98年4月18日 全日本・日本武道館大会観戦記

第1試合:20分1本勝負
○志賀(8分13秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)森嶋×


観てません。体格的には森嶋のほうが上だから、志賀もうかうかしてられないような。


第2試合:30分1本勝負
奥村 ○浅子(10分25秒 逆エビ固め)橋× 井上雅


パンフとカードが違って小川と橋が入れ代わり。これも観られず。奥村武道館初登場に歓声はあがったのかな?


第3試合:30分1本勝負
○外道 邪道(8分33秒 外道クラッチ)金丸× 菊地


武道館に栄える外道クラッチ、観たかったなぁ。たしか全日では初めて出したような気が。


第4試合:30分1本勝負
○泉田 永源 渕(13分31秒 首固め)百田× R木村 G馬場


18:44に席に着いたらこの試合が始まったばかりだった。まあ、いつもと変わらぬ試合ではあったが、泉田が百田に勝った。カーニバルに出てファミリーVS悪役の試合にも出るという、いまいち途中半端な位置づけの泉田。アジアタッグを獲ればそれを機に躍進できるんじゃないかと思うけどねぇ。
マイクは「永源、一緒にSPEEDの後援会に入ろう」「渕、ワイドショーでは離婚とかの話題がいっぱいだけど、お前はそういう心配がないな。」「みなさん、5/1東京ドームでお会いしましょう。」って感じ。


休憩、なんかちょっと長めな感じ。19:00前後。18時開始にしてもちょっと休憩に入るのがはやいような。

第5試合:30分1本勝負
大森 ○Sハンセン(9分10秒 エビ固め)Mモスマン× Gキマラ
※ラリアット


大森、威勢はいいけど見せ場があんま無かった。ハンセンを押し退けてでも前に出ていく位の気持ちがほしいところ。


第6試合:30分1本勝負
田上 ○川田(13分49秒 エビ固め)Jスミス× Jエース
※パワーボム


極限まで川田女に近い席なので、耳がキンキン。試合の流れを感じとることが出来ないんだよね>川田女(-.-メ 田上は足をかばうように試合してる様に見えた。足はまだ完調じゃないのかな。終盤でスミスのリバDが川田に決まるけど、エースは大の字(-.-; スミスが凄い粘りをみせたが、対するエースはへろへろ。上位外国人選手の一角を占める者としてこれはまずいでしょ。


第7試合:60分1本勝負
垣原 ○高山 小橋(14分20秒 片エビ固め)ウルフ Gオブライト Sウィリアムス×
※ギロチンドロップ


よく考えなくても凄いカード。先発は小橋、ウルフ。高山のドラゴンスクリュー(!)を、何とウルフは逆回転して受ける。足大丈夫なのか? それよりも高山もドラスクをやるとは思わなんだ。垣原VSオブライトは、Uっぽい感じ。でもオブライトはレガースしてない。ウルフと高山の漏電対決(^^;はなかなかマニアライク。1年前の高山は5分もすればもうヘロヘロだったけど、だいぶ慣れてきたようで結構良い感じ。ぽこっと入ってる小橋はどちらかというと、一歩引いたところにいて2人のサポートって感じだった。最後のギロチンはなかなかの迫力で歓声を浴びていたけど、やはり”異分子”としての高山・垣原のほうが面白いと思うしそれでなければ全日に「フリー」として上がる意味はないだろう。まあ、今日は1つの実験みたいなものかな。


第8試合:'98チャンピオンカーニバル優勝決定戦時間無制限1本勝負
○三沢(22分5秒 片エビ固め)秋山×
※ランニングエルボー


10分ごろから秋山の足攻め、そこから秋山怒濤の攻め。でもなんでか返してる三沢の反撃、ジャーマンにタイガーのスープレックス。20分過ぎ秋山垂直落下式ブレンバスターからエクスプロイダーを決めるがカウント2。膝が悪くて絶不調のはずなのになんでことごとく返せるのか不思議でしょうがない。エルボー3連発→前転かかと落とし→タイガードライバー(カウント2)→ランニングエルボーバットでフィニッシュ。秋山は1月の三冠戦の時よりも良かったと思うし今度こそ勝てるんじゃないかと思っていたけど、勝てなかった・・・。ん〜何故なんだろう?


戻る