98年1月23日 全日本・後楽園大会観戦記

 今日はチケット持ってなかったからダフ屋狙いだったけど、17時半で4倍(^^; 無理です。とりあえず立ち見で試合開始5分前まで最上段で粘って、それから南側K列41番横階段をGET(^^; でも、尻が痛〜いの。イヤンな感じ。


第1試合:30分1本勝負
○小川(5分59秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)金丸×


 今日は小川女さんはいるね〜。金丸、いきなり小川を場外に落として場外へ飛ぶふりフェイント2連発。リングに上がっても相変わらずの小川ペース(^^; グラウンドで押さえ込む金丸。小川がロープにふろうとしても「きゅきゅっ」て堪えるが、3回目でふられて「足とらせて延髄」を食らう。ちょっと早くないか(^^;?>小川。案の定、ちょっと攻勢になったがすぐ小川ペースに戻る。金丸がアラビアンプレスを小川に見舞って5分経過。このままいくか?と思ったら、またまた逆転。バックドロップからフィッシャーマンでピン。なんかサクッと決めた感じ。


第2試合:30分1本勝負
○Rサンタナ(7分58秒 片エビ固め)浅子×
※ダイビングボディープレス


 リッキーのテーマ、なんか妙な感じ(^^; 「リッキー」の声のする方向に人差し指を指すリッキー・・・お調子者か? まずは首投げをヘッドシザースで返す一連のムーブから。そして力比べは、リッキー。「あ゙〜あ゙〜」ってねぇ(^^;>浅子。リッキーを場外に落としてスライディングキックを決めた浅子だが、続く場外飛びフェイントは起き上がりにラリアット。リッキー攻勢。滞空ブレンバスターからねちっこいスリーパー。そしてエルボーで攻めたてるが、うまく水面蹴りを合わせて切り返す浅子。ラマヒ、ウラカンカウント2合戦、雪崩式ブレンバスターと反撃にでるが、パワーボムからダイビングボディープレスを決められ沈む。リッキー老獪なのだ。

 試合後、WWFの関係者の紹介。でもすぐ帰っちゃう(^^; なにかある、と見てよさそうだ。


第3試合:30分1本勝負
菊地 ○永源(10分50秒 エビ固め)百田 R木村×
※スクールボーイ


 菊地さん、最近愛用の緑ラインタイツから、赤のライン&文字。菊地、ラッシャーを先発に指名するが百田が2人のライン上に入って妨害(^^; でも結局、先発は菊地、ラッシャー。相変わらず「ウォ〜!」「ウァ〜!」な菊地さん。代わった永源、全く決まってないスピニングトゥホールド(^^;からボウアンドアロー。今日のスイング。百田を南東側から反時計回りに5と3/4回転。今日の永源砲。南側ロープぎわで、エプロンからの百田チョップにより1発、東側エプロンでラッシャーのチョップにより1発、赤コーナーで百田のチョップによりラッシャーに誤爆の1発、の計3発。最後はコブラ狙いのラッシャーを菊地がカットして、すかさず永源がスクールボーイ。
 マイクは「永源、最近菊地がずーっと悪役商会でやってるけど、お前が入れたのか?」「菊地、菊地!それにしてもお前、大きな口してるなぁ。今は冬だからいいけど、夏になってそんな大きな口してたら虫が入るぞ」「ファンの皆さん、今日はアニキのお祝いに来ていただいて、本当にありがとう」みたいな。

 休憩時間に馬場さんへのプレゼントを手渡すイベントが。何人か知ってる人もいた。立ち見じゃなかったら自分も行ったんだけどな〜。それにしても凄い人数、かなり時間かかってる。締めは三沢で、花束を渡す。馬場さんのあいさつ「今日は大変ありがとうございました。これからも一試合でも多く頑張っていきたいと思います」といった感じ。飾りっ気がないのがまた良いのだ(*^^*)


第4試合:30分1本勝負
ウルフ ○Jスミス(12分48秒 片エビ固め)井上雅× 泉田
※リバースDDT


 雅央・泉田とは珍しいな。ウルフ〜、テーマ替えて〜(^^; お願い>セガさん。雅姉さまの「まさお〜」を気にするウルフ。先発はウルフ、雅央。ウルフのパワフルな攻め。いいぞ〜ラクロス〜・・・あ、あれ(^^;? 不意にキラリン!西側通路で待機するスカルの頭だった・・・。雅央がスミスの腕攻め地獄。続くウルフもバンザイラリアット。さらにスミス腕攻め。そうこうしている間にウルフのダイブプレス→スミスのダイブエルボーが雅央に炸裂。カウント2でカットが間に合うが、続くスミスのリバースDDTでピン。


第5試合:30分1本勝負
○Jエース(7分23秒 片エビ固め)本田×
※コブラクラッチスープレックス


 ありゃ、自分の場所からだとスティックが見えない。それとも持ってきてない?わけないか(^^; 序盤からチョップと頭突きが交錯する。ロープを挟んだエースクラッシャーも早速とびだす(エースがリング内) 多聞も突進をランニングネックブリーカーで返してSTF。さらにラリアットをかわして多聞式ジャーマン!エースが場外エスケープしたところで5分。でも、リングに戻ったエースに対して放った技が倒れ込みヘッドバッド・・・。それで参るほどエースはヤワではない。すぐに攻勢に。一度はコブラクラッチを返す多聞だが、再度狙ったのは返せず、モロ食らい。多聞半失神で退場。1発1発はいいものが有るけれど、もっと技の組み立てを考えなければ上位陣への食い込むことは難しいよね。


