98年3月29日 全日本・愛知県体育館大会観戦記

 名古屋って高速バスでも6時間くらいだから日曜であればかなり行きやすい。名古屋地区はかなり興行的に力を入れているみたいだから(その割には動員数が…であるが)比較的いい試合組まれてるし、「行こうかな」って気にさせてくれるのだ。まあ名古屋にはお知り合いの方々がいっぱいいるって事もあるんですけどね(^^;ゞ


第1試合:20分1本勝負
○菊地(5分36秒 逆エビ固め)橋×


 期待の新人森嶋クンに次いでデビューを果たした橋クン。デビュー前から注目を集めていた森嶋に比べて、少し地味な感じ。技術的なものはともかく、スタミナが絶対的に不足しているからすぐに息が上がってしまう。とにかく今は場数をこなしていくだけですね。一年ぐらいしてどんなタイプの選手になっているか楽しみ、かな(^^)。


第2試合:30分1本勝負
○金丸 小川(9分30秒 片エビ固め)森嶋× 志賀
※ムーンサルトプレス


 後楽園でのデビュー戦を寝坊という最低の理由(--;で見逃しているため、森島クンの試合を観るのは初めてということになる。体格的には4人の中で一番だけど、当然といえば当然だが小川にいいようにあしらわれてる。うわさ通りドロップキックの迫力は軽量の金丸には出せないものがある。金丸は先輩としての意地を見せた形ではあるが、後楽園同様に空中殺法が雑。フィニッシュも森嶋の「足」への「不完全」なムーンサルトであった。


第3試合:30分1本勝負
○Mモスマン(9分23秒 ノーザンライトスープレックスホールド)奥村×


 奥村の色の黒さは冬木軍の興行などで認識していたので、気にならないと言ったらちょっとウソだけど(^^;こんなもんでしょ。それよりもびっくりしたのが受け身などの基礎が以前観た試合より全然上手かったこと。冬木との一騎討ちじゃそういうところまで観れなかった、ってことかもしれないけど(^^;? まあそんなわけで奥村に対する好感度アップ、黒すぎるところは除くけど(^^;;;


第4試合:30分1本勝負
百田 ○R木村 G馬場(14分9秒 グラウンドコブラツイスト)泉田 永源 渕×


 今日は百田男氏らが来てるからそれなりに盛り上がる。今日の永源砲。西側エプロンで馬場さんのチョップと、北側エプロンで馬場さんのチョップで各1発、計2発。ラッシャーのグラウンドコブラは久しぶりに見たような。
 今日のマイク。「永源、サクラの花もやっと満開になって、うれしいね。そのうちよかったら花見に行きましょう。でも、お互い枝を折るのはやめましょうね。」「渕、言うことがあるからそこに居なさい。」「私はいつも渕の嫁さんの話ばっかりしてますが、でもこればっかりは途中でやめるわけにはいかないんです。本人も結婚に向けて頑張っています。選挙ではないですが、最後の最後まで温かい御声援をよろしくお願いします。」・・・なんか今年は「渕事情(^^;」が進展しそうな感じがするが、はたして?


第5試合:30分1本勝負
○垣原 高山(13分15秒 ヒザ十字固め)井上雅× 秋山


 本来なら田上とリーグ戦を行う予定だった秋山だが、田上の欠場により急きょタッグマッチに変更。でも垣原とのからみがまた観られるということで、個人的には結果オーライ(^^) 雅央がどんな試合をするかも注目されたところだが、雅央は雅央、いつも通りのラフ殺法であった。雅央なりのこだわりがあるだろうし垣原も少なからず面食らったように見えたが、やはりそれだけではなかなか・・・。垣原のキックはばこーんばこーんと食っても耐えていたが、グラウンドでは手が出ない。最後はジャーマンにいこうとするところを垣原お得意の前転式ヒザ十字。一方の秋山はあまり垣原とは絡まずどっちかっていうと高山とやってた印象がある。そうそう垣原とばかり試合するわけにはいかんだろうけどね。しかし秋山、田上戦不戦勝ということでなんか(良い意味で)やばい感じ(*^^*) 小橋VS秋山で決勝だぁ〜!!


第6試合:30分1本勝負
○Jスミス ウルフ Gオブライト(18分38秒 片エビ固め)浅子× Gキマラ Jエース
※リバースDDT


 リーグ戦のためにどうしても余る選手が出てしまうけど、これはちょっと凄いカードだ(^^; 浅子とキマラとエース、全然共通点が無いんですけど・・・。武道館ではどんなカードになるかちょっと楽しみではあるけど、こわいよね:-P 


第7試合:公式リーグ戦30分1本勝負
○小橋(12分42秒 片エビ固め)大森×
※ラリアット


 小橋は「受け」から試合を組み立てていく選手だけど、今シリーズはいつにも増して受け過ぎの感も。開幕のエース戦なんかほとんど受けまくっててドローだし。大森はよく攻めるけど、まだどうしても技の間が開いてしまう。大森が善戦したようにも見える試合だが、どっちかっていったら小橋が「受けていた」試合。だけど大森が「攻めさせてもらった」試合、という印象はなかった。上を目指すための”もう少し”、そのもう少しが重い・・・。


第8試合:公式リーグ戦30分1本勝負
○Sハンセン(18分58秒 体固め)Sウィリアムス×
※ラリアット


 ここまで全勝のウィリアムス。ここで何とかハンセンに食い止めてもらいたいが、前半は一方的なウィリアムスペース。中盤にブルロープ、イス、カメラケーブルを使って反撃に出るが、完全に形勢を覆すまでには至らず。それよりも試合中にブルロープを使うハンセン、というのはいままでほとんど観た記憶が無い。それだけ必死だったのか、それともそれに頼らなければならなかったのか・・・。ともかく試合はハンセンが最後のワンチャンスを物にして薄氷の勝利。引き上げていくときのロングホーンもフラフラな状態でやっと出すような状態。これも時代の流れなんだけど、ねぇ・・・。


第9試合:公式リーグ戦30分1本勝負
△三沢(30分時間切れ引き分け)川田△


 5/1東京ドームの前哨戦ともいえる試合。でも去年も愛知県体での公式戦も三沢VS川田だったよね。名古屋に力を入れてるのは分かるんだけど、ここは敢えて違うカードにしたほうがよかったような気も。5/1を睨んだためか、それともリーグ中盤ということで疲労のピークに達していたためなのか、2人ともどこかやりにくそうな感じの試合展開で30分ドロー。それはそれでしょうがないのだが、やはりすっきりした結果を見たかった、というのが正直なところである。

 森嶋、橋の両新人の試合が観れた上に、田上欠場という残念なことはあったが結果的に秋山と垣原、高山の絡みが観れたので、大満足(*^^*)な遠征でありました。


戻る