98年2月28日 全日本・日本武道館大会観戦記

 今日も睡眠時間3時間。新宿やら神保町やらでフラフラしてから武道館入り。


第1試合:30分1本勝負
○金丸 浅子(11分42秒 片エビ固め)Mヨネ× 池田
※ムーンサルトプレス


 多聞が負傷欠場でメンツが一人足りなくなったために、急遽追加参戦のヨネ。なかなかイキが良くていい感じ。浅子をバンバン蹴る。しかし浅子もなかなか倒れない。尻がタイツからはみ出してるけど(*^^*; 金丸は相変わらずの空中殺法だけど、まさかフォールを取るとは思わなんだ。ヨネはウエイト的にちょっときついかもね。


第2試合:30分1本勝負
外道 ○邪道(10分9秒 片エビ固め)志賀× 小川
※垂直落下式ブレンバスター


 武道館に邪外。半年前には夢にも思わなかったぞ。遂に念願の小川と外道の「金的合戦」が実現!!邪外参戦が決まってからこれを夢見てきたんだぁ〜(T^T)q 金的を食らって悶絶、そして内股歩きの小川。素晴らしい!!仕返しに金的にニーを落とす小川、それに続く志賀。素晴らしい!!でも外道の金的攻撃に対して全然ブーイングが無いのはど〜いう事なのか?全日ファンなら絶対にブーイングするべき場面だと思うんだけどなぁ。などと言いつつ、そ〜いう自分は狂喜乱舞(*^^*; チームの連携は邪外の方が上。どこかよそよそしい感じはしたけど、初めて観る武道館のお客には概ね好意的に受け入れられた模様。最後の垂直落下は説得力十分であった。小川がカットするかと思ったが、そのままピン。そういや、邪外のテーマ曲がやけに全日の風景に合ってるなぁ、と思ったらファンタスティックスと同じだったのね。何度か聞いてるのに開幕の後楽園の3日後ぐらいにふと気がついた。


第3試合:30分1本勝負
ウルフ ○スミス(13分20秒 片エビ固め)井上雅× Mモスマン
※リバースDDT


 雅央のほうが先輩なのだが、モスマンのテーマで入場。さらにそれに対して何の違和感もわかないのだからどーしたもんか。雅央には雅央の考えがあるとは思うが、未だに「この位置」にいることはどう考えても問題である。もうとっくに若手の域からは出ているんだから、「上を目指す」ということを伝えてきてほしいと思う。


第4試合:30分1本勝負
○菊地 永源 渕(12分9秒 エビ固め)百田× R木村 G馬場
※スクールボーイ


 今年初めての武道館ということで「あの菊地」を初めて観るお客も多く、あちこちから「ど、ど〜したんだ?」との声しきり。そりゃあそ〜だわなぁ(^ ^; 今日のスイングは、渕が東側から反時計に6と1/2回転のみで永源は無し。む、飽きたのかな?でも永源砲だけは忘れない。場外で百田のチョップにより東側客席へ1発、北側エプロンで馬場さんのチョップにより1発、続くラッシャー自らのチョップで自爆の1発、で計3発。
 マイクは「永源、長野オリンピックではずいぶん感動が有りましたね」「ところで、俺は夢を見たんだよ。永源がスキーのジャンプをするっていうんだ。俺は止めたけど、行ってしまったんだよ。もっとも、飛ぶ前に転んでしまったけどな」(ここに渕ネタがあったのだが、メモが解読不能なため省略(--;ゞ)「菊地、菊地、おまえは相当悪役商会に染まってしまったな。そこまで染まると、なかなか抜けられないぞ」菊地、ラッシャーに近付く。「ここまで来たってことは何か言いたいのか?」「ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、ウォォォォォォ〜(菊地)」「・・・おまえ、それじゃ何言ってるか分からないよ」「おまえ本当に大丈夫か?はやく控え室にいって着替えなさい」「本日もお越しいただいて有難うございます」といった感じ。菊地さんの大異変に場内「?」の嵐。


第5試合:30分1本勝負
○BダンカンJr Sハンセン(12分46秒 片エビ固め)泉田× 大森
※ハンセンのラリアットから


 ダンカンが攻められまくって、ほとんどハンディキャップマッチの様相。しかしそれでも攻め切れないのが現在の大森(と泉田)なのである・・・。試合権利が無い状態で、無理矢理泉田にラリアットを決めてブッ倒れてるダンカンをカバーさせて勝ち名乗り。良くなってきているとはいえ、大森はまだまだこの程度なのだ。とにかく「空回り」を無くすだけでも全然違ってくるはず。その上でガンガン前に出ていけるようになればいいんだけどねぇ。カーニバルでの奮起に期待したいですね。


