98年5月31日 全日本・船橋市総合体育館大会観戦記

船橋市総合体育館ってもっと船橋に近いと思ってたけど、これがかなり遠い。うちから30分くらいかなと予想してたけど1時間くらいかかった。会場に入ったらさらにビックリ、後楽園の2/3位の広さでしかもリング上のライトが「無い」。サムライ入ってるのにこんな暗くていいのかしら?っていうか、写真が撮りにくいぞ。


第1試合:20分1本勝負
○Mモスマン(7分41秒 ノーザンライトスープレックスホールド)森嶋×


森嶋、ドロップキックがいい感じ。ボディスラムを首固めで返したりして、けっこうこなれてきたですね。森嶋が黒タイツ&シューズにしたのは「スケールダウンした田上」と間違われる恐れがあったからではないかと思う今日この頃。赤タイツって全日には何人かいるし、変えたのは正解だと思う。結構似合ってるし。


第2試合:30分1本勝負
○小川(11分19秒 バックドロップホールド)金丸×


小川序盤から強いですね〜。あんまり金丸の見せ場を作らせなかった。それにしても延髄蹴りが良い音してるのだ(^^) 山本レフェリーがミョ〜な味出してますね。


第3試合:30分1本勝負
○百田 R木村 G馬場(20分50秒 首固め)菊地 永源× 渕


デビルさん、ボール投げは2階自由席担当。狭いから楽ですね〜。先発は百田、菊地さん。これは珍しい・・・と思ったら、すぐ永源にタッチ。今日のスイングは百田を、渕が北から頭をすったまま反時計に3回転、永源が西から反時計に6と1/4回転。今日の永源砲は、北側エプロンで百田のチョップ、西側ロープ際での百田のチョップ(ラッシャーに誤爆)、による計2発。相変わらず”デビ”る菊地さん(^^; 最後は馬場さんの一六文から首固め。
今日のマイクは「永源、ずいぶん暖かくなりましたね。そのうちおりをみてピンクのタイツを履いて日光浴しましょうね」「渕・・・もうちょっと左に寄らないと顔が見えないよ。今日ここに来るときにバスで来たんだけど、帰りは電車で帰ろうと思うんだ。でも、駅がどっちの方向だか分からないからあとで調べておいてくれ」「船橋の皆さん、暑い中多数ご来場有難うございます」なかんじ。

お客はまあ8〜9割入ってますね。ちなみに壁に電光表示盤があります。シナリオ通りだ(謎)


第4試合:30分1本勝負
泉田 Gキマラ(14分50秒 片エビ固め)Dヒース× BダンカンJr
※ジャンピングボディープレス


「にせ百田男」軍団に大人気のダンカン。先発はキマラ、ダンカン。ホント今日はすごく暑いんだからこれ以上暑苦しいのは・・・(^^;ゞ 何とダンカンがまた場外に飛ぼうとしてロープに走ったところ、キマラがエプロンで膝を出して止める。その反動でリング中央ぐらいまで吹っ飛んだぞ(^^; 最後はヒースの前方回転を押しつぶしたキマラがジャンピングボディープレス。すっげー試合(^^;;;


第5試合:アジアタッグ選手権試合60分1本勝負
○ウルフ Jスミス(26分30秒 片エビ固め)本田× 大森
※ターボドロップU


先発は大森、スミス。シナリオ通りだけど、体力ゲージは出ない(謎) 大森、ウルフにドロップキックを決めてなんと「気合いだ〜!」のポーズ。さすが浜口ジム出身のことだけはある(^^; 10分前後、スミスの腕攻めで悶絶する大森。でもさすが「やられっぷりが絵になるレスラー」大森だけあって、素晴らしい?! ウルフは左腕を痛めたらしく、大森が腕ひしぎ多聞がヘッドバッドで痛めつける。しばらくウルフの腕狙い。大森は腕ひしぎにこだわる。20分前後に大森の秘密兵器ドラゴンスープレックスがスミスに炸裂!続く多聞も多聞ボム。連携でスミスを追い込む。「おっしゃー決めてやるー」と多聞がスミスにSTF。スミス逃げてジャーマンを返す。ウルフにタッチするがウルフもフラフラ、しかしなぜか大森もフラフラ(^^; バンザイラリアットが多聞に決まる。大森分断されて大ピンチ!多聞にスーパーダイビングボディープレス、大森がカット。ターボドロップは持ち上がらずボディスラムみたいに叩き付ける。多聞カウント2で返すが、今度は完璧なターボドロップUが決まってカウント3。試合後はずーっとあのかっこ悪いテーマが流れ続ける。イヤンな感じぃ〜(^^; 勝負所での もたつきが無くなれば上位に食い込めるとおもうけどねぇ、今日はその部分が出ましたね。


第6試合:30分1本勝負
○Gオブライト Sウィリアムス(16分42秒 体固め)井上雅× 秋山
※パワーボム


先発は秋山、ウィリアムス。非常に意識し有ってる2人。秋山のジャンピングニーで場外に落ちたウィリアムスは、雅央と秋山に「ファッ○ュー!」と叫ぶ。サムライで放送できるのか(^^;? 雅央が出てくると大声援。ラフ殺法にも力が入りますね。雅姉さんも飛ばしまくりです:-) その声援にいちいち反応する(主に)ウィリアムス。場外で雅央を捕まえておいて「マッシャーオ、マッシャーオ」と挑発(^^; どうも最大のライバルと認識してる模様。事有るごとに挑発するウィリアムス、ホントは好きなんじゃないか?(爆) 最後はオブライトのジャーマン、ダブルアーム、パワーボムと喰らった雅央がやられる。秋山とウィリアムスは、このあと札幌でシングルが控えてるから意識し合ってる感じ。


第7試合:60分1本勝負
浅子 ○Jエース 小橋(21分54秒 片エビ固め)志賀× 田上 川田
※メキシカンエースクラッシャー


先発は浅子、志賀。なんか川田こないだより色が黒くなってるように思えるのは照明が暗いせいか? ジュニア王座挑戦が決まった浅子がはりきってます。20分過ぎに川田組が分断して試合が動く。エースが志賀にメキシカンエースクラッシャーを決める。いくらなんでもそれはちょっとひどいと思うよ>エース。


戻る