AE92

前期:87年5月〜89年5月
後期:89年5月〜91年6月

前期型レビン   前期型トレノ
左:前期型レビンGT−APEX 右:前期型トレノGT−Z

後期型レビン   後期型トレノ
左:後期型レビンGT−Z 右:後期型トレノGT−APEX

AE92 SPEC(前期型レビンGT−APEX)
全長:4245mm 全幅:1665mm 全高:1330mm ホイールベース:2430mm トレッド(前/後):1445mm/1425mm 車両重量:1030kg エンジン形式:4A−GELU エンジンタイプ:直列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:1587cc ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm 圧縮比:9.4 燃料供給装置:EFI 最高出力:120ps/6600rpm 最大トルク:14.5kg−m/5200rpm ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク サスペンション(前/後):ストラット/ストラット タイヤ・ホイール:185/60HR14・5.5J×14 価格(87年5月):1,671,000円
前期型搭載4A−GZELU
最高出力:145PS/6400rpm 最大トルク:19.0Kg−m/4400rpm
後期型搭載4A−GELU
最高出力:140PS/7200rpm 最大トルク:15.0kg−m/6000rpm
後期型搭載4A−GZELU
最高出力:165PS/6400rpm 最大トルク:21.0Kg−m/4400rpm


初の前輪駆動。
87年5月に実施されたカローラ/スプリンターのフルモデルチェンジで、遂にレビン/トレノもFF駆動になってしまいますが、これには布石がありました。84年にラインナップされた「AE82カローラFX」がそれで、トヨタにおけるFFスポーツの基礎を作っています。AE92レビン/トレノはどちらかというと、AE86の後継というよりはこのカローラFXの発展系といえます。エンジンレイアウトもFFの横置きなので、これもFXでの蓄積が活かされています。

最強ユニット、4A−GZ。
エンジンは4A−GELUと、新開発されたスーパーチャージャーを装着した4A−GZELUの2種類。4A−Gは、パワー表記がグロスからネットに代わっているので見掛け上の数値は落ちていますが、吸排気系や内部部品などが改良されており実際は多少パワーアップしています。4A−GZは、前年にAW11MR2に初めて搭載されたエンジンで、機械的に過給しているので通常のターボエンジンのようにタイムラグが無いのが特徴です。NAと比べてレブリミットが低いもののパワーで25PSも上回り、非常にトルクフルなエンジンになっています。ボディは2ドアクーペのみに統一され、今回もクーペボディグレードは全てレビン/トレノと呼ばれていますが、4A−Gを積んだグレード(セダン、カローラFX、スプリンターシエロ含む)がAE92、それ以外のクーペグレードがAE91と区別されています。AE92レビン/トレノのグレードはGT、GTV、GT−APEX(以上、4A−G搭載)、GT−Z(4A−GZ搭載)の4つで、全てのグレードのサスペンションが4輪独立懸架方式を採用しフロントストラットをつなぐパ フォーマンスロッドが装着されており、さらにGT−Zのみピロボールブッシュが使用されています。GTは先代同様リアブレーキがドラムです。

100PS/リッター突破。
89年のマイナーチェンジでは大きな変更が加えられ、外観の変更、全車にピロボールブッシュを採用、GTVグレードの廃止、そして最大の変更がエンジンの大幅パワーアップです。吸気系の改良、圧縮比アップ、ピストンなど各部品の改良、無鉛プレミアムガソリン対応などで4A−Gで140PS、4A−GZで165PSを発揮しました。GTVが廃止になったかわりにGTの装備が改良され、前期ではオプションであったパワステが標準装備になったりリアブレーキがディスクに変更されるなどしています。

FFテンロクスポーツとして。
ラリーシーンでは、FFに変更されたことと4WD全盛時代を迎えつつあったこともありレビン/トレノの人気は落ちてしまいましたが、信頼性の高さやパーツの豊富さもありトヨタ系ワークスや一部プライベーターによって参戦していました。サーキットではグループAカーレースが全盛で、AE92レビンも宿命のライバルであるシビックと激闘を繰り広げました。88年開幕戦から参戦し、最終戦でシビックの12連勝を阻み、その後89年、90年とクラス優勝、91年は3勝を挙げ92年第6戦でAE101にバトンタッチしています。

92ADOVAN
サーキットでのレビン。カローラFXでの蓄積のおかげで初めから熟成度が高かった。ライバル・シビックと更に激しいバトルが繰り広げられた。

EFシビック
ライバル、EF系シビック。

「低」から「高」評価。
モデルチェンジ当初は、FFになってしまったということで先代のAE86の中古価格が新車以上に跳ね上がった事からも見られるように厳しい評価を受けていましたが、実際のポテンシャルは先代以上のものがあり徐々に正当な評価をされるようになりました。最盛期には年間9万台を販売し、AE86最盛期の年間8万台を上回っています。新生レビン/トレノは高性能FFスポーツとして認知され、新たな歴史を作っていくことになります。


戻る