクションシリーズ

’98サマーアクションシリーズU



G.E.T.の全軌跡

’97 5/18 WWF移籍の噂があったパトリオットが全日本残留を決意を表明。「3人でチームとしてやっていきたい(小橋)」「全日本のニュージェネレーションを作っていく(エース)」「同じ選手がずっとトップに立っているのは我慢できない(パトリオット)」と、新ユニット結成を発表。

5/27 札幌中島体育センターにおいて、小橋・エース組が川田・田上組から世界タッグ奪取。

6/6 日本武道館での試合前にユニット名「GLOBAL ENERGISCH TOUGH」(G.E.T.)を発表。

6月中旬 パトリオットがヒジの手術(復帰まで半年)を理由に次期「’97サマーアクションシリーズ」出場をキャンセル。

6/28 「’97サマーアクションシリーズ」開幕。小橋、エースの2人でG.E.T.始動。

6/30(現地時間) アイオワ州デモインで行われたWWF「マンデーナイト・ロウ」にパトリオットが出場。試合後「裏切ったと思わないでほしい。この状態で全日本に上がって迷惑をかけたくなかった。ミスター馬場や小橋には申し訳ないが、いつの日か完全な状態で全日本に上がりたい(パトリオット)」と発言したといわれるが事実上、全日本離脱。

7/3 試合後、小橋は「正確な情報が入ってきてないので・・・。彼のことを信じてる。社長だってそうだと思う。今回WWFに出たのは、ヒジを治していく過程でのワンポイントだと思うし。自分でパトリオットから聞いたわけじゃないしね。全日本に帰ってきてGETをもっと大きくするために頑張ってくれると思ってるし。俺はパトリオットを信じてますよ」と発言。
 ※パトリオット問題はその後進展無し。

7/25 日本武道館において、ウィリアムス・オブライト組との世界タッグ初防衛戦に敗退。

8/26 札幌中島体育センターにおいて、小橋VS馳のシングル。

9月上旬 かねてより他団体出場を希望していた小橋の、9/28FMW川崎大会出場が決まる。(小橋・モスマンVSハヤブサ・新崎)

9/6 日本武道館において、小橋とハヤブサ・新崎の前哨戦。

9/28 小橋、FMW・川崎球場大会に出場。エースも同行。会場でベイダーと対面し「物凄くパワーを感じた」(小橋)
 ※この頃から海外進出の希望があることを公言するようになる。

10/4 愛知県体育館において、小橋・エース組がウィリアムス・オブライト組から世界タッグ奪取。

10/21 小橋、日本武道館において三沢の三冠王座に挑戦するも、奪取ならず。

11月シリーズ前 「GETをスタートさせた1年を締めくくるためにも、優勝しなければ」「どうしても向こう(米国)で試合がしたい。タッグのベルトにリーグ戦優勝の肩書きが加われば、向こうの扱いも違うだろうし社長にもお願いしやすくなる。来春に出来れば・・・」「向こうのファンに小橋健太のファイトを見せつけたいし、全日本プロレスの素晴らしさを世界に広めたいんです」(小橋)
 ※最強タッグにWWFのウィンダム・ブラッドショー組が出場するということで、海外進出(WWFなど)の芽が出てきた。

12/5 決勝進出はならなかったが、決して悲観的にはならず。「チャンピオンとして決勝に出られなくて残念。優勝したら挑戦者を指名して底を広げていきたいって気持ちがあったけど・・・。来年も2人で頑張っていきたい。今年はGETとして・・・まあパトリはニューヨークに行ったけど、決して離脱とは思ってないし、彼自身からそういうFAXをもらったんですよ。ボクもジョニーもこっちでビッグになってみんなでまた同じリングでできたら夢も広がると思うんで」(小橋)
「決勝に出れなくて残念だが、97年はいい一年だった。自分たちがベストだと思ってるし、優勝者とタイトルマッチで当たるのを楽しみにしている。小橋ともう一度組めて2度もベルトを獲ったし、今年はとても幸せだった。個人的には三冠挑戦を望んでいる」(エース)
「来年は挑戦の権利があると思いますよ。ホントは10月にボクが獲ってやりたかったけど、それは来年の楽しみで」(小橋)
 ※同日、東京ドーム大会開催が発表される。

’98 1月 小橋、あすなろ育成タッグリーグ戦に金丸とエントリー。金丸を前面に出した「育成」らしい試合展開が多くみられた。

1/25 神奈川・横浜文化体育館において、川田・田上組との世界タッグ初防衛戦に敗退。

2月 エースの三冠初挑戦が決定する。「VERY HAPPY AND VERY HUNGRY」(エース) 

