98年2月19日 冬木軍・後楽園大会観戦記

 1/18新東京後楽園大会で観たブリーフブラザーズに魅せられて、また観るべくひょこひょこ後楽園まで・・・(^^;ゞ


第1試合:20分1本勝負
○Mポーゴ(7分50秒 体固め)M佐々木×
※空中胴締め落とし


 ・・・う〜ん、何だか「凄い」ものを観せられてしまった。FMWの試合って1興行全部観たことないからわからないけど、まさかこういう試合でファンは納得してたりしないよね?すごく長い時間に感じたけど8分弱・・・。しょっぱなから場内が極寒になってるし〜:-P


《もうすぐ7時・・・》
 第1試合の後にくるとは思ってなかったのでちょっとびっくりしたけど、極寒の地から帰ってくるにはちょうどいいタイミング(^^;なブリーフブラザーズのコントコーナー。どこから出てくるかと思えば、「8時だよ全員集合」のオープニングテーマにのって東側バルコニーで踊ってる(*^^*; それが終われば、南の客席に出てきて例のテーマでブリーフダンス。たった1カ月でこんなに進化してるとは驚きだ。しかし今のお子様にはドリフコントは分からないんじゃないかという心配が・・・(^^; まあ、ほとんど「18禁」プロレスだからお子様はいない、かな? それにしても面白すぎ(^^) 北側にはサイン入りブリーフ持って踊り狂ってる!女性までいる。まさに「非日常的な空間」である。


第2試合:30分1本勝負
鈴木 龍羅 ○ザ・ブラディー(21分40秒 ジャーマンスープレックスホールド)曽我部× 阿部 小杉


 ブリーフコントが終わってどっと疲れがでたところで一服・・・とはならなかった。なんかこれまた「凄い」試合。不必要に長く試合をやってるような気がしてならなかった。女子プロは観てないけど嫌いって訳じゃないから偏見はないけども、これはちょっとねぇ・・・。ん〜、頑張ってほしいっす。


第3試合:30分1本勝負
○北原(8分28秒 キャプチャーα)非道×


 なんか、噛み合わない試合。北原が、全く非道に合わせないから当然なんだけど、ちょっとこれはねぇ。ただ単に殴る蹴るじゃなくて、もっと試合運びなんかを考えてほしいぞ>北原。あと、あのダサいコスチュームをなんとかしましょう:-P


第4試合:ロッキーマウンテン認定ノースアメリカン・ミッドヘビー級選手権試合60分1本勝負
○外道(13分10秒 外道クラッチ)Rフジ×

※初防衛に成功(第4代王者)

 フジって初めて観るけど、なんか動きがカクカクしてる(^^; 場外での「ギブアップって言え!SAY GIVE UP!(フジ)」「ノー!(外道)」は面白かった(^^) 両者ともかなりセンス有ると思うけど、いかんせんフジは技量が少々ついてきてない感じなのが残念。でもいい選手だなぁ>フジ。掟やぶりの逆外道クラッチは惜しかった。けど最後はやっぱり「安定勝利」って感じで正統(?)外道クラッチ。

やっと面白い試合が出てきたね〜:-)


第5試合:45分1本勝負
○大矢(12分33秒 片エビ固め)邪道×
※バックドロップ


 写真で見るより実物のほうが髪薄いねぇ(^^;>大矢。でも、邪道もちょっと薄いぞ。 やはりこちらでは金的全開な邪道。マジで痛そうである(>。<) 最後の、大矢のバックドロップを受けてもすぐ立つ邪道の表情が素晴らしかった。でもさすがに3連発はキツいよね。


第6試合:世界ブラスナックルタッグ選手権60分1本勝負
金村 ○M雁之助(11分21秒 片エビ固め)中川× 黒田
※ベルトで殴打

※3度目の防衛に成功(第15代王者)

