98年1月2日 全日本・後楽園ホール大会観戦記

 やっぱり全日者としては馬場さんへの新年のご挨拶は欠かせないですからねぇ。


第1試合:30分1本勝負
○百田(9分46秒 体固め)浅子×
※ジャックナイフ固めを押しつぶして


 百田と浅子のシングルってあんまり観た記憶がない。悪役商会との試合もいいが、前座の壁としてもっと頑張ってほしいですね。バルコニー軍団、新年早々元気いっぱい。今年も各地で試合を作ってくれることでしょう(^^;


第2試合:30分1本勝負
小川 ○ウルフ(12分25秒 片エビ固め)スカル・フォン・クラッシュ× Gキマラ
※スーパーダイビングボディプレス


 スカルはコールされるとナチ風の敬礼(^^;しかし迷彩服でしかもスキンヘッドにベレー帽。まるでアメリカ3流映画の悪役の様。バルコニーの方々にはブレイク寸前!!試合運びは可もなく不可もなく、といった感じ。特に「はずれ」ということはない。でもその辺が怪しい(^^; ウルフは新年早々バンザイラリアットを披露。これはめでたい(*^^*) やってることが全てラクロスなのがなかなかニクい所。


第3試合:30分1本勝負
○R木村 J鶴田 G馬場(14分30秒 体固め)菊地 永源× 渕
※ラッシングラリアット


 今日の永源砲。南側エプロンで馬場さんが押さえてるところに鶴田のチョップで南側客席に1発、東側エプロンで馬場さんが押さえたところにラッシャーがチョップを打ち込むが永源はラッシャーに発射(^^;で1発、リング内で馬場さんがロープに振って帰ってきたところに逆水平チョップで真上に向けて暴発、自分にかかって1発、の計3発。今日の永源スイングは西側から反時計回りで2と1/4回転したところですっころんで(^^;終わる。おせちの食い過ぎか?去年は10回転目前だったのに・・・。鶴田をこんなに近くで観たのは初めてだが・・・悲しいくらい細い。去年より更に細くなってる感じ。う〜む・・・。とりあえずこの試合のタイトルは「菊地新年に吠える!」か(^^;?


第4試合:30分1本勝負
Jスミス ○Jエース(21分26秒 エビ固め)大森× 馳
※コブラクラッチスープレックス


 大森、おニューのジャンパーで登場。ん〜、前のハッピとどっこいどっこいって感じだなぁ(^^;;; でもそんなところが大森のいいところ・・・なのか?馳は相変わらず新日時代のTシャツを投げる。あのTシャツの版権は馳が持ってるのかしら?結構前から気になってたけど。毎度ながら馳とスミスの絡みは面白いのだ(^^) というより、馳って誰と試合しても面白いんだよね〜。今年はもっとシングルが観られたらいいなぁ。


第5試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
○志賀 田上(12分36秒 片エビ固め)泉田× 本田
※田上が志賀を泉田にアトミックホイップして


 志賀と田上か〜。志賀はパッと見は3回りくらい小さい田上の様(^^; 新年ということで、かどうかは知らないがシューズが新しくなってる。赤に金のライン入り。個人的には似合わないと思うな(^^;ゞ 田上の方針は志賀にかき回させて、ヤバくなったら助けにいく、って感じか。必要以上には介入しない・・・って・・・ことはないみたい(^^;;; 要所要所でバンバン行ってますわ。フィニッシュの前にはのど輪をズババンと決めておくという田上らしからぬ(^^;ナイスなフォロー。とはいえ、志賀の金星に変わり無し。やっぱ田上っていい人だったのね〜(*^^*)


第6試合:あすなろ育成リーグ戦30分1本勝負
○井上雅 川田(16分1秒 アルゼンチンバックブリーカー)金丸× 小橋


 小橋の方針は、極力金丸にやらせる、といった感じ。川田は、雅央のエプロンからの指示に従う、といったところか(^^;;; 金丸は今のところ元気さだけがとりえだから、当然ガンガン前に出ていくけど、見事なまでに川田&雅央に受け止められてる。幻といわれる金丸の妙なクラッチ技(仮称・金丸クラッチ)での電撃フォールが勝ちが期待されたが(って自分だけかも^^;ゞ)残念ながら見られず。早く「あれ」の名前が知りたい今日この頃。川田女は相変わらずなのだ(-.-メ 敬愛する雅姉さまは今年も変わらぬ応援ぶり。今年も日本各地での御活躍を期待してますよ(^^)


第7試合:30分1本勝負
Mモスマン ○秋山 三沢(14分12秒 片エビ固め)リッキー・サンタナ× Gオブライト Sウィリアムス
※エクスプロイダー


 新年早々新キャラクター(多分)登場。その名は「はちまき女(仮名)」!!今までのキャラ(百田男とか小川女とか)とは違い、全試合ハイテンションを維持し日本人選手、特に秋山を愛するものと思われ、とにかく秋山に話しかけるのだ。応援ではなく「話しかけている」んですよこれが(^ ^; 「あっきー」「あっきーこっち向いて〜」「そうよあっきー」などなど・・・。お前友達か?と言いたくなるほど(^^; 秋山は相変わらずそっけない試合展開。ジュニアのタイトルマッチが控えているモスマンとリッキーの絡みはそれほどみられず。リッキーの真価が発揮される前に秋山が締める。イヤンあっきー(^^;


第8試合:ヘビー級バトルロイヤル時間無制限
○泉田(13分20秒 押さえ込み)秋山×


退場順:
馳、田上、本田、R木村、Gオブライト、大森、Gキマラ、Sウィリアムス、井上雅、三沢、永源、川田、小橋、ウルフ、スカルフォン、馬場さん、Jエース、Jスミス

 活躍が期待された馳だが速攻で取られる(^^; 特に大きな動きもなく、淡々と試合が進んでいくが、何とスカルがエースクラッシャーから三沢を押さえ込むという大金星!押さえたあとは他のメンツも加勢して押さえたけど(^^; 地味なふりして実は結構目立ってるなぁ>スカル。秋山、残り4人くらいになってもフォールされたらしっかり返す。やっぱりかなり大人げない(^^; 最後はバックドロップを切り返してスミスを押さえ込んだ秋山を、泉田が漁夫の利で押さえ込む。最後、秋山VS泉田のシングルをやるのか〜!って期待してたんだけどな〜。


戻る