AE86

前期:83年5月〜85年5月
後期:85年5月〜87年5月

86レビン前期型2ドア   86トレノ前期型2ドア
左:前期型レビン2ドア 右:前期型トレノ2ドア

86レビン前期型3ドア   86トレノ前期型3ドア
左:前期型レビン3ドア 右:前期型トレノ3ドア
※いずれもGT−APEX。

AE86 SPEC(前期型レビン3ドアGT−APEX)
全長:4180mm 全幅:1625mm 全高:1335mm ホイールベース:2400mm トレッド(前/後):1335mm/1345mm 車両重量:940kg エンジン形式:4A−GEU エンジンタイプ:直列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:1587cc ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm 圧縮比:9.4 燃料供給装置:EFI 最高出力:130ps/6600rpm 最大トルク:15.2kg−m/5200rpm ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク サスペンション(前/後):ストラット/4リンク・リジット タイヤ・ホイール:185/70HR13・5J×13 価格(83年5月):1,548,000円


最後のFR。
1983年、80系にモデルチェンジしたカローラ/スプリンターは駆動形式がFFに移行しています。FFのほうが室内スペースを広くでき経済性も高く、1.6リッター位の中排気量車はこぞってFF方式を採用していた時期でもありました。しかし、同じくモデルチェンジしたAE86レビン/トレノはその時代の流れに沿わず、従来通りFR形式を踏襲していました。結果的にこのクラスでは貴重なFRレイアウトということになり、スポーツユーザーに大きな支持を得ることとなります。後継のAE92ではFF駆動になっていますので、これが最後のFR駆動のレビン/トレノということになります。

高性能ユニット4A−G。
エンジンには新開発された4A−GEUが搭載されています。2T−Gの後継として開発された4A−Gはセリカやカリーナにも搭載されていますが、ほとんどレビン/トレノのためのものと言ってもいいエンジンです。さらに軽量コンパクトで気筒あたり4バルブになり最大出力130PS/6600rpm、最大トルク15.2Kg/5200rpmと向上、この時点では1.6リッターエンジンで最高の性能を発揮しています。ボディバリエーションは2ドアクーペと3ドアハッチバッククーペがありますがこの代では全てのクーペボディ車、つまり4A−G以外を搭載したモデルもレビン/トレノと呼ばれることになります。ただし4A−G搭載車はAE86、それ以外のモデルはAE85と区別されています。AE85はSOHCの3A−Uエンジン(1452CC、83PS/5600rpm、12.0Kg−m/3600rpm)を搭載しています。

歴代唯一、2つのボディ。
AE86のグレードは、2ドア車が「GT」「GT−APEX」、3ドア車が「GTV」「GT−APEX」となっています。「GT」は唯一リアブレーキがドラムですが、余分な装備を省きベース車両的なモデル。「GTV」はレビン/トレノとしては初の60タイヤが標準で装備され、他にもスプリングが太くサスペンションが固めにセッティンされている、スタビライザーが他より太い、ステアリング比がクイック(ロックtoロックで3.0回転。他は3.5回転)、パワステが(オプションすら)設定されてないなど、スパルタンな仕様。GTVとは初代セリカで初めて使われたグレード名で”V”は「VICTORY」のV、走りに徹したモデルの意であります。「GT−APEX」は先代同様、豪華仕様車となっています。ちなみに全車、歴代のなかで唯一ファイナルギア比を4.1と4.3から選ぶことができました。マイナーチェンジは85年5月に実施、AT車が新たに設定されていますが、84年2月にもオプション追加やドアミラー変更などの手直しがされています。さらにこれとは別に85年10月からの製造分はドライブシャフトが太いものになっています。基本的に、レビンよりリト ラクタブルヘッドライトのトレノの方が重く2ドアと3ドアでは2ドアの方が軽くなっており、更に同じグレードでも前期型の方が軽量です。最軽量モデルが「前期型レビン2ドアGT」の900Kgで、最重量モデルが「後期型トレノ3ドアGT−APEX・4AT」の980Kgとなっています。

