00年9月2日 全日本・日本武道館大会観戦記

ムチャクチャ暑くて雨ガンガン降ったりして、やや遅刻したり。

第1試合:30分1本勝負
相島 ○荒谷(12分37秒 片エビ固め)土方× 奥村
※ムーンサルトプレス


観れなかったんで残念。奥村とか相島とか、なかなか良いと思うんですけど。


第2試合:トリプル・スプリットマッチ30分1本勝負
○ハロウィン(9分4秒 エビ固め)スペル・カロ× スペル・パルカ
※雪崩式フランケンをパワーボムで潰して


ちょうど第2試合が始まる時に着いた。呑気に弁当喰ってたらサクッと終わってしまいました。個人的には結構面白かったと思うけど、周りの人間は半々くらいかな、面白く見てる人とだらけてる人。2階席の上の方だったんで、やや迫力に欠けるところがあったかもしれないね。しかし誰がどの選手だかよく分からなかったです(^^;


第3試合:30分1本勝負
○サブゥ(12分53秒 片エビ固め)ダミアン666×
※スワンダイブ式ギロチンドロップ


お、サブゥ久しぶり。ダミアンは初めて見るんでどーかなって思ってたけど、良いじゃないですか。モノマネだけの選手じゃなかったのね(^^; やったモノマネが「長州」「天龍」「ムタ」「サブゥ」「大仁田」「森進一」何故森進一・・・。サブゥはパイプ椅子に机に折り畳みじゃない椅子と一通り使って飛び回ったけど、机が何だか固くて気持ちよく割れない。さらにパイプ椅子は、座るところが抜ける前に足が壊れるし、どーにもアイテムの引きが悪いようだ(^^; サブゥは相変わらず飛びまくってたし、ダミアンともかみ合ってて良い試合でしたね。


第4試合:30分1本勝負
望月享 神田 ○望月成(11分13秒 ドラゴンスープレックス・ホールド)スモー・ダンディ・フジ二千× SUWA CIMA


先シリーズで、やや勘違いされた「SHIIBA」と「CIMA」。まさかホントに次の武道館でCIMAが出るとはね。まあいわゆる「これが闘龍門の試合なんだろうな」と思う試合でした。クルクル動き回って、なんつーか分かりやすいっていうのかな。あんまり見たことないから、楽しめましたけど。これからも定期的に上がるのかな? だとしたら、今の全日にはジュニアの選手はいない(厳密には渕がいるけど)から、ジュニアの中心になりますよね>闘龍門。んー、それはそれで面白いかも。


第5試合:30分1本勝負
セッドマン Jスミス ○Mバートン(13分46秒 エビ固め)Mヨネ× 新崎 太陽ケア
※パワーボム


お〜これが太陽ケア。やっぱなんか恥ずかしいなぁ、見てる方が(^^; 別にモスマンのままで良かったと思うんですけどいかがなものか。まあそれはそうと、試合としてはいわゆる全日的6人タッグ、って感じのする試合で割と落ち着いて見られたというか可もなく不可もなくというかね。とりあえず全日武道館だな〜という安心感はありますね、なんだか。モスマン、じゃなかった(^^;ケアが活き活きしてるのがいいですね。でもやっぱ声援飛ばすにしても「太陽〜」とか「ケア〜」じゃちょっとな〜。何か気が抜ける感じですな。


第6試合:60分1本勝負
○蝶野(16分53秒 片エビ固め)渕×
※ケンカキック


始まる前は「あ〜ホントにやるんだね〜」ってな感じにのほほんとしてたんだけど、そりゃあやっぱり蝶野のテーマが流れてきたらドキドキするんだよね。セコンドには天山・小島・ヒロ・後藤の4人。ん、後藤?と思ったが、空いてるのがこの4人だったってことかな。野上は忙しいんだろうし、小原はファイト(のケロちゃんの連載)によれば体調がイマイチってことみたいだから。やっぱり熱くなるファンが結構いて、ケンカになるんじゃないかと思うようなヤジりあいをしてるファンが自分のすぐ後ろにいたりして、そっちも面白いね〜という状況(^^; 渕にはもちろん蝶野にも結構な声援が飛んでいたけど、そんなにブーイングは聞こえず。2階席だから一見の新日ファンが多かったのかな? 開始早々の渕のバックドロップ&フェイスロックでますます熱くなり「さっさと決めちゃえ!」という全日ファンと「そんなもん効いてねーぞ!」という新日ファンがあまりにもお約束で、これまた楽しい(^^) 蝶野がリング下で渕&ファンを焦らしてると、「やる気ねーんなら帰れ!」という全日ファンと「こんな奴ら相手にしないで帰ろーぜ!」という新日ファン。さすが蝶野、ファンを手のひらですわ。 渕も蝶野をコーナーにのせて踏みつけたり、「らしさ」は出てましたけど蝶野の方が役者は上かな、やっぱ。展開的には大技をあんまり出さずに殴る蹴るの打撃戦。へんにスイングするよりは、ややぎこちない方が緊張感があるというか、個人的にはOKかな。でもね、中盤まではフォールにいこうとも絞め技にいこうとも、ドキドキすることは無し。何故ならT2000のセコンドがおとなしく座ってたから(^^; 終盤に予想(予定?)通りゾロゾロ出てきて、リング下についてからようやくドキドキ。何だかな〜と思いつつも、楽しんでしまうわけですね。

最後は金的蹴ってケンカキック連発で蝶野の勝ち。試合後にT2000全員リングに上がって蝶野のマイク。ここで新日だったら大乱闘なんだろうけど、そこはやはり全日。さほど大きなアクションも無しにひたすら蝶野のマイクが続くのであった(^^; そんなもんだから、やや間延びしちゃった印象もあったね。ここで川田なんかが出てきて大暴れ、なんて事になれば激アツだったんだけど、出てこないからこそ川田であるわけで・・・。でもせめてケアが大暴れしてハワイアンクラッシャーで後藤あたりをKO、ぐらいはやってほしかったな。

第7試合:60分1本勝負
天龍 ○Sハンセン(26分54秒 体固め)Sウィリアムス× 川田
※ラリアット


でもってメインなわけですが、やはりというか予想通りというかセミで疲れてしまった人がけっこういる模様。前の試合が実質的メインだから仕方ないかなって感じだけど。個人的には天龍に思い入れがあるわけではないので、至って普通のタッグマッチ。一番若い川田が良く動くんだけど、特にウィリアムスの動きが緩慢。技も何だかピシッとしないし、締まりがない。川田がらみの対決は良いんだけど、それ以外がそんな感じだからややだらけてた印象。今回もやっぱり「痛いプロレス」かな。いや、ウィリアムスが「痛い」のほうが正しいか。セミで盛り上がり最高潮になった、っていうのを差し引いてもちょっとなぁ〜、と思ってしまいますね。ウィリアムスどうしたの?ホントにさ。



戻る