2月シリーズ前 「いつも小橋は”必ずチャンスはくる。今度はジョニーの番だから”と励ましてくれた。”いつか2人で三冠をかけて戦おう”とも。だからこそ勝って期待に応えたいんだ」(エース) 「ボクが三沢さんとの戦いで得たもの全てをジョニーに与えるつもりです。三沢さんの懐の深さは、やった人間にしか分からないから」「二人三脚のつもりでもリングでは一人。だから当日はセコンドにもつかない。通路の奥からそっと見守ります」「ドームの後、本格的にアメリカに進出して小橋健太の名前を世界に広めたい」(小橋)

2/20 小橋・エースVS三沢・秋山のタッグマッチで、小橋が初めて秋山にフォール負け。「準の実力がアップしてるということ。俺から取ってもおかしくない。俺も負けないように頑張るよ」(小橋・翌日大会にて)

2/27 6人タッグながら、小橋が三沢から3カウント。「最高のアシストをしてくれた。明日は観客全てを驚かすよ」(エース) 「ジョニーなら必ずやってくれる。これで期待できる」(小橋)

2/28 エース、三冠初挑戦。多少難有りであったが善戦した。「奪取にかなりのところまで近づいた。マスコミ、関係者に今の実力を知ってもらいたかった。自分がナンバーワンの外国人レスラーになる」(エース) 小橋は秋山と組んで、高山・垣原組を迎え撃つ。「体以上に気持ちがすごく出ていた。次の参戦が楽しみ」「向こうもすごく熱い気持ちで来たんでこういう試合になったと思うんで。そういう気持ちさえ持っていればスタイルは関係ないと思う。」「なんかおまえ(秋山)が入ってきた頃を思い出したよ」(小橋)
 ※’98エキサイトシリーズは他団体からの参戦が多かったが、GETが絡んだのは高山、垣原のみだった。

3/11 東京ドーム大会の一部カードが発表になり、GET関係では小橋・モスマンVSグラジエーター・保坂戦。

3/16 東京ドーム大会の全カードが、一部を大幅変更して発表され、小橋・エースVSハンセン・ベイダー戦に。他にキャンセルされたカードは田上VS北尾。
 ※一説には小橋がらみのカードに対する反対、苦情が電話やFAXやオフィシャルHPに殺到したためともいわれている。北尾に関しては発表後にタッグマッチへの変更を申し入れてきたため今回は見送った、ということであった。

3月シリーズ前 「毎年あと一歩にところで終わってる。今年優勝できなければもう次はないくらいの気持ちで行きます」「(川田に勝てないことに)何でですかね。苦手意識もないし、やりにくい気持ちもないけど・・・。でも勝たなければ道は開けないから。今年こそ勝ちたい。勝ってみせますよ」(小橋)

3/21 GET結成以来初のシングル対決はドロー。小橋は左足を捻挫。「今日は本当に小橋を倒したかった。今までは勝ったり負けたりだったが、今年はずっと勝ってエースの年にする」(エース)

3/27 小橋、対川田シングル初勝利。「意地を感じましたね。なんで起きあがってくるんだっていうおどろきと、やっぱりこの人は凄いなっていう。でも引き下がるわけにはいかない」「ファンからエネルギーをもらいました」(小橋)

4/18 小橋・エース、決勝進出ならず。小橋は高山・垣原とタッグを組む。

5月ドーム前 「ベイダーの話を聞いてるうちに熱い気持ちがこみ上げてきた。期待通り凄い試合をしてみせる」「ジョニーも気を引き締めているし、負けるわけにはいかない。自分のためにも、ドームでは何か次へつながる何かをつかみたい」(小橋)

5/1 東京ドーム大会。試合はなんとか勝ったものの、「辛勝」であった。「一つ一つの攻撃が重い。ベイダーとの一騎打ちをぜひやってみたい。そういう新しい光が少しづつ見えてきている。みんなの前に胸を張った小橋健太というものを見せたいし。ベイダーもまた、新しいライバルだと思うし」(小橋)

5月シリーズ前 「今こそ勝たなくちゃいけない。チャンスが回ってきたとは思わない。今じゃなきゃだめ。勝って全日マットに新風を巻き起こす」「三沢さんが帰ってきたときは自分がベルトを持っていたい。これまで2度凄い試合をしたけど、3度目は自分がチャンピオンとして決着を」「今度は期待してもらって大丈夫です」(小橋)

6/5 札幌中島体育センターにおいて、川田・田上組の保持する世界タッグ王座に挑戦するも、奪取に失敗。

6/6 小橋、右ヒザ半月板損傷と外側じん帯部分断絶の疑い有りと診断される。「確かに辛い。でも三沢さんも耐え続けてドームのリングに立った。弱音を吐くわけにはいかない。相手は川田さんだけではない、三沢さんとの戦いでもあるんですよ」(小橋)

6/11 小橋、精密検査の結果「右ヒザ半月板損傷及び外側じん帯部分断絶」と診断される。2〜3日持続する痛み止めの注射を打つ。「ケガをしながら何とかここまで来たんだし、結果はどうあれ後悔はしたくない」(小橋)

