AE101

前期:91年6月〜93年5月
後期:93年5月〜95年5月

前期型レビン   前期型トレノ
左:前期型レビンGT−APEX   右:前期型トレノGT−APEX

後期型レビン   後期型トレノ
左:後期型レビンGT−APEX   右:後期型GT−APEX

AE101 SPEC(前期型レビンGT−APEXノーマルストラット)
全長:4275mm 全幅:1695mm 全高:1305mm ホイールベース:2465mm トレッド(前/後):1460mm/1440mm 車両重量:1090kg エンジン形式:4A−GE エンジンタイプ:直列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:1587cc ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm 圧縮比:10.5 燃料供給装置:EFI 最高出力:160ps/7400rpm 最大トルク:16.5g−m/5200rpm ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク サスペンション(前/後):ストラット/ストラット タイヤ・ホイール:185/60HR14・5.5J×14 価格(91年6月):1,874,000円
GT−Z搭載4A−GZE
最高出力:170PS/6400rpm 最大トルク:21.0Kg−m/4400rpm


ラグジュアリー化。
91年6月にモデルチェンジしてAE101となったレビン/トレノは、先代の直線的なデザインとはうってかわって曲線を基調としたボディラインに変化しました。2代続いたトレノのリトラクタブルヘッドライトが廃止され、グリルレスマスクになっています。ボディ剛性も高く遮音材や内装にも良い物を多用しており、質感では完全に1クラス上といえるものです。よりラグジュアリー化したことによって歴代で最も重く大きいボディとなったAE101ですが、エンジンや足回りのさらなる改良によって走りのレベルは決して落ちてはいません。

5バルブ&スーパーストラット。
AE101に搭載されたエンジン(グレード)は4A−GE(GT、GT−APEX)、4A−GZE(GT−Z)、4A−FE(SJ)の3種類のエンジン。4A−GEは気筒あたり吸気3、排気2の5バルブエンジンに進化し、可変バルブタイミング機構(VVT−i)を装備して圧縮比も10.5に高められたことによって160PSを発揮しました。4A−GZEは引き続き4バルブヘッドですが、これも改良により170PSという最強のパワーを誇っています。4A−FEはハイメカツインカムエンジンですが1600CCということで、これを搭載したレビン/トレノもAE101の形式を与えられています。足回りには新設計のマクファーソン・ストラットを装備し、さらにスポーティなスーパーストラットサスペンションもチョイス(GT−Zに標準、GT−APEXに装備車設定)できました。これはフロントに装着して、ステアリング軸まわりのモーメントを軽減しキャンバー角変化をコントロールすることによってコーナーリング性能を高めるものです。同じくFFスポーツカーのセリカにも装備されていま す。92後期から引き続き、GTも4輪ディスクブレーキを装備しています。

豪華すぎた装備。
93年5月に行われたマイナーチェンジでは内面の走りの部分は特に変更無しで、外装と装備の見直しがされました。オートであったエアコン(最ベーシックのGTですら標準でエアコン装備だった)をマニュアルに変更、リアスポイラーをオプション設定に変更、本革巻きステアリングをやめる、GTは5MTのみの設定にしてエアコンレスのモデルも新設、などの簡素&低価格化をしました。バブル景気真っただ中に開発されたモデルだったので装備が豪華になった反面、価格が跳ね上がってしまい販売台数が落ち込んでしまったためです。しかし重く大きなボディが災いしてか、さほど人気を回復することなく次代のAE111に切り替わることになります。

最後までグループAを盛り上げる。
グループAでは91年最終戦から92年第5戦までの間で先代AE92から移行しています。同じく進化したEG6シビックと優勝争いをしてスペック的には負けていませんでしたが、トラブルや同じAE101同士で星を分け合ったりしたため、93年のグループA終了までにクラスチャンピオンにはなることありませんでした。しかし、ほとんどR32GT−Rのワンメイクレースと化していたグループAレースを、シビックとともに盛り上げた功績は大きいでしょう。グループA終了後はN1耐久シリーズが主戦場になりましたが、やはりライバルはシビックで変わらぬバトルを繰り広げています。グループAスペックのエンジンは、1.6リッターNAでありながら最終的には10000rpmオーバーで約227PSを発揮するまでに進化した超高性能ユニットでした。

101TOM’S
サーキットでのレビン。17インチタイヤやスーパーストラットの投入が遅れてしまった(公認が下りるのが遅かった)ことも、苦戦の理由の一つ。

EG6シビック
EG6シビック。VTECで230馬力を発揮した。


戻る