98年5月1日 全日本・東京ドーム大会観戦記

16時の会場と同時に入ったけど、25年史映像は17時半からだった。それも試合のVTRを編集して流すだけ。ん〜、何だかな〜って感じ。50分くらいからは金子アナがカード紹介して松山千春の君が代。これがまた上手いんだな(^^)


第1試合:30分1本勝負
○浅子(6分26秒 片エビ固め)金丸×
※浅子ドライバー


てなわけで18時ぴったりに試合開始。やっぱ11試合もあると時間が気になるからね。金丸のテーマが新しくなって、浅子のテーマがビッグマッチ用にちょっと豪華。まあ試合としてはいつもの感じだけど、金丸のムーンサルトがちゃんと決まったのがよかった。フィニッシュの技はドーム用に考えてたのかな。


第2試合:30分1本勝負
○Mモスマン(10分50秒 片エビ固め)池田×
※ハワイアンクラッシャー


リングアナが難波、レフェリーが島田裕二。他団体レフェリーってのはジャパンのタイガー服部以来かな? 早々に池田がモスマンの蹴り足をとってパンチしてダウンさせる。パンチが効いたのか池田寄りのペース。池田、モスマンがロープから帰ってきたところをフロントスープレックスで投げ、その後大ちゃんボンバー、ムーンサルト!さらにかわず掛け。チャンスの池田池田ペースになるがモスマン、フランケンシュタイナーを返す。モスマンの飛び付きDDT、雪崩式裏DDTはカウント2。最後はキックでダウンさせてからハワイアンクラッシャー。


第3試合:30分1本勝負
○百田 R木村 J鶴田(10分22秒 エビ固め)菊地× 永源 渕
※前方回転式


ドームで聞く鶴田のテーマはジンとくるね・・・。これまたコールは難波<ちょっと上がってる?先発は百田、永源。永源スイングは3塁側から反時計に9回転。永源砲は、1塁側場外での百田のチョップ、T塁側エプロンでの百田のチョップ(ラッシャーに誤爆)により計2発。そのあと渕が何と鶴田をジャイアントスイング!3塁側から反時計に4回と3/4。鶴田の菊地へのバックドロップは渕がカット。最後は百田が。
マイクは「永源、つかぬことをきくけれど、お前家庭に帰ったら自分のことなんて呼ばしてるんだ。まさかダディじゃないだろうな」「渕、おまえポケモンが復活してそんなにうれしいか。お前の部屋はポケモンでいっぱいらしいじゃないか。」「おれも集めてるものがあるんだ。それはキティちゃんなんだよ。」みたいな。あとは多数ご来場有難うございます、なやつ。


第4試合:30分1本勝負
○ヘッドハンターA 同B(9分24秒 体固め)奥村× 本田
※ムーンサルトプレス


先発は多聞とどっちか(^^;ゞ またまた島田レフェリー。多聞と奥村の白黒コンビは連携もなかなか。ハンターズは動きの良いキマラってかんじかな。でも、どっちがどっちだか(^^;ゞ 奥村、どっちかのセントーンで圧死寸前。多聞にタッチして多聞がバックドロップ2連発。で、いろいろあって(^^;Aのムーンサルトが奥村にヒット。奥村はムーンサルトを出せず。しっかし、見分けつかね〜(^^;;;


第5試合:30分1本勝負
ウルフ ○Jスミス(12分31秒 片エビ固め)外道 邪道×
※リバースDDT


19時ちょっと前に試合開始。ウルフのテーマ曲のかっこ悪さは正にドーム級って感じ。でも歌詞はないからまだマシか? 邪外は赤い服。先発は外道、スミス。ウルフは相変わらずの漏電ファイトだし、スミスは相変わらずくるっと腕攻め。スミスを場外に落としておいて外道がコーナー最上段からダイブ。こういう飛び技はやっぱ栄えるよね。スミスの連続ジャーマンを邪道が金的で返す。邪道の垂直ブレンバスターはカウント2。ウルフと外道が分断しあってる間に、スミスが決める。面白い試合だったけど、ん〜、やっぱウエイトの差かな。何と退場時は歌詞付きバージョンが2番の頭あたりまで流れる・・・。最低だよね〜:-P


第6試合:30分1本勝負
井上雅 ○大森 田上(17分43秒 片エビ固め)保坂× 黒田 ザ・グラジエーター
※ダイビングダブルニードロップ


田上のテーマは以前のものでほっと一安心。先発はグラジ、雅央・・・と思いきや、挑発にのって田上が出てくる。田上を場外に落としてからグラジがノータッチのプランチャ! う〜ん、みんなびっくり。雅央と保坂は似すぎてる・・・ちょっと夢に出そうな感じ(^^; 大森と黒田は”いろんな”意味で熱い対決。グラジは机の仕込みをしてリングに戻ったら、セコンドがかたずけようとしたから「だめだよ〜」とばかりにセットし直す(^^; 大森に対しての机ボムは不発。大森なら受け切れたはずだ!・・・本当か(^^;? 最後は大森のダイビングニー。大森かっこいい〜(*^^*)