 いきなり「探偵物語」のテーマが流れてきてちょっと意表をつかれた。でもやっぱり入場時はあのテーマ。なんか松葉杖ついた人が認定証読んでるけど、金村とかツバかけたりして、しまいには低空ドロップキックまで食らわす。「おいおい一般人(だと思った)にその仕打ちはひどいぞ」と思ってるうちに試合始まってるし。話には聞いていたが、中川はやたら髪をかきあげる仕種をしてる。うっとおしいなら切れ〜(^^; 一進一退の展開だったが、レフェリーのテッドに(どう見ても意図的に)ラリアットを誤爆してから大きく動く。中川が雁之助にエースクラッシャーを決めてフォールするが、テッドが失神してるんで幻の3カウント。セコンドがテッドを起こしてる間に完全にとどめを指すべく、中川がコーナーに上がる。ふと気がつくとなぜかさっきに松葉杖兄ちゃんがエプロンによじ登ってる。「な〜にやってんだ?」と思ってると、なんかしっかり両足で歩いてその手に持った松葉杖でコーナー上の中川を一撃!! 俺はてっきり卑怯な手を使うブリ・ブラに一撃加えるために出てきたのかと思ったのに、こいつはビッグ・サプライズ! 試合前のアレもお芝居だったのね〜(@。@) で、雁之助が持 ち出したベルトで中川を一撃して、気をを取り戻したテッドがすかさず3カウントを入れる。・・・ん〜、凄いぞなんか(^^;
 試合後は3人して踊ったあげく、あの兄ちゃんが「騙すより騙される方がが悪りぃ〜んだよ!」とマイク。その後もういっこ(大仁田に)「長崎の化石になれ!!」と、どっかで聞いたセリフまで。う〜ん、なかなか考えてますな。あげくのはてに、3人して北側でタバコ吸いながら踊ってるしぃ〜(^^; ホールって場内禁煙じゃなかったっけ?

 ※ちなみに後オフにおいて、あの兄ちゃんがFMWのレフェリーと知ったのでありました・・・。

 いやいやサイコー(*^^*)面白すぎ。


第7試合:ランバージャックデスマッチ時間無制限一本勝負
○冬木(16分17秒 片エビ固め)ハヤブサ×
※裏拳


 ランバージャックっていっても、セコンドが両軍選手ってんだからまともな試合になるとは微塵も思ってなかったが、やっぱりその通り(^^; そのおかげでマジになって怒ってる観客続出。普通の試合やったところで冬木が勝って当然だと思うけど、わざわざランバージャックなんて形式にしてしかもセコンド乱入し放題。卑怯の限りを尽くして勝ったという印象を観客にあたえて、ハヤブサ=絶対的ベビーフェイスということを際立たせる・・・。冬木よく考えてるよ、ホント。場外では色々やってるけど、実はリング内ではいたって真面目な試合して、ハヤブサのジャーマンやドラゴンをしっかり受け切ってる。FM、特にハヤブサファンには怒りだけが残る試合だったかもしれないけど、個人的にはこの試合で冬木が「好きなレスラー」の仲間入り。「ハヤブサをエースにした第3勢力を作る」っていうことを真剣に考えてるんだなぁ、というのが良く分かったから。まあでも、なんだかんだ言って「とりあえず面白きゃOk!」が基本だからね〜>自分(^^;ゞ
 試合後におひねりを投げようと思ってそれ用の紙に包んで投げるが、ハヤブサの方のおひねりがリングサイド客席、というか目の前の席に失速(^^; も一度冬木のやつを投げたらなんとかリングイン。ハヤブサの方は「軽かった」からかな。ちなみにハヤブサ:12円、冬木:76円。小銭入れから適当に見当つけて取ったらこんなん。100円玉が出なくてよかった・・・。リング上では当然のごとくブリーフダンスが繰り広げられる。イスのカバーとかジュースのパックとかが飛び交ってて、騒然とした雰囲気。凄いエンディングだ。

 でも、またやったら観に来よう(*^^*)


戻る