98年3月21日 全日本・後楽園大会観戦記

幕張でのゲームショーに始発で行って(^^;睡眠時間3時間。今日も相変わらず・・・。


第1試合:30分1本勝負
○井上雅(12分59秒 アルゼンチンバックブリーカー)金丸×


 最近金丸の空中殺法が雑になってる様な感じを受ける。技術的に落ちてるということは考えにくいから、以前からあまり進化してないのを「雑になった」と感じるのかもしれない。空中殺法って失敗したらものすごくみっともないから、丁寧に出さなきゃいけないと思う。飛んだり跳ねたりを売りにするのはいいけど、だからこそ乱発しないで大事に使っていってほしいな。


第2試合:30分1本勝負
○Mモスマン 小川(12分56秒 片エビ固め)志賀× 大森
※ハワイアンクラッシャー


 志賀、小川に対しての「金本式ローリングセントーン」をモロはずす。空中殺法が雑というのは志賀に対しても言えること。ロープに足通してくるっと回るフェイントも変にぎこちなく、いくら開幕戦だからといっても「それはないんじゃないか」と思ってしまう。モスマンは安定感が出てきた。ドームでは良い試合してね。


第3試合:30分1本勝負
○百田 R木村 G馬場(15分30秒 エビ固め)菊地 永源 渕
※サムソンクラッチ馬場さんサポート付


 菊地さん、更にクラッシュ(^^; タイツのお尻のところにボールを3個ほど食い込ませて隠してる。今日の永源砲はそれぞれ北側エプロンでの百田チョップ、東側エプロンでの馬場さんのチョップ、場外で百田が押さえつけてる所への森嶋エルボー、から発射された3発。


第4試合:公式リーグ戦30分1本勝負
○田上(9分41秒 片エビ固め)Gキマラ×
※のど輪落とし


 田上は結局新テーマ使ってくのかな。スローテンポな試合。キマラもそれなりに攻め込むけど田上を追いつめるまでにはまだまだ。田上の安定勝利といったところか。


第5試合:公式リーグ戦30分1本勝負
○川田(3分59秒 片エビ固め)泉田×
※ジャンピングハイキック


 泉田、ゴング前から奇襲。持ち技を全部出そうとしてる。ムーンサルトはかわされたが、その気持ちは良し。ウルトラタイガードロップも出したが、川田の牙城を崩すまでには至らず。川田も最近では珍しいニールキックをみせる。最終的には全日の試合の中では「秒殺」とも言える時間で負けてしまったが、泉田の気持ちの伝わる試合ではあった。あとは、これより前にに「もう一歩」進めるかどうか、だろう。


第6試合
Jスミス ○ウルフ Sウィリアムス(20分15秒 片エビ固め)浅子× 秋山 三沢
※ターボドロップ2


 開幕2連戦では公式戦のないウィリアムス、血の気が余ってるのかな(^^;? 見せ場といえば、場外にウィリアムスを落としておいてリング内から浅子が「カモン、スティーブ!!」って挑発したところかな。そのあとぼこぼこにされると分かっていながら・・・(T T)


第7試合:公式リーグ戦30分1本勝負
○Sハンセン(10分54秒 片エビ固め)Gオブライト×
※ラリアット


 明らかに突進力の落ちてるハンセン、あまり自分からは前に出ていかないオブライト。最後はラリアットを無理矢理決めて勝ったけど、このあとの長いリーグ戦に耐えられるのかなぁ、と思ってしまうくらいの試合であった。ほとんど気力だけで戦ってるようなものだからねぇ。


第8試合:公式リーグ戦30分1本勝負
△小橋(30分時間切れ引き分け)Jエース△


 同じタッグパートナー対決でも去年とはえらい違いのエース。試合的には先シリーズの三冠戦より良い試合であったが、カーニバルで発病する「引き分け病」が出てしまった。いいところまでいくけど勝てない。そういう試合で勝っていればエースに対する評価ももっと高いはずなのだが。一方の小橋は、エースの執拗な足攻めで足首あたりを負傷したらしく、動きに精彩がない。そのままずるずると防戦一方な展開になってしまう。ラスト5秒ぐらいででラリアットを決めるが時間切れ。エースのペースにはまってしまった様。まあ小橋はともかくエースは前途多難だなぁと思った試合ですね。


戻る