〜休憩時間〜
19:40くらい。しかも15分休憩。6試合の割には早い気がするけど、巻き巻きって訳じゃ〜ないね。なんだかんだいっても、開放してない外野席以外は満員。きっちり15分休んだら高山のテーマ。


第7試合:30分1本勝負
Gオブライト ○Sウィリアムス(15分8秒 片エビ固め)垣原 高山×
※バックドロップ


ウィリアムスはおニューなコスチューム。先発は垣原、オブライト。だけど全然絡まないうちに双方タッチ。ウィリアムスがコーナーに垣原をのせて雪崩式の何かを狙うが、上ってきたウィリアムスをたたき落として垣原がミサイルキック。フォームもなかなか。ひたすら蹴りに活路を見いだそうとする垣原。10分までは一進一退。オブライトのストレッチボム、ダブルアームでポーンポン投げられる垣原。最後は、高山にオブのフルネルソン&ウィリアムスののど輪バスター(^^;決めて、垣原分断してウィリアムスのダイビングボディプレス→バックドロップ。決まった後にもう一度バックドロップしようとするが、オブライトがたまらず止めに入り「仲間割れか?」と思ったがやっぱり仲良しな二人(^^) オブライト良い人なのだ〜。ウィリアムスが去ったら必然的にオブライトと高山&垣原は組むことになりそうだから、その辺もあるしね。


第8試合:45分1本勝負
志賀 ○ハヤブサ G馬場(20分19秒 片エビ固め)泉田× 新崎 Gキマラ
※ファイヤーバードスプラッシュ


キマラ組は3人とも人生と同じ白いコスチューム(&白いペイント)で、微笑ましい光景(*^^*) 馬場さんのテーマが流れると物凄い馬場コール。凄いっす。先発は志賀、泉田。5分過ぎに人生とハヤブサがひとしきり絡んだら、自らタッチして馬場さん登場。双方のチョップと地獄突きをかわし合って、人生が拝み渡りにいこうとするが、馬場さんがはたき落としてリング下転落。エプロンからもう一度チャレンジするが、ロープには乗ったけどすぐ降りる。15分前の3度目は成功して”すすっ”と歩くが、なんか馬場さんも嬉しそうだったりする(^^) 場外の人生にハヤブサが対角線を走って鉄柱越えのノータッチトペコン。ドーム栄えするねぇ。キマラと泉田の連携にハヤブサピンチ。でも馬場さんがカット。しかしまだ劣勢で、泉田のいん石を喰らう。そのあとの泉田のムーンサルトをかわして馬場組反撃。分断して馬場さんの16文からハヤブサのファイヤーバードで泉田からピン。ハヤブサは礼、人生は拝んでから退場。今後はどうするのかな? リング上では掃除が(^^;


第9試合:60分1本勝負
○秋山(26分35秒 片エビ固め)馳×
※垂直落下式エクスプロイダー


馳のテーマはやっぱドームに栄えるよね、Tシャツは黄色で目立つし。序盤はレスリングっぽい展開でバックの取り合いやグラウンド。これは馳のほうが一枚上にみえた。7〜8分からデスロック(馳)状態での張り手の応酬なども。馳がインディアンデスロック→鎌固めで10分。12分くらいから少しづつ動き出す。スタンドでの張り手の応酬から、秋山を倒してジャイアントスイング17回と1/2。再び張り手合戦で双方1度づつダウン。秋山が蹴って15分。蹴りをかわして馳が裏投げ!秋山すぐ起きてエクスプロイダー!馳もすぐ起きて裏投げ!また秋山起きてエクスプロイダー!双方ダウン!ん〜凄いぞ。馳、サソリ固めはエスケープされるがストンピング。秋山かえして低空ドロップキック→ドラスク→4の字。エプロンでの攻防から秋山のジャーマン。カウント2。で、20分。秋山、再び足4の字。馳、ひっくり返してプッシュアップ。またひっくり返って秋山も逆プッシュアップ。かなり長い時間仕掛けるが秋山自ら解く。スタンドでの張り手合戦は馳の勝ち。馳、裏投げ2連発でカウント2。その後ノーザン(2発)とドラゴンスープレックス。いずれもカウント2。25分。けんかキック の応酬は秋山がエルボーで征す。秋山、ダブルアーム式のDDTから垂直落下の改良エクスプロイダー!!馳もさすがに返せずカウント3。馳失神して大森に背負われて退場。秋山は勝ってもどこか不満そうにみえた。全体的には馳が試合を作った形だったから、そのへんなのだろうか?


