00年10月8日 NOAH・横浜文化体育館大会観戦記

ってな感じで、初NOAHもやっぱり遅刻してるし。

第1試合:30分1本勝負
○浅子(11分25秒 片エビ固め)橋×
※SDA

遅刻。浅子のタイツはやっぱり「おケツはみ出し」ということで、一安心♪ これは重要・・・なのか?


第2試合:30分1本勝負
金丸 ○井上(15分16秒 アルゼンチン・バックブリーカー)小林× 菊池

中盤にやっと着いた。菊地さんのタイツ、久しぶりで結構嬉しいよね。やはり日の丸タイツの方がしっくりくるんですな。ファイトスタイルも変わってるようで結構変わってない感じ。昔と違って安定感もあるし、今後もまだまだ頑張ってほしいです。さすがにVSノーフィアーはキツいけど、志賀や金丸や森嶋なんかをベキバキに揉んでやって下さい。

実は初めて観る小林、(写真で見た)昔の小橋に似て無くもないような気がしますが、タイツがオレンジなのでそう見えないこともないせいなのかもしれませんね?


第3試合:30分1本勝負
森嶋 ○百田 R木村(15分20秒 首固め)泉田 本田 永源×


へえ、1人づつ入場して来るんですね。ラッシャーのテーマが変わってたのはちょっと意外。リングが緑な事以外は、以前と変わりない試合かな。でもそこが、何となく安心するのです。基本的に(以前の)全日本の雰囲気が体に馴染んでいるので、そういう意味でもNOAHは心地良い。


第4試合:30分1本勝負
○池田(12分16秒 片エビ固め)志賀×
※キン肉バスター

むむ、これが「ベルセルク」っすか。あの長い剣のおかげで割とリングイン大変そう(^^;

池田は自分のスタイルが出来ているから観ていて安定感があるけど、志賀はどうにも不安定な感じ。なんか迷いがあるというか、もう一つ弾けないというかね。後発の選手達の影に埋もれてしまわないように、頑張っていただきたいところ。年齢的に自分と最も近い(志賀:74年12月生、自分:75年1月生)のでやはり気になるわけです。


第5試合:30分1本勝負
○田上(9分27秒 片エビ固め)力皇×
※のど輪落とし


た、田上のテーマ曲、こりゃ何ですか? 仁義なき戦いって・・・。まあ田上らしいといえばらしいんだけど、ちょいと困惑気味(^^;

力皇は体格もいいし力もあってなかなかよろしいんだけど、まだちょっとスタミナがイマイチってとこですか。でも、田上とそれなりに張り合えるんだから、今後が楽しみですな。


第6試合:45分1本勝負
Rスリンガー ○スコーピオ ベイダー(14分17秒 片エビ固め)丸藤× 小川 三沢
※スコーピオ・スプラッシュ


何故ゆえに、入場時客席の真ん中を突っ切ってきマスカ?(笑) さすがにベイダーはやらなかったけど。それにしても、だ。丸藤がこんなに人気者になってるとはねぇ。ギャル(^^;の声援がすごいッス。さらに三沢、テーマに前奏付いたり入場時も格好よすぎたりしてズルくない? 社長だからってねえ・・・。あ、社長だからか。

ということで、割とあっさりNOAHに上がったベイダー。今後ゴタゴタしないことを願いたいけど。あと、ベイダーのテーマ曲、ヴォーカルが日本語から英語?に変わってて一安心ではあるけれど、やっぱり昔のテーマ(新日時代から使ってたヤツ)の方が好きかな、個人的にはね。

久しぶりのリッチーはちょっと大きくなったような気がするけど、やっぱ気のせいか? ややオッサンくさく(^^;なった気もするが、これは前からか、って人のこと言えないぞコラ! 小川との遺恨が発生したようでもあるので、これからもちょくちょく呼んでほしいです。

まあ試合自体は全日時代とは大きく変わるところは無いけれども、このスタイルに不満はないので問題なし。新団体だからって、必要以上にスタイルを変えることはないですしね。というか、変わっちゃっていたら個人的には困ってしまってワンワンワワンな感じです。まあ変えるところは変える、進化するところは進化する、でいいじゃないですか。


第7試合:60分1本勝負
○高山 秋山(23分29秒 ジャーマンスープレックスホールド)大森 小橋×


小橋が黒タイツなので、かなり困惑。その小橋、何となくスマートになってる気がするけど黒タイツに変えた視覚的効果、だけじゃないよね? 大森と高山のテーマ曲が同じなのが何ともニヤリな感じ。ああ〜、ノーフィアーはどうなっちゃうんでしょう!?ドキドキ、ってなもんです。

その大森はいまいちピリッとしない、ちょっと前の大森みたいに「何やってんだよ大森!」とヒートをかう試合運び。まあそれはそれで大森らしい味わいなんですがね(^^; 昨日今日に大森ファンになったヤツらにはこの味わいは解らないだろ〜な〜。結局終盤までは当たり障りのない展開。しか〜しフィニッシュ直前、大森が小橋にラリアットを即しているようで実はアックスボンバーのポーズをしている(個人的主観(^^;)シーン。ま、まさかっ!(^^) 小橋にドカーンとアックスボンバー。すかさず高山がジャーマンでピン。こ、これは予想外の展開デス♪ 試合後も、「大森&高山と秋山」で小橋をいたぶったり。そこに田上が救出に入ってきたりして、こっちの方がよっぽどビックリって話も。それにしても、小橋はひたすら薄幸なキャラクターですねぇ・・・。

真面目な話、大森と高山が元サヤなのはいいんですけど、今さら秋山と組んではダメだと思うんですよ。今までのノーフィアーとしての活動が無になってしまう。その辺どうよ?>大森。ただ、今日観た限りでは、大森と秋山の距離は離れているのでそこがまだ期待できるかな。握手したり一緒にストンピングなんてしてたら終わりだったけど、そんなこともなかったしね。

   
大森も一緒になってカウントしてるのがかわいいぞ(^^;
ジーパン田上、シャツまで脱いでやる気満々。



戻る