86トレノU型
84年2月に変更された通称U型。オプションで「スポーツパッケージ」が追加設定され、「パッケージ1」が前後スポイラー、革巻きステアリング、シフトノブを追加、「パッケージ2」でさらにサイドステップが追加される。サイドミラーが可倒式に変更(初期型、通称T型は倒れてもスプリングで戻るタイプのミラーを装備)されている。

86トレノV型
85年5月にマイナーチェンジされた後期型、通称V型。フロントバンパーがスポイラー一体型になって、コーナーリングランプが装備される。レビンはAPEXのみグリルにフォグランプを内蔵している。オプションでイントラ社製アルミホイール(上記写真のホイール)がチョイスできた。

ライトウエイトの頂点に。
大幅にパワーアップしたAE86はレースシーンでも大活躍しています。歴代レビン/トレノと同様、ラリーストにも高く評価され大排気量&ターボ車とも互角に張り合っています。あのパリ〜ダカールラリーにも出場していて、完走はなりませんでしたがサハラ砂漠の最大級の砂丘群を初めて越えた2輪駆動車として記録に残っています。サーキットでも派手に活躍しています。84年の富士フレッシュマンレースではトレノが開幕6連勝。これをドライブしていたのはドリフトキングこと、土屋圭市でした。普通では遅くなってしまうドリフトを巧みに使いこなして注目を集めました。さらに85年に始まったグループAカーでの「全日本ツーリングカー選手権」では、開幕戦をパワーに勝るBMW635やスカイラインと互角に戦い総合優勝しています。同じ4A−Gを積んだFF車「カローラFX」や後継車「AE92」が登場してもプライベーターなどに愛用され、FIAのホモロゲーションが切れた現在でも根底レースでは絶大な人気を誇っています。

カローラFX
AE82カローラFX−GT。84年に登場したFFスポーツ。FXとは「FUTURE X」の意。

86ラリー1  86トランピオ2   86ADVAN
1:砂漠を走るレビン。ラリーでは2ドア車が好まれた。
2:サーキットでは空力特性が良好な3ドアが主に使用される。パワーに勝る大排気量車と渡り合う。
3:土屋圭一の操るトレノ。「AE86=ドリフト」のイメージはこの走りから始まった。

人気の理由。
現在まで絶大な人気を誇るAE86ですが、それは「FR」であることが大きな要因の一つです。何しろライトウエイトクラスのFRスポーツカーはこのAE86をおいて他にはないのですから。後継のAE92、AE101、AE111、スターレット、ホンダ・シビック、CR−Xサイバー、三菱・ミラージュ、等々・・・1000Kg程度のライトウエイトはほとんどFF駆動車です。同じテンロク(1.6リッター)ライトウエイトFRは他に「ユーノス(マツダ)ロードスター」がありますが、AE86は非常にたくさんのアフターパーツが流通しており4A−Gエンジンもチューンの幅が広くノウハウも蓄積されていますから、「走り」の面ではAE86に軍配が上がるでしょう。それに古いクルマですから今のクルマより安く楽しめるというメリットもあります。マンガ「頭文字D」などの影響などもありますが、2次的なものです。速さだけをみれば最新車にはかないませんが、人車一体感のあるライトウエイトスポーツでFR、という面が評価されているのだと思います。

I’m美ingこれ以上、美しくなれない。I’m動ingこれ以上、軽やかになれない。1 衝撃、SEXYトレノ。
スポーツの意味を、教えてあげよう。リアル・ヒューマン・スポーツ新レビン誕生。
1:前期レビン、2:前期トレノ、3:後期レビンのカタログ。イメージキャラクターはレビンが郷ひろみ、トレノが古谷一行。レビンは若々しくスポーティ、トレノは大人びたシックなイメージ、といったところか。


戻る