99年1月16日 全日本・後楽園ホール大会観戦記


第1試合:15分1本勝負
△橋(15分時間切れ引き分け)丸藤△


観てません。聞くところによると、結構いい試合だったとか。


第2試合:30分1本勝負
○菊地 永源 渕(13分28秒 エビ固め)浅子× 百田 R木村
※ラ・マヒストラルを潰して


終盤あたりに着いた。ぐちゃっと潰したはいいけど、菊地さんの方が痛がってるのは何でかな(^^;


第3試合:30分1本勝負
○馳(13分7秒 ノーザンライトスープレックスホールド)垣原×


何げに美味しいカードですわ。ほとんどがグラウンド中心の展開で、大部分の主導権を馳が握っていた。何故か執拗にサソリを狙う垣原。馳は垣原の腕ひしぎをブリッジしてからの後転で「何度も」抜ける。最後はお決まりの裏投げ→ノーザンの流れ。裁くレフェリーが「マイティ井上」というのが何ともアンバランスで、何ともいえない味わいがあったようななかったような・・・。

99/01/16第3試合1  99/01/16第3試合2
ほらマイティ(^^;


第4試合:30分1本勝負
○ウルフ(10分29秒 片エビ固め)Gキマラ×
※スーパーダイビングボディプレス


ん〜、何度このカード(ラクロス時代含む)観たことか。まあいつも展開的には同じような感じ。いつもは後半体力が切れてしまうウルフだが、結構のびがあったかな? 試合後はアピールもできないくらいに疲れ切っていたんですけどね(^^;


第5試合:アジアタッグ選手権試合60分1本勝負
泉田 ○本田(23分37秒 エビ固め)新崎× ハヤブサ
※多聞式ジャーマン

※本田・泉田組が初防衛(第63代王者)

じっくりとした立ち上がり・・・かと思いきや、泉田がモンゴリアンをカードしてガラ空きになった人生の頭にヘッドバッドをたたき込んだらそこから大流血。これで場内は必要以上にヒートアップ。当然人生がターゲットになるわけで、かなりロンリー。ようやく出てきたハヤブサがフェンス外プランチャなんかでペースを掴もうとするけど、それがなかなか。連携の連発でやっとチャンスを作りはするが多聞組も意地で決めさせない。ファイヤーバードを返し、タモンズパワードはウラカンで返す。いつ終わってもおかしくない試合を決めたのは多聞。合わせて3発目のジャーマンで何とか勝ったという感じ。後楽園だから、というのもあるかも知れないけど盛り上がりだけでも世界タッグ並だったように思えた。全試合終了後に2/13ファン感謝デーでの再戦を即決したのも、まあ納得できるくらいの内容ではありましたね。

99/01/16第5試合
フィニッシュのジャーマン。


第6試合:30分1本勝負
高山 ○大森 Gオブライト(15分40秒 片エビ固め)Bガン Jエース Jスミス×
※アックスボンバー


スミスの存在が光った試合。そうでなかったらガンが出ずっぱりの試合になっただろうね:-) 中盤に「ラリアット」は出したけど「アックスボンバー」は出さなかった。これまで決まったら90%以上のピンフォール率を誇る大森のダイビングニードロップをスミスが返した瞬間から、ほとんどの観客は分かっていたハズ!遂に「アックスボンバー!」がフィニッシュに!! いろいろ言う向きもあるみたいだが、大森がアックスボンバーって言ってるんだからアックスボンバーなの!一応ヒジも曲がってることだし(^^; これで「ダイビングニードロップ」「ドラゴンスープレックス」「アックスボンバー」という三大必殺技が出来た大森。どれもこれもひとクセある(^^;技だけど、それも固有の味わいといいますかねぇ。ま、全然OKっす。

99/01/16第6試合
「アックスボンバー!」って言ってるんだから〜!


第7試合:60分1本勝負
○小川 三沢(12分46秒 4の字ジャックナイフ固め)Mモスマン× ベイダー
※三沢のエルボーから


過去最高ともいえる「小川ペース」。ものすごいマジな顔の小川からは今にもブッ潰れそう、といった感じがありあり。これでは小橋を圧殺したベイダーも騙されるわけですよ:-) それにしてもベイダーは硬いね。これに勝つのは大変だなぁ。最後は小川のチンクラッシャー、三沢のエルボー、小川の4の字と、テンポよく決まって。


第8試合:60分1本勝負
○井上 田上 川田(25分53秒 ブロックバスターホールド)志賀× 秋山 小橋


やっぱハイライトは、志賀のしつこい攻撃にキレた川田が場外のひな壇に志賀をボディスラムで叩きつけたところかな。そうされても、小橋が逆片エビに捉えた川田の首にニーを落としたりする。結局は同じ事をやり返されることになるけども、その根性はよし。ダブルインパクト式スイングDDTが雅央に決まったときは勝ったと思ったのだが、決まらず。最後は雅央のアルゼンチンからのストマックブロック、ブロックバスターと決められてピン。

全体的に面白い試合が多かった興行だったですね。やはり「ノーTV(日テレ)」は面白い!のジンクスは生きているのかな。


戻る