第6試合:30分1本勝負
○Gオブライト Sウィリアムス(14分04秒 エビ固め)SVクラッシュ× Gキマラ
※フルネルソンスープレックス


 キマラとスカルとはこれまた濃いなぁ(^^; リングインするなり北側を指差すスカル。期待が膨らむ場内だが、敬礼は南側だけだった・・・。先発はスカル、オブライト。スカルコールに答えて、吠えるスカル(^^; オブライトとのバックの取り合いや、腕の取り合いなどで見せ場を作る。なかなか器用だね>スカル。かと思えばウィリアムスとタックル合戦では一歩も引かず。いやいや、いいですわ〜(*^^*) 不意にウィリアムスがコーナーでウルフばりの一吠え。何かの鳴きマネかいな(^^; 「スカル〜がんばるぇい〜」お、悪質な応援が今日も聞こえる(^^;;; 敬礼無しの倒れ込みヘッドバッド3連発からギロチンドロップを見せるスカル。オブライトをさんざん攻める。オブライトのスープレックス狙いも逃げ切る。ストレッチバスター、合体パワーボムはキマラがカットするが、再度のフルネルソン狙いに捕まってしまう。見た目は色物なのに試合もそれなりに出来るスカルは近年稀にみる貴重なキャラクターだね(^^)


第7試合:あすなろ育成リーグ戦優勝決定戦60分1本勝負
○大森 秋山(19分37秒 片エビ固め)志賀× 田上
※ダイビングニードロップ


 ありゃりゃ、ま〜た田上変なテーマ曲で入ってくるし〜(^^; もしかしてその日の気分によって変えてるのか? それにしても大森は最高である。かっちょええ〜(*^^*) 入場は後だったけどコールは最初の秋山組。いきなり志賀を袋にする秋山組だが、七転八倒の活躍(^ ^;で蹴散らす志賀。大森のフィストドロップは「今日は」綺麗に田上に決まる。秋山は相変わらず大人げないが、志賀も一歩も引かずになんとエクスプロイダーの体勢に。志賀、ブレイク間近の予感。秋山はさらにえげつない攻めを志賀に仕掛けるが意地でも食らいついていく志賀。去年とは別人である! 最初の10分間で田上が出たのはわずか1回。全面的に志賀に依存の田上(^^; なんとか自力で返して田上につなぐ。だけど、そのヘロヘロの志賀を連携に借り出す非情な田上・・・まさに「非情のライセンス」バ〜イ鶴田、である(^^; またもロンリーな志賀。田上を分断して志賀を狙う秋山組。だがそれをも自力で返し、場外へ落とした大森にトペスイ!凄い頑張り。さらに大森にスイングDDT3連発!秋山のカットが無ければ・・・。さらにジャーマンもカウント2。攻めまくるが、遂に返され、大森のダイビングニーに沈む。しかし志賀の大健闘はズバ抜けて輝いていた。


第8試合:ジャイアント馬場還暦記念特別試合60分1本勝負
Mモスマン 三沢 ○G馬場(29分27秒 体固め)渕× 川田 小橋
※ランニングネックブリーカードロップ


 こ、小橋と川田か・・・こんな時でもなきゃみられないよなぁ。でも明後日世界タッグ戦で激突するんだよね〜。馬場組は当然馬場さんのテーマ。さらに当然の事ながら馬場さんが最後にコールを受ける。先発は小橋、馬場さん。小橋にチョップ、そして力比べでも小橋を押す馬場さん。こんな60歳何処にいる!すごいぞ!馬場さん!小橋の逆水平を受けきり、脳天チョップからかわず掛け。凄い・・・! 双方代わって川田とモスマン。そして三沢。川田女シャーラーップ!!どうしてこんな時くらい静かに出来ねぇんだ!!この試合の意味分かってんのか?!(--メ ひとしきり絡んで渕にタッチ。場外に落として場外飛びのフェイントを見せる三沢。小橋と三沢、モスマンの絡みも熱い。渕はモスマンに関節地獄。そんな渕を御大自ら制裁に。グラウンドの展開からロープに押し込んでチョップ、スタンディングの攻防から素早い巻き投げ。これにはいつも驚かされる。そして三沢につなぎ、渕も川田に。しかしすぐ馬場さんリングイン。馬場さんに顔面蹴り蹴りを見舞う。馬場さん脇固めで返すが、さらにスピンキックを食う。川田厳しい攻め。双方小橋、モスマンに。小橋の厳しい逆エビがモスマン に。川田にタッチして、同じくえぐい逆エビ。たまらず三沢がカットイン。再び渕、関節地獄にいざなう。川田にタッチ。蹴りまくる川田。モスマン蹴り返すがキャッチされる。小橋も同じく厳しいチョップ。串刺しショルダータックルをかわして三沢にタッチ。フライングラリアットにセントーン。馬場さんにタッチ。小橋を追い返し、さっきのお返しとばかりに川田に耳そぎチョップ、顔面逆水平。20分経過。代わった小橋、馬場さんのコブラを返し、ローリングクレイドルで回していく。さらにブレンバスター。川田のニードロップと小橋のギロチンの連続攻撃。これにはブーイング。さらに川田、コーナーに馬場さんをつめて蹴り。何とか返し、三沢に。25分。川田と三沢に技の読み合い。さらに小橋との攻防。パワーボムをヘッドシザースで返されるが、すぐにハーフネルソン。モスマンにタッチ、攻勢のモスマン。しかし、モスマンのノーザン狙いはDDTの小橋。替わって渕。モスマンはフィッシャーマンをかけてから馬場さんに。そこから乱戦模様。2人のフォロー付きで渕に一六文。そしてランニングネックブリーカー!!カウント3。素晴らしい!

 試合後、徳光アナがリングに上がり、ケーキを挟んでインタビュー。ローソクの火を消す馬場さん。2人ともすごく楽しそうに話してたのが印象的・・・。


戻る