01年4月18日 ZERO−ONE・日本武道館大会観戦記

原チャで行ったら時間ぴったりに着いたよ。

第1試合:30分1本勝負
○高岩(13分4秒 片エビ固め)丸藤×
※ラリアット

相変わらず丸藤は人気あるねぇ。でもコレってZERO−ONEの興行なんだけど・・・。終盤まで「丸藤勝っちゃうんじゃないか?」と思っちゃったけど、重さではやっぱ高岩の方が上か。餅つきボムも一度は返してるしいいところまでいったんだけどな〜。しっかし高岩って力技ばっかりだね。それはそれで特徴なんだけど、なんかなー個人的にはあんまり好きくないですね。


第2試合:30分1本勝負
○星川(8分6秒 裏十字固め)ザ・コブラ×

パンフまだ買ってなかったんで、「X」なんてのがラインナップにはいってるとは知らなかったよ。よく分かんないマスクマンが入ってきたから「誰だ?」と思ったら、「オリジナル、ザ・コブラー!」とコールされて何だか違った意味でビックリ(^ ^; コブラっていえば、5年前にもUインター(川田VS高山があった96/9/11神宮大会)で佐山タイガーと試合してたなー。しかし2階席の若人たちには誰だか全く分かっていなかったようです。コールされて四方に礼をしているのを見て「あれ(藤原)組長じゃない?」などとバカなことを言い出す始末。やっぱ武道館2階席はラベルが低くて困るね。

試合は、コブラが要所要所でタイツを上げるのが気になったくらいで、結構あっさり終わった感じ。しかし何故コブラだったんだろう・・・。


第3試合:30分1本勝負
○A大塚(7分29秒 レフェリーストップ)杉浦×

そういや「生」杉浦は初めてだ。結構小さいかも・・・って、2階席からじゃ分かんないって(^ ^; 頭突き合戦でアレクが流血したり杉浦が俵返しで投げまくったりタックル決めたりで、全体的に杉浦ペースの試合。アレクが受けてたとも言えるかもしれないけど、ちょっと受けすぎだろう。レフェリーストップになったチキンウイングぐらいしか印象に残るシーンが無かったのもあるし。少なくとも観てるこっちとしては「いい勝負」って感じ。ZERO−ONE旗揚げ戦でノーフィアーに手も足も出なかった上にデビュー4ヶ月の杉浦といい勝負してるのに、マイクで三沢に文句言ってる(カード決定時から言ってたし)んじゃあシラけちゃうよな。


第4試合:30分1本勝負
○Sマッコリー(4分50秒 レフェリーストップ)大谷×

前回の村上戦と同様に、パンチでKOされ担がれて退場。前回を教訓にちょっとは違う戦い方でもするかと思いきや、大して変わらずあっという間に終わっちゃった。ん〜、どうなんでしょうねぇ。大谷がどうしたいのかが伝わってこないので、よくわかんないですねぇ。


第5試合:30分1本勝負
○安田 橋本(9分0秒 レフェリーストップ)井上× 本田

雅央が右肩脱臼してレフェリーストップになっちゃったけど、そうなるまではいい試合してたんですよ。4人それぞれ持ち味が出ていたしね。特に雅央なんて、橋本・安田をアルゼンチンで担ぎ上げてるんだから。そういう部分を考えずに「雅央がヘボい」とかいっちゃダメだよね。時間が短かったけど、多聞と安田の絡みとかなかなか味わい深いシーンが色々あってよかったと思う。ただ、そのままいい試合して普通にピンフォールで決着してたら、それはそれでどうかなぁ、というのはあっただろうね。橋本のプライドってのもあるだろうし。脱臼までさせたのはちょっとやり過ぎかとは思うけど、橋本らしいといえばらしいかな。

短絡的に観てたらつまんない試合だろうけど、個人的には凄く面白いカードでしたね。特に多聞が良かった。割と全日時代から中堅のぬるめなカードで試合していたから、こういう緊張感のある試合ってのはなかなか観れなかったもの。というわけで、今後に期待。


第6試合:30分1本勝負
力皇 ○三沢(6分40秒 バックドロップホールド)村上× 小川

試合前の、三沢と小川の睨み合いが凄かった。そのままよくありがちな乱闘にもならずにしばらく睨み合ったあとどちらからともなく分かれる。ここでゴング前に掴み合いなんかしちゃったら安っぽくなっちゃうからね。三沢と小川の絡みはホンの少しだったけど、ほとんど互角って感じかな。何で三沢が力皇を選んだのかな?って思ってたんだけど、村上はおろか小川にも力負けしてないんだよね、力皇って。村上のパンチ食らっても倒れなかったし。まあタッグだったしシングルではどうかなってところだけど、いい感じでしたね。村上もちゃんと節度をわきまえた(^ ^;暴れ方をしてたのが面白かった。

セミと同じで、三沢と小川しか見てない人にはイマイチ不満な試合かもしれないけど、ほかにも見所は沢山あるハズなんだからそういうところもちゃんと見て楽しまないとさ。試合時間が短くてそういう意味で不満があるけど、それを差し引いても満足度は高い試合でしたね。

試合後はもちろん大乱闘だけど、旗揚げ戦に比べればあっさりしたもの。小川も橋本も、三沢を立ててるなぁって感じ。さすがに新日の時のように暴れたモン勝ちにはならないもんなぁ、三沢に対しては。まあ乱闘というよりは、次回への予告みたいなもんだから。なんかそんなところが微笑ましいというか、観ててクドくないというか、ね。

実にNOAH寄りな見方をしてるなーって自分でも思うけど、そういう思い入れがあった方がずっと面白いと思うわけよ。というわけで今後にも期待してますよ〜>橋本&小川&三沢。


戻る