00年7月23日 全日本・日本武道館大会観戦記

今日はちゃんと遅刻しないで着いたよ。

第1試合:30分1本勝負
○渕(9分57秒 片エビ固め)奥村×
※バックドロップ


こういう試合はいいね。なんていうかプロレスを観てるよって感じになる。久しぶりに見る生き生きした渕もいいし、奥村もいい。渕のマイクも盛り上がったし今後の試合にも期待がもてるかな、と思ったけど・・・。


第2試合:30分1本勝負
○SHIIBA(8分48秒 ジャーマンスープレックスホールド)SHINOBI×
※クロスアーム式


ハッキリ言って酷かった。全日本の武道館でこれはないだろう!って試合。引いてる客も結構いたし。観てて辛いというか笑うしかないよね。今まで観たプロレスの試合の中でワースト1だな、これは。そういう意味では記憶に残る試合。


第3試合:30分1本勝負
○Gキマラ(10分19秒 体固め)相島×
※ジャンピングボディプレス


前の試合の影響もあったかもしれないけど、なかなかいい試合。有明ではモスマンが全く付き合わなかったからどんなレスラーかちょっと判らなかったけど、なかなか良いですねぇ>相島。キマラに対して頭脳プレー?で攻め込んだり、キマラのサマーソルトドロップを一度返したり。今後も参戦するようですから、期待が持てますね。

休憩はやっぱりいつもの倍はあったな。


第4試合:30分1本勝負
ウルフ ○Mバートン(15分8秒 片エビ固め)スコーピオ× Gハインズ
※バートバッシュ


まあいわゆる全日外人試合って感じで観てて安心感はありますね。しかしあまりにも安心しすぎて、後半はほとんど覚えてません。いわゆるひとつの「寝てた」ってヤツですな(^^;ゞ 相変わらずウルフは放電大好きっ子♪


第5試合:30分1本勝負
○藤原(19分52秒 ワキ固め)Jスミス×


いやいやシブすぎ。スミスもすっかり人気者ですね〜。全体的にスミスが攻めてるシーンが多かったから、スミスのお約束「ミサイクキック→ネックスプリング&オーからのラリアット」も受けるんじゃないかと思いこんでたんで、フィニッシュに入ったときはびっくりしたというか意表をつかれたというか。でもよく考えたら、藤原といったらこれだよね的なものだもんな。先ほど十分睡眠をとったので(笑)凄く集中して観られた試合だったし、味わい深い試合で大満足。でも藤原のマイクには??? あのマイクの本意が見えません。特に深い意味は無いのかもしれないけど(^^; それとも「ギャラが良いから大好き(^^) これからも呼んでね♪」ってこと?


第6試合:60分1本勝負
○Sウィリアムス(21分11秒 片エビ固め)新崎×
※バックドロップ


これがまた問題の試合。ウィリアムスの間の取り方がだら〜っとした感じで、試合が間延びしちゃってる。かと思えば、いきなり場外に人生をブン投げたり。ここんとこのウィリアムスの試合のテンポはちょっといただけないな。それに合わせる人生も大変そうに見えたし。最後のバックドロップも腰砕け気味の抱え式バックドロップだったから、余計だらだら感が強い。人生が踏ん張って何とか形にはなったけど、武道館の試合で「早く帰れ」なんてヤジが飛ぶとは思わなかったよ。次の試合目当てなのはわかるけど、まあもうちょっと待ちなさいって。ウィリアムスといえば、いつぞやのチャンピオンカーニバル後楽園でのエース戦の前科があるよね。


第7試合:60分1本勝負
天龍 ○川田(23分12秒 エビ固め)Mモスマン× Sハンセン
※パワーボム


まさかこんな試合が行われようとは、前の武道館の時には思いもしなかったよね。天龍に大声援。ほとんどの客はこれ目当てだから当然だけど、個人的にはなんか違うかなって漠然と思った。何だか頭がクラクラする。興奮?怒り?拒絶?放心? 夢の中にいるような感覚っていうのかな、軽い違和感みたいなのをを感じる。ハンセンがやたら元気なのと川田が出ずっぱりという印象の試合。川田の言う「痛みの伝わるプロレス」がどういうものなのかはともかく、今日の試合を観る限りでは「痛いプロレス」と感じた。「これでいいのか?」。何ていうか「俺の好きだった全日本はもうここには無いな」って思った。今の全日本が好きかどうかはまた別問題だけど。またもう少ししたら別のものが見えてくるかもしれないし・・・ね。

試合後のウィリアムスの「モトコ」コールには参った。それで馬場さんのテーマまで流れてきてまさかと思ったけど、それはなくて一安心。馬場さんのテーマにのってオーナーが出てきてリング上で何事か言い出したら「もう二度と来るまい!」と思うところだったよ。しかし何で外国人選手が集結していたのかはわからず終い。何で?

確かに「全日本らしさ」が残っている部分もあったけど、「これは違うんじゃないの?」もあった。確かに新しいモノが生まれそうな予感はしたけども、やっぱり寂しさは感じた・・・。思ったほど川田の気持ちというのかなぁ、伝わってくるモノが少なかった気がする。次のシリーズこそ正念場。そこで何を見せてくれるのか。とりあえずはそこに注目したいところ。


戻る