98年1月3日 全日本・後楽園ホール大会観戦記

 西側ひな段に某総会屋の人(^^;が素知らぬふりをしていらっしゃる三が日。


第1試合:30分1本勝負
○Jスミス(16分43秒 片エビ固め)小川×
※リバースDDT


 序盤からバリバリの小川ペース。スミスピーンチ(^^; コーナー鉄柱自爆も華麗に決める。ペースに乗せられてスミス、腕攻めまくりの展開。しか〜し、スミスが小川を場外に落としてからは小川が攻勢になって足攻めに。小川ピーンチ(^^; 鉄柱での足4の字もどきなんかももみせる。そういや小川の髪の毛は今日はサラサラで邪魔くさそうなのだ(^^; そのせいか、は知らないがスミスは”おがワールド”にはまる事なく、最後はボディスラムとみせかけてリバD。今日もスミスの芸術点は高いのだ〜(^^)


第2試合:30分1本勝負
○馳(12分21秒 腕極め肩固め)菊地×


 これ、密かにいいカードだよな〜。カメラマンの数がいつの間にかメイン並みになってるし。序盤はタックルの取り合いから、グラウンドにはいってののバックの取り合い。手足の取り合いがなかなか濃厚。じっと見入ってしまう。菊地、腕ひしぎを決められてしまうが、足を取ってグリンと返しテキサスクローバー。むむ、こんな返し方があるとは。その後もずーっとグラウンドで技を決めあう。しかし、グラウンドでは馳の方が上手である。唐突に見慣れぬサブミッションで決まってしまう。サッとリングを降りて帰ってく馳。負けてしまったが、菊地のやりたい事が良く分かった。いい試合だった。


第3試合:30分1本勝負
Mモスマン ○大森(16分48秒 片エビ固め)Rサンタナ× ウルフ
※ダイビングニードロップ


 先発はモスマン、リッキー。しかしすぐに双方ともタッチ。大森とウルフはとても良くかみ合う。2人共「真っすぐ」なタイプだからねぇ、良い意味で。当然観客は大盛り上がり(*^^*) 大森、ウルフのターボドロップをかわすがラリアットモロ食らい(^^; それだ、大森!(^^; その後珍しくウルフのジャイアントスイング爆発!南西から反時計回りに、11と1/3回転。い〜かげんスポンサーのセガからクレームでも付いたか?「イメージに合わせてくださいよ〜」って(^^; ラクロスのまんまだったからねぇ。そういや大森の「名前を叫んで」攻撃が決まったのを見たのはいつ以来だ(^^; そろそろブレイクの兆し・・・を見せてくれ(^^; 最後は分断してからのダイブニー。やっぱり今日もリッキーの秘めたる部分を見る前に試合が終わる。タイトルマッチまで秘密なのか(^^;?


第4試合:30分1本勝負
永源 ○Gキマラ 渕(14分46秒 体固め)R木村× J鶴田 G馬場
※ジャンピングボディープレス


 先発はラッシャー、永源。今日の永源砲。馬場さんが西側にふって帰ってきたところに逆水平チョップで赤コーナーのラッシャー&鶴田に誤爆で1発、南側エプロンで馬場さんのチョップにより南西側客席に1発、東側ロープ際で馬場さんが押さえてラッシャーがチョップをして発射しようとするがラッシャー自らの顔面に自爆(^^;で1発、の計3発。 今日の永源スイングは南側から反時計回りに3と1/4回転。あっれ〜、今年は全然だめだなぁ(^^; ど〜なってるの?そ〜いや百田がラインナップされてない。バトルロイヤルに専念するのかな。ちょっと永源もライバルが少なく不発気味。マイクは「永源、おれは5日もモチばっかり食べてるよ。ほんと、おいしいねぇ」「渕、世の中景気が悪いけど、なんかいいニュースは無いか?今年はぜひ2人でミュージカルをやらないか?」「皆さん、正月気分も三が日、この一年健康にお気をつけてお過ごしください」みたいな感じ。ま、お決まりなやつですね。


第5試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
○井上雅 川田(16分1秒 アルゼンチンバックブリーカー)志賀× 田上


 雅姉さまと川田女(-.-メの共演。先発は雅央、志賀。雅央は相変わらずの「エプロンの帝王」ぶり(^^; 「川田さん!」「川田さんロープ!」ってな具合にね。代わった川田は、志賀のキーロックを顔を真っ赤にして持ち上げてコーナーに乗せる。そのあと張り手をくらいスイングDDTを決められそうになるが、仕掛けてきたところを振りほどいて叩き付ける。これがやりたいが為に顔を真っ赤にしてまで・・・お茶目な川田(*^^*) そのあとも当然のごとく志賀をいたぶりまくる川田。それに怒った・・・かどうかは定かではないが大暴れの田上、またも志賀を上手くサポート。「いいひと」の面目躍如・・・なのか(^^;? 志賀の飛び付き十字固めは惜しくも返される。逆に決められたブロックバスターは何とか返すが、アルゼンチンは返せず。


第6試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
泉田 ○本田(14分12秒 体固め)浅子× 三沢
※多聞式ジャーマンスープレックス


 先発は三沢、多聞。泉田はペイント無し、黒スパッツのリアルバージョンで、場内ちょっと意表を付かれる。さすがに昨日の黒星は痛かったようで、ペイントしてる余裕はない、って事だと思われる。浅子のタイツは、相変わらず尻が微妙にはみ出ている。今年も我々を悩ませそうである(^^; それにしても三沢の強さは何とかならんもんかねぇ(^^; これはもう反則ものだってば。中盤、浅子が泉田にパワーボムをやられそうになるが、三沢がサッと補助に入ってヘッドシザース返しの実技指導。なんか微笑ましい光景である。しかし体格差はいかんともしがたく、タモンズパワードが決まってしまう。これは三沢がカットするが、続く多聞式ジャーマンが決まってピン。相変わらずの落差である。


第7試合:ジュニアヘビー級バトルロイヤル時間無制限
○Mモスマン(5分51秒 丸め込み)菊地×


退場順:
百田、渕、リッキー、浅子、志賀、金丸、小川

お〜百田〜、と思ったら速攻で消えちゃった(^^; 菊地が悪の限り?を尽くした妙な展開。志賀にスイングDDTやらせておいて、下になった志賀をそのまま押さえ込んだり、小川と結託して、小川を菊地が押さえてる状態で菊地が「金丸上がれ!」ってコーナーに上がらせて、ミサイルキックを「サッ」とかわして押さえ込んだり(^^;;; 最後は小川をスモールパッケージした菊地をそのまま丸め込んで2年連続の優勝。しかし今年は胴上げ無しでちょっと残念。


第8試合:60分1本勝負
秋山 Jエース ○小橋(14分27秒 片エビ固め)SVクラッシュ× Gオブライト Sウィリアムス
※ラリアット


 先発はスカルとエース。スカルはコールされると4方向に敬礼!観客のハートをがっちりキャッチ(^^; それに危機感を抱いたか、ウィリアムスは何かするごとにコーナーのエースと小橋に何言か言ってる。やたらハイテンション(^^; スカル、小橋に突っかけていってチョップ合戦。そしてダブルアームスープレックス。お笑いだけでなく、シリアスな部分もちゃんとみせる。まあ本人はお笑い、という意識は無いだろうが(^^; しかし最後はラリアットの前に沈む。試合後、大スカルコール発生!もうブレイクはすぐそこだ!(^^;;;


戻る