第10試合:60分1本勝負
Jエース ○小橋(22分12秒 首固め)ベイダー Sハンセン×


先に小橋エース組入場。GETのテーマに前奏がついてる。ベイダーは「あの」テーマ曲!で、しかも単独入場。でもコールはベイダーから。先発は小橋、ベイダー。ベイダーの腕パンチ凄いっす。小橋もマシンガンチョップで返す。ジャンピングショルダーで倒してこぶしを握る小橋。ハンセン入ってダブルのエルボー。エースはちょっとハンセンに押され気味。小橋とベイダーの絡みは凄い迫力。小橋のブレンバスターは上がらず。場外にでて小橋を抱えて鉄柱にぶつけて10分。小橋、場外のベイダーにコーナー最上段からのフライングボディアタック!!ローリングけさぎりチョップはカウント2。4者場外に。ハンセン、場外でエースに机をぶつける。エースへろへろでベイダーに押されまくる。ベイダーのジャーマンを喰って場外へローリング。で、15分。ベイダーの肉弾プレスはカウント2。代わったハンセンにもやられるエース。フラフラのエースをコーナーまで引きずってプレス。何とかしのいで、ランニングエースクラッシャー。小橋、ハンセンを倒してベイダーにムーンサルト!!しかしフォールにいかずに、カットに入ってきたハンセンにネックブリーカー。そしてベイダーにブレン バスターをしかけて持ち上がりかけたが、ハンセンに邪魔され潰される。20分。ベイダーとハンセンの合体パワーボムが小橋に。エース吹っ飛ばされる・・・。ハンセン最上段からのボディープレスも見せる。小橋、ベイダーに羽交い締めにされてそこにハンセンが突進してくるが、うまく同士討ちを誘ってスクールボーイ。カウント2。ハンセンのショートレンジラリアットをかわしてスモールパッケージ! ベイダーカットに入るも1歩及ばず。ハンセン、ロープを振り回しベイダーは鉄さくを投げて怒り狂う。ハンセン組が押しまくってた試合だったから、そりゃ怒るよなぁ。

ここで場内暗転。今までずっと明るかったのだ。で、川田、三沢入場。認定証はロードブレアース本人が読む。22時ちょっと前。


第11試合:三冠ヘビー級選手権試合時間無制限1本勝負
○川田(28分5秒 エビ固め)三沢×
※パワーボム


序盤から激しい展開。キックにフライングラリアット。ジャンピングハイはガード。川田、グラウンドでのネックロック。三沢、エルボーからミサイルキック、場外に落としてエルボースイシーダ。フォールしてからフェイスロック。で、5分。エルボー撃ちおろしから前転かかと落とし。川田、キックで切り返して雪崩式ブレンバスター。変な形で受け身した三沢。垂直落下ブレンバスターを決める川田。パワーボムにいくが返される。しかしすぐ蹴り倒す。10分。蹴りとエルボーの応酬は三沢。川田のジャーマンを三沢かわしてエルボー。すぐにジャンピングハイを決める川田。この辺で場内明るくなってくる。三沢のジャーマンで場外に転落する川田。リングに上げる三沢。15分。タイガードライバーは2。川田、蹴りからドラスク!そして逆片エビ。エスケープするも膝を叩き付けて足4の字。さらにヒザ攻めで20分。エルボーで返す三沢。延髄ローリングエルボーからタイガースープレックス。カウント2。反撃のジャンピングハイは三沢ガード。川田、ケンカキックから腕ひしぎ。さらにアームブリーカー。三沢返してタイガードライバーは2。腕を蹴る川田。ダウンさせてストレッチプラム 。しかしそれすら返してタイガースープレックス→ジャーマンスープレックスホールド。川田、浴びせ蹴りを顔面に入れてジャンピングハイ。25分。パワーボム狙いもかわされるが、すぐジャーマン。も1度ジャーマンをはさんで垂直落下ブレンバスター。カウント2。満を持してのパワーボムもカウント2。しかし再度のパワーボムは返せず。
相変わらず三沢は怪我を感じさせない不死身ぶりを発揮したし、今まで何度も「今度こそだめだ」っていう場面を切り抜けてきたけど今度こそ力尽きてしまった。フィニッシュに至る川田の攻めも物凄かった。負けてしまったものはしょうがないですから、この際きっちり怪我の治療に専念してもらいたい。


戻る