98年1月18日 全日本・後楽園大会観戦記

 今日はリングサイド南側3列目という素晴らしい席(^^)


第1試合:30分1本勝負
○小川(8分32秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)志賀×


 あすなろ育成リーグで台風の目の志賀、ゴング前にドロップキックで奇襲!小川はジャンパーを着たまま戦うが、もみ合いながらももぞもぞ脱いでる(^^; その後も小川ペース。今日の髪はちょっとウエットなんで、期待できそうな感じ。でも今日は珍しく、5分前に小川が攻勢に出る(^^; これは非常に珍しいぞ。スミス張り・・・とはいかないが、腕を攻めていく小川。でもというかやっぱり、5分過ぎたら完全な”おがワールド”が展開される(^^;;; 当然志賀はワナであることに気づかずに(^^;逆さ押さえ込み、スイングDDT、ミサイルキックと攻め込む。む、ちょっとヤバいか?という展開。しかし、ボディスラムからのスワンダイブプレスを剣山で返される。いやいや、この辺が小川の素晴らしいところというか・・・(^^;。あとは足を取らせてからの延髄蹴りからの小川フィニッシュパターン。バックドロップがカウント2だったので、バックドロップホールドかと思ったが、ごく稀にしか観られないフィッシャーマンだった。


第2試合:30分1本勝負
○Rサンタナ Jエース(11分17秒 片エビ固め)Mモスマン× Gキマラ
※ダイビングボディープレス


 エースが第2試合とは完全に意表を付かれたなぁ。世界タッグチャンピオンの片割れが悪役商会絡みの試合の前に出るなんて(^^; ピーススティックの用意がされてなかったので、アセッて用意する(^^; モスマンのコスチュームはコバルトブルー。ニーパッドだけシアンで左ひじのサポーターは黒。なかなか「さわやかさん」なのだ。先発はモスマン、リッキー。モスマンとエースの絡みって久しぶりに観たような気がする。エースは世界タッグ戦が控えてる事もあってか、珍しいダブルアームスープレックスをモスマンに見舞う。熱戦が繰り広げられる中、コーナーに上ったモスマンを落とそうと場外からエプロンにあがったリッキー、さらにそれを押さえようとしたキマラにタイツを引っ張られ半ケツ(^^; フィニッシュ前は、エースのコブラクラッチが決まるが自分では決めずに「わざわざ」リッキーにタッチして、リッキーのダイビングプレスで決まる。むむ、これはタイトルマッチへの引っ張りか(^^;?


第3試合:30分1本勝負
菊地 ○永源 渕(14分10秒 エビ固め)百田× R木村 G馬場
※スクールボーイ


 「馬場さん出てくれー」の声にやる気満々の馬場さん。だが、ラッシャーに制された上、永源少年が「やめてー!」と言えばやめるしかない(^^; 先発は永源、百田。菊地がでてくると、永源少年からは「菊地吠えろー!」とリクエスト。当然吠える菊地さん(^^; 馬場さん、菊地をグラウンドでのフロントネックロックに捕らえ、悶絶させる。ビックリなのだ。今日の永源砲。南側場外で百田のチョップにより南側客席(^^;に1発、南側エプロンで馬場さんのチョップにより南西側客席に1発。今日のスイングは、渕が百田を東側から反時計回りに2と3/4回転、2と1/4回転。永源は東側から反時計回りに5と1/4回転。また少しづつ増えてきた。
 ラッシャーのマイクは「永源、成人式のこと思い出すか?俺は思い出すよ。俺はその頃とちーっとも変わってないよ。ってことは俺は全然成長してないっ、て事か?」「渕、おまえはどうして雪が降るとそんなに喜ぶんだ?一年なんてあっという間なんだから、雪合戦で遊んでる場合じゃないよ」「今年成人式の方、おめでとうございます。今、日本は大変景気が悪いですが、皆さんの若さで吹き飛ばしてください」みたいな。渕ネタは絶対にはずせないにゃ(^^;

 休憩時間に、成人の日色紙プレゼントが行われる。3年前は自分も貰ったなぁ・・・などと思う。いや、マジで(^^;;;