第6試合:30分1本勝負
秋山 ○小橋(13分56秒 片エビ固め)垣原× 高山
※ラリアット


 全日の会場でUWFのテーマが流れたら面白いだろうなぁ、と思っていたが予想通り高山のテーマで入場。ちょっと残念・・・。カッキーに対する場内の第一印象はまあまあ良好といったところ。それなりに歓声があがってる。でもやっぱり小橋・秋山に対する声援は凄い。ヘビー級の対抗戦的カードって川田VS高山以来だし、しかも相手が自らを「UWF」と称する垣原。全日ファンにとって、物凄く刺激的なカードであることは間違いない。その証拠がこの大歓声なんだろうね。先発は秋山、垣原。U嫌いの秋山のことだからそっけなくあしらうのかと思えば、グラウンドの展開で優勢に立ちそれなりにつきあってる感じ。秋山のグラウンドなんてふだんはめったに観られないし、いい感じである。小橋は小橋で自分の試合をやってるし、四者それぞれの持ち味は出ている。小橋は感情の先行するタイプだからガード云々は関係無し、キックもばこばこ受けまくる。これに関しては賛否が分かれるところではあると思うが、これが小橋のスタイルなのだ。
 垣原はキックも鋭く動きがいいのだが、なぜか得意の掌底がほとんど出ない。何か考えがあったのかもしれないがちょっと気になった。ウエイトの差はいかんともし難く、秋山の裏投げ、小橋のキャプチュードで宙を舞う。最後は秋山と高山が場外にもつれてる間に、チョップ合戦をしている小橋がラリアット一閃。
 ぎこちない部分もあったがそれはそれで「味」となってると思うし、なによりも久しぶりにワクワクする試合であった。高山は上がるごとに進化しているし、秋山と垣原のシングルなんかは面白そうだと思う。今後の展開が楽しみである。


第7試合:世界タッグ選手権試合60分1本勝負
田上 ○川田(11分10秒 片エビ固め)Gオブライト× Sウィリアムス
※ジャンピングハイキック2連発

 ※川田・田上組が初防衛(第35代王者)

 明らかに短期決着を狙っていたTOP。オブライトはかんぬきで川田をポンポン投げてウィリアムスはスリーパーで田上を絞めるけど、フルネルソンやバックドロップをなかなか出そうとしない。ジャーマンは出したけれど、結局決め手を欠いてあっという間に逆転されて終わり。ウィリアムスとオブライトは試合運びに難があるだけに、一度崩されるともうだめなんだよね。タッグだから連携も大事だし、その辺をね>TOP。


第8試合:三冠ヘビー級選手権試合60分1本勝負
○三沢(33分34秒 片エビ固め)Jエース×
※タイガードライバー’91

 ※三沢が8度目の防衛(第17代王者)

 後半のエースの攻めは非常に良かったんだけども、前半、特に15分までの展開はちょっと問題有りに思う。攻防のリズムがバラバラで、受けるのも半端反撃するのも半端、観客も少しだらけ気味になってた。初挑戦ということで緊張するのも分かるが、前哨戦でみせたような積極的な攻撃が出なかった。中盤のグラウンドでのネックロックは良かったけども、前半戦でのテンポの悪さのおかげで大半のお客に「あ〜またかよ〜」と言わせてしまった。パリッとした攻防が出来ていればあのネックロックも説得力が伝わったと思う。まあ、その辺は経験が全てだから、シングルでの大一番の経験の絶対数が不足しているエースにいきなりそれを求めるのはちょっと酷な気もするが。終盤にみせたメキシカンエースクラッシャーにはびっくりした。ショルダースルーで放り上げてそのまま叩きつけるだけかと思ったのに、空中でキャッチしてエースクラッシャーとは。
 試合全体を通してみれば「エース健闘」となるけれども、技と技の間が開いてしまって間延びした前半が無ければ「試合」としても満足できるものになったと思う。そういう意味でも前半戦のテンポ悪い展開は悔やまれるところ。

・・・こういう「終わり良ければ全て良し」なところが”サポーター”ファンの甘いところかもね。


戻る