98年2月14日 全日本・後楽園大会観戦記

仕事の編成上ムリをしたので、2時間しか寝てないからベロンベロン・・・かと思いきや、以外にも平気。今日は立ち見だったけど、南側L列5〜6番の間にちゃっかり座るが試合が始まっても立ち見が階段にまで溢れてこなかったので、一人だけぽつんと座ってる(^^;


 今日は邪外に期待したいっすね、”ブリ・ブラ”ファンとしては(^^;;;

第1試合:30分1本勝負
○井上雅 浅子(17分3秒 アルゼンチンバックブリーカー)小坪× 『神風』


 先発は雅央、『神風』。最初はオーソドックスなバックの取り合い。中盤は小坪が捕まる。雅央、声援を受けて頑張るが、ミサイルキック自爆。そうこうしてるうちにカミカゼトルネードが雅央に。これは浅子がカット。15分経過で分断雅央が小坪のスリーパーに捕まる。浅子がカットして水面蹴りでペースをつかみ、小坪を集中攻撃。浅子が『神風』にプランチャの間に、雅央が決めた。でもなんか、アルゼンチンじゃないぞ(^^;
 小坪はいまいち勢いがなくてこれはちょっときついな〜って印象。『神風』は体格はいいんだけどこれまたどたばたした感じ。でも慣れればそれなりにいけそうだが、パートナーがいないよな〜。


第2試合:30分1本勝負
○外道 邪道(14分36秒 体固め)金丸× 小川
※ダイビングボディープレス


 邪外はムラサキガウンに赤コスチューム。金丸はリングインするやいなや、邪外を挑発。先発は金丸、外道。外道を場外に落としてパフォーマンスする金丸。いつも秋山相手に練習してるからねぇ。小川はヘッドシザースで外道を絞める。第1試合から、鶴田が西側奥で観てる。10分経過のアナと同時に小川のバックドロップが邪道に決まるがやや浅い。外道コノヤローアストロシザース、ムーンサルト、金丸クラッチと攻めるが決まらず。小川を分断して邪道のパワーボムから外道のダイブプレスで金丸が沈む。
 邪外はいいんだけど硬い感じがする。まあ参戦初日だからね。でも前に観たときはけっこう大きいって思ってたけど、この試合では小川が一番大きかった。観客の反応はまあまあだったけど、どう反応していいか分からない感じもあった。金的にもそんなにブーイングなかったし。ま、第一印象としては好感触かな。


第3試合:30分1本勝負
○ウルフ(13分28秒 片エビ固め)泉田×
※ターボドロップ2


 なかなかマニアックな組み合わせ、その上もったり味の試合。場外に落ちたウルフにトペを放ったり所々では積極性がみられた泉田。でも技が単発になってしまうからどうしても流れが悪くなってしまう。10分頃に泉田攻勢。いん石はカウント2。続けて出したムーンサルトはかわされる。そこからウルフペース。泉田も粘るがターボドロップ2でピン。ダサいから、試合後ウルフのテーマをずっと流さないように・・・(^^;;; ウルフも一発は重いけど単発だから流れが悪い。真のランクアップはまだまだ、といった感じ。


第4試合:30分1本勝負
○菊地 永源 渕(12分17秒 エビ固め)百田× R木村 G馬場
※サムソンクラッチ潰し


 菊地さん、ちょっとラメ入った銀ライン&文字付き黒タイツ。また黒に戻しちゃった。「怪音波攻撃」はますます磨きがかかってる。赤と緑のライン入りの垂れ幕が登場したけど先発は百田、永源。今日の永源砲は北側で百田と馬場さんのチョップで1発づつ、東側で馬場さんのチョップで1発、の計3発。今日は早いから心構えができてなくて、1発目を見逃したぞ(^^; 今日の永源スイング・・・は無し。どうしたのかな?百田のサムソンクラッチを菊地が更に丸め返してピン。
 今日のマイクは「永源、もう帰ったの?・・・この間な、オレは大島に行ってツバキの花を見てきたんだよ。綺麗な花を見ると心が和むね」「いくつになってもチョコをもらうと嬉しいもんですね」「渕、早く出てこいよ。おまえ、今日も結構義理チョコを貰ってたな。いいか、そういうものは貰えるうちが華なんだから、よーく味わって食べるなさい」「菊地、おまえどっか外国に行ってきたのか?でもおまえ、口もでかいけど頭も硬いな。・・・も〜帰りなさい」「ファンの皆さん、もう春ですね。今シリーズもご声援よろしくお願いします」といったところ。


第5試合:30分1本勝負
BダンカンJr ○Sハンセン(5分5秒 エビ固め)本田 川田×
※ラリアット


 いきなり奇襲をかけるハンセン組。川田がハンセンを蹴散らしてようやく試合らしくなる。ダンカンがへなちょこでやられまくる(^^; ようやくハンセンがカットに入ってタッチ、そこからが速かった。少し技を出しただけで川田に対しラリアット。これはかわされるが、川田のジャンピングハイをガードして再度ラリアット。あっという間に決まってしまう。


第6試合:30分1本勝負
Gオブライト ○Sウィリアムス(11分16秒 エビ固め)大森 田上×
※ドクターボム


 田上のテーマ、またかっちょわりーヤツになってるし。結局どっち使うんだ? 大森、積極的に攻め込んでいくけど、オブライトのすごいパワーボムをもろに食う(^^; 田上も積極的。みんな飛ばしてるなぁ。邪外が西側奥で観てる。10分すぎ、ウィリアムスのオクラホマスタンピート(久しぶりねぇ)が田上にバッチリ決まる。バックドロップはコーナーを蹴って逃げたものの、続くドクターボムであっさり取られる。ん〜・・・。

 今日の川田上はどうなってるんだ?


第7試合:60分1本勝負
Jスミス ○Jエース 小橋(27分38秒 片エビ固め)Mモスマン 秋山× 三沢
※コブラクラッチスープレックス


 エースは黒タイツに黒ニーパッド。やっぱこっちのほうがしっくりくる感じ。先発はスミス、モスマン。序盤からGETのバックドロップネックブリーカやら秋山のジャンピングニーやらダブルアーム式脳天杭打ち(フェイスバスターではないぞ、あれはもう)が飛び出す。当然の事ながら、エースは三沢を意識しまくり。今日のスミスの獲物は秋山、いつ観ても美しいチキンウイングフェイスロックへの入り。モスマンのキックをばこばこ受けまくる小橋、音がすごいよね。エース、三沢に対してバックエルボーにネックブリーカー。小橋の教育の賜物かな。いい感じ>エース。25分過ぎで試合が動く。分断して小橋のパワーボムとエースのダイビングボディープレスの合体はカウント2。続く雪崩式のエースクラッシャーはカット。三沢にダブルインパクト式エースクラッシャーを決めて戦闘不能にする。そのあとにエースのコブラクラッチスープレックスが完璧に決まって秋山からピン。とりあえず絶好調かな、エース。


 お、TVマッチなのに面白かったぞ。ん〜いい感じ(*^^*)


戻る