98年1月25日 全日本・横浜文化体育館大会観戦記

 今日の席は東側2階席最前列(^^) も〜いつもいつも菊地さんには気をつかっていただいて、恐縮の極みでありますm(_ _)m


第1試合:30分1本勝負
志賀 ○浅子(12分51秒 体固め)金丸× 小川
※フラッシュボンバー


 ちょっと遅刻してしまって、試合は既に中盤。色々がさがさやってるうちに終わってしまった・・・。ニュー志賀を観ようと思ってたのにぃ。やっぱ小川はいいね〜(^^)

 ここでカード順変更のアナウンス。スタンプは秋山の試合が第4試合になってるが、同じく第5試合になってるファミリー軍団のカードと入れ替える、とのこと。そういうミスは珍しいなぁ。


第2試合;30分1本勝負
○本田(11分31秒 エビ固め)井上雅×
※タモンズパワード


 かっちょいいバージョンの雅央テーマ、いかすのだ〜(^^) なんかさ〜異常に静かな場内。気持ち悪いぞ。中盤雅央がねちねち攻撃。多聞は頭突きで活路を見いだそうとする。雅央のアルゼンチンは未遂。これを確実に決めていけるようになれば、アジアも近くなるはずだけどね。最後は突進していったところをキャッチされて多聞ボムを決められ沈む。


第3試合:30分1本勝負
○泉田 Gキマラ(13分41秒 片エビ固め)SVクラッシュ× ウルフ
※いん石


 スカルに対抗して泉田も4方に敬礼(^^; 先発はスカル、泉田。スカルコールやや爆発。しかし、悪質なファンのおかげで部分的に大爆発!! 相変わらずの輝き具合のスカルさん。ちょくちょく呼んで慣れてくれば、アジアタッグ戦線もにぎやかにしてくれると思うけどな〜(^^) 問題はタッグパートナーをどうするかって事ぐらいだし。新年早々いいもの観させて頂きましたよ(*^^*)>馬場さん。試合後も律儀に敬礼するスカル。こんなに礼儀正しい?外国人選手はそうはいないよね。


第4試合:30分1本勝負
○百田 R木村 G馬場(13分10秒 首固め)菊地 永源× 渕
※スモールパッケージホールド


 先発は百田、永源。今日のスイングは渕が北東から反時計回りに1回、1と1/2回転。永源は南東から反時計回りに4と2/3回転。今日の永源砲。北側場外で百田のチョップにより1発、東側エプロンで百田が押さえてラッシャーのパンチにより1発、続いてもう1発狙ったラッシャー、自ら被爆(^^;で1発、の計3発。
 マイクは「永源、そこに立ってるのはお前の友達か?永源が眼鏡かけたらそういう顔になるよな」「それにしても横浜は久しぶりで来たけど、やっぱ横浜はいいですね」「渕、世の中の不景気はいつまで不景気が続くのかな。なんかパッとみんなで喜ぶようなことはないかな?俺は色々考えてみたけど、やっぱりお前の結婚しかないよ」あとは今年もよろしく、みたいな感じの挨拶。でもさ〜、この会場内に横浜の人ってどんくらいいたか、けっこう疑問だったりする(^^;


第5試合:30分1本勝負
○秋山(9分55秒 腕ひしぎ逆十字固め)Jスミス×


 秋山とスミスのシングルとは美味しすぎるカード。しかもサンケイスポーツ杯の試合(^^; 翌日に三冠戦を控えた秋山、開始早々からブルーサンダーを出して速攻秒殺モード。しかし、ジャーマンを切り返して腕攻めに転じるスミス。その後はスミスの独壇場、腕殺しのオンパレード。秋山じっと堪えて、スミスがラリアットに来たところに、ジャンピングニーを腕に合わせて返す。その一撃でスミスも腕を痛めた様子。パイルドライバーの体勢にはいっても、持ち上げられない。そんなスミスのリバD狙いを、を投げ捨てノーザンで返す秋山。そこからは一気。明日を見据えたタイガードライバー、そしてエクスプロイダーの体勢から巻き投げて腕ひしぎに固め、スミスからタップを奪う。翌日の予行演習として何か出してくるとは思ってたけど、まさか腕ひしぎとは思わなかった。


第6試合:世界ジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負
○Mモスマン(22分12秒 片エビ固め)Rサンタナ×
※ハワイアンクラッシャー


 またまた妙に静かな場内。モスマンの「エヘヘヘ」な呼吸法が良く響く(^^; 序盤は静かな攻防、ややリッキー優勢か。5分経過でモスマン寄りに。リッキーを場外に落として正面飛びのセカンドロープを抜けるスライディングキック。しかし場外ではリッキーがペースを握る。リングインしてもリッキー攻勢。モスマンピンチ。15分までリッキー攻めまくり。モスマン、雪崩式ブレンバスターを返してミサイルキックから反撃に転じる。だがリッキーも曲者。結局20分過ぎまでかかって、バックフリップ崩れ(ハワイアンクラッシャー)でモスマン防衛。「あわや!」という場面を何度も作った、リッキーの驚異的な粘りで盛り上がりまくる!最後の最後でブレイクしたね〜>リッキー。ま、キャリアは長いみたいだから当然といえば当然なんだけど、今まで埋もれてたのがもったいないなぁ。


第7試合:30分1本勝負
○Gオブライト Sウィリアムス(18分20秒 エビ固め)大森× 三沢
※フルネルソンスープレックス


 大森と三沢のタッグなんて最近では珍しい。相変わらず、な大森(^^; 先発は大森、オブライト。本物の三冠王者三沢とエプロン三銃士の一角(^^;の大森。大森の「熱い」ファイトに答え、客席からも熱い罵声が飛ぶ(^^;;; 大森、場外で「てめこのヤロー!」と言いつつオブライトを鉄さくに。そのあと客席のパイプ椅子を取ろうとするが、取ってみたら3連イス(^^; しかたなく振り上げて叩き付けるが、無情にもフェンス直撃(^^;;; リングインしてからはいい感じでオブライトを攻め込むが、乱戦模様からウィリアムスのタイガースープレックスが三沢に。何とか凌いだが今度は大森が捕まる。オブライトのパワーボムは三沢がカットするが、最後はフルネルソンで投げられてそのままの体勢の大森をフォール。大森、気迫の空回りが無くなるだけで、今よりずっと良くなると思うんだけどなぁ。もう少しの辛抱か?


第8試合:世界タッグ選手権試合60分1本勝負
○田上 川田(32分06秒 エビ固め)Jエース 小橋×
※ダイビング大開脚キック


 先発は田上、エース。序盤の川田との蹴り合いで足を痛めた様子の小橋。そんなに差はなかったが、やはり勢いという面で川田組のほうが上回っていた感じ。ピンチは何度かあったが決定的なチャンスは与えなかった。25分すぎ、これが決まった試合は勝率100%の奈落のど輪が小橋に! 事実上この一撃で勝負が決まったと言えるだろう・・・。30分経過で、更に川田組大攻勢。エースを蹴散らし、小橋を狙う。田上のジャーマン、ダイナミックボム、コーナーからの開脚キックで小橋沈む(T T) ダイナミックボムを返した時は「もしや・・・」と思ったのだが・・・。
 それにしても、去年からまともに防衛しているチームがないよなぁ。小橋組も取って落ちてまた取って、だったし。


戻る