第4試合:30分1本勝負
○ウルフ(11分22秒 片エビ固め)SVクラッシュ×
※スーパーダイビングボディープレス


 うっひょ〜、超マニアライクなカードが実現!!一部マニアが超熱狂!!俺を笑い死にさせる気か!!(*^^*; リングインすると、なんと観客を煽りだすスカル。そしてコールされたら当然四方に敬礼!素晴らしい!全ての語尾に”!”が付いてしまうくらい面白すぎ!開始早々、顔を突き合わせて「おおっ」と思わせておきながら、デコをぺちぺち叩き合う(^^; 全身汗だらけのスカル。まるで滝のごとき量。その頭はすさまじいほどの輝きを放っている。場外乱闘でこれが迫ってきて、まぶしさで目が眩むほど。試合をしている本人たちはいたって真面目なのだが、それがさらにおかしさを誘う(^^; 何とか冷静になって試合を観れば、それなりにかみ合った好試合。しかし、スカルの「敬礼してからの倒れ込みヘッドバッド」を×3回見せられたら、もういや〜んな感じ(^^; 彼は客の心をつかむ術を良く心得てるね。ウルフのラッシュに耐え、ターボドロップは返すが、続くスーパーダイビングは返せず。試合後、四方に敬礼!しかもそのあと、しっかり四方に頭を下げるという礼儀正さ。とても「ナチ・スタイルのラフ殺法」の使い手とは思えないところがまた良いぞ(^^;


第5試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
△泉田 本田(30分時間切れ引き分け)大森 秋山△


 先発は泉田、秋山。しょっぱなから超エグいジャンピングニーが泉田に。泉田半失神。多聞の好フォローが無ければ決まってただろう。コーナーに引っ張っていってタッチする多聞。お返しにブルドッキングを決める。双方序盤から全開である。大森のロープにふってからの”多聞〜!”ドロップキックもバッチリ(^^;今年は調子良くいけるのだろうか? 泉田、エプロンでもフラフラで、秋山のエルボーも力なく受ける。こうなると多聞がロンリーの様相。不甲斐ない多聞組に厳しい声。10分ほどしてやっと泉田復活。2人をぶっとばすが、どうしても止められてしまう。だが、ここでまたも多聞の好フォローで攻勢になり、大森を攻め込んでいく。泉田が大森に逆片エビ、STF、突進を返してパワースラム。秋山にもパワーボムを決め分断。ヘッドバッド連携からのいん石はカットが無ければ決まってたはず・・・。秋山に変わられてしまうが、同じく変わった多聞、ノーザン狙いをフロントネックチャンスリーで返し、多聞式ジャーマン!大チャンス!ここでなんと、カットに入ろうとした大森がサードロープに足をかけてこけるという事態が発生、熱戦に水を差す(^^; 秋山と泉田のからみの途中 で25分。ラスト1分で秋山組怒濤の攻撃。泉田に集中攻撃するが攻め切れず、30分ドロー。引き分けたとはいえ、多聞組と秋山との差ははっきり。でもいい試合だったし、今後に期待できる内容ではあった。


第6試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
○浅子 三沢(16分51秒 片エビ固め)金丸× 小橋
※フラッシュボンバー


 先発はいきなり小橋、三沢。あ、あれ、育成は・・・(^^; と思ったら、金丸が上手く介入。三沢に小橋とWのドロップキックから、場外の三沢にケブラーダ!場外フェンスなんて当然越えて、お客さんビックリ(^^; でもあとで三沢、エルボー打ち下ろしでしっかりお仕置き。浅子もウルトラタイガードロップで小橋を攻めるが、逆に小橋のソバットで悶絶(>。<) そうこうしてるうちに、リング上は三沢と小橋のからみ。バックの取り合い、ローリングエルボーをかわしてドラゴン!更にハーフネルソン!おいおいこれは何の試合だ(^^;;; 方向修正。金丸の金丸クラッチ(仮称)が決まるがカウント2。金丸のダイブプレスは浅子が剣山して、乱戦模様。浅子のラマヒは返したが、ジャーマン、フラッシュボンバーと決められて、小橋のカットも三沢に防がれ、カウント3。


第7試合:60分1本勝負
○Jスミス Gオブライト Sウィリアムス(18分51秒 片エビ固め)井上雅× 田上 川田
※リバースDDT


 川田の後ろ髪が気になる今日この頃。先発は雅央、スミス。開始3分でなぜか西側通路あたりで非常ベルが鳴る(^^; すぐ止まったかいいようなものの、結構びっくりしたぞ。雅央は相変わらずエプロンの帝王である。君はエプロンの三冠王者だ! 今日は雅姉さまの新ネタ「雅央逃げて〜」が聞ける。雅央、スミスにスリーパーを決められ親指を下にさげるジェスチャー。「地獄へ落ちろ!」ということなのか(^^;? 雅央も過激になったなぁ。オブライトが田上にジャーマンをかけてからTOPの攻勢。場外攻撃にリングではスミスが田上にボウアンドアロー(!)、卍が崩れてグラウンド卍に。渋いねぇ、相変わらず。田上自力で返して川田に繋ぐ。さらにかわった雅央、オブライトにアルゼンチン未遂。おりゃーラリアットは決まる。しかし、上手く分断されて、スミスのリバDに沈む。


戻る