6/12 日本武道館において、小橋が川田から三冠王座を奪取。「これで終わりじゃない。始まったばかりです」(小橋) 結成1周年のシリーズを最高の形で終える。

7月シリーズ前 三冠初防衛戦の秋山戦について「新しい波を起こすといったけど、こんなに早くチャンスが来るとは思わなかった。準は今一番勢いがあって伸びてる選手。すごくハードな試合になると思う」「30周年の時はボクらがメーンを張りたい。というか、そういう流れにならないとダメだと思う」 三沢について「完全に治してもらいたい。万全の三沢さんと戦う必要があるし、それまではベルトを持っていたい」(小橋)

7月開幕直後 小橋、テーマ変更やジャンパーを着てないことについて「何かを始める前に全てを変えてみた」。 「全日本が変わっていくため、これまでになかったことをやっていく」「若い選手のチャンスをどんどん与えたい」(小橋) G.E.T.は一時ボリュームを下げて、個人闘争に重きをおいていく模様。 

シリーズ中盤 小橋、右膝負傷の負担で左膝も危険な状態。左膝は9年前に後十字じん帯しており、その時は2試合欠場(小橋の欠場は現在までこの時のみ) 「このままでは両方壊れる可能性もある」「怖がってたら何もできない。大丈夫だ」(小橋)

7/15 大阪府立体育館において、垣原との初シングルマッチ。膝を狙われるもラリアットで快勝。「体はジュニアでも心はヘビー級、熱い気持ちは伝わった。もう一度といわず何度でも戦いたい。全てを巻き込んでいきたいから」(小橋)

シリーズ終盤 小橋、前哨戦で膝を徹底的に膝を狙ってくる秋山に対し「準はマシンになろうとしている。俺もそれを超える鬼にならないと勝てない」。 「精神的に限界を超えた戦いになるかもしれない。膝がパンクしようが、はいつくばろうが、負けるわけにはいかない」(小橋) 

7/24 秋山との三冠初防衛戦。徹底した膝攻めに苦しんだが、ショートレンジのラリアットで辛勝。「(リング上で)これからも前を向いて進んでいきます。応援よろしくお願いします」(小橋)

7月シリーズ後 次期三冠挑戦者が田上に決定。今年の小橋は対田上戦績が芳しくない上、膝のケガの回復が遅れれば王座転落の危機も。

8月シリーズ前 三沢の「三冠奪回は来春がベスト。相手は小橋しかいない」という発言を受けて。 「三沢さんとの戦いにはこだわりがある。来春というならそれまでベルトを守るしかないし、完調に戻ったときに戦いたい。そして今度こそ勝ちます」「これからどうするべきか三沢さんと話し合っている。まずタッグ。このままなら最強タッグは例年と同じ顔ぶれで終わってしまう。新たな風穴を開けるためにどうするべきか、ずっと考えてます」「ジョニーも自分を変えたい、存在をアピールしたいといっている。彼は外国人選手を引っぱっていかなければダメだし、そのためにG.E.T.を解散するならそれでもいい」(小橋) ”それでもいい”とはいっているものの、G.E.T.という存在が有名無実となっている現状から考えて、エースとのタッグは次期シリーズも継続されるがG.E.T.という枠を取り払うものと思われる。

8月開幕直前 先日の発言から一転、「準が自分と組みたい、といってるのは知っている。ありがたいけどそれに関しては答えようがない。ジョニーは外国人選手を引っぱっていく必要があるし、コンビを続けることによってそれを後押ししたい」(小橋)と継続の意思。しかし「ジョニーも色々考えているようなのでじっくり話したい。彼が新しい方向へ進みたいと言えばまた考え直せばいいし、その時点で自分も新しいパートナーを考えます」(小橋)と含みを持たせる。

8/22 開幕戦のメインに小橋・エース・スミスのトリオで登場。試合はスミスが敗れるが、小橋とにらみ合ったりさっさとリングから帰るなど、エースの不可解な行動がみられる。

8/23 小橋・エース組でタッグマッチに臨むが、握手はしたもののギクシャクした試合展開。終盤に小橋の攻撃が誤爆してエースが場外ダウン。その間に小橋が田上から取られてしまう。試合後、エースが小橋を起こすフリをしてラリアット。救出に入った志賀や若手相手に大乱闘したあげく小橋にコブラクラッチスープレックスを見舞い、既に試合の終わったスミス、ウルフまでもリングに乱入。次の試合の秋山も助けに入り大混乱。その後エース・スミス・ウルフでアピールして引き上げ、「俺が外国人のトップだ。これからはスミスとウルフのサポートを受けて新しいムーブメントを起こす」(エース)と宣言。G.E.T.は完全